ネギ」タグアーカイブ

20190926白鷺

ネギは好評!

夏草を除去して、秋野菜の植付。

急ピッチで進む見沼菜園クラブの農作業。

そこへ、白鷺降臨♪

10月最初のお野菜のお届け、
会員の方からリクエスト&アンケートでは、
ネギが好評・・・♪

来週はネギをもっと入れて!
美味しかった!

夏場は硬かったネギがようやく柔らかくなってきて、
香りも良かったみたい。

来週は、ニラやネギ、ミニニンジン、小松菜などを
お届けします。

秋野菜、これから増えていきますよ。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20190514サニーレタス

「山ホウレンソウ」は意外といける?

見沼菜園クラブでは、サニーレタスがすくすく。
毎回、宅配セットで好評です。

川口駅前RossiCafeさんでも使って頂いています。

ところで、この間、新商品になるかも知れない情報で
ご紹介した「山ホウレンソウ」。

ついに収穫の時を迎えました。

配達の時にお会いしたお客さんには、
「高温多湿だとホウレンソウはべと病と言う病気にかかりやすく
夏場はあまり育てる事ができません。

山ホウレンソウは、ホウレンソウと同じアカザ科ですが、
夏でも育つようなので育ててみました。
ご感想をお聞かせ下さい」

とお伝えしながら、お渡し。

今日、早速メールが来ました。

「夜は茹でて、おひたしに。

翌日は、ベーコンと炒めました。

私は炒め物をいただきました。
ほうれん草と違い、少々苦味はありますが、美味しかったです。

おひたしは子供達だけ出しましたが、問題なくパクパク。

炒め物も、おかわりするくらいでした。」

どうやら、山ホウレンソウ、好評のようです。

最も、とう立ちと言って、花が咲いて茎が硬くなってしまう現象が起きやすい上、
収穫にかなり手間がかかりました。

もう少し別の品種にした方がいいかな?

いずれにしても、お客さんと進める新商品開発、楽しいです。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20190416野菜のマイクロマーケット

来週は、柔らかい春サニーレタスだよ。

そう言うわけで、川口駅前RossiCafeさんにタケノコ到着!

今年は、極渦寒波の影響なのか、タケノコの生長が遅いみたい。

その分、実が詰まっていて美味しいって説も・・・♪

春サニーレタスがだいぶ育ってきたよ。
葉っぱが柔らかくて美味しいよ。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、来週のお届けセットは、
サニーレタス、チンゲンサイ、ホウレンソウ、ネギ、葉物中心に
ご提供します♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

シュンギクイメージ写真

ベトナム人が野菜をとっても沢山買ってくれた♪

月に一度、川口駅前のRossiCafeでやっているミニマルシェ。

夕方、まだ少し明るいうちから売り始めて2時間程度で終了する方式で
チョコっと野菜を売ると言う感じです。

ただ、チョコっとと言ってもそれなりの量は必要・・・

で、先月は予定日が悪天候の上、極渦寒波でほとんど野菜の収穫が見込めそうもないので
中止。

じゃあ、今月はどうするか?

ネギは採れそうだし、昨年、秋も深まってから種まきしたホウレンソウも
このところの陽気で育ってきて、食べごろ。

まあ、少しは収穫物もありそうだと言う事で、
お店のお客さんも今月はやるんですよね?

と聞いていたと言うので

とにかく、本当に少量しか品物がなくても
やるだけやろうと言う事に。

それで、見沼菜園クラブで収穫を始めたはいいのですが、
やっぱり、あんまり出せるものがないかなぁ・・・

と見ると、

なんとチンゲンサイやシャクシナ、ミズナが菜花の花芽をつけています。

これはいけるかも・・・

こうした菜花類を収穫してみると、
意外と品数は多くなりました。

かくして、販売突入♪

しかし、売れません・・・(´;ω;`)

