投稿者「firstfruits」のアーカイブ

チンゲンサイ20200116

シュンギク、生で食べた・・・♪

2020年も、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットのお届けが
始まりました。

待っていてくださる人がいるから
励みになります。

折からの暖冬で、昨年の台風以来の生育の遅れを
取り戻しつつある葉物野菜たち。

先週はシュンギク、
今週はチンゲンサイやミズナをお届けしました。

ミズナをみて感動してくださる方、
そして、先週、シュンギクを旦那さんが「ナマ」で食べた
美味しいって言ってた

ってご報告くださる方。

2020年も、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットをよろしくお願いいたします。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

霜の降りた地表

冷え込む日が少なかった年の瀬の畑~2019年12月

台風19号後の10月後半、日照不足が続き、
見沼菜園クラブでは冠水した畑だけでなく、
しなかった畑でも野菜の生育が遅い状態が続きました。

秋野菜の生育速度を低下させた台風19号以降の天気

11月に入り、比較的温暖な日が続き、秋野菜の生育遅れが回復してきました。

暖かさの持続と日照時間の多さで遅れ挽回

では、12月はどうだったかと言うと、
一度だけ、霜で被害を受けた事はありましたが、
その後は、あまりそういう事もなかったようです。

生育は非常に早いとも言えませんでしたが
非常に遅いとも言えず、
この時季にしては、それなりに生長した野菜が多かったようです。

10月来の状況の中、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットに
出荷する野菜は品薄が続きましたが、

なんとか葉物や根菜の供給を続ける事ができました。

さいたま地方、12月の積算気温の変化
さいたま地方の最高気温積算値を過去35年間と比較してみると、低い順に並べた場合、第23位となり、例年に比べやや暖かい程度でした。
非常に暖かい12月だったとは言えないようです。


また、12月にしては、雨も多かったようです。
1mm以上の降雨量を記録した日は、例年より約2%、2mm以上の日は約5%多い割合でした。


雨の日が多かった事を反映して、日照時間がゼロになる日も多く、12月の総日照時間は、過去32年間の最低を記録しました。

日照時間が少ない事は、野菜の生長にとってマイナスと思われます。
他方、プラスとは言えないまでも、マイナスにならない要因もあったようです。

さいたま地方、12月の最低気温の日変化
2018年と2019年の最低気温の日変化を比較すると、2018年には最低気温が0℃を下回る日がかなり多かったのに対して、2019年は少ない事がわかります。

実際、2019年は、過去35年間で12月の最低気温積算値が二番目に高い年でした。
2019年12月は、冷え込む日が少ない時季だったのです。

雨の日もあったけれども、全体としてはそこそこに暖かい状態が維持され、
冷え込む日が少なかったため、
野菜の生育もそこそこに進んだ

それが2019年12月、さいたま地方の様子だったようです。

ワインコンシェルジェデータベース

菜園起業受講生にデータベースから「オススメ・ワイン」提案を作る方法をサポート。

菜園起業大学の受講生で、「飲食店さん向けワイン:コンシェルジュ」の仕事を始めた人がいます。

それぞれのお店で意外と苦労しているのが、「お店のお料理に合うワイン」を選んで仕入れる作業。

そこで、この受講生の方は、ワイナリーからの情報を元に、
このお料理ならこのワインがオススメですよと選んであげて、
提案する仕事を始めました。

さて、この受講生の方からのご相談は、データベースから「オススメワイン」を表示させる方法。

この方は、ご自身でワインのデータベースを作っているのですが、
データベースの情報から各飲食店さん向けにオススメの銘柄と特徴を抜き出した
「提案カード」を作りたいとのご相談でした。

一生懸命、表計算シートに関数を当てはめてみたけれども、
うまくいかないと言うのです。

僕は話を聞いて、「業務フロー」の提案をしました。
「業務フロー」と言うのは、
その仕事全体の流れを書き出したものです。

飲食店さんからメニューを聞き出す場面もありますし、
その飲食店さんに合うワインを考える局面もあります。

パソコンを使ってデータベースのデータを見ている時もあれば、
パソコンを使わない対面や電話などのやり取りもあるでしょう。

それらのやり取りの流れをいったん書き出してみる、
そして、ワインのデータベースと飲食店さんやお料理のリストを
突き合わせる作業をどの段階でやっているのか
考えてみる、

