投稿者「firstfruits」のアーカイブ

銀杏イメージ画像

銀杏、だぁ~い好き・・・♪

台風や日照不足の余波で、野菜不足が続く今日この頃、

応援してくれる人が多いのか、
このところ、会員数急増中の
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも
供給できる野菜が限定気味。

どうにか、間引きした小松菜やチンゲンサイを加えて、
セットを作っているところへ、

農家さんから出てきたのが、銀杏。

茶碗蒸しとか、最近では洋風でオリーブ漬けとか、
好きな人もいるけど、大丈夫かなぁ。

とお届けしてみると、
小さな子供が出迎えてくれて、

ギンナン、だぁ~い好き!

え?、ギンナン好きなんだ。

ほっとしました。

ところで前回お届けしたニンジンの葉っぱに
キアゲハの幼虫がついていたので
羽化させたい。

ニンジンの葉っぱ下さいって
リクエストも頂きました。

葉っぱ、お届けしますね。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

紅葉イメージ画像

暖かさの持続と日照時間の多さで遅れ挽回~2019年11月

台風19号の後も、日照不足で秋野菜の生育の遅れが目立った10月。

しかし、見沼菜園クラブでは、11月に入り、遅れが回復されてきました。
理由として考えられるのが、「暖かさ」です。

1985-2019年の35年間、さいたま地方における11月の最高気温の積算値を見ると、
2019年は第5位の暖かさでした。

2018年は第3位で、最高気温の積算値だけを見ると、
昨年の方が今年より暖かかったようです。

ただ、2018年は11月の日照時間の合計が157時間であったのに対し、
2019年は185時間と1日あたり1時間ほど多くなっています。

さいたま地方、11月の最高気温の日変化

また、昨年は11月10日を最後にして、最高気温20℃を超える日がなくなりました。
それに対し、今年は11日以降も20℃超えの日が6回ほどありました。

昨年11月中下旬のさいたま地方は、ほぼ最高気温15℃~20℃の間で推移していました。
今年は、20℃超えになる日もあれば10℃以下になる日もあり、寒暖差が大きかったようです。

光合成は温度があがるほど、進みますが、気温が低くなっても、「マイナス」になる事はありません。
つまり、植物は一定以上の気温になると生長が加速しますが、
一定以下になると、生長が遅くなるのは、ほぼ同様です。

今年最高気温10℃になる日があった「減速効果」と
20℃以上になる日があった「促進効果」では、

促進効果の方が大きかったのではないでしょうか?

秋野菜の生長が回復し、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマ-ケットにも、
どうにか葉物や根菜類が供給できるようになってきました。

大根の収穫20191203

畑の大根があっと言う間になくなった・・・♪

台風19号の後は日照不足が続き、
秋野菜の遅れが目立ちました。

一方、応援してくれる人も増えて、
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
会員の方が、このところ、急増中。

お申し込みフォームから申し込むと、
こちらのメールボックスには、
「”地元野菜宅配サービス野菜のマイクロマーケットお申込み(回答)” が更新されました」

ってメールが届くですが、
このところ立て続けに、このタイトルのメールが届くので、
え?、また?!

ってビックリするやら、嬉しいやら。

だけど、どこの農家さんも供給不足のこのところ、
毎週、お届けするお野菜を確保するのが、大変。

本当に嬉しい悲鳴です。

そんな中、昨日は、見沼菜園クラブでようやく育ってきた大根をお届け。

しかし、必要分の大根を引っこ抜いてみると、
もう残りわずか・・・

え?、もう畑になくなっちゃったの?

そうです。このところの会員増で、
必要数も増えたため、
たくさん植えたはずの大根、

あっと言う間にはけてしまったのです。

マルシェの依頼も続々・・・。

お野菜頑張って育てなきゃ・・・♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20191202田植え休暇

働き方改革と半農生活の可能性

奈良時代、宮廷に仕える人々には、「田仮」と言って、
田植えや稲刈りのための休暇が与えられていたそうです。

日本最古の半農半X生活と言うべきでしょうか?

