クラウド」タグアーカイブ

速報プラグインイメージデータ

ブログのSNS的運用が可能になる「速報」プラグイン

情報を蓄積する事で価値を発揮させる、
そのために、いきなりSNSに投稿するのではなく、
いったん、ブログに情報をあげてから、SNSで紹介するようにする、

いわば、「ひと手間かける」方法のネット版を

地味に気楽に稼いで輝く~菜園起業のためのSNS活用術

で紹介してきました。

そのブログですが、
長文のレポートを投稿するだけでなく、

TwitterやLINEにちょっと一言書き込むような感覚で使い、
自分のウェブサイトに最近の一言投稿だけを表示する
速報欄が作れれば、
ブログの「SNS的運用」が可能になります。

この速報欄を作るのが、
Wordpressのプラグイン「Content Views」です。

現在、このCotent Viewsを使って運用しているのが、
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの「旬のお野菜情報コーナー」です。

従来から、このコーナーには、その時々のオススメ野菜やお客さんの反応等を紹介するレポートをあげてきました。
この間、今、菜園で咲いている花とか、お届けしたお野菜等をパッと紹介する速報欄を併設しました。

レポート欄と速報欄、両方がある事で、コーナー全体が情報量が増えたように見えて、
充実したと思います。

この速報コーナーをフォローしてもらう事で、
「地元野菜ファンクラブ」みたいなものも作っていければと思います。

今後は、半農予備校・菜園起業大学の最新情報などを紹介する速報コーナー等も作っていきたいと
思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

EXIF消去イメージ写真

ストーカーから身を守るEXIF情報削除アプリ

SNS全盛、美味しいお野菜のお料理をパチリ、
インスタ映えを狙って投稿。

そんな人も多いかもしれないですね。

ただ、スマホなどで撮影した写真には、
位置情報や撮影日付等の「EXIF情報」と呼ばれる
データが着いています。

SNSやブログにそのまま投稿すると、
そのEXIF情報からプライベートな足取り、

場合によっては住所や職場まで特定されてしまうことがあります。

こうして相手の居場所等を特定してつきまとうのが「デジタルストーカー」と
言われる人たちで、

最近では被害に会う人も増えてきているようです。

こうした被害を防ぐ工夫の一つがEXIF情報の削除です。

実は削除用のアプリは、ウェブから簡単にダウンロード出来ます。
パソコンのデスクトップに出来たアプリのアイコンにマウスで写真を選び、
ドラッグすれば、EXIF情報の削除完了。

投稿に際しては、こうしてEXIF情報を削除した写真を使うようにしていれば、
悪用被害を防ぐ事につながります。

EXIF情報削除アプリ「EXIFEraser」はこちら>>

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ワインコンシェルジェデータベース

菜園起業受講生にデータベースから「オススメ・ワイン」提案を作る方法をサポート。

菜園起業大学の受講生で、「飲食店さん向けワイン:コンシェルジュ」の仕事を始めた人がいます。

それぞれのお店で意外と苦労しているのが、「お店のお料理に合うワイン」を選んで仕入れる作業。

そこで、この受講生の方は、ワイナリーからの情報を元に、
このお料理ならこのワインがオススメですよと選んであげて、
提案する仕事を始めました。

さて、この受講生の方からのご相談は、データベースから「オススメワイン」を表示させる方法。

この方は、ご自身でワインのデータベースを作っているのですが、
データベースの情報から各飲食店さん向けにオススメの銘柄と特徴を抜き出した
「提案カード」を作りたいとのご相談でした。

一生懸命、表計算シートに関数を当てはめてみたけれども、
うまくいかないと言うのです。

僕は話を聞いて、「業務フロー」の提案をしました。
「業務フロー」と言うのは、
その仕事全体の流れを書き出したものです。

飲食店さんからメニューを聞き出す場面もありますし、
その飲食店さんに合うワインを考える局面もあります。

パソコンを使ってデータベースのデータを見ている時もあれば、
パソコンを使わない対面や電話などのやり取りもあるでしょう。

それらのやり取りの流れをいったん書き出してみる、
そして、ワインのデータベースと飲食店さんやお料理のリストを
突き合わせる作業をどの段階でやっているのか
考えてみる、