そして、ワインのデータから、そのお料理に合うワインを抜き出す段階、
各メニューごとに抜き出したワインを、飲食店さんごとにリスト化する段階、

飲食店さんに対する提案カードに変換して出力する段階

と言うように各段階に応じたスプレッドシートやデータベース側の作業を
考えてみる、

つまり、一連の流れを考えてみる事で初めて「オススメ・ワイン提案カード」が
出来ると言う事を伝え、

実際にこうしたらいいんじゃないかと言う具体案を提案してみました。

果たして、この提案は、受講生の人に伝わったようで、
「オススメ・ワイン提案カード」の企画が動き出しました。

菜園起業の受講生の方には、こんなサポートも実施しています。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

サトイモ掘り20191214

大おじさん部隊メンバーとサトイモ掘り♪

年も押し詰まった見沼菜園クラブ。

でも、やっぱりみんなやってきました。

寒波がぬるみ、暖かい日射しのもと、
大オジサン部隊のメンバーとサトイモ掘りです。

オジサンがスコップを下からあてがいながら、
引っ張れ~と声をかけると、

一生懸命引っ張ります。

そして、掘り出したイモをみんなでチョキチョキ、根っこ切り。

サトイモの根っこ切20191214

それから、来年の種イモにするイモの保存です。

地面に掘った穴の中に種イモを入れると、
使い古したビニールやポリシートを被せて、
保温します。

長~いシートは、ボクの体より大きいかな?

種イモの保存20191214
一生懸命シートを被せて、
来年の春、種イモ植えようね。

来年もたくさんおイモが採れるといいですね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
銀杏イメージ画像

銀杏、だぁ~い好き・・・♪

台風や日照不足の余波で、野菜不足が続く今日この頃、

応援してくれる人が多いのか、
このところ、会員数急増中の
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも
供給できる野菜が限定気味。

どうにか、間引きした小松菜やチンゲンサイを加えて、
セットを作っているところへ、

農家さんから出てきたのが、銀杏。

茶碗蒸しとか、最近では洋風でオリーブ漬けとか、
好きな人もいるけど、大丈夫かなぁ。

とお届けしてみると、
小さな子供が出迎えてくれて、

ギンナン、だぁ~い好き!

え?、ギンナン好きなんだ。

ほっとしました。

ところで前回お届けしたニンジンの葉っぱに
キアゲハの幼虫がついていたので
羽化させたい。

ニンジンの葉っぱ下さいって
リクエストも頂きました。

葉っぱ、お届けしますね。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

紅葉イメージ画像

暖かさの持続と日照時間の多さで遅れ挽回~2019年11月

台風19号の後も、日照不足で秋野菜の生育の遅れが目立った10月。

しかし、見沼菜園クラブでは、11月に入り、遅れが回復されてきました。
理由として考えられるのが、「暖かさ」です。

1985-2019年の35年間、さいたま地方における11月の最高気温の積算値を見ると、
2019年は第5位の暖かさでした。

2018年は第3位で、最高気温の積算値だけを見ると、
昨年の方が今年より暖かかったようです。

ただ、2018年は11月の日照時間の合計が157時間であったのに対し、
2019年は185時間と1日あたり1時間ほど多くなっています。

さいたま地方、11月の最高気温の日変化

また、昨年は11月10日を最後にして、最高気温20℃を超える日がなくなりました。
それに対し、今年は11日以降も20℃超えの日が6回ほどありました。

昨年11月中下旬のさいたま地方は、ほぼ最高気温15℃~20℃の間で推移していました。
今年は、20℃超えになる日もあれば10℃以下になる日もあり、寒暖差が大きかったようです。

光合成は温度があがるほど、進みますが、気温が低くなっても、「マイナス」になる事はありません。
つまり、植物は一定以上の気温になると生長が加速しますが、
一定以下になると、生長が遅くなるのは、ほぼ同様です。

今年最高気温10℃になる日があった「減速効果」と
20℃以上になる日があった「促進効果」では、

促進効果の方が大きかったのではないでしょうか?

秋野菜の生長が回復し、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマ-ケットにも、
どうにか葉物や根菜類が供給できるようになってきました。

大根の収穫20191203

畑の大根があっと言う間になくなった・・・♪

台風19号の後は日照不足が続き、
秋野菜の遅れが目立ちました。

一方、応援してくれる人も増えて、
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
会員の方が、このところ、急増中。

お申し込みフォームから申し込むと、
こちらのメールボックスには、
「”地元野菜宅配サービス野菜のマイクロマーケットお申込み(回答)” が更新されました」

ってメールが届くですが、
このところ立て続けに、このタイトルのメールが届くので、
え?、また?!

