「暑さ寒さも彼岸まで」は正しいか?(春の場合) ・・・2021年3月

さいたま地方の2021年3月は、最高気温積算値が469℃で1980年以来、第2位でした。最低気温積算値は169℃で、こちらは暖かい方から数えて第1位でした。

2021年3月は、過去約40年間で最も暖かいレベルの春だったと言えそうです。実際、ソメイヨシノが咲くのも散るのも早い年でした。

ところで、「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があります。「お彼岸」は春には春分前後、秋には秋分前後の約1週間の「雑節」です。

暑いとか寒いとかと言っていても、春分・秋分の頃になると極端な暑さ、寒さはなくなると言う意味です。

この言葉はどのぐらい当てはまるものなのでしょうか。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

1980年~2021年のさいたま地方3月の最低気温0℃以下の日の出現日数をみてみると、ホワイトデー(3/14)前までは、5-10日ぐらいありますが、ホワイトデーを過ぎると5日を下回るようになります。

つまり、出現率が8分の1から4分の1ぐらいだったものが、8分の1未満になると言う事です。そして、春の彼岸入りする3/18を過ぎると、出現日数1-3日程度、(出現率40分の1~14分の1程度)になります。

お彼岸以後は、0℃以下に冷え込む日がぐっと減ると見てよいでしょう。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

一方、最高気温20℃以上の日は、ホワイトデー以前には、出現日数2日(出現率20分の1)以下だったのが、以後は3日を超えるようになります。

そして、彼岸に入ると出現日数4日(出現率11分の1)以上となり、3/20は6日に達します。彼岸後半には出現日数が減りますが、彼岸明けからまた増え、5-7日(9分の1~6分の1程度)になります。

こうしてみると、彼岸前後から冷え込む日がほとんどなくなり、ポカポカ陽気の日が増えてくることが分かります。

2月まきの春野菜は、不織布等で保温して育てる事も多いでしょう。お花見の頃まで保温をしていると逆に保温内部の温度が高すぎて、葉物の葉やけや育ちすぎが起きるようになってきます。

こうした事態を避けるためには保温の撤去や調整が必要になってきます。彼岸はこうした保温調整の目安として使える雑節と言えるのではないでしょうか

2020、ピーマンも春&夏高騰していたかもしれない

これまで様々な野菜の東京23区内のニンジン小売価格の2019年から2020年にかけての変化についてみてきました。

そして、いくつかの野菜について、2020年には2019年に比べて春・夏の相場が上がる「春高騰」、「夏高騰」があった可能性が考えられました。

今回はピーマンについてみてみましょう。

東京23区内のピーマン小売価格は2019年12月~2020年1月にかけて上昇しています。

2020年12月から2021年1月にかけても上昇が認められ、ピーマン相場には越年高騰がある可能性が考えられます。

東京23区内のピーマン小売価格は、2019年4月~5月にかけて下落した後、2019年12月まで横ばいに近いとも言える微増傾向でした。

2020年4月から5月にかけては上昇し、6月に下落した後、7-8月には再上昇しています。

この結果は、ピーマンについても2020年春高騰、夏高騰があった可能性がある事を示唆していると思われます。

2020、ナスは複合要因で値動きしていた?

東京23区内の野菜小売価格について、様々な野菜についてみてきました。

2020年3-4頃から上昇する春高騰、6-7月の下落、7-9月の夏高騰、9-10月以降からの下落を分けて考えると、春高騰と夏高騰の両方があったのは、ニンジン、キャベツ、白菜でした。

ホウレンソウや玉ねぎについては、夏高騰のみがあったと考えられます。

キュウリは、夏高騰があったのかどうか、相場データの見方が難しいので、今のところ、結論が出ていません。

今回はナスについてみてみましょう。

ナスの東京23区内小売価格は、2020年3-6月にかけて値下がりしています。

これだけをみると、春高騰はなかったと言えそうです。

ただ、ナスは2019-2020年に10月ぐらいから相場が上がっています。2020-2021の冬場も12月頃から上昇しています。

そして、2019年の4-5月に比べると、2020年4-5月の方が小売価格は高くなっています。

ですから、2020年春のナスについては「冬相場」から「夏相場」に移り変わる時期なので、値下がりしてきているが、「春高騰」要因がなければ、もっと下がっていたかも知れないという見方が成り立ちます。

2019年6-9月にかけて、東京23区内のナス小売価格は安定していますが、2020年は7-8月に上昇しています。ナスは「夏高騰」があったのかもしれません。隠れ春高騰と合わせると、ナスも「2020 3-10(4-9)高騰」をしていたが、冬相場と夏相場が交代すると言う季節要因との複合で小売価格の上下動が起きていたと言う見方ができるかもしれません。

