パパとニンジン掘ったよ・・・♪

4月になって、新しい生活。

時々、小雨が降る中、やってきたワタシに聞いてみました。

幼稚園楽しい?、

ウン!

それは良かった。

畑の中を走り回って、お花を摘んで。

パパとニンジンを掘って…

風邪を引かないでね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

「暑さ寒さも彼岸まで」は正しいか?(春の場合) ・・・2021年3月

さいたま地方の2021年3月は、最高気温積算値が469℃で1980年以来、第2位でした。最低気温積算値は169℃で、こちらは暖かい方から数えて第1位でした。

2021年3月は、過去約40年間で最も暖かいレベルの春だったと言えそうです。実際、ソメイヨシノが咲くのも散るのも早い年でした。

ところで、「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があります。「お彼岸」は春には春分前後、秋には秋分前後の約1週間の「雑節」です。

暑いとか寒いとかと言っていても、春分・秋分の頃になると極端な暑さ、寒さはなくなると言う意味です。

この言葉はどのぐらい当てはまるものなのでしょうか。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

1980年~2021年のさいたま地方3月の最低気温0℃以下の日の出現日数をみてみると、ホワイトデー(3/14)前までは、5-10日ぐらいありますが、ホワイトデーを過ぎると5日を下回るようになります。

つまり、出現率が8分の1から4分の1ぐらいだったものが、8分の1未満になると言う事です。そして、春の彼岸入りする3/18を過ぎると、出現日数1-3日程度、(出現率40分の1~14分の1程度)になります。

お彼岸以後は、0℃以下に冷え込む日がぐっと減ると見てよいでしょう。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

一方、最高気温20℃以上の日は、ホワイトデー以前には、出現日数2日(出現率20分の1)以下だったのが、以後は3日を超えるようになります。

そして、彼岸に入ると出現日数4日(出現率11分の1)以上となり、3/20は6日に達します。彼岸後半には出現日数が減りますが、彼岸明けからまた増え、5-7日(9分の1~6分の1程度)になります。

こうしてみると、彼岸前後から冷え込む日がほとんどなくなり、ポカポカ陽気の日が増えてくることが分かります。

2月まきの春野菜は、不織布等で保温して育てる事も多いでしょう。お花見の頃まで保温をしていると逆に保温内部の温度が高すぎて、葉物の葉やけや育ちすぎが起きるようになってきます。

こうした事態を避けるためには保温の撤去や調整が必要になってきます。彼岸はこうした保温調整の目安として使える雑節と言えるのではないでしょうか

序章・「地域で支える飲食店」は可能か

農業の分野ではCSAと言う考え方があります。

Community Supported Agriculture(コミュニティ・サポーテッド・アグリカルチャー)、「地域で支える農業」と言う意味です。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットは、この「地域で支える農業」と同じ理念で維持されていると思います。

地域の農業・農地を守っていこうと言う趣旨に共感した人たちが野菜を買ってくれています。

では、「地域で支える飲食店」と言う考え方は成り立つでしょうか?

この考えが成り立つためには、趣旨や理念の部分と、お客さんにどう役立つかと言う商売の基本部分、この両方が必要になってきます。

農業の場合、理念については、日本の歴史の中で作られてきた田園景観を守るべきだとか、農地がある事で防災に役立つと言った経済価値だけではない意味を語る事ができます。

お客さんにどう役立つかについては、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの場合、文字通り地元で採れた新鮮な野菜をお届けしている点にあります。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの舞台となっているのは埼玉県さいたま市や川口市です。

川口市は2年連続で住みたい街ナンバーワンになったそうですが、2021円さいたま市も順位があがったそうです。

実際、利用しているお客さんを見てみると、子育て世代の方やシニア世代の方が多く見受けられます。

新しく戸建てやマンションを買って、東京近郊に引っ越してきたら、地元の野菜を届けてくれるサービスがあった、申し込んでみよう、美味しい野菜が毎週届く、楽しい・・・

お客さん達は、こんな気持ちでサービスを利用してくださっているようです。

今後、テレワークが普及していく中で、都内から近郊に移住する人たちはますます増えていくでしょう。その人達に、近郊ならではの良さを実感してもらう、その事によって都市近郊に残された貴重な緑としての農地を守っていく、

