農業はなぜ大切なのか」タグアーカイブ

木製農具イメージ写真

1300年かけて形成された日本の田園景観

奈良時代初期の722年、続日本紀に「膏腴の地良田一百万町を開墾せん」と言う文言が出てきます。

「膏腴」は土地が肥えていること、「良田」は文字通り良い田んぼの事です。
つまり、肥えた良い田んぼを百万町歩作ろうと言う呼びかけをしたと言う記事です。

「百万町歩開墾計画」と呼ばれています。

この「百万町歩開墾計画」が本当にあったのか、単なるスローガンみたいなものだったのではと言う疑問も
呈されています。

他の古文書の記録などを見る限り、どうも当時の日本全国合わせても100万町歩も農地があったとは思えない、
ある研究者の研究によると74万町歩ぐらいとの事です。

続日本紀の前編にあたる日本書紀の壬申の乱記述について、
遠山美都男さんは、二万の軍勢とあるのは、せいぜい200人ぐらいの規模が集結していたとしています。

遠山説では、飛鳥京攻防戦は、十数人で三方から迫る近江朝廷軍を迎撃したとの事なので、
映画「七人の侍」みたいな規模の戦闘だった事になります。

また、日本書紀はヤマトタケルノミコトについて、身長一丈と記していますが、1丈=約3メートルです。
いくらなんでもこんな背丈の高い人はいないと思います。

こうしてみると、日本書紀や続日本紀に出てくる数字表現は、そのまま鵜呑みにできないようなもので、
大勢の兵が集まっていたとか、すごく身長が高かったとかと言う事を大げさに言うために数字を並べていると
みた良いのかもしれません。

ですから、「肥えた良い田んぼを百万町歩作るんだ」と言うお話も
「百万町歩」は鵜呑みにできず、

一生懸命、良い田んぼをたくさん作ろう程度の掛け声だったと見た方がよいのでしょう。

さて、実態の方ですが、どうやら70万町歩程度と言うのが、専門家の意見のようです。
ところで1町歩が1ヘクタールになったのは、豊臣秀吉の太閤検地の時で、
上代の1町歩がどのくらいの面積だったのかは、諸説あるようです。

それらを踏まえて考えてみると、飛鳥時代から奈良時代初期の全国の農地面積は、
60-80万ヘクタール程度だったと言うのが当たらずと言えども遠からずと言うところでしょう。

前回の記事

1960年代、日本史上最大に達した農地面積
で述べたように、

1963年、日本の農地面積は600万ヘクタールを越えました。

つまり、1300年間に7-10倍程度に増えたと言うことです。

ところで、日本書紀にはこんな歌が出てきます。

「つぎねふ山背女、木鍬持ち、打ちし大根、さわさわに汝が言へせこそ 打渡す やがはえなす 来入り参来れ」

つぎねふは、山背(現京都府)の枕詞、
木鍬は、文字通り、木製の鍬の事、

打ちしは掘り起こす、
大根は、あの野菜の大根です。

つまり、この歌には「京都の女性が木の鍬で掘り起こした大根」と言う意味の表現が出てくるのですが、
「二万の軍勢」や「身長一丈」、「良田百万町歩」と違い、リアリティを感じさせます。

重機はもちろんの事、ステンレス鋼製の農機具もなかった時代、
先人達は博物館に並んでいるような木製の農具で地を掘り起こしながら、
60-80万ヘクタール程度しかなかった農地を広げ、

日本の田園景観を作ってきたわけです。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

戦争イメージ写真

1960年代、日本史上最大に達した農地面積

農業はなぜ大切なのか?

そのお話は、まず、日本の農地の歴史を語るところから始めたいと思います。

1963年、日本の農地は、史上最大の面積となりました。

1963年の国土利用割合
※国土庁「国土利用計画関係資料集」により作成

農地面積は609万ヘクタール。これは森林を除く国土のほぼ半分48%です。

森林、農地、河川・水面・水路をあわせた合計は、3228万ヘクタール、国土の85.5%。
宅地と道路は合計しても国土全体の4.2%、森林を除く国土の12.3%に過ぎませんでした。

では、この1963年とはどのような時期だったのでしょうか。

第二次大戦が終わったのは、1945年です。

社会学者・小熊英二は、1945年から10年間を「第一の戦後」、
1955年以降を「第二の戦後」と呼んでいます。

1956年、経済白書は「もはや戦後ではない」と述べています。
同年の厚生白書は、日本は先進国なのかと言うテーマで
様々なデータを取り上げて考察し、

経済水準や所得、衛生面からはとても先進国とは言えず、
途上国なみにとどまっている部分が多いとしています。

1955年に出された厚生省栄養課の「戦後十年国民栄養報告書」では、
戦時中の食料不足により、国民の体格は著しく減退し、
1907(明治40年)頃のレベルまで戻ってしまった、

1960年にはかなり戦前のレベルに回復してきたが、
男子14歳~17歳まで、女子14歳、
つまり、戦時中に生まれた年代の人たちは、
まだ戦前レベルに体格が回復していないとしています。

国民が食べている食料の内容については、
「国民の日々摂取してきた食糧の内容は, ほぼ今日のものに等しく, 従つて, 今日国民の摂つている食物 の内容は,
第一表に示すように大略戦前のそれに復したものと認めてよいであろう。 」と述べています。