「萬葉集釋駐(伊藤博 集英社)」を読んだ時、
この田仮の話が出てきて、非常に感動した記憶があります。

資本論の著者カール・マルクスは、「ドイツ・イデオロギー」の中で、
「今日はこれをして、明日はあれをする事が出来る」、「朝は釣りを、昼には狩猟を、夕方には牧畜を、夜には評論を行う」状態を
理想像として描いています。

おそらく、マルクスの時代は、産業革命によって成立した資本主義社会以前の記憶やイメージがかなり残っており、
マルクスは分業化された社会の中で「特定の仕事」だけをする状態とは違う生き方について、かなりリアルな感覚を持っていたのではないでしょうか。

さて、では、今話題の「働き方改革」です。

ワーク・アンド・ライフバランスと言う言い方もありますが、
果たして、従来、ある種特定の職場で「労働」していたのとは別の領域、
例えば、農作業も含む生活と、
従来の「労働」をバランスさせながら生きていく事は可能なのか?

「働き方改革」と半農生活の関係について考察していきたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

カラーチャート20191117

好きな色でウェブやチラシが作れる♪「色見本」サイト

ウェブページやチラシを作る時、「白黒」と言う人はあまりいないと思います。

たいてい、カラフルなものを作ると思いますが、
では、カラフルに仕上げるための「色」はどうしていますか?

ワープロやウェブページ作成アプリの中でも、ある程度、色は選べます。
でも、もうちょっと明るい色にしたいとか、本当はこの色とあの色の中間ぐらいにしたいとか
思ったことはありませんか?

そういう時に役立つのが、ウェブ色見本です。

リンク先を見て頂ければおわかりのように、
原色や和色、洋色、パステルカラー、ビビッドカラーなど、様々な色見本が用意されているので、
アプリの中だけで選ぶのに比べて、自分のイメージに近い色を選ぶ事が出来ます。

色には、パソコンやウェブで使うために、RGBやHEXなどのカラーコードがついています。
例えば、和色大辞典にある「茄子紺」は、
ナスの色に近い日本の伝統色の一つですが、
HEXでは、#824880
RGBでは、R:130 G:72 B:128と表現されます。

これらのカラーコードをコピーして、アプリの色指定機能の所定の欄に貼り付ければ、
自分の好きな色をウェブやチラシで使う事が出来ます。

菜園クラブで使用しているLibreOfficeやGoogle図形描画の場合、
四角形なら四角形の図形を選んでおいて、「塗りつぶし(の色)」等のメニューを選ぶと
自分が使いたい色のカラーコードを入力する欄が出てきます。

その欄にウェブ色見本からコピーしたカラーコードを貼り付けると、
その図形を自分で選んだ色で塗りつぶす事が出来ます。

ウェブ色見本を使って、自分好みの彩りの素敵なウェブやチラシをたくさん作って下さいね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

20191130イモヅルリース

サツマイモのツルでリースが出来たよ♪

11月最後の見沼菜園クラブ。

寒気は強いですが、
よく晴れています。

みんなやってきました。

折から降りた霜でサツマイモの葉は全部枯れています。

もう全部掘っちゃお♪

残っているイモを見つけて、芋掘り開始。

ねぇ、ねぇ、イモヅルでリース作れないかなぁ?

ツルを適当な大きさにカットして、
絡み合わせてみると、
確かにリースが出来ます。

年長のボクは、ちょっと大きめ。

最近は、言葉をいっぱい話すようになったワタシは、ちょっと小さめ。

みんなの顔の大きさに合わせて、ツルを切ってもらって、
輪っかの中から顔をのぞかせて、ご機嫌。

来年は、畑でクリスマスリースづくりのワークショップしましょうね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む

マコモ!

畑の中に穴や溝を掘って、ため池や水路を掘り、大雨の時は遊水池(路)として機能させ、
掘った土は他の部分に盛り上げて冠水を受けにくくする。

水路では、マコモやせり、クワイを育て、他の部分では普通に野菜を育てる、
多様な幸(さち)が採れる菜園づくり

見沼菜園クラブで取り組みを始めました。
できてきた水路に植えたのが、「マコモ」。

マコモはイネ科の植物で、稲同様、湿地のような条件下で育ちます。

マコモの茎が肥大化したものが、マコモタケ。
マコモタケは、その名の通り、タケノコやキノコのように、炊き込みご飯、天ぷらで美味しい食材です。
中華の炒めものや味噌汁にもピッタリと言うから、万能ですね。

