6)経営の方法も覚えておこう

ところで、菜園起業も「起業」であり、「事業」なので、事業経営の方法も少しは覚えておくようにしましょう。
実際にあったお話なのですが、「野菜がよく売れているのに貯金が減っているのはなぜだろう」と言った人がいました。
「売上」から「仕入れ」等を引いた残りが「粗利」で、そこから更に人件費等を引いて「利益」が出ます。
「粗利」や「利益」が出ていれば、手持ち現金が増えていくかと言うとそうはなりません。
例えば、先に農家さんにお金を払って野菜を仕入れ、後から売上分の現金が入ってくると言うようなケースでは、差し当たりは、手持ち現金が減っていくので、貯金を取り崩す場合もあります。
このような、その時点での現金の出入りの管理を「資金繰り」と言います。
どんなに「売上」や「利益」があっても、先払いしなければならない経費が余りにも多い場合には、「資金繰り」は苦しくなります。
個人の貯金を取り崩して、資金繰りをする場合、売上金の回収に失敗すると、ご自身の生活にも影響が出てしまいます。
また、経費には、地代や光熱費等のように、売上が上がっても上がらなくても負担しなければならない「固定費」と、仕入れ代金のように売上に応じて多くなる「変動費」があります。
固定費を賄うだけの利益が出ないうちは、事業は赤字ですが、ある程度以上に売上があがってくると、固定費と売上に応じて生じた変動費の両方を賄って利益が出る「黒字」に転換します。
赤字から黒字に変わるところを「損益分岐点」と言い、事業を継続していくためには、損益分岐点以上の売上を目標にする必要があります。
半農生活を社会的な活動として行えれば、あまりお金が儲からなくてもよいと言う方も多いと思いますが、「持ち出し」の負担が大きすぎると、活動が継続していきません。
経営に関する知識もある程度は、身につけて、上手な運営が出来るようになっていきましょう。


菜園起業の九九

5)菜園デビューをしよう

まったく野菜を育てた経験がない、かと言って市民農園を借りたり、実習に申し込んだりしても、継続的に通うことが出来ないと言う方には、1日だけの体験でよいから菜園デビューすることをお勧め致します。
例えば、都会でふだん歩いている場所はたいてい舗装されています。しかし、菜園は舗装されておらず、土がフワフワして靴もめり込みます。
足元がフワフワしている場所は、歩くだけで普段とは筋肉の使い方が少し違ってくるので、疲れ方も異なってきます。
また菜園では直射日光や寒気にもさらされますが、そうした事でどのくらい体力が奪われるか、体験してみないとわからないでしょう。
1時間なら1時間の作業で、どのくらいの面積を耕せるのか、種まきや苗植えが出来るのかと言った事も、紙やネットの情報を見ているだけでは「実感」出来ないことが多数あります。
たった1日だけでも、実際に菜園に足を運び、土を耕して野菜を植える体験をしてみると、こうした「実感」を体で味わう事が出来ます。
半農生活の準備をする上では、この「実感」が大切なのです。
菜園クラブでも、菜園デビューサポート教室を実施しています。

4)検討・準備から、試行錯誤を経て本格起業へ。3年計画を積み上げよう

経験も資金も「ゼロ」の状態から菜園起業を目指すには、検討段階、準備段階、試行錯誤段階等を経ていく必要があります。
半農生活には、どんなやり方があるのか、それはどんな風にやればいいのか等を調べる検討段階、調べた事を参考にしながら「行動開始」を目指す準備段階、実際にやり始めてみて検討段階で思っていたのとは「違う」状況に直面して軌道修正をする「試行錯誤」段階を経て、その人なりの菜園起業&半農生活のあり方を見出していくのでしょう。
各段階の進め方は人によって違います。例えば、既にご実家に農地があり、活用を考えなければならないと言う方の場合、菜園のどの部分に何を植えてどう使っていくかと言った「デザイン」や野菜の栽培方法等を考える事が検討段階のテーマになってくるでしょう。
どこかの地方に移り住んで出来れば農地も確保して半農生活をしてみたいと言う方なら、田舎暮らしについての情報を集めたり、農村との交流企画などに参加してみたりと言うあたりから始めてみるのかもしれません。
いずれにしても、菜園起業は3年計画の積み上げがポイントです。
3年かけて一定の栽培技術を身につけるでもかまいませんし、田舎暮らしについての情報を集めるでもかまいません。
とりあえず、今はまだ行動の時期ではないけれども、将来に向けて貯金すると決めて、3年で500万円なり1000万円貯めると言う計画もあり得ます。
肝腎な事は、3年間でこれをやると決めた「大方針」は変更しない事、もう一つは3年経ったら3年計画の成果を評価して次のステップに進む事です。
栽培技術を身につけると言う3年計画だったら、実習で育てる野菜を変えてみるとか「小方針」はいくらでも変えてかまいませんが、実習を続けると言う大方針は変えてはいけません。
3年かけて田舎暮らしについての情報が集めることに成功したら、集めた情報を元にどの地域に移住するか決めて、次の3年間は移住先での定着を目指すと言うように、3年計画を更新していくようにしましょう。
菜園クラブでも、お話をお伺いして今のあなたに最適な3年計画づくりをアドバイスする「菜園起業相談」を行っています。


三年計画の積み上げでステップアップ

 

