秋野菜の保温を考える

2020年末から2021年初にかけての秋野菜の保温について、まとめてみたいと思います。

見沼菜園クラブでは、幾度か霜害や雪害を経験してきました。2018年、折からの大雪で見沼菜園クラブの白菜が台無しになっているのに近くの畑では出荷が続いていました。見ると寒冷紗で覆い、雪と白菜が接触しにくい状態になっていました。

以後、見沼菜園クラブでも、2019年、2020年と越冬の度に、工夫を重ねてきました。

2020年12月、白菜に枯れた雑草やマリーゴールドをかけ、全体を寒冷紗で覆いました。

年明け1月6-7日にかけて、さいたま地方はマイナス7℃の冷え込みを経験しました。しかし、白菜は無事でした。

冷たい外気に直接接する事がなかったせいか、外葉が霜でチリチリになると言うこともなく、割と青々していました。

また、不織布で二重保温されていたサニーレタスも無事でした。被覆の中でホトケノザが育ち、霜よけの役に立っていたようです。

二重保温されていたチンゲンサイも無事でした。

カブは寒冷紗と農ポリで二重被覆したところ、半分ぐらいが無事でしたが、残り半分には被害が出ました。

無事でなかったのが、大根、菜の花、しゃくし菜でした。

大根は、白菜同様、雑草やマリーゴールドで覆い、寒冷紗をかけておきましたが、葉は完全にダメになり、地上に露出していた根部もす入りしてしまうものが目立ちました。

菜の花、しゃくし菜は寒冷紗をかけただけでした。完全に壊滅してしまいました。

これらをまとめてみると、白菜やサニーレタス、チンゲンサイなどの葉物類は、枯れ草やホトケノザなどの雑草と不織布の二重保温を併用することで霜害は防げそうです。

白菜のような結球性のものは枯れ草と寒冷紗で耐え抜いたので、今年末の越冬も同じ方法でいけると思います。

菜の花やしゃくし菜のように大型化する非結球性の葉物についても二重保温や枯れ草の利用を考えてみようと思います。

カブも含めて12月に入ったら、場合によっては11月末から二重保温をした方がよいのかもしれません。

大根は地上部に露出する部分の被害が多いため、いったん、抜いて葉を切り、

地面に埋める等の対策を取った方がよいかもしれないと感じました。

2020、ナスは複合要因で値動きしていた?

東京23区内の野菜小売価格について、様々な野菜についてみてきました。

2020年3-4頃から上昇する春高騰、6-7月の下落、7-9月の夏高騰、9-10月以降からの下落を分けて考えると、春高騰と夏高騰の両方があったのは、ニンジン、キャベツ、白菜でした。

ホウレンソウや玉ねぎについては、夏高騰のみがあったと考えられます。

キュウリは、夏高騰があったのかどうか、相場データの見方が難しいので、今のところ、結論が出ていません。

今回はナスについてみてみましょう。

ナスの東京23区内小売価格は、2020年3-6月にかけて値下がりしています。

これだけをみると、春高騰はなかったと言えそうです。

ただ、ナスは2019-2020年に10月ぐらいから相場が上がっています。2020-2021の冬場も12月頃から上昇しています。

そして、2019年の4-5月に比べると、2020年4-5月の方が小売価格は高くなっています。

ですから、2020年春のナスについては「冬相場」から「夏相場」に移り変わる時期なので、値下がりしてきているが、「春高騰」要因がなければ、もっと下がっていたかも知れないという見方が成り立ちます。

2019年6-9月にかけて、東京23区内のナス小売価格は安定していますが、2020年は7-8月に上昇しています。ナスは「夏高騰」があったのかもしれません。隠れ春高騰と合わせると、ナスも「2020 3-10(4-9)高騰」をしていたが、冬相場と夏相場が交代すると言う季節要因との複合で小売価格の上下動が起きていたと言う見方ができるかもしれません。

2020、キュウリの夏高騰はあったと言えるか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

ホウレンソウや玉ねぎについては、春高騰は見られず、夏高騰のみがあったと考えられそうです。

春高騰と夏高騰を分けて考えてみた方が、2020年の各種野菜の値動きの原因を考える上で有効かもしれません。

キュウリについて見てみると、夏高騰があったのかどうかさしあたりなんとも言えなさそうです。

東京23区内のキュウリ小売価格は、2020年5-6月頃はキロ当たり400円台でしたが、7月に500円台となり、その後、11月まで500円台でした。

キュウリはそれまでにもキロ当たり500円台となることはありました。ですから、2020年夏秋の価格がキュウリとしてずば抜けて高いとは言えないでしょう。

ただ、夏場、初夏の時季より高くなったのは事実です。また、2019年7月は600円台、9月は500円台でしたが、8月、10月は400円台でした。7月から10月まで500円台が続いたと言うのは、2019年にはない2020年の特色と言えます。

こうやってみてくると、何をもって「高値」、「高騰」と言うのかと言うのもなかなか難しい気がします。

2020、春高騰はなかったが夏高騰はあった玉ねぎ

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギ、レタスについては、4-9高騰型だとは言いきれないものの部分的には似たような値動きがありました。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

ホウレンソウについては、4-9高騰型の値動きはしていないと報告されました。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、玉ねぎについて見てみました。