そう言うサービスを菜園クラブは提供していきたいと考えています。

では、地域の飲食店についてはどうでしょうか?、地域で支える飲食店の可能性について、理念とサービス、両面から考えていきたいと思います。

2020、ピーマンも春&夏高騰していたかもしれない

これまで様々な野菜の東京23区内のニンジン小売価格の2019年から2020年にかけての変化についてみてきました。

そして、いくつかの野菜について、2020年には2019年に比べて春・夏の相場が上がる「春高騰」、「夏高騰」があった可能性が考えられました。

今回はピーマンについてみてみましょう。

東京23区内のピーマン小売価格は2019年12月~2020年1月にかけて上昇しています。

2020年12月から2021年1月にかけても上昇が認められ、ピーマン相場には越年高騰がある可能性が考えられます。

東京23区内のピーマン小売価格は、2019年4月~5月にかけて下落した後、2019年12月まで横ばいに近いとも言える微増傾向でした。

2020年4月から5月にかけては上昇し、6月に下落した後、7-8月には再上昇しています。

この結果は、ピーマンについても2020年春高騰、夏高騰があった可能性がある事を示唆していると思われます。

タイミングチェーン車は10万キロどころか100万キロぐらい走るかもしれない

僕は最初に中古車を買った時、「タイミングベルト」が切れると大変だと言う事を知りませんでした。

そもそも、切れる事があると言う事を知りませんでしたと言うより、タイミングベルトと言う部品がある事自体を知りませんでした。

ある日、突然、交差点を通過した直後に車が動かなくなり、レッカー搬送した先の整備工場でタイミングベルトが切れていると言われました。

切れてしまってから修理するとなるとかなり高額になり、結局、その車は諦めました。次から中古車を買う時はタイミングベルトについて、チェックしてから買うようになりました。

タイミングベルトは、エンジンの動きを駆動部に伝えるもので、これが切れてしまうと車は動きません。そして、走行距離10万キロ程度が交換の目安と言われています。

よく中古車では走行距離10万キロ未満か、それ以上かと言うような事が言われますが、これはタイミングベルトの交換時期を過ぎているかどうかが大事だからです。

ところが、近年、タイミングベルトでなく、タイミングチェーンの車が増えてきました。タイミングチェーンは寿命が長く、10万キロ以上保ちます。

物流・配送に使われているトラックやワゴン車には、走行距離100万キロ以上と言うものがザラにあります。今の車は、「保ち」がよくなっているのです。

自分が思っていたのと違う場合には、感謝した上で条件を打診してみよう

なにかをしたい、そう言うメッセージを発信していると、こんな話がありますよと提案や情報を持ってきてくれる人がいます。

また、こちらから、こういう事はできないでしょうか?と頼んだ事に対して、これでどうですかと応じてきてくれる人もいます。

さて、その時、持ってきてくれた話が、自分が思っていたのと違う場合、「断り方」は非常に大切です。

まず、感謝をしないといけません。

間違っても、話を持ってきてもらった時に、その条件だと応じられない、無理と言うように、こちらから「困った感」を見せないようにすべきです。

こういう風に話を持ってきてくれる人と言うのは、こちらが「やりたい」と言った事について、好意で応じてきてくれているわけです。

ですから、イメージに合わないと思っても、「ありがとうございます」と言う必要があるのです。

そうでないと、この人に何かしてあげようと思っても、感謝してくれない、喜んでくれない、じゃあ、次から何かしてあげるのはやめようと思われてしまいます。

撤退戦・再建戦においては、相手をこんな気持にさせる事は絶対に避けなければなりません。

撤退戦・再建戦に取り組まなければならない状態、すなわち事業や活動が傾いていると言う事は、自分への「求心力」は失われていると見なくてはなりません。

撤退戦・再建戦では、この求心力の回復に力を注ぐべきなのです。順風満帆の時でも来る話、来る話、全てが思惑どおりなんて事はありません。自分にとって本当に役立つ事と言うのは、持ち込まれる案件の一部にしか過ぎないと思います。

