自動車教習と農業の年間実習の違いは、どこにあるか

僕が自動車の運転免許を取ったのは、20代の頃です。

環境計量士の国家資格を取った後、
実際にサンプリング(分析用に排水や廃ガスを採取すること)を行うために
現場まで車で行く必要があったので、

自動車教習所に通いました。

野菜の配達や耕作放棄地の開墾に必要があったので、
50代になってから、AT限定の小型自動二輪や小型建設用機械の
講習に行きました。

バイクやバックホーの講習を受けてみて、
20代の時に通った自動車教習の記憶も蘇り、

こうした運転講習では、「反復学習」で操作を覚えさせる機会が
受講者に提供されているなぁと感じました。

運転講習は、まさに「反復学習」で構成されています。

坂道発進とかクランクとか、各種の基本操作を繰り返し、繰り返しやって
身につけさせるわけです。

農業の年間実習でも、「種まき」なら「種まき」と言う基本操作を
年に何回かは体験できます。

しかし、これまで述べてきたように、反復学習としては不十分です。

なぜ不十分になってしまうのでしょうか。

それは、受講者に「心構え」を作らせないからです。

運転講習の場合、受講者に「今日のテーマは『坂道発進』です」と言うように
覚えるべき基本操作を予め通告しています。

この通告を受けて、受講者は、「坂道発進」を覚えようと自覚するわけです。

農業の年間実習の場合、「今日のテーマは『ニンジンの種まき』です」と言った感じで受講者に伝えています。
この「ニンジンの」が余計なのです。

「ニンジンの種まき」と言うテーマを聞いた受講者は、「ニンジン」と言う野菜の種類に反応してしまい、
「ニンジンどうやって育てるんだろう」と思いがちになります。

だから、「種まき」と言う基本操作を覚えると言うモードにならないわけです。

ニンジンでもホウレンソウでもサニーレタスでもダイコンでも、
とにかく、「種まき」と言う基本操作が持っている共通点に着目して、
その基本操作をマスターさせるためには、

テーマは、「ニンジンの種まき」ではなく、「種まき」と伝える必要があるのです。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

実際の農作業は、基本操作とシーズン技術の適用が複合したものではないだろうか

「年間実習方式」は「種まき」なら「種まき」と言う基本操作の
反復学習になっていないのではないか

と言うお話をずっとしてきました。

ここで、ちょっと、現実の農作業はどうなっているかを
考えてみたいと思います。

例えば、実際に埼玉県南部で2月にニンジンの種まきをする場合、
どういう風にするでしょうか?

ほとんどの場合、以下のような経過をたどるでしょう。
1)地面に肥料や堆肥を撒いてから地面にすき込む
2)地面から土を盛り上げて「畝(野菜を植えるために帯状に土を盛り上げた場所)」を作る
3)畝にマルチ(保温用のポリシート)を張る。
4)マルチの穴にクボミをつける
5)クボミの中にニンジンの種を数粒入れる
6)クボミに土を入れ、種が隠れるようにする
7)畝の上部に半円形の支柱を立てて、不織布や農ポリ等の「保温資材」を張る

このうち、1)、2)、4)、5)、6)は、ニンジンでもホウレンソウでもサニーレタスでも、
ほぼ同様の操作で「種まき」を行うと思います。

ただ、ホウレンソウの場合、特に土が酸性になっていると育ちにくいので、
1)の肥料・堆肥のすき込み作業で消石灰等の中和資材を散布してすき込む必要があるかもしれないなど、
野菜の種類によって、多少、作業の方法に違いが出てきます。

3)と7)は、「2月に埼玉県南部でニンジンの種をまく」からこそ必要になってくる作業です。
埼玉県南部でも6月まきだったら、マルチや不織布で保温する必要はありません。
2月でももっと温暖な地方だったら、やはり保温資材を使う必要はないでしょう。

