2020、キュウリの夏高騰はあったと言えるか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

ホウレンソウや玉ねぎについては、春高騰は見られず、夏高騰のみがあったと考えられそうです。

春高騰と夏高騰を分けて考えてみた方が、2020年の各種野菜の値動きの原因を考える上で有効かもしれません。

キュウリについて見てみると、夏高騰があったのかどうかさしあたりなんとも言えなさそうです。

東京23区内のキュウリ小売価格は、2020年5-6月頃はキロ当たり400円台でしたが、7月に500円台となり、その後、11月まで500円台でした。

キュウリはそれまでにもキロ当たり500円台となることはありました。ですから、2020年夏秋の価格がキュウリとしてずば抜けて高いとは言えないでしょう。

ただ、夏場、初夏の時季より高くなったのは事実です。また、2019年7月は600円台、9月は500円台でしたが、8月、10月は400円台でした。7月から10月まで500円台が続いたと言うのは、2019年にはない2020年の特色と言えます。

こうやってみてくると、何をもって「高値」、「高騰」と言うのかと言うのもなかなか難しい気がします。

2020、春高騰はなかったが夏高騰はあった玉ねぎ

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギ、レタスについては、4-9高騰型だとは言いきれないものの部分的には似たような値動きがありました。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

ホウレンソウについては、4-9高騰型の値動きはしていないと報告されました。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、玉ねぎについて見てみました。

東京23区内の玉ねぎの2020年の値動きには、3-4月に価格上昇が認められません。この点では、4-9高騰型とは言えません。

ただ、6-8月にかけて連続的に価格上昇をしています。

ですから、2020年東京23区内の玉ねぎには、春高騰はなかったが、夏高騰はあったと考える事ができます。

実は、先に4-9高騰型の値動きはしていないのではないかと報告したホウレンソウについても、2020年3-4月の価格上昇は小幅でしたが、8月はかなり上昇しています。

「4-9高騰型」については、(1)春高騰⇒(2)初夏の下落⇒(3)夏高騰⇒(4)秋の下落と言う経緯をたどっていたと言う見方も成り立つかもしれません。

そして、ある種の野菜では春高騰と夏高騰の両方があったが、他の野菜では片方がなかったと考える事もできる可能性があるわけです。

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

一方、ホウレンソウでは、はっきり、その型に当てはまらないと言えるようです。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、レタスについて見てみました。

上のグラフからは、東京23区内のレタス小売価格は、一定範囲でとどまっていて、2020年8月をのぞけば、「高騰」とは言えないように見えます。

しかし、よくみると2020年2月に比べて、3-5月は価格が上昇しています。その後、6-7月に下落し、8月にあがり、9-10月以降、また下落しています。

この値動きの様子は、ニンジン、キャベツ、白菜で見られた「2020年4-9(3-10)高騰型」に似ています。

レタスについては、2020年3-4月に極端な高騰はなかったものの、価格上昇・下降の時期が4-9高騰型に近かったようです。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

ホウレンソウに関しては、はっきり、この型が当てはまらないと言えそうです。

東京23区内のホウレンソウ小売価格は、2019年、2020年とも大きな上昇が始まるのは、6-7月頃からです。2020年3-4月の上昇は、小幅で高騰と言えるようなものではありません。5月には下落しています。

2019年10月から翌1月にかけて、ホウレンソウ小売価格はあまり下落していません。2月に下落した後、6月頃までは小幅の値動きにとどまっています。

こうした値動きは、「2020年4-9(3-10)高騰型」と仮に名付けている値動きの様子とは異なると言えます。

これで、

「2020年4-9高騰型」に当てはまるもの ニンジン、キャベツ、白菜

当てはまらないもの ホウレンソウ

どちらとも言えないもの 白ネギ

と報告されました。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

東京23区内のニンジン、キャベツ小売価格は、2020年3-4頃から高騰しはじめ、9-10月頃から下落する4-9(3-10)高騰現象が見られました。

一方、白ネギについては、2019年同様の値動きと見るべきなのか、それとも2020年独特の「4-9高騰」があったと見るべきなのか、今のところ、判然としないと報告しました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

更に他の野菜についても見ていきたいと思います。

2019年の東京23区内の白菜小売価格はキログラムあたり300円を超える事はありませんでした。

2020年4月に300円を超え、5月には400円台になりました。6-7月に200円台になった後、8月は400円台、9月は下落したものの300円台、10月に200円台に戻りました。