しかし、何の話も持ち込まれなければ、自分にとってできるだけ役立つようなそ事を選ぶことすらできません。すぐに有益に使える事でなくても、とにかく、次々、話が持ち込まれる状態になっている事が重要なのです。

そうは言っても、持ち込まれた話が自分の思っていたのと違う、その条件のままだと話に乗るのは難しい、そう感じた時は、「ありがとう」と言ってから「こういう風にしてもらう事は可能ですか」と聞いてみるようにしましょう。

自分の希望する条件を言ってみて、その通りにしてもらえるなら、望み通りになるのですから、とても良い結果になります。

条件通りにならない場合には、それだと、自分も対応できないが、なんとかなりますか?とか、それは無理なんですよねとか、聞いてみましょう。

とにかく、最後まで「疑問文」の形式で条件のすり合わせが可能か打診していく事が大事です。

先方が、その打診に対してその条件には応じられないと言えば、せっかく持ってきてもらった話をこちらが断った事にはなりません。

相手に、ああ、こういう条件が必要なんだなと理解してもらえば、次から、では、その条件に合うような話を持ってくるようにしようと思ってもらえるので、求心力アップにつながります。

秋野菜の保温を考える

2020年末から2021年初にかけての秋野菜の保温について、まとめてみたいと思います。

見沼菜園クラブでは、幾度か霜害や雪害を経験してきました。2018年、折からの大雪で見沼菜園クラブの白菜が台無しになっているのに近くの畑では出荷が続いていました。見ると寒冷紗で覆い、雪と白菜が接触しにくい状態になっていました。