つまり、マルチや不織布のような保温資材の使用は、「種まき」と言う基本操作に
常について回るものではなく、地域や季節によって異なるものだと言えます。

その上でマルチならマルチを張ると言う農作業について考えてみると、
「マルチを張る」作業それ自体は、「種をまく」と言うのと同じ一種の基本操作です。

ただ、「まだ寒いから発芽を促進するために、マルチを張った方がよいだろう」と言うのは、
「判断」が入り込んでいます。

つまり、2月まきニンジンの種まき時にマルチを張ると言う行為は、
「基本操作」と「判断業務」の両方が複合しているわけです。

こうやって考えてみると、2月にニンジンに種をまく一連の農作業は、
複数の「基本操作」と「判断業務」が複合した形になっている事が分かります。

そして、「年間実習方式」と言うのは、全く土に触れた事がない初心者の人に
こうした複数の基本操作と判断業務が複合している農作業をいきなり体験させる
一種の「OJT」の形式になっているのです。

一般論ですが、その分野の仕事を全くした事がない未経験者・初心者の人に
たとえ、座学をある程度施したにせよ、
複数の単純作業と判断業務が複合している業務のOJTをいきなりさせて
仕事を覚えられるかと言うと、

あまり覚えられないのではないかと思います。

そんな事はない。いきなりOJT方式で自分の職場は回っていると言う反論も
あるかもしれません。
しかし、それでうまく言っているように見えるのは、
その職場の業務をこなす限りにおいては、
当初は多少失敗しても、「やりながら覚える」やり方で、
なんとかなる状態にあるからです。

農業実習の場合、実習後は、実習地とは全く条件の違う場所で
野菜栽培に取り組まなければならない事が想定されます。

これは、研修時とは環境の異なる様々な職場で働くようなものです。

「いきなりOJT」型になってしまっている「年間実習」を
当初から受講させられると言うのは、

「教わる側」から見ると「覚えにくい」学習方法なのではないかと思うのです。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

実は、年間実習方式は、反復学習になっていないのではないだろうか。

いろいろ考えてみて、
教わる立場に立った場合、
年間実習方式は、反復学習になっていないのではないか

僕はだんだん、そう考えるようになってきました。

なぜか?

「種まき」なら「種まき」と言う基本操作を繰り返して覚える機会を
提供されていないからです。

隔週=月2回ぐらいのペースで行われている年間実習は、たいてい以下のような形で進められています。

第1回 ニンジンの種まき
第2回 ダイコンの種まき
第3回 ホウレンソウの種まき
第4回 ジャガイモの植付



第1回の実習で初めて農作業をすることになった人達は
ワクワクしながら、

土ってこういうふうに耕すんだとか、
クワってこんなふうに持つんだとか、

新鮮に驚き、感動しながら、ニンジンの種まきを終えることでしょう。
そして、第2回の時に来場して、前回、自分がまいたニンジンの芽がまだ出ていないのを
みて、失敗したのかなぁ、自分のやり方が悪かったのかなぁと
ちょっぴり不安になりながら、

今日のテーマである「ダイコンの種まき」に取り掛かる。

土の耕し方やクワの持ち方に、前回よりは少し慣れたものの、
前の時とは少し季節が進んでいて、
暖かさも違えば、雑草の生え具合も変わってきている、
そんな畑の風景にまた感動しながら、
その日の課題を終えて帰路につく、

そして、第3回、第4回ぐらいで、ニンジンやダイコンの芽が出てきているのをみて、
感動し、またワクワクしながら新たな課題に取り掛かっていく・・・・

方々の農業実習の場で繰り返されている楽しい風景です。
僕もこういう年間実習を開催してきました。

しかし、このやり方は、
反復学習としては不十分なのです。

いや、そんな事はない、
ニンジンだろうと、ダイコンだろうと、ホウレンソウだろうと、
「種まき」には「種まき」としての共通性がある、
それを三回も繰り返している、

反復学習の機会を与えているではないか?