節季としてのバレンタインデー ・・・2021年2月

さいたま地方の2021年2月は、最高気温積算値が374℃(2/1~2/28、以下特に断りがない限り、本記事中での2月のデータは全てうるう年でも2/29を除いて2/1-2/28までのデータに基づいて計算したものです)で1980年以来、最高でした。

最低気温積算値も多い方から数えて12位でした。2021年2月は、暖かい2月だったと言えそうです。

2021年のさいたま地方は、バレンタインデーには、最高気温18.7℃となり、雨水(2/18)後の2/21には20℃を越えました。

このバレンタインデーですが、どうやら日本でも「節季」、すなわち、季節の移り変わりの目安として使えそうです。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

1980年以後、最高気温15℃以上の日の出現日数をみてみると、1月については、各日付とも2日以下です。つまり1月のある日付の日が15℃以上になるのは、42年間で2回(20年に一度)あるかないかぐらいの事が多いと言うわけです。

2月については、立春前後の2/2.2/6に3日を記録しています。そして、バレンタインデーは9日となっています。15℃以上になる暖かい日が1月の各日では20年に一度以下だったのが、2月前半には20年に一度ぐらいは起きる事が普通になり、日によっては14年に一度ぐらいの頻度に高まる、そしてバレンタインデーには5年に一度の頻度になっていると言う事です。

バレンタインデー以後は、雨水(2/18頃)前後の2/16-2/19には、最高気温15℃以上の日の出現頻度はいったん1日程度になります。しかし、2/20日以降は4-8日となっています。

バレンタインデーは日中は暖かい日となる可能性がかなりあり、雨水を過ぎれば暖かい日が増えてくると言う事です。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

冷え込みの方はどうかというと1月の最低気温マイナス4℃以下の日は、各日付とも42年間で5日以上出現することが多いようです。日付によっては10日以上出現しています。つまり、各日とも4-8年に一度はマイナス4℃以下になる事があるわけです。1月は1週間に一度ぐらいはマイナス4℃以下になるのだと言っても間違いではないでしょう。

2月になると、出現日数が5日を切る日が出てきます。バレンタインデー以後雨水直前の2/17までは1日かゼロ日。

つまり、バレンタインデーを過ぎるとマイナス4℃以下の冷え込みは40年に一度あるかないかの状態になる事が多いと言う事です。

(2/16-19は15℃以上になることが少ないと書きましたが、同時にマイナス4℃以下にもならないと言うことは、バレンタインデー直後はすごく暖かくもならないが、極端な冷え込みも起きにくいと言う事になります。)

そして、雨水(2/18)を過ぎると、マイナス4℃以下の日の出現日数はやや増えますが、多くても5日、たいていは1~3日です。1月のように10日以上になることはなくなります。

このように見てくると、バレンタインデーを節季、すなわち、季節変化の目安のひとつと考え、春取り野菜の種まきや植え付け時季の参考にするのは、日本でも役立つ事ではないでしょうか

冷え込みとはなにか ・・・2021年1月

さいたま地方の2021年1月は、1980年以来のデータで見ると、平均気温積算値で寒い方から数えて42年間中26位、最高気温積算値で28位、最低気温積算値で17位でした。

つまり、1月全体の気温の水準としては、ここ40年ぐらいの中でとても寒いわけでも、とても暖かいわけでもない、まあまあ、「普通の1月」だったのではないかと思われます。

ただ、実際には、かなり霜で野菜に被害がでました。

見沼菜園クラブで見ると、カブや大根等の一部が根の組織が破壊され、「凍みた」状態になってしまいました。

また、菜の花やシャクシナも霜でやられました。

下のグラフで1980年以来、-4℃以下の日の出現日数をみると、1月13日頃と1月27日頃に多くなっている事が分かります。(横軸は日付です)