3-4月に高騰し、6-7月に値が戻った後、8月に再高騰、9-10月に下落すると言う形は、ニンジンやキャベツと同様です。

これで、「2020 4-9(3-10)高騰」型について、ニンジン、キャベツ、白菜では、その型どおりの値動きをしているか、白ネギについては型通りだと言ってよいか今のところ判然としないとの報告する事になりました。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

東京23区内のニンジン、キャベツ小売価格は、2020年3-4頃から高騰しはじめ、9-10月頃から下落に転じました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

この現象を仮に4-9高騰、または3-10高騰と名付けるとした場合、4-9(3-10)高騰は、他の野菜でも見られるのかどうか、検討してみる事にしました。

2020年の東京23区内の白ネギ小売価格の推移を見ていくと、確かに3月頃から上昇に転じ、9月頃から下落に転じています。

これだけを見れば、白ネギの場合でも4-9(3-10)高騰があったと言えそうですが、2019年と比較してみると、判然としないのです。

つまり、東京23区内の白ネギ小売価格相場は、2019年にも4月以降上昇し、8月以降下落に転じています。

2019年も2020年も白ネギは春から価格が上昇しはじめ、8-9月以降下がっているとすると、2020年の白ネギ相場は、ほぼ2019年と同様のパターンで、4-9(3-10)高騰と言えるようなものではないと言う事になります。

2020年の白ネギ相場が2019年に比べて、4-9(3-10)高騰パターンに近い点は、下落が9月になってから起き、8月は高値のままだったと言う事、7月の相場は2020年の方が2019年より高かったと言うところです。

ただ、6月については、2020年の方が2019年より相場は低くなっています。

以上の情報からは、白ネギについて、2020・4-9高騰があったのか、それとも例年の季節変動の幅の中で収まったのか、はっきりとは言えません。

広範な野菜について、「2020・4-9高騰」現象が存在したのかどうかについては、もう少し様々な情報を分析していかないといけないようです。

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

東京23区内のニンジン相場は、2020年3月頃から高騰しはじめ、9月頃から下落に転じました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

この原因を考えていく前に、少し他の野菜の値動きをみてみたいと思います。

2019年からの東京23区内でのキャベツの小売価格の変化を見てみると、ニンジンと共通している事がわかります。

まず、3月から4月にかけて「高騰」とも言うべき価格上昇が見られます。その後、6-7月は値段が下がっています。ニンジンも小幅ですがやや値が下がっていました。

8月には再び価格上昇に転じた後、9-10月にかけて価格が下落し、ほぼ3月以前の状態に戻ったと言うのも、キャベツとニンジンに共通して見られる現象です。

つまり、2020年3月~10月の東京23区内での値動きは、キャベツ・ニンジンとも似たような形になっています。

この原因はなんだったのか、2020年の他の野菜の値動きをみていきたいと思います。

キャベツも大根もニンジンもサニーレタスも芽が出た・・・♪

これなぁ~んだ。

敷きわらの下で出てきた赤キャベツの芽だよ。

先に芽が出ていた緑の普通のキャベツに続いて、
赤キャベツも発芽・・・♪

見沼菜園クラブでは、このところ、ニンジン、ダイコン、カブ、サニーレタス、
2月まきした春野菜が次々芽が出てきているよ。

育ってきたら、もちろん、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでお届けするよ。

楽しみにしていてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

RossiCafeさんにお届け・・・♪

この間の台風の余波もあって、
各農家さんともなかなか出荷出来るお野菜がなくて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも
セットを組むのに苦労してきたけど、

だんだん、出せる野菜が増えてきたかな。

昨日は、川口駅前RossiCafeさんに
佐々木農園さんのカブ、保巳農園さんの赤ミズナ、遠峯農園さんの大根、キャベツ、ブロッコリー、
見沼菜園クラブのニンジン、サニーレタスをお届けしたよ。

まだ店頭マルシェが出来るほどの
野菜の供給量が復活していないけど、

RossiCafeさんにはいつやるのって
問い合わせも来ているって。

台風の後、宅配会員のお申込みが相次いでいて、
なんか規模は違うけど、首里城が燃えた後、
ふるさと納税が増えているってのと
同じで、チャリティしようって気持ちを持った人は
多いんだなぁって思いました。

来春に向けて、お野菜の栽培計画たてているので
よろしくお願いします♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」