これはシャクシナの菜の花で、オリーブ油で炒めると美味しいんですとか
説明しても、

みんな買ってくれない・・・

つまり、「普通の野菜」でないから引いてしまう・・・

なぜか、小さい子供の手を引いた若い男性客が
買ってくれたりして・・・

チラホラは売上が立つものの
菜花苦戦・・・♪

まあ、今回は、とにかく、やるだけやろうだったんだから、
しょうがないかと

諦めかけたその時、

二人の小さい子供を連れた女性が立ち止まり、
ミズナの菜花、チンゲンサイの菜花、カキナの菜花と・・・

次々、菜花を含む野菜を選んでいきます。

元々、2時間程度のミニマルシェで売り切る程度の
量の野菜、

それが苦戦とは言え、若干は売れていたと言う状態だったのが、
一気に野菜がなくなり、

残りわずかと言う量に。

日本語が少し訛っていたので、
どこの国?中国ですか?
と聞くと、

なんとベトナムと言うお返事。

もしかして、こうした菜花のような「日本では『普通でない』と思っている人が多い野菜」
について、ベトナム人の方が抵抗がない。

前に、日本人主婦の方から、この手の「普通でない」的野菜について、
料理法を考えるのが大変だと言われた事があります。

クックパッドのようなレシピサイトが流行るのも、主婦が「毎日、違うレシピを考えなければならない」
日本ならでは現象と聞いた事があります。

そうでなくても、レシピを考えるのが、ストレスになっているところに
持ってきて、これ以上、「普通じゃない」野菜に付き合って、
ストレスを増やしたくない、

それが女性のお客さんの心理じゃないか?

だから、そういうストレスをあまり感じていない
お料理好きの子連れ男性客とかベトナム人の方が

「普通じゃない」野菜を買ってくれた

それが今回の結果なんじゃないか

そう思いました。

いずれにしても、日本にいる東アジア系、東南アジア系の人達、
これから野菜を買ってくれる優良顧客として
意識していくことが重要かもしれません。

とりあえず、見沼菜園クラブで育てようと
台湾レタスと呼ばれるA菜など、台湾の野菜の種、
何種類か買ってきたところです。

後、イメージ写真は、
ベトナム野菜図鑑にも載っていたシュンギクです。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
20190301ビーツの発芽

2019春、リクエストに応えて、野菜を育てる

写真は、見沼菜園クラブで発芽したビーツの双葉だよ。

ビーツって、ロシア料理のボルシチに入っている赤カブの事だけど、
分類としては、カブはアブラナ科だけど、
ビーツは、ホウレンソウと同じアカザ科。

最近は、サラダとかで食べる人もいるみたい。

なんで、これ育ててるかって言うと、
女性のお客さんで毎週でもビーツほしいって人がいるから。

カフェでルバーブがほしいってマスターが言うから、
この間、種、注文して、届いたところ。

これから播くよ。

後、毎週でもキャベツほしいってお客さんがいるから、
今年は、キャベツの植え付け増やすよ。

まあ、供給は秋以降だけど。

と言うわけで、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
お客さんのリクエストを聞いて、お野菜育ててます。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
20190226遠峯農園さんのブロッコリー

来週のセットは、春ブロッコリーとチンゲンサイにトマトだよ♪

暖かくなってきたね!

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
遠峯農園さんのブロッコリー、肥留間農園さんのトマト、
見沼菜園クラブのネギをセットに入れて届けたよ。

20190226見沼菜園クラブのネギ

それから、川口駅前のRossiCafeさんに、見沼菜園クラブのサニーレタスやオークリーフレタスを届けたよ。
今週のRossiCafeさんでお弁当買うと、美味しいブロッコリーやレタス入りのランチが味わえるよ・・・♪

来週のセットは、
肥留間農園さんのチンゲンサイ&コマツナを入れるよ。
20190226肥留間農園さんのチンゲンサイ

トマト・ブロッコリー・ネギも継続。

ホウレンソウほしい人はリクエストしてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
2018年11月6日のみぬま菜園クラブ

お野菜も買える菜園教室

猛暑の後は台風、
今年の9月-10月は、秋野菜の種まき・植え付けが難しく、
野菜不足が続いてきました。

しかし、台風の後、種まきや植え付けをした野菜が
どうにか育ってきて、

宅配やマルシェに供給できるようになってきました。

そこへ、菜園教室にやってきた女性二人組。

紅菜苔やサニーレタス等を種まき、
玉ねぎの苗の植え付けなどを
した後、

畑で育っている野菜をみて、
これ買えますか?

とご質問。

いいですよと
お返事して、

買っていただいたのは、
カブ、ネギ、大根など。

野菜高いから困っていたのよ。
こんなに沢山、お安いわねぇ~♪。

みぬま菜園クラブの菜園教室では、
お野菜もお買い求めいただけます。

酵素風呂20180524

酵素風呂の米ぬかで野菜を育てるよ~♪

これなぁ~んだ?