そして、ワインのデータから、そのお料理に合うワインを抜き出す段階、
各メニューごとに抜き出したワインを、飲食店さんごとにリスト化する段階、

飲食店さんに対する提案カードに変換して出力する段階

と言うように各段階に応じたスプレッドシートやデータベース側の作業を
考えてみる、

つまり、一連の流れを考えてみる事で初めて「オススメ・ワイン提案カード」が
出来ると言う事を伝え、

実際にこうしたらいいんじゃないかと言う具体案を提案してみました。

果たして、この提案は、受講生の人に伝わったようで、
「オススメ・ワイン提案カード」の企画が動き出しました。

菜園起業の受講生の方には、こんなサポートも実施しています。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

カラーチャート20191117

好きな色でウェブやチラシが作れる♪「色見本」サイト

ウェブページやチラシを作る時、「白黒」と言う人はあまりいないと思います。

たいてい、カラフルなものを作ると思いますが、
では、カラフルに仕上げるための「色」はどうしていますか?

ワープロやウェブページ作成アプリの中でも、ある程度、色は選べます。
でも、もうちょっと明るい色にしたいとか、本当はこの色とあの色の中間ぐらいにしたいとか
思ったことはありませんか?

そういう時に役立つのが、ウェブ色見本です。

リンク先を見て頂ければおわかりのように、
原色や和色、洋色、パステルカラー、ビビッドカラーなど、様々な色見本が用意されているので、
アプリの中だけで選ぶのに比べて、自分のイメージに近い色を選ぶ事が出来ます。

色には、パソコンやウェブで使うために、RGBやHEXなどのカラーコードがついています。
例えば、和色大辞典にある「茄子紺」は、
ナスの色に近い日本の伝統色の一つですが、
HEXでは、#824880
RGBでは、R:130 G:72 B:128と表現されます。

これらのカラーコードをコピーして、アプリの色指定機能の所定の欄に貼り付ければ、
自分の好きな色をウェブやチラシで使う事が出来ます。

菜園クラブで使用しているLibreOfficeやGoogle図形描画の場合、
四角形なら四角形の図形を選んでおいて、「塗りつぶし(の色)」等のメニューを選ぶと
自分が使いたい色のカラーコードを入力する欄が出てきます。

その欄にウェブ色見本からコピーしたカラーコードを貼り付けると、
その図形を自分で選んだ色で塗りつぶす事が出来ます。

ウェブ色見本を使って、自分好みの彩りの素敵なウェブやチラシをたくさん作って下さいね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

画像ソフトイメージ写真

手軽に写真加工やフローチャートを作るオンライン図形描画ソフト

文字ばかりの記事や資料と言うのは読んでもらいにくいものです。

なにかを説明するような資料なら分かりやすい図がついていると
説得力が増します。

直接、本文と関係なくても、なにかの写真やカットが入っていると、
それだけで目が休まる効果があるので、読んでもらいやすくなります。

今は、写真を無料ダウンロードできるサイトもありますし、
自分でもスマホなどで気軽に撮影できます。

そうした写真に一手間かけて、角丸や星型に切り抜いて、
遊び心を出すと、真四角な写真に比べて、
イメージが柔らかくなりますね。

こうしたちょっとした加工が出来るのが、オンラインの「グーグル図形描画」です。

菜園クラブのウェブサイトの投稿記事では、角丸四角形に切り抜かれた写真が多用されていますが、
すべて、このグーグル図形描画を用いてます。

またグーグル図形描画は、説明のための様々な図を描くにも向いています。
出来た図は、スライドショーに使う事も出来ますし、ブログ記事にも挿入出来ます。

安く、そして、ネットで使えるワープロ、表計算、プレゼンソフト。
ところで紹介したグーグルのアカウント(2019年11月現在、1アカウント月680円)があれば、図形描画ソフトは無料で使えます。

手軽な図形描画ソフトを使って、説得力ある資料や記事を作成してみましょう。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ウェブサイトイメージ写真

無料で「広告非表示」、ブログ付きウェブサイトを作る

「地味に気楽に稼いで輝く~菜園起業のためのSNS活用術」
ネット上の活動拠点として、ウェブサイトを開設する事をオススメしました。

第一歩はコレ!・・・ウェブサイトを開設しよう

しかし、そう言われてもお金がかかるんじゃとか、
ウェブサイトって難しい技術持ってないと作れないんじゃとか
不安を持つ方もいらっしゃることでしょう。

そう言う方にオススメなのが、
無料ブログサービス「Blogger」です。

リンクをクリックして見て頂ければおわかり頂けると思いますが、
無料のサービスです。

しかも、広告が表示されません。

大抵の無料サービスで、ウェブサイトやブログを開設すると、
いろいろな広告が表示されてしまいます。

無料サービスは広告料で運営されているためですが、
このBloggerは広告非表示で使えるサービスです。

Bloggerは、Youtube同様、
グーグル系のサービスです。

Youtubeも広告非表示と言うか、
表示させて広告代を稼ぐ利用者

いわゆる「Youtuber」稼業の人が存在する形になっています。

サービス提供側が無料利用の見返りに何らかの広告を表示させて
広告料を稼ぐと言うのとは違うビジネスモデルを採用していると言う点で
2つのグーグル系サービスは共通しています。