以後、見沼菜園クラブでも、2019年、2020年と越冬の度に、工夫を重ねてきました。

2020年12月、白菜に枯れた雑草やマリーゴールドをかけ、全体を寒冷紗で覆いました。

年明け1月6-7日にかけて、さいたま地方はマイナス7℃の冷え込みを経験しました。しかし、白菜は無事でした。

冷たい外気に直接接する事がなかったせいか、外葉が霜でチリチリになると言うこともなく、割と青々していました。

また、不織布で二重保温されていたサニーレタスも無事でした。被覆の中でホトケノザが育ち、霜よけの役に立っていたようです。

二重保温されていたチンゲンサイも無事でした。

カブは寒冷紗と農ポリで二重被覆したところ、半分ぐらいが無事でしたが、残り半分には被害が出ました。

無事でなかったのが、大根、菜の花、しゃくし菜でした。

大根は、白菜同様、雑草やマリーゴールドで覆い、寒冷紗をかけておきましたが、葉は完全にダメになり、地上に露出していた根部もす入りしてしまうものが目立ちました。

菜の花、しゃくし菜は寒冷紗をかけただけでした。完全に壊滅してしまいました。

これらをまとめてみると、白菜やサニーレタス、チンゲンサイなどの葉物類は、枯れ草やホトケノザなどの雑草と不織布の二重保温を併用することで霜害は防げそうです。

白菜のような結球性のものは枯れ草と寒冷紗で耐え抜いたので、今年末の越冬も同じ方法でいけると思います。

菜の花やしゃくし菜のように大型化する非結球性の葉物についても二重保温や枯れ草の利用を考えてみようと思います。

カブも含めて12月に入ったら、場合によっては11月末から二重保温をした方がよいのかもしれません。

大根は地上部に露出する部分の被害が多いため、いったん、抜いて葉を切り、

地面に埋める等の対策を取った方がよいかもしれないと感じました。

ガソリンスタンド、ディーラー、用品店等と信頼関係を作っておこう

僕が自分の車について一番たくさん立ち寄る場所は、ガソリンスタンドです。

だいたい、毎週1回行っては満タンにしています。

その次に行く場所は、カー用品店です。チェーン名で言えば、オートバックスとかイエローハットとかジェームズとかです。

オイル交換程度の事なら、だいたい、こういうお店でやってもらっています。

用品店で手に負えないような事になると、近所に馴染みの修理屋さんがいて、そこで直してもらっています。

どこのお店の人にもちゃんと挨拶して、人間関係を作っておくようにしています。

例えば、給油したり、オイル交換してもらったりしてお店を出る時には、「お世話になりました」と言うようにしています。

ガソリンスタンドだとセルフサービスのお店が多いですが、それでも店員の方はいらっしゃるので、挨拶はするようにしています。

それだけでなく、なるべく、お店の人には話しかけるようにしています。

例えば、用品店でオイルを替えてもらっている時だったら、待合室でテレビを見ているのではなく、替えてもらっているピットに行って、どうですか?オイルは汚れてますか?、フィルターはどうですか?、パッキンは傷んでないですか?と聞くようにしています。

割ときれいですとか、汚れていますとか、傷んでいますとか、そう言う事を聞いて置けば、そろそろ、これも交換した方がいいと言った目安を知る事が出来ます。

また、顔なじみになっておけば、なにかと情報交換もしやすくなります。

お店の人にも感情はあります。お金を払っている客なんだからと威張っている人よりも愛想よくしてくれる人の方が話しかけやすいと思うのは当然です。

ある時、タイヤがパンクしてガソリンスタンドに持ち込んだ事がありました。原因を調べているため車を預かってもらっている間、そのスタンドでやっているレンタカーサービス用の車を貸してもらいました。

ガソリン満タンで返した方がいいですよねと聞く僕に、店員さんが「いいから」と言う目つきで目配せしてくれて、結局、ガソリン代タダで代車を借りる事が出来ました。

パンクの原因も推測出来るようになり、次から気をつける事が出来るようになりました。

これも、普段からお店の人にご挨拶やお話をするようにしていたからうまく言ったのだと思います。

ガソリンスタンド、用品店、自動車工場の人に対しては、いろいろ教えてもらうと言う気持ちで接するようにしていると、得する事が増えてきます。

提案は断ってもいいが、まずは話を聞こう

「なにか」をしたい、今はうまく行っていないが、いずれ、実現したい…

撤退戦・再建戦だけでなく、新規立ち上げの前もこういう状況と言うのはあります。

すると「したい」、「やりたい」と言うのなら、こういう話がありますよと提案なり情報なりが出てくる事があります。

その提案や情報を聞いた時、自分がやりたい事とずれている部分があるように感じたらどうしますか?

ずれていると思っても、話を聞く事は大事なのです。

例えば、「あなたは〇〇がしたいと言っていたでしょう?、それについて、Aさんと言う人がいるんだけど、話を聞いてみない」と言われたら、そのAさんとは出来る限り会うようにしましょう。

もちろん、今だったらオンラインでもかまいません。とにかく、自分がやりたいと言う事について、誰かが人を紹介してくれたのですから、その人に会ってみた方が良いのです。

農業を目指すと言っていた人で、農業法人に行っても田舎暮らし関係のNPOに行ってもうまくいかない人がいました。

ある時、僕はその人にここなら働きながら農業の実習も出来ると思うと言って、とある会社を紹介しました。

その会社は、僕の知り合いが勤めている会社でした。その知り合いが自分の部署で雇う人を面接して決めているらしいので、頼んだら、面接してくれると言ってくれたわけです。

ところが、その農業志望の人は、面接に行こうとはしませんでした。

結局、周りでその人になにかを提案しようとする人はいなくなっていったようです。

こういう風に最初から提案を断ってしまう事のなにがいけないかと言うと、提案者の側が「この人になにかを提案しても動こうとしない」と感じてしまうからです。

「提案しても動かない人ならもう提案するのはよそう」と言う事になって、結局、その人に情報や提案を持ってくる人がいなくなってしまうわけです。

最初から断らずに、「ありがとございます。話をお伺いしてみますね」と言っていったん提案内容を詳しく聞いてみたり、紹介してくれた人に会ってみたりすれば、提案した人は「提案したら動いてくれた」と感じる事が出来ます。

