「ポスティング」のイメージ写真

時間の融通がきいて稼げる仕事はあるのか

半農半Xの「農」の部分と「X」の
部分を両立させるため、

時間に融通がきいて、
それなりに稼げる仕事を探したい。

前者の条件を満たすものとして、
よく募集を見かけるのが、

「ポスティング」です。

マンションなどを周り、
郵便受けのコーナーに
チラシを投函して回る仕事。

チラシは、「本部」から届けられ、
自分の空いている時間で配ればよい、

散歩ついででも可。

運動をかねていかがでしょうか?

そんなような募集の文言を目にしたこともあります。

確かに自分の好きな時間に好きなだけ働けばよいので、
時間的には融通がきくと言えます。

では稼げるのかと言うと、
あまり、見込みはないように思えます。

僕は街中で仕事をしている人をみかけると
けっこう、気軽に声を掛けます。

特にポスティングのような仕事の場合、
声を掛けられると
掛けられた側は、何かクレームを
言われたのではないかとドキッとするようですが、

そうではなくて、
「オニイサン(オネエサン、オッチャン、オバチャン)、その仕事稼げる?」
「ポスティングって儲かる?」

みたいに聞くと、
苦情ではないと安心するようで、

割合と質問に答えて喋ってくれます。

そうした回答からポスティングの「稼ぎ度」を
拾ってみると、

自営でクリーニングなどのお店、パソコン教室などを
やっている人が自分で
ご近所にチラシを配って歩くと、

お客さんが増えることが多い、

こういう自営業タイプの方の場合、
最近はお客さんが少ないなと感じると

じゃあ、チラシ配ってみようかと
ポスティングをしてみるのだそうです。

次に、高額商品、例えば、不動産屋さんなどの場合、
相当の枚数を配らないと反応に結びつかない、

しかし、1件まとまれば大きいので、
バイト代を払っても、効果が得られるとの事でした。

また、スポーツジムの場合、
ポスティングより駅前で配布した方が効果がある、

つまり、ポスティングの場合、
ゴミとして捨てられてしまうチラシが多いが、

駅前でスポーツジムですと言いながら、
配ると

関心のある人だけが受け取ってくれるので、
後で利用者になってくれる確率が高いのだそうです。

これらはいずれも「経営する側」の視点に立ってみた場合の
意見です。

では、雇われてポスティングのアルバイトをする側からみて、
稼げるのかと言うと、

そうでもなさそうです。

例えば、実際には時給200-300円程度かなと言う人もいました。

先のスポーツジムの方の場合、
さすが、普段から鍛えていらっしゃるせいか、

ポスティングで1時間に400枚配布できると言っていました。

しかし、普通の人の場合、そんなに配るのは無理です。

せいぜい、200枚前後がいいところでしょう。

マンションでなく、一戸建てエリアを歩いて
一軒一軒投函していく場合、

もっと効率は落ちます。

一方、手間賃としてもらえる「アルバイト代」の方は、
一枚あたり3円とか、5円とかそのぐらいです。

5円×200枚=1,000円 なので、
時給1000円程度になるように思えますが、

常に単価が「高い」仕事が回ってくるわけではないですし、

配布場所までの往復時間もかかります。

配布中に移動しているので、当然、行きと帰りは別の場所
になり、かなり遠方から帰らなくてはならないことも出てくるでしょう。

また、長時間、連続して歩き続けるのは、かなり疲れます。
途中で一息入れる必要も出てきます。

それに1時間200枚配れると言うのは条件の良い場所で
行った場合のことで、

住宅と住宅の間が離れているような地域では、
移動にかなり時間がかかります。

密集地では短時間に多くのチラシを配れたとしても
その密集地から次の密集地まで、少し離れていれば、
そういう時の移動時間は「稼ぐ」事ができません。

そうやって考えていくと、ポスティングの時給は
せいぜい200-300円と言う体験者の声は、

おそらく実情を反映しているのでしょう。

結論から言うと、何か自営の仕事をしていて、
その集客のために「自分で」(もしくはバイトの人を雇って)
ポスティングをする場合には、

一定の効果が見込めるが、

雇われて働くアルバイトは、

半農半Xの「農」の部分だけでは生活できないから、
生活費を稼ぐ「主力事業」として考えるのは

かなり難しいのではないかと言うことです。

次回は、「花形」に思えるネットビジネス、

ブログやアフィリエイト、ユーチューバーなどは、
半農半Xの「X」の部分で「稼ぐ」役に立つか

を取り上げます。