バイクメンテイメージ写真

過酷条件で働くバイクのメンテナンス費用はどのくらいかかるか

僕が野菜の配達で使っていたバイクを買い替えた時、
お世話になったバイク屋さんは、自分でもレースに出ている人で、

いろいろと教えてくれました。

最初にバイクを買ったお店では、マニュアルにこう書いてあるから
と2000キロか3000キロでオイル交換して下さいと言うだけでした。

買い替えたバイク屋さんによると、
「シビアコンディション(過酷条件)」で使うバイクは、
もっと頻繁にオイル交換が必要だとの事でした。

そして、常時、かなりの重量を運ぶ野菜配達は
まさに過酷条件での使用と言えるものでした。

この他、後輪は年1度ぐらい、
前輪はその倍ぐらいの期間で交換する事、

Vベルトと言って、エンジンの回転を伝達するベルトも
年1回ぐらいの交換が必要だと言われました。

これらをしないとどうなるかと言うと、
バイクの劣化を早めるだけとの事でした。

オイル交換の頻度が少なければ、
エンジンが劣化しやすいとの事。

どうも最初に買ったバイクが劣化してきたのは、
シリンダー内に摩耗して出来た金属粉がたまり、
シリンダーを傷つけた事にも一因があるらしいとの診断でした。

タイヤは交換しなければ、ある日、突然、パンクやバーストをします。
その結果、転倒したり、事故にあったりと言うトラブルも起きる可能性があります。

それらがなくても、他の部分に負担をかけ、
結果として、バイクの寿命を縮めます。

Vベルトが切れれば、やはり、他の部分を傷つけ、
場合によっては、修復不能か、
修理出来たとしても、新車を買った方が安上がりと言うぐらいの
ダメージが出る事があります。

早め早めの交換が必要だと言うわけです。

では、これらのメンテナンスにかかる費用はどのくらいなのでしょうか。

店にもよりますが、オイル交換は1回に1,500円~2,000円ぐらい。
毎月から隔月で必要なので、年2万ぐらいの予算は見込んだ方がよいでしょう。

タイヤ交換は1万円前後、Vベルト交換もそのぐらいかかります。
Vベルトとともに他の部品も合わせて換えると、2-3万かかる事もあるでしょう。

つまり、過酷条件で使うバイクのメンテナンスには、最低でも年4-5万はかかるものなのです。

実際に僕が二台目のバイクを使っていた時には、
他にも部品が傷んできたと言うような事が
幾度かあり、

結局、年7-8万、場合によっては10万ぐらいの経費がかかっていたのではないかと思います。

オープンデータ活用!気象データで野菜の生育&相場を予測「てんとうむしプロジェクト」
「自動車教習方式」。2日間で野菜栽培の基本技術を学ぶ、基礎講習。

菜園起業入門セミナー
菜園起業の稼ぎ方