3)大切な「会」のウェブサイトと公式ブログ

「会」を作る場合には、会のウェブサイトと公式ブログを用意することも忘れないようにしましょう。
両方作ることが大変なら、公式ブログだけを作り、プロフィール欄などに「会」の紹介を書いておくようにしましょう。
公式ブログの開設には、無料のブログサービスを利用してもかまいませんが、ブログサービスによっては「無料」にする代わりに、各種の「広告」が表示されるようになっている場合があります。
できれば、「広告」が表示されないものの方が望ましいでしょう。なお、菜園クラブで使用しているBlogger(ブロガー)と言うサービスは無料ですが、広告は表示されません。
当講座を受講し菜園起業サロンにご入会された方には、ご希望によりBloggerのブログを無料で開設しています。
種まきをした、野菜の苗を植えた、肥料をあげた、収穫できた、販売してみた、みんなを呼んで農業体験をしたと言った活動は、逐一、ブログに書くようにしましょう。
FACEBOOK、TWITTERなどのSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)に投稿する場合には、ブログに書いた事を共有する形で発信しましょう。
SNSは、あなたのメッセージを多くの人々に伝える上で有効な手段ですが、情報が日々流れ去っていきやすく、「蓄積」する事に向いていません。
日々の活動をブログに書くようにすると、世の中の人達があなたの活動の蓄積を認めやすくなるため、月日が経つうちに大きな効果を産むようになっていきます。

 

2)会づくりに必要なもの

「会」を作る事は、同時に自分のお財布と会のお財布を分ける事につながります。
このためには、金融機関に「会」の口座を開設して、そこからお金の出し入れをするとよいでしょう。
口座を作る時には、金融機関側で、「会名」、「所在地」、「会則」、「活動内容」、「決算内容(「会」を新設する場合には予算計画)」等の提出を求めることが多いようです。
これらは、公的機関や地域の各種協議会などに登録する時も必要になってきます。
つまり、どんな名称の存在が、どこでどんな活動をしているか、会員になる条件や会費はいくらなのか、会計はどうなっているかと言うことを、明確にすれば、社会的に「会」として認められる事が多いと言えます。
まず、「会」の名称ですが、口座開設や団体登録に際しては、「●●市(町)の農業を考える会」とか、「菜園ボランティアの会」的な名前でも認められることが多いようです。
ただ、「名は体を表す」と言う言葉どおり、会名は、会の目的や活動内容を他人に伝える道具でもあるので、できれば1週間から1ヶ月程度は時間をかけて、いろいろな人と議論しながら決めていった方がよいでしょう。こうした議論は、会でどんな活動をするかと言う事を考えることにもつながります。
所在地は当面はあなた個人の自宅でもかまいません。公的機関に団体登録すると、ボランティア団体等の郵便物の受け取り先になってもらえることもあるので、個人の住所をチラシやウェブサイトなどに書きたくない場合には、こうしたサービスを利用すると良いでしょう。
会則には、会の名称・所在地・目的・活動内容の他、会員資格や会員の義務、会としての意志決定方法や会則の改正手続きを盛り込みます。例えば、「会の活動について運営委員会で決める」と言うような条文を書いていくわけです。
予算書(決算書)は、収入欄と支出欄から構成されます。収入欄には、野菜の販売や農業体験企画の参加費、会費などを書けばよいでしょう。支出欄には、肥料や農機具代を消耗品費、菜園やイベント会場への移動経費を交通費として書き込みます。
収入の合計と支出の合計は一致する必要があります。収入の方が多いようなら、支出との差は「繰越金」に入れて、翌年度の収入に加えます。支出の方が多く、自分の持ち出しで埋めると言う場合は、自分のお財布から会のお財布に寄付をしたことになるので、「寄付金」として処理しましょう。

1)「個人の趣味」から「社会的活動」に転換する「会」づくり

継続・反復する体制を作る第一歩が、「会」を結成する事です。
「会」を結成することによって、半農生活を個人の趣味のレベルから社会的な活動へと転換することが出来ます。
「株式会社」も一人で作れますし、今の法律では資本金1円で設立することも可能です。
「会」も一人でも結成出来ますし、資本金は不要です。
「会」を作ることによって、野菜の栽培や販売、農業体験などの活動は、世の中の人達から「会」の事業として評価されることになります。
活動を継続すれば、「実績」が蓄積される事になります。
役所や地域の各種協議会などに団体登録することも可能になってきますし、登録団体には公民館などの「場所」を借りて会議や講座、イベントなどを開く道も拓かれます。
地域のイベントなどに出店してお野菜を売ったりすることも出来るようになるかもしれません。
自分には金儲けの才能はない、あるいはお金のために菜園活動をしているのではないと考えている人もいらっしゃるかもしれません。
しかし、まずは、儲かる(儲ける)、儲からない(儲けない)と言うことの前に、「会」を作って、活動を社会化することを考えてみましょう。

Ⅴ.ゼロからの菜園起業

「取引とは、有償であると無償であるとを問わず、物または役務の提供を目的とする業務上の行為を言う」。
計量法にはこう書かれています。
そして、業務とは継続・反復して行われるものの事を言います。
すなわち、お金を受け取る、受け取らないは別にして、モノやサービスを継続・反復して提供し続けることが「業務」なのです。
菜園起業も同じです。野菜販売や農業体験等を継続・反復していくことが事業の基本です。
では、どうしたら、継続・反復していく体制を作れるでしょうか?
その点について考えてみましょう。