Bloggerはブログ機能付きのウェブサイトが開設できると言うより、
むしろ、その気になれば、ウェブサイトとしても使えるブログサービス
です。

「ページ」と言う機能があり、投稿記事を作成する他に
「活動概要」とか「サービス一覧」のような説明を掲載する
「固定ページ」を作る事が出来ます。

この記事を書いている段階では、ページ数に上限はないようなので、
活動概要のページに自分がやっている活動の一覧を載せ、
個々の活動の詳しい説明について、それぞれ別なページを作る事も可能です。

「ページ」の作り方は簡単で、「ガジェット」と呼ばれる「枠」を
マウスで選んで、好きな場所に移動・配置すれば、お好みのレイアウトが出来ます。

そして、個々の「ガジェット」の中に文章を書き込んだり、
画像をアップしたりすれば、ウェブページを完成させられます。

また、独自ドメイン、つまり、例えば、この記事は、
「saienclub.com」と言う菜園クラブ・半農生活サポートセンターの
ドメインサイトで運用されていますが、

こういう自分独自のドメインを使用する事も出来ます。

なお、1アカウントでブログは99個まで開設できます。
つまり、これも「その気になれば」ですが、99種類の全く別なウェブサイトを開設出来るわけです。

菜園起業サロン会員の方でご希望の方には、
菜園クラブのアカウントで作成したブログ1件の「管理者」となって頂く事が出来ます。

管理者は、そのブログ内に投稿記事や様々なページを作成して頂く事ができます。
「半農予備校・菜園起業大学の活動の一環」としての位置づけで
ご自身のウェブ上の活動拠点を作る事が出来るわけです。

拠点開設後、どうしても「ウェブサイトの作り方が分からない」と言う方には
サポートも致します。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ブログ更新イメージ写真

手軽に「特集コーナー」が作れる「ブログカード」プラグイン

菜園クラブ・半農生活サポートセンターでは、
菜園起業&半農生活をしたい方向けに各種講座を実施している他、
手軽に土に親しみたい方向けの菜園教室&体験農園や、
菜園起業のモデル事業として地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットを行っています。

菜園起業をしたい人、土に親しみたい人、野菜を買いたい人、と言うのは、
同じ人の場合もありますが、

違う人の事の方が多いです。

つまり、違う願望を持った違う層の人達向けに
複数の事業をしているわけです。

ある層に向けた記事が他の層の人達にも関心を持ってもらえない事も多いと思われます。

また、例えば、この記事は菜園起業したい人向けにITノウハウ特集の一つとして
書いていますが、

菜園起業の稼ぎ方」や「半農半Uberはお得か」は、
それぞれ、菜園起業そのものの収益アップ、半農半Xの「X」の部分についての特集です。

更に、IT関係と言っても、この記事が含まれる特集は
どちらかと言うとタダで使えるIT系の「道具」と言う技術的な側面に焦点を当てています。

菜園起業のためのSNS活用術」は、ITを使って集客につなげる企画をどう作るかと言う運用面を取り上げています。

このように、常にいろいろな層に向けたいろいろな特集をする事によって、
それぞれの層の人達にアピールし、

集客につなげています。

現在、10近い特集が運用されています。
かなり、忙しいにも関わらず、ほぼ毎週、ほとんどの特集を更新できています。

この頻度での更新を支えているのが、
ブログカードとか、BOX形式とかと呼ばれる「外見」で
各記事へのリンクを作成してくれるプラグインです。

この記事が含まれる特集のページを
みて頂ければご理解頂けると思いますが、
単に記事タイトルだけでなく、写真入りのカードのような形で
各記事へのリンクが作成されています。