そういう反論もあり得ると思います。

しかし、それは教える側の理屈であって、
教わる側にとってはそうでないのではないかと思うのです。

こういう年間カリキュラムを前にした場合、
教わる側からすると、まず、

へぇ~、ニンジン育てるんだ、ニンジン大好き、
ふーん、次はダイコンか?、ダイコンってどういう風に育つんだろう?
ホウレンソウも種から育つんだぁ

みたいな感じで受け取るのではないかと思います。

そして、実習時には、ニンジンとかダイコンとかと言う以前に
初めて触れる畑の土に感動したり、

実習のたびごとに季節が進み、
野菜の生長速度や雑草の生え方が変わってくる事に目を奪われたり

と言う方が多いのではないかと思います。

受講者の人達は、「種まき」なり「土の耕起」なりと言う「基本操作」を
反復学習すると言う心理状態になっていないまま、
毎回の実習に出てきていると言えるでしょう。

それでも、確かに、野菜の種類が違っても、「種まき」には「種まき」の共通性があるので、
その共通性に気づく人もいるでしょうし、作業として慣れてくる人もいるでしょう。

しかし、ニンジンとダイコンの種まきは、どこが「同じ」でどこが「違う」か?
どんな野菜であっても「種まき」が持っている共通性、
基本操作としての種まきのエッセンスを理解出来る人は、
非常に少ないと思います。

大部分は、なんとなく「種まき」と言う作業に慣れたと言う感じで
実習を終えていくと思います。

つまり、年間実習方式は、「種まき」と言う基本操作に
習熟させるための反復学習の場になっていない、

そう評価せざる得ない、

僕は、自分自身への反省も含めてそう考えるようになったのです。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

基本技術の「反復学習」は出来ているのだろうか

農業の研修で種のまき方なり、畝(列状に野菜を植えるためにスジ状に土を盛り上げた場所)の作り方なりを
教えても、

説明を聞いていない人が多い
説明どおりにやらない人が多い

と言う話を書いてきました。

そして、通常の仕事の研修でも、これはそうなんじゃないか
と申し上げました。

一般的に何らかの作業の習得は、以下のように述べる事が出来ると思います。

まず、ある作業の経験者・熟練者の人は、
この作業は、どこを注意してやらなければならないか、
どこがポイントかを理解しています。

しかし、初めてやる人は、そうした事柄を理解していません。

もちろん、事前に座学で説明すれば、注意事項を知識として伝える事はできるでしょう。
けれども、説明どおりに身体が動くとは限らないのです。

だいたい、机の前に座らされて説明を聞くと言うのは、
聞く側にとっては退屈なものです。

眠いなぁ、早く時間が過ぎないかなぁと思いながら聞いている人も多数。
座学での説明は、「実際にやる時になったらまた聞けばいいや」と思っている人も多いのではないでしょうか。

仮に座学の時に集中していたとしても、実際に作業に取り掛かるとなると、
身体が説明で聞いたとおりに動かない

と言うより、説明を受けた内容と自分の身体の動きが結びついていない、
説明で聞いた知識は頭の中だけにあり、
実際、どういう風に身体を動かしたらいいのか
分からないと言う人も多いと思います。

(逆に言うと、知識を得るだけでは身体の動きとは結びつかないと言う体験を
しているからこそ、座学は適当に聞いていればいいと言う態度になりがちなのかもしれません。)

実際に身体を動かしてみる、
そこで、そこの部分が違う、もっとここに注意して等と
指導員や研修官から指摘されて、

あ、ここに気をつけなければならないんだと思うようになる、

そして、次は、指摘された点に気配りしながらやってみる、

そこで、さっき言った点は直ったから良かった、
今度は、この点に注意するようにして下さいと言われる、

こういうような事の繰り返しで、その作業について、マスターしていく
作業の習得過程は、そのようなものである事が多いと思われます。

作業は反復学習で覚える
覚えるためには、反復学習が必要

そういう事だと思います。

では、農業の研修で反復学習が行われているか
と言うと、
実際は行われていない事が多いんじゃないかと
思います。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

「余計なお世話」を言う「株主」を増やしたい

VALUERの方から突如届いたメッセージ。

「VALUについてですが、Twitterのような使い方はあまり読まれないので、
しっかりと活動方向のような投稿をされることをお勧めします。

連続投稿で、読まれなくなってしまいます。。。

余計なお世話ではございますが、ご連絡させていただきました。
今後の参考になれば幸いです。」

とっても感動しました。

だいたいSNSでこういうアドバイス的なメッセージって
普通来ませんね。

誹謗中傷・炎上の類は多いですが・・・

お助け下さい、馬頭観音様。
三遊亭円丈師匠・・・♪

とにかく、こういう感想が寄せられた事を受けて
VALUの投稿のあり方について、
少し見直してみる事にしました。

同時に、こういう余計な事を言うVALUERの方を
もっと増やしたいと思いました。

余計な事を言ってもらうために
「株主総会」をやるのですから・・・

余計な事を言う株主歓迎!