しかも、多年草で株分かれしていくので、一度植えて生長すれば、
後はあまり手間がかからず増殖し、収量もアップするはず。

って、アップするかどうかが一番問題で、
実はマコモの茎がマコモタケになるのは、黒穂菌と言う菌の一種が
「適度に」活動して起きる現象なのだそうです。

そして、黒穂菌のマコモへの感染は「ひとりで」に起きるものだそうで、
今まで、日本では人為的に感染に成功した例はないそうです。

また、夏あまりに暑い時季は黒穂菌が活動しないので、
マコモタケ化が進むのは少し暑さが落ち着いてからと言う事らしいのです。

すると、マコモタケ化は、残暑がいつまで続くかと言った事にも影響される可能性があります。

ですから、生長したから、必ずマコモタケが収穫出来るとは言い切れないのが、
難点。

とにかく、無事に育って、収穫できるようになってほしいです。

なお、マコモは、「コモ(菰)=マコモをワラのように編んで作ったムシロの事」の原料になったり、
お正月のお飾りに使われてきたとの事です。

マコモタケが採れなかった時は、ワラ細工のワークショップかなにかを呼びかけてみたいと思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

イチゴ20191121

イチゴ

市販されているイチゴのほとんどはビニールハウスで育てられています。

イチゴと言えば、クリスマスケーキを思い浮かべる方も多いと思いますが、
真冬にイチゴが出荷出来るのは、暖房の効いた施設で栽培しているからです。

では、イチゴを露地、つまり、ビニールハウスを使わず、
外の畑で育てるとどうなるでしょうか?

もちろん、育ちます。
そして、収穫は初夏。5月~6月にかけてです。
折から梅雨の走りとなるため、
土が湿り、実が土と接触すると腐ってしまったりするので、
あまり良い条件とは言えません。

また、虫もつきやすいですし、ハクビシン等の動物や鳥にも狙われやすいです。

しかし、敷きワラ等をして、実が土と接触しないように努め、
ネットで獣や鳥を防いで、運良く、色づいた実が収穫できれば・・・

そう、とっても美味しいイチゴが採れます。

果たして、そうなるか?

とにかく、見沼菜園クラブにイチゴを植えてみました。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

収穫された野菜たち20191126

根菜類、順調・・・♪

台風19号の後、10月は雨や曇の日が続きました。
このため、比較的低温で、しかも日照不足。

冠水を免れた野菜たちの生育も遅く、
カブやニンジンがなかなか太りませんでした。

しかし、11月に入ってから比較的温暖な日が続き、
どうにか遅れを挽回?

とにかく、ニンジンや聖護院カブが太ってきました。
サニーレタスもかなり大きな株に。

昨日の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
ニンジン・カブ・サトイモ・サニーレタス・小ネギ、

それに保巳農園さんや遠峯農園さんからブロッコリーを
出して頂き、ご家庭や飲食店さんにお届けしました。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

サツマイモ20191119

冠水した畑でもサツマイモが採れた・・・♪

台風19号で冠水した見沼菜園クラブCファーム。

実は、この畑のサツマイモ、ほとんど諦めかけていました。

そもそも、苗が来るのが遅く、6月ごろになってから。
もっとも、他の農家さんに、今年はサツマイモの苗の生育が遅かった、
6月始めに到着なら早い方と言われたりもしましたが・・・

とにかく、植え付けた後、長雨に突入、
全然草取りが出来ないまま、夏となり・・・

普通は、ツルが伸びだした頃にいったん草取りをすると、
再び草が生える前にツルが伸びて地を覆い、
あまり草が生えなくなります。

こうして夏中、旺盛に光合成をさせ
出来たデンプンを地下に転流させてイモを太らせます。

草取りが出来ないまま、夏を迎え、ようやく草取りをした時には、
草に埋もれていたため、ほとんどツルは伸びていない状態。

ようやくツルが伸びだしたのは、夏の終り。

いつもの年なら、8月末に試し掘りをした時に、
既にイモが太っている事も多いと言うのに、

その頃からやっとツルが伸びだすというのでは、
光合成産物を貯め込む期間が少なすぎて、
収穫は見込み薄かなぁ・・・

と思いつつ、最後まで諦めないでいよう
とやっと気を取り直したら、
今度は台風で冠水。

仮にイモが太っていたとしても、今度は水に浸かって腐ってしまうのでは?
と再び諦めモード。

しかし、昨日(11月18日)、掘ってみると、サツマイモ太っています。
早速、収穫して、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットで、
飲食店さんやご家庭にお届けしました。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」