見沼菜園クラブの菜園づくり

見沼菜園クラブの菜園づくり ハーブ草生農法、多様な幸が採れる菜園づくり

「野菜と野菜の間にハーブを植え、雑草を防いで、農薬の使用を控える(ハーブ草生農法)」、「水はけをよくして、水害時の冠水を防ぐため、菜園の辺縁部など、あまり利用していない場所に水路やため池を掘り、掘った土を他の場所に盛り上げて、水路やため池ではマコモ、セリ、クワイなどを育て、盛り上げた場所では野菜を育てる(多様な幸が採れる菜園づくり)」。

見沼菜園クラブでは、そんな農法に取り組んでいます。













自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」