ってビックリするやら、嬉しいやら。

だけど、どこの農家さんも供給不足のこのところ、
毎週、お届けするお野菜を確保するのが、大変。

本当に嬉しい悲鳴です。

そんな中、昨日は、見沼菜園クラブでようやく育ってきた大根をお届け。

しかし、必要分の大根を引っこ抜いてみると、
もう残りわずか・・・

え?、もう畑になくなっちゃったの?

そうです。このところの会員増で、
必要数も増えたため、
たくさん植えたはずの大根、

あっと言う間にはけてしまったのです。

マルシェの依頼も続々・・・。

お野菜頑張って育てなきゃ・・・♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20191202田植え休暇

働き方改革と半農生活の可能性

奈良時代、宮廷に仕える人々には、「田仮」と言って、
田植えや稲刈りのための休暇が与えられていたそうです。

日本最古の半農半X生活と言うべきでしょうか?

「萬葉集釋駐(伊藤博 集英社)」を読んだ時、
この田仮の話が出てきて、非常に感動した記憶があります。

資本論の著者カール・マルクスは、「ドイツ・イデオロギー」の中で、
「今日はこれをして、明日はあれをする事が出来る」、「朝は釣りを、昼には狩猟を、夕方には牧畜を、夜には評論を行う」状態を
理想像として描いています。

おそらく、マルクスの時代は、産業革命によって成立した資本主義社会以前の記憶やイメージがかなり残っており、
マルクスは分業化された社会の中で「特定の仕事」だけをする状態とは違う生き方について、かなりリアルな感覚を持っていたのではないでしょうか。

さて、では、今話題の「働き方改革」です。

ワーク・アンド・ライフバランスと言う言い方もありますが、
果たして、従来、ある種特定の職場で「労働」していたのとは別の領域、
例えば、農作業も含む生活と、
従来の「労働」をバランスさせながら生きていく事は可能なのか?

「働き方改革」と半農生活の関係について考察していきたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

カラーチャート20191117

好きな色でウェブやチラシが作れる♪「色見本」サイト

ウェブページやチラシを作る時、「白黒」と言う人はあまりいないと思います。

たいてい、カラフルなものを作ると思いますが、
では、カラフルに仕上げるための「色」はどうしていますか?

ワープロやウェブページ作成アプリの中でも、ある程度、色は選べます。
でも、もうちょっと明るい色にしたいとか、本当はこの色とあの色の中間ぐらいにしたいとか
思ったことはありませんか?

そういう時に役立つのが、ウェブ色見本です。

リンク先を見て頂ければおわかりのように、
原色や和色、洋色、パステルカラー、ビビッドカラーなど、様々な色見本が用意されているので、
アプリの中だけで選ぶのに比べて、自分のイメージに近い色を選ぶ事が出来ます。

色には、パソコンやウェブで使うために、RGBやHEXなどのカラーコードがついています。
例えば、和色大辞典にある「茄子紺」は、
ナスの色に近い日本の伝統色の一つですが、
HEXでは、#824880
RGBでは、R:130 G:72 B:128と表現されます。

これらのカラーコードをコピーして、アプリの色指定機能の所定の欄に貼り付ければ、
自分の好きな色をウェブやチラシで使う事が出来ます。

菜園クラブで使用しているLibreOfficeやGoogle図形描画の場合、
四角形なら四角形の図形を選んでおいて、「塗りつぶし(の色)」等のメニューを選ぶと
自分が使いたい色のカラーコードを入力する欄が出てきます。

その欄にウェブ色見本からコピーしたカラーコードを貼り付けると、
その図形を自分で選んだ色で塗りつぶす事が出来ます。

ウェブ色見本を使って、自分好みの彩りの素敵なウェブやチラシをたくさん作って下さいね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

20191130イモヅルリース

サツマイモのツルでリースが出来たよ♪

11月最後の見沼菜園クラブ。

寒気は強いですが、
よく晴れています。

みんなやってきました。

折から降りた霜でサツマイモの葉は全部枯れています。

もう全部掘っちゃお♪

残っているイモを見つけて、芋掘り開始。

ねぇ、ねぇ、イモヅルでリース作れないかなぁ?

ツルを適当な大きさにカットして、
絡み合わせてみると、
確かにリースが出来ます。

年長のボクは、ちょっと大きめ。

最近は、言葉をいっぱい話すようになったワタシは、ちょっと小さめ。

みんなの顔の大きさに合わせて、ツルを切ってもらって、
輪っかの中から顔をのぞかせて、ご機嫌。

来年は、畑でクリスマスリースづくりのワークショップしましょうね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む