詳しく話を聞いたり、相手に会ったりした上で、この点が合わないからと報告すれば、話を持ってきてくれた人も納得するでしょう。

(事によると、こうやって最初から断る人と言うのは、相手に会って詳しく話を聞いた上で断ったら失礼にあたるのではと思っているのかもしれません。

しかし、そんな事はありません。話を詳しく聞かないで断る方がよほど失礼なのです。)

また、自分が実現したい事と現実のすり合わせができないのも「最初から断る」事のまずい点です。

世の中、何から何まで自分が思っていた通りにただちに実現出来るなんて事はまずありえません。

ある部分は実現出来ても、ある部分は実現できない、そういう中でどうやって、より自分の考えに近い状態を実現していくか、それが現実とのすり合わせです。

夢と現実のすり合わせ過程では、これは出来るけど、これは出来ない、ただ、これをやることでこういう可能性が拓けるかもしれないと言うような事を、事細かに、そして真剣に突き詰める事になります。

誰かに会って話を聞いて、その提案を受けるか受けないか考えてみると言うのは、このすり合わせ過程の訓練として役立つのです。

最初から断ってしまうのは、現実とのすり合わせの機会を逃してしまい、夢の実現に近づく事ができません。

更に、「仲間づくり」が出来ないと言うのも「最初から断る」事の悪い点です。

提案した人、話を持ってきた人からは、話を聞いた上で、受けるか断るか悩んでいるのは、夢と現実を一生懸命すり合わせているように見えます。それだけ夢の実現について真剣に努力している姿勢があると評価できるので、たとえ、断ったとしても、また、別な提案をしてあげようと思う事になります。

例えば、受けるか断るかの悩みを提案主に相談してみれば、それは提案主を「仲間」にしていく役に立ちます。

そもそも、なにかを提案してくれると言う事は、その夢の実現について親身になろうとする意志があるからです。そう言う気持ちが全然なければ、赤の他人になにかを提案したり、話を持ってきたりはしません。

ついでに言うと、その提案者が紹介してくれた先も、そう言う事なら協力してもよいと言ってくれているわけですから、「仲間」になってくれる可能性があるわけです。

結果として、どうしても条件が合わないから断る事になったとしても、悩みを相談した上でなら、提案者や紹介先の人たちは今後も付き合ってくれると思います。

付き合ってくれる人、それが「仲間」なわけです。

なにかを提案されたり話を持ってきてもらったら、始めから断らずに、話を聞いたり、相手に会ったりするようにしましょう。

2020、ナスは複合要因で値動きしていた?

東京23区内の野菜小売価格について、様々な野菜についてみてきました。

2020年3-4頃から上昇する春高騰、6-7月の下落、7-9月の夏高騰、9-10月以降からの下落を分けて考えると、春高騰と夏高騰の両方があったのは、ニンジン、キャベツ、白菜でした。

ホウレンソウや玉ねぎについては、夏高騰のみがあったと考えられます。

キュウリは、夏高騰があったのかどうか、相場データの見方が難しいので、今のところ、結論が出ていません。

今回はナスについてみてみましょう。

ナスの東京23区内小売価格は、2020年3-6月にかけて値下がりしています。

これだけをみると、春高騰はなかったと言えそうです。

ただ、ナスは2019-2020年に10月ぐらいから相場が上がっています。2020-2021の冬場も12月頃から上昇しています。

そして、2019年の4-5月に比べると、2020年4-5月の方が小売価格は高くなっています。

ですから、2020年春のナスについては「冬相場」から「夏相場」に移り変わる時期なので、値下がりしてきているが、「春高騰」要因がなければ、もっと下がっていたかも知れないという見方が成り立ちます。

2019年6-9月にかけて、東京23区内のナス小売価格は安定していますが、2020年は7-8月に上昇しています。ナスは「夏高騰」があったのかもしれません。隠れ春高騰と合わせると、ナスも「2020 3-10(4-9)高騰」をしていたが、冬相場と夏相場が交代すると言う季節要因との複合で小売価格の上下動が起きていたと言う見方ができるかもしれません。