って、上青木にある酵素風呂シンデレラさんの
米ぬかを使った酵素風呂だよ~♪

シンデレラさんで使った米ぬかを
今度から、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで
使うことになったよ~。

この米ぬか、とっても、リンが豊富、

あ、リンは、細胞内で「エネルギー通貨」として使われている
ATP(アデノシン三リン酸)や、

遺伝子情報を伝えるDNAやRNAの「基体」部分、

あ、DNAやRNAで遺伝子情報が書かれているのは、
有機塩基部分なんだけど、

その有機塩基がリンや糖質からできている「基体」と結合しているわけ。

つまりね、
紙にインクで字を書いていて、
その「字」が何かの情報を伝えているとすれば、

有機塩基が「インク」で、
リンや糖質などで出来た基質が「紙」なわけ。

あ、後、エネルギー通貨についても説明しておくと、
植物は光合成をして、空気中の二酸化炭素を
糖に変え、

その糖を使って生命活動をしているわけだけど、
糖を作ったり、糖を燃やしたり、

つまり、エネルギーの出入りの際には、
必ず、「エネルギー通貨」であるATPを使うわけ。

まだ、わかんない?

まあ、光合成で出来る「糖」は、
コンビニやスーパーに並んでいる「商品」だと
したら、

商品を「買う」、

つまり、糖を「燃やして」エネルギーを取り出す際には、
通貨であるATPが必要ってわけ。

ってことは、
ってことは、
ってことは・・・?

リンがないと、「通貨」も「紙」もできない。

つまり、情報も伝達されないし、
エネルギーの出入りでもできない。

ってことは、
ってことは、
ってことは・・・?

例えば、植物が生長するってことは、
新しい細胞がたくさん出来るってことなんだけど、

そのためには、新しい細胞に遺伝子情報をコピーする必要があるし、
細胞づくりには、エネルギーも必要・・・

つまり、リンがないと、植物は新しい細胞が作れないし、生長もできない、

でまあ、
野菜が「実る」
つまり、「実」をつけるってことは、
植物にとっては、自分自身と言うよりは、次世代を育てることで
その「実」を人間が食べているのが、「野菜」なんだとすれば、

リンが「実る」上で大事なことは
なんとなくわかったかな?

実際、果物とか、トマト・ナスのような果菜類には、
「リン」を含んだ肥料を与えることが大事って言われている・・・

それに、
米ぬかは、土づくり効果も高いので、
米ぬかを入れると土がフカフカになるとも言われているよ~。

でまあ、とにかく、シンデレラさんの酵素風呂で使った米ぬかが
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブの土に投入されると、

美味しい野菜が出来ると言うことで。

まずは、初夏の声とともに生い茂る夏草を刈って、
シンデレラさんの米ぬかとともに、

ネギの株元へ。

今年の冬は、美味しいネギのすき焼き、期待してね

後、酵素風呂シンデレラさんのウェブサイトはこちら。
https://www.koso-cinderella.com/

瀰瓊際菜園クラブのシロナ

サラダ野菜のパストラル

これなぁ~んだ?

って、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで2月まきしたシロナだよ~。

丈が15~20センチぐらいに育ってきたけど、
今なら、生食できるかな?

って
サニーレタスやサラダコマツナと一緒に
袋詰して、サラダ野菜として、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの
会員の方々に配達。

でまあ、毎回、お野菜アンケートを取っているんだけど、

今回は「あまり野菜を生食しない、子供が食べない」
って回答が・・・

むしろ、大根などが高い評価。

大根やネギについては、前回のが使いきっていないから、
今回はやめてほしい

みたいな声が寄せられることも多く、

また、カブや大根、コマツナなどは、
自分がリクエストするまで見合わせてほしい

と言うお声もあって、

先週は大根をセットに加えず、
また、先週はネギを入れていたので、

今週はネギをお休みさせ・・・

くだんのサラダ野菜セットに
結球レタスやトマトなど、

サラダ系を充実させて、
2週間ぶりの大根を入れて
セットを構成。

20180426野菜のマイクロマーケットミニミニセット

そしたら、お届けした先で、
ウチは味噌汁とか良く飲むから、

ネギがあった方が良かったとかって
言われ・・・

まあ、そういうわけで、
アンケートを取りはじめて、
約半年

当初は、個々の品物がいい、悪い
って感じだったのが、

最近は、
会員の方、個々人の方が、

「自分の好み」みたいなものを
仰られる事が多いような・・・

まあ、これはたぶん、
あ、これ、菜園クラブに言っても大丈夫なんだ、

言うと聞いてもらえそうだ

って「信頼感」や「安心感」がある
ってことかもしれないから、

たぶん、いいこと。

まあ、個別カスタマイズのシステム化って
難しいので、
この先、会員の方が増えていく場合に、
どうするか、

検討課題だけれども、
ちょっとチャレンジしてみたいかなぁっと。