少しだけですが、記事の中身も見れるようになっています。

こうしたカードを作成してくれるのが、
ブログカード作成のプラグインです。

プラグインをインストールしていれば、
各記事のアドレスを貼り付けるだけで、
ブログカードを作成してくれます。

記事だけ書いていれば、後はほとんど手間が
かからずに特集の更新ができるわけです。

なお、このサイトで使っているプラグインは、
Pz-linkCardと言います。

PzlinkCardの説明サイトはこちら>>(外部サイトです。)

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

スマホからの申込みイメージ写真

売上があがる「申込みフォーム」用のプラグイン

「ウェブサイトを作ったら、申込みボタンをつけましょう」。

菜園起業入門セミナーでは、本当にこういうお話をしています。

実を言うと、月1万円起業とか月3万円起業とかと言うのは、
そんなに難しくありません。

「ウェブサイトを作ったら、申込みボタンをつける」と言うような
当たり前の事をちゃんとやるだけで実現出来ます。

さて、僕自身が「申込みボタン」をつけるようになったのは、
自分で菜園イベントやセミナーをやるようになってからです。

一番最初、友達や知り合いにメールを出しまくって、
お誘いをしていました。

たいていの友達は、「あ、何日にやるのね。その日は空いてるからいくよ」
的な感じでメールに返事をくれました。

しかし、中には「どうやって申し込めばいいんだ」と聞いてくる人もいました。

友達からのお誘いなんだから、気軽に「行くよ」って返事すればいいのにとは思いました。

同時に、「たとえ、友達からのお誘いでも、イベントやセミナーとなると、
申込み方法が分からないと申し込めない人がいる」と言う事も感じました。

それで、「申込みフォーム」を作り、メールには、「お申込みはこちらまで」
とフォームへのリンクを載せるようにしたのです。

申込みフォームを作るようになってから、
今度は、
「いろんなイベントやセミナーが載っているから
どれに申し込めばいいか分からない」
と言う質問がくるようになりました。

誘われた人の立場に立って考えてみると、
メールに載っているリンクから
申込みフォームにたどり着いたら、
名前を書いて、申込みボタンを押せば申し込めるように
なっていればいいのであって、
いろいろなメニューが載っているとかえって分かりにくいのだと
悟りました。

こうして、1サービスについて、一つのページを作り、一つの申込みフォームを作るようになりました。

こういうのを「ランディングページ」づくりと言うのだそうです。
ランディングとは着地の意味です。

お客さんにとって着地点となる情報だけをシンプルに見せて、
そこに紹介しているサービスに申し込めば済むようにしておく事が大切だと
言う事なのでしょう。

こうした「着地点」型で情報提供していく上では、サービスの数だけ
申込みフォームが必要になってきます。

実際、菜園クラブの申込みフォームは、合計で常に20-30ぐらいあります。

このように常に多数の申込みフォームを準備しておくためのプラグインとして、菜園クラブでは、MW WP formを使っています。

プラグインと言うのは、Wordpress上で動くアプリケーションの事です。

自分のサイトに、ブログやスライドショー等の機能を備えて情報発信するための仕組みが、
CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)で、
WordpressはそのCMSの一種です。

自分のサイトにCMSを導入する場合に重要なのが、
プラグインのようなアプリがたくさん出回っているシステムを選ぶと言う事です。

こういう事がやりたい、そのためにこういう機能がほしいと思った時、
アプリが出回っているシステムだと、
自分の要望にかなり近いものを探しだしやすいからです。

WordPressは、かなり普及しているCMSなので、
プラグインもかなり開発されており、申込みフォーム用のものも多数あります。

そして、複数の申込みフォーム用プラグインを試してみて、
選んだのが、MW WP formでした。

このプラグインの良いところは、利用者の方が入力した後、
いったん確認画面を表示させることが出来ること、

申込者と管理者に申込み内容を通知するメールが自動で届くこと

必須項目とそうでない項目を設定できること

等など、「申込みフォーム」として当たり前の事が出来るようになっている点です。
(意外とそうでないアプリは多いのです。)