ただ、
「豆類, いも類, 野菜類の消費は若干戦前に及ぼず,
戦後はむしろ米麦はかえつて僅かながら増加の催向にあると見られる。」
とし、

「食べられた食糧のうち, 所謂, 熱量を主として供給するものと,
蛋白質, ビタミン及び無機質を主として供給するものと
二つに大別するならば, 第二表にみられるようにあまりにも前者に偏り過ぎ, そのうちでも
特に米のみに重点がかかつている状況は今日に至るも改まつていないのである。」

としています。

すなわち、戦争でメチャクチャになった経済も
立ち直ってきて、先進国とは言えないにしても、
戦後復興の段階は過ぎ、今後は経済成長を目指していくべきだ、

国民生活の方も、タンパク質とかビタミンとかの「質」を
問わず、カロリーが満たされているかどうかで言えば、
一応満たされるようになってきた、

そして、いったん、戦時中の食糧不足で成長が止まっていた人たちも
体格が向上するようになってきたが、
まだ戦時中に生まれた人たちは、戦前の水準には戻っていないと言う
状態、

これが1955年~1960年、「第二の戦後」が始まった当初の状況だったと言えるでしょう。

これが1965年になると、1960年に14歳だった男子(当時19歳)の人も、
戦前なみの体格に戻ってきます。

1960年には、池田内閣が「所得倍増」を掲げ、
以後1970年頃まで高度経済成長が続いていきます。

白黒テレビ・洗濯機・冷蔵庫(または電気釜や電気掃除機)が三種の神器と呼ばれて、
普及していったのもこの時代です。

それ以前は、ホウキやハタキだけで掃除をして、
手で洗濯物を洗い、

ご飯はカマドなどにマキをくべて炊く生活だったのが、
電気製品がやってくれる生活が味わえるようになっていったのです。

こうした時代が始まりだした頃、日本の農地は、史上最大の面積に到達しました。

この意味を考えていく事が、日本でなぜ農業が大切なのか、考えていく手がかりになるのです。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

時間、イメージ写真

序章 問われなければ知っている。

皆さんは、「時間」とはなにかと質問されたらどうお返事されますか。

そうです、誰もが毎日過ごしている、気にしているあの「時間」です。

いや、時間だろ、そうだな、時間は時間だから・・・
大切なものなんだよ、

当たり前のように接している「時間」ですが、
いざ、説明しようとすると、なかなか、ちゃんと説明できない、

それが「時間」と言うものですね。

キリスト教の教父、つまり、教義を作り上げた人物の一人アウグスティヌスは、
「問われなければ知っている」と言う名文句で、
この事情を言い表しました。

「時間について、質問されなければ、自分はよく知っている、
しかし、質問されると、自分は何も知らない」

アウグスティヌスは、「時間論」をこういう言葉で始めています。

彼の時間論が秀逸なのは、「時間には始まりがある」と言う事を
おそらく史上初めてきちんと論じた点でしょう。

アウグスティヌスは、神による世界の創造を論じるために、
物事には何らかの始まりがある、

その始まりの「前」と言うものはない
(つまり、それ「以前」には「時間」と言うものすらなかった)

と言う事を主張しています。

現代科学は、ビッグバンで宇宙が始まったとしていますが、
実は、神様の代わりにビッグバンを持ってきているだけで、
それ以前には「時間」と言うものすらなかった
と言う主張には変わりがありません。

時間がない状態では、「以前」とか「以後」と言うのも
ありえないので、
「時間」と言うものが生まれる「以前」には時間がなかった
と言う表現も変と言えば変ですが、
こういう風に言う他ないのでしょう。

カントによると、時間は先験的認識様式、
つまり、人間が物事を認識するには、時間とか空間と言う形を取る他ないと言う事なんだそうです。

今、この文章を読まれている方も、画面上で見るにしても、紙に印刷するにしても、
文字を順に追っていく他なく、
時間、空間と言う枠組みの中で思考せざる得ないと思います。

カントの考え方では、「時間」と言うものが存在しているのではなく、
人間が物事を考えるための「枠組み」が「時間」と言う事になります。

ですから、神様かビッグバンか分かりませんが、
「『時間』以前」と言うのは、もう人間が認識できないもの、

人智の限界の外側と言う他なくなります。

さて、「時間」について述べるのは、このぐらいにして、
本題の「農業」について考えてみましょう。

農業について、あまり詳しくない人でも、
なんとなく農家の人が大変だとか、
農業をやる人が減っているとかと言う事は
漠然と知っていると思います。

実際、日本では農業人口は減り、
遊休化した農地が増えています。

こうした状態に対して、農業はこうすれば活性化する、
再生できる、いろいろな提言がなされています。

様々な提言には、それぞれに聴くべき点があります。
ただ、では、なぜ農業は大切なのか?、
どうして農業を活性化・再生しなければならないか
と言う点にはあまり触れられていないような気がします。

なぜかと言うと提言をする人たちの多くが
農業について詳しい人達だからです。

農業について詳しく知っているからこそ、提言も出来るのですが、
逆に言うと、自分が詳しく知っている「農業」について、
農業の現状が心配だと言うところから話し始めている場合が多いのです。

今のままでは駄目だ、だから、こうなってほしい、こうしてほしい
その気持ちはよく分かります。

しかし、では、なぜ、農業が大切なのかと言う事はあまり語られていないのではないでしょうか。

このコーナーでは、農業がなぜ大切なのか、いろいろなデータや資料に基づいて、
取り上げていきたいと思っています。

専門的な情報も多く取り上げますが、
おそらく、「時間とはなにか」より簡単に説明できると思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術