1月13日は小寒(1月5日前後)から約1週間後、1月27日は大寒(1月20日前後)から約1週間後です。

つまり、上のグラフは小寒・大寒となってから1週間後ぐらいに厳しい冷え込みが来ることが多いことを示しています。

ところで小寒の1週間後と大寒の1週間後では、冷え込み方に差があるようです。

さいたま地方の1980-2021年までの1月13日の最低気温出現日数は、下のグラフの通りです。

ご覧のようにマイナス1℃以下マイナス2℃より高いレベルの日が最も多く出現しています。

一方、1月27日について、同様のグラフを作ると下の図のようになります。

ご覧のように、マイナス4℃以下でマイナス5℃より高いぐらいの日が最も多く出現しています。また、マイナス2℃以下でマイナス3℃より高い日も多くなっています。

つまり、小寒より1週間後あたりに比べて、大寒1週間後ぐらいの方が最低気温がマイナス2℃からマイナス5℃になる事が多いと言えます。

なお、2021年1月は、小寒から4日後の1/9に最低気温マイナス7℃、5日後の1/10に最低気温マイナス6.7℃を記録しています。

野菜の霜害防止を考える場合、零下、特にマイナス5℃を下回るような状態がいつ来るかを考える事が重要ではないかと思われます。

2020、トマトは地味に春夏価格高だったかもしれない。

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きについて、検討を続けています。

今までの分析を振り返ってみると、この型の値動きに近いと思われるのが、ニンジン、キャベツ、白菜。

春高騰が見られず、夏高騰のみがあったと見られるのが、ホウレンソウや玉ねぎ。

夏高騰があったかどうかが微妙なのがキュウリ。

となっています。

トマトについては、東京23区内の小売価格は、2019年、2020年とも10-11月にキロあたり700円台を越え、12月に下落しています。

つまり、トマトは秋に価格高になるのが当たり前の野菜なのかもしれません。秋の価格高を除いて考えてみると、、2020年に関しては、3月から5月にかけて上昇し、6月に下落しています。そして、7-8月に上昇しています。

この値動きは、春高騰と夏高騰がある2020・4-9高騰型に近い形です。

秋に比べると、2020年春・夏とも低い価格水準なので、目立ちません。しかし、2020年のトマトは地味に春・夏とも価格高状態にあったのかもしれません。

2020、キュウリの夏高騰はあったと言えるか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

ホウレンソウや玉ねぎについては、春高騰は見られず、夏高騰のみがあったと考えられそうです。

春高騰と夏高騰を分けて考えてみた方が、2020年の各種野菜の値動きの原因を考える上で有効かもしれません。

キュウリについて見てみると、夏高騰があったのかどうかさしあたりなんとも言えなさそうです。

東京23区内のキュウリ小売価格は、2020年5-6月頃はキロ当たり400円台でしたが、7月に500円台となり、その後、11月まで500円台でした。

キュウリはそれまでにもキロ当たり500円台となることはありました。ですから、2020年夏秋の価格がキュウリとしてずば抜けて高いとは言えないでしょう。

ただ、夏場、初夏の時季より高くなったのは事実です。また、2019年7月は600円台、9月は500円台でしたが、8月、10月は400円台でした。7月から10月まで500円台が続いたと言うのは、2019年にはない2020年の特色と言えます。

こうやってみてくると、何をもって「高値」、「高騰」と言うのかと言うのもなかなか難しい気がします。

2020、春高騰はなかったが夏高騰はあった玉ねぎ

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギ、レタスについては、4-9高騰型だとは言いきれないものの部分的には似たような値動きがありました。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

ホウレンソウについては、4-9高騰型の値動きはしていないと報告されました。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、玉ねぎについて見てみました。

東京23区内の玉ねぎの2020年の値動きには、3-4月に価格上昇が認められません。この点では、4-9高騰型とは言えません。

ただ、6-8月にかけて連続的に価格上昇をしています。

ですから、2020年東京23区内の玉ねぎには、春高騰はなかったが、夏高騰はあったと考える事ができます。

実は、先に4-9高騰型の値動きはしていないのではないかと報告したホウレンソウについても、2020年3-4月の価格上昇は小幅でしたが、8月はかなり上昇しています。

「4-9高騰型」については、(1)春高騰⇒(2)初夏の下落⇒(3)夏高騰⇒(4)秋の下落と言う経緯をたどっていたと言う見方も成り立つかもしれません。

そして、ある種の野菜では春高騰と夏高騰の両方があったが、他の野菜では片方がなかったと考える事もできる可能性があるわけです。

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

一方、ホウレンソウでは、はっきり、その型に当てはまらないと言えるようです。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、レタスについて見てみました。

上のグラフからは、東京23区内のレタス小売価格は、一定範囲でとどまっていて、2020年8月をのぞけば、「高騰」とは言えないように見えます。

しかし、よくみると2020年2月に比べて、3-5月は価格が上昇しています。その後、6-7月に下落し、8月にあがり、9-10月以降、また下落しています。

この値動きの様子は、ニンジン、キャベツ、白菜で見られた「2020年4-9(3-10)高騰型」に似ています。

レタスについては、2020年3-4月に極端な高騰はなかったものの、価格上昇・下降の時期が4-9高騰型に近かったようです。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

ホウレンソウに関しては、はっきり、この型が当てはまらないと言えそうです。

東京23区内のホウレンソウ小売価格は、2019年、2020年とも大きな上昇が始まるのは、6-7月頃からです。2020年3-4月の上昇は、小幅で高騰と言えるようなものではありません。5月には下落しています。

2019年10月から翌1月にかけて、ホウレンソウ小売価格はあまり下落していません。2月に下落した後、6月頃までは小幅の値動きにとどまっています。

こうした値動きは、「2020年4-9(3-10)高騰型」と仮に名付けている値動きの様子とは異なると言えます。

これで、

「2020年4-9高騰型」に当てはまるもの ニンジン、キャベツ、白菜

当てはまらないもの ホウレンソウ

どちらとも言えないもの 白ネギ

と報告されました。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。