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術
ブログイメージ写真

情報発信力を強化する「タグ分類」の仕組み

「ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である」と言う本があります。

アルファブロガーと呼ばれているような人達にアンケートを取った結果、
当初は「お金」の事などあまり考えずに発信を続けているうちに
方向性が見えてきて、

成功するようになってきた人が多いんじゃないかと言うようなお話が書かれています。

「石の上にも三年」と言うコトワザのネット版みたいなものです。

菜園起業相談でも3年計画を立てる事をオススメしていますし、
ご事情を聞いて、今から3年間でこうしたらどうでしょうと言うような
アドバイスも差し上げています。

何にせよ3年間、何かを続ければ、そのテーマについて、かなり情報や知識も増えてきます。
つまり、そのテーマについて、「何かを言える」ようになってくるわけです。

そこで発信を始めると、
それなりに価値のある話として、聞いてもらえます。

3年間の継続 ⇒ 情報・知識の蓄積 ⇒ 何かを言える能力が形成される ⇒ みんなから聞いて貰える

こういう流れの先に「売れる」企画が生まれてきます。

あまり難しい事はありません。

そして、この発信を更に効果的にするのが、
「タグ」分類が出来るブログのような仕組みです。

自分でブログサイトやSNSのようなものが作れる仕組みを
コンテンツ・マネジメント・システム(CMS)と言います。

菜園クラブのウェブサイトは、ずっとCMSを使って作ってきました。

当初は、国立情報学研究所が開発した国産CMSである「NetCommons(ネットコモンズ)」と言うシステムを使っていました。
その後、「グーグルサイト」を使い、
現在は、「WordPress(ワードプレス)」に切り替えています。

なぜ、WordPressなのかと言うと、
投稿記事に「タグ」が付けられるからです。

ブログをやった事がある方は、
自分自身で投稿した記事の分類を思いおこしてほしいのですが、
多くのブログは、「カテゴリー」と言う形で分類をしています。

カテゴリー方式は、いったん、一つの枠に記事を分類してしまうと
他の枠に紐付ける事ができません。
記事を別のカテゴリーに移動させる事はできますが、
そうすると、元のカテゴリーからは外れてしまいます。

タグ方式は、一つの記事にいくつでもタグを付けられるので、
複数の方向からの分類が可能です。

例えば、
「イヌを連れて散歩したらお天気がよくて気持ち良かった。サクラが咲いていた」と言う記事を書いたとします。
この記事に「イヌ」、「散歩」、「春」、「サクラ」と言うような複数のタグをつけておけば、
後から、いろいろな仕分けが可能になってきます。

そして、複数タグによる仕分けは、情報発信力を増強します。

なぜなら、「いろいろな切り口」での発信する事が可能になってくるからです。

世の中には、イヌが好きな人もいれば、春の景色が好きな人もいるでしょう。

ウェブの世界にも、イヌをテーマにして集まっているサイトもあれば、
春について語り合うスレもあるでしょう。

記事をタグで分類しておけば、「イヌ・タグ」の記事はイヌをテーマにしたサイトで
「春タグ」の記事は、春について語り合うスレで紹介できます。

この時、それまでの継続によって、イヌ・タグでも、春タグでも
複数の記事が蓄積していると、
ある情報量を持ったまとまりとして評価してもらえます。

ウェブサイトへのアクセス数も増えてくるでしょう。

「タグ」分類のCMSは、ウェブを効果的に使って、自分のお客さんを増やしてくれます。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術
メールイメージ写真

一人一人に向けたメッセージが挿入できる一斉同報メールアプリ

利用者や会員の方々とのコミュニケーションも大事です。

大勢の会員の方がいらっしゃるのですから、
例えば、「来週、こんな野菜をお届けします」と言ったメールは
一斉送信した方が楽で効率的です。

しかし、読む側からみると、例えば、「◯◯さんにはこれがオススメ」のような一言が
入っているのとないのとでは、

ちょっと違って感じるのではないでしょうか?

ちょうど印刷された年賀状や暑中見舞いに、手書きでメッセージが添えられていると
何か温かみを感じられるように、

自分に向けたメッセージが届いている、
そんな感じがするのが、
この「一言」の効果です。

では、一斉送信するメールに、こうした「一人ひとりに向けた一言」を
入れるにはどうしたら良いでしょうか?

それには、アプリの「差し込み機能」を使います。

「差し込み機能」を使うと、全員に送られる同一の文面の中に、
ある部分だけ、「一人ひとり違う文面」を挿入出来るのです。

では、「差し込み機能」がついているアプリで無料で使えるものは
あるのか?

と言うと、あります。

菜園クラブで使っているのは、Mail Distributor
です。

このアプリを使って、サービスの利用者の方々に
毎週のようにお知らせを送っています。

これも重要なところで、システムがあり、サービスが提供されていると言うだけでなく、
常日頃から、利用者の方とコミュニケーションしようと言う姿勢を持つ事が
菜園起業では大事です。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術