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

普通の仕事の研修で「一度聞いたら覚える」なんて事はないんじゃないか?

ホリエモンさんが、寿司屋さんになるのに修行は要らないと
言ったとか、言わないとか、話題になっているようですが・・・。

それはともかくとして、農業と言うか、野菜の栽培覚えるのに
どんな訓練がいるのか、

これは今まであまり議論されてこなかったんじゃないかと思います。

でまあ、前回書いた、農業実習の時に、「集まって下さい。これから説明します」
と言って、受講している人に集まってもらって

種まきなら種まきのやり方を説明するスタイル、

このスタイルに問題があるのではと思うようになったのは、
自分自身でも受講生みていて、
そういうやり方だと、結局、覚えないんじゃないかと感じたからなのです。

野菜と言うのは、「畝(ウネ)」と言って、帯状と言うか、筋状に土を盛り上げて、
そこに種まきしたり、苗を植えたりする、

これはホウレンソウだろうと、ダイコンだろうと、どの野菜でも
あまり変わらない。

農村に行って、歩いていると畑に野菜が一列に植えられているのを
見た人も多いと思いますが、

野菜が植えられているすぐ下の部分は、土が盛り上げられていて、
地面より一段高くなっています。

あれが「畝」です。

で、あの「畝」を作るのにどうしたらいいか?

実は、一条植えと言って、一つの畝に一列に野菜を植える場合と
二条植えとか、五条植えと言って、何列も植える場合、

それから、全層施肥と言って、予め地面に肥料や堆肥ばらまいておいて、
土と混ぜていく場合と、

溝施肥とか、局所施肥と言って、地面に溝を掘って、そこに肥料を埋めて、
溝を埋めた後、更に上に土を盛り上げて畝を作る場合では、
手順が違います。

そして注意すべき点も違います。

一条植えには一条植えの、
二条植えや五条植えには二条植え、五条植えの
そして、全層施肥には全層施肥の
局所施肥には局所施肥の

「そうする理由」があるわけで、
「その理由」を考えてみた場合、
注意しなければならない点も変わってくるわけです。

では、仮に座学やって、ある程度、そういう理屈教えたとして、
それで現場で、じゃあ、ここに注意して、こういう手順でやって下さい
って説明したとして、

受講する人が、
その通りできるか?と言うか、
その通りやるか?

と言うと「やらない」んです。

まあ、中には出来る人、やる人もいますが
「出来ない」、「やらない」を前提にして考える必要がある。

そもそも、農業じゃなくても、普通の事務作業でも
なんでもいいですが、

ハイ、集まって下さい、これはこういう理由で、こういう手順で作業するんです
って説明受けて、

ハイ、では、自分でやってみて下さいって言われて、
出来る人ばかりかと言うと、そうではない、

あれ、どうするんだっけ?ってまごつく人もいれば、

あんまり考えなしに、やり始めちゃって
教えた手順と違っている人もいる。

そういう風にやる理由を考えてみたら、
違ったやり方をしたらいけないって事を

耳では聞いた、
記憶として頭の中にはある、

だけど、現実の行動に反映されない、

これ、いろんな職場の業務研修で日々繰り返されている事なんじゃないでしょうか。

つまり、「ハイ集まって下さい、説明します」で
スキルが身につくかと言えば、
身につかない人がかなり多い、

とすれば、野菜栽培の指導でも、「ハイ集まって下さい。説明します」方式は間違いなんじゃないだろうか?
僕は段々そう考えるようになってきました。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」

「集まって下さい。これから説明します」と言う方式が悪いんじゃないか?

第一回「株主総会」の趣旨説明を続けます。

公的な農業講座で取られている方法は、
だいたい次のようなものが多いようです。

1)受講者に実習区画を提供する
 広さは、まちまちで100平米ぐらいの場合もあれば、もっと広い場合も、狭い場合もある
2)隔週ぐらいで実習を行う
3)農作業や野菜の世話についての説明は、座学や実習時に行う

実は、僕自身もこうした方法で講座を運営してきました。
しかし、この方法が「一度も土を耕した事がない農業初心者」の人には、
実は、高度すぎるんじゃないかと思うようになったのです。

1)、2)については、また後で説明するとして、
3)の農作業・野菜の世話についての説明は、実際にはどう行われているか
を考えてみると、

公的講座を受講した人からよく聞く話は、

説明を聞いていない人が多い、
説明どおりにやらない人が多い

と言うものです。

では、なぜ、説明を聞かないのか?
説明どおりやらないのか?

実習時の説明と言うのは、
20-30人の受講者がいて、
講師の先生が
「ハイ、集まって下さい。
今から種のまき方を説明します」

と言うような感じで、行われる事が多い
と思います。

実際、僕もそうしてきました。
受講者の人達は、こうした形で説明を聞いた後、
それぞれの実習区画に散っていきます。

そして、聞いた説明を「思い出しながら」
種まきなら種まきをしようとするわけです。

いろいろ考えてみて、この説明の方法だと、
「説明を聞いていない」、「説明どおりやらない」人が多くなるんじゃないかと
思うようになりました。

つまり、
「みんな集まって下さい。今から説明します」
「では、それぞれの実習区画に散って下さい。
実際にやってみて下さい」

と言う講座のあり方に問題があるんじゃないか
と言う事です。

(「株主総会」と言っているのは、個人を「上場」して「株」に相当するVAを仮想通貨のビットコインで
買っていただくVALU
おいて、「株主」に相当するVALUERの方に企画案を公開して討議していただく場の事です。

第一回の株主総会では、基礎講習のあり方について、討議していただこうと思っています。
それに先立って、このシリーズでは、なぜ「基礎講習」なのかについて解説し、
議題の趣旨説明をしています。

株主総会をやろうと思った理由については、
http://saienclub.com/valu20190225/>「『株主総会』提案でVALUが売れる
をお読み下さい。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」

そもそも、なぜ「基礎講習」なのか(その1)

記念すべきVALUの第一回「株主総会」では、
基礎講習のカリキュラム案について、

僕のVAを買って頂いた方に討議していただく予定です。

VALUは、個人を上場して、「株」に相当するVAを仮想通貨のビットコインで
買っていただく仕組みになっています。)

「株主」に相当するVALUERの方に企画案を公開して、株主総会をやろうと思った理由については、
http://saienclub.com/valu20190225/>「『株主総会』提案でVALUが売れる
をお読み下さい。

さて、では、なぜ、そもそも、基礎講習をやろうと思ったのか、
その理由を書きたいと思います。

理由は2つあって、一つはそういう「教え方」が必要だと思ったと言うこと、
もう一つは、受講生の方、と言うか受講したいけど出来ないと思う人たちと話しているうちに
そういうやり方が必要だと感じたと言う事です。

今回は、まず、「教え方」の方から説明します。

これまで、菜園教室に来た人の中に
公的な農業講座を受講した人達が少なからずいました。

こちらは、公的な講座を受講したのだから、初心者向きの菜園教室なんかで教えているレベルより
もっとハイレベルな技術を身に着けているんじゃないかと思いながら、教室に受け入れてきました。

しかし、教室で接してみると、
意外な事に、あまり技術を身に着けていない人が多かったのです。

これは、かなり驚きの事実でした。

実際、受け入れた人達から「公的な講座にはついていけない部分があった」と話す事をずいぶんと聞きました。

では、なぜ、公的な講座を受講して技術が身に着かなかったのか、
また、受講した人達が「ついていけない」部分があったと言うのか、

その点を考えてみました。

考えているうちに、
現在、公的な農業講座で取られている方法は、

「一度も土を耕した事がない」農業初心者の人達にすると、
「高度すぎる」部分があるのではないかと思うようになりました。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」