東京23区内の玉ねぎの2020年の値動きには、3-4月に価格上昇が認められません。この点では、4-9高騰型とは言えません。

ただ、6-8月にかけて連続的に価格上昇をしています。

ですから、2020年東京23区内の玉ねぎには、春高騰はなかったが、夏高騰はあったと考える事ができます。

実は、先に4-9高騰型の値動きはしていないのではないかと報告したホウレンソウについても、2020年3-4月の価格上昇は小幅でしたが、8月はかなり上昇しています。

「4-9高騰型」については、(1)春高騰⇒(2)初夏の下落⇒(3)夏高騰⇒(4)秋の下落と言う経緯をたどっていたと言う見方も成り立つかもしれません。

そして、ある種の野菜では春高騰と夏高騰の両方があったが、他の野菜では片方がなかったと考える事もできる可能性があるわけです。

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

一方、ホウレンソウでは、はっきり、その型に当てはまらないと言えるようです。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、レタスについて見てみました。

上のグラフからは、東京23区内のレタス小売価格は、一定範囲でとどまっていて、2020年8月をのぞけば、「高騰」とは言えないように見えます。

しかし、よくみると2020年2月に比べて、3-5月は価格が上昇しています。その後、6-7月に下落し、8月にあがり、9-10月以降、また下落しています。

この値動きの様子は、ニンジン、キャベツ、白菜で見られた「2020年4-9(3-10)高騰型」に似ています。

レタスについては、2020年3-4月に極端な高騰はなかったものの、価格上昇・下降の時期が4-9高騰型に近かったようです。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

秋野菜の植付期には、比較的気温が低くなってきた2019年8月

2019年のさいたま地方は、雨ばかりの梅雨が明けると、
一転して超猛暑に見舞われました。

さいたま地方、8月の積算気温の変化

1985年以来過去35年間のデータでみると、
最高気温積算値が少ない方から数えて、
2018年は29位、2019年は30位で

昨年に続いて、超猛暑の8月だったとも言えます。

ただ、猛暑のピークと言う点では、昨年(2018)と今年(2019)は
かなり違います。

最高気温の日変化

2018年は、8月5日以降、8月中盤には35℃以上の日はありませんでした。
8月5日の次に35℃を超えたのは、下旬の22日です。
35℃以上の日は22、25、26、27、31日と下旬に集中しています。

もっとも2019年8月下旬がずっと超猛暑だったかと言うと、
そうでもなく、
24日は最高気温32.6℃と前日より約2℃、翌日より約5℃低い状態でした。
29日は28.9℃と30-31日に比べ、5-6℃低い結果となっています。

8月下旬は秋野菜の種まき・植付時季が始まります。
この時季にこうした超猛暑の日と「そうでもない日」が1-2日で入れ替わっていたため、
2018年は、わずか1-2日の違いで、ハクサイやニンジンの発芽が大きく変わりました。

昨日、まいた種はよく発芽したのに、今日、まいたものは全然発芽しないと言うような事が起きました。
比較的、気温が低い時にまかれた種は、土が湿っているため、発芽しやすく、
超猛暑の時は土が乾ききっていて発芽しにくかったと思われます。

2019年は、8月1~9日は最高気温が35℃以上でしたが、中旬では35℃以上になる事は少なく、15日だけでした。
下旬では、35℃以上の日はなく、30℃を下回る日もしばしばでした。

このように、秋野菜の植付時季に「比較的気温が低めの日」が続いたため、
今年は秋野菜の種をまいた時に土が湿っている事が多く、
昨年より順調に発芽した事が多いように思われます。

なお、長雨でダメージを受けたナスやピーマンなどの夏野菜にとって、
梅雨明け直後の超猛暑は追い打ちになった場合もあるようです。

ただでさえ、日照不足で生長しずらい上に、
長雨でなかなか草取りが出来ず、
繁茂する夏草に覆われて、野菜が蒸れてしまうケースもあったようです。

超猛暑の時、畑の草取りは過酷な作業でしずらいため、
やや暑さが落ち着いてきた8月後半に取り組もうとした時は、
野菜が完全に蒸れて、萎れてしまっていたと言うような事もあったようです。

受講2ヶ月で野菜販売、4ヶ月で農村旅行企画

受講2ヶ月で育てた野菜を販売した受講生の方、
農村旅行のお試し企画をやろうって相談
をしていましたが、

本当にやっちゃいました。

12月のある日、実習場である見沼菜園クラブに、お友達を呼んできて、自分が育てた野菜の収穫体験。

大っきな大根抜けるかな?

20181208見沼農村旅行・大根抜けるかな

えい、頑張れ!

8月の実習開始より4ヶ月。

野菜が育てば、いろんな講座内起業が出来ますね。

ハクサイの味噌ディップ

寒波到来!

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも
葉物野菜は、霜でやられていることが多く、
根菜中心のお届け。

そんな中、今回お届けしたハクサイを
なんと、味噌ディップで食べたと言う
会員の方からのレポートが・・・♪

「中の方を早速 生で味噌ディップにしていただきました!
とても甘くて家族に好評でした。
とても美味しくいただきました!」

ハクサイ、生で食べる方法もあるんですね。

20190110見沼菜園クラブ

ところで今年から始まった見沼菜園クラブCファーム。
野菜のマイクロマーケットのための野菜供給拠点として活躍が期待されています。

新年早々、コマツナとホウレンソウの植付準備が始まりました♪

「農村旅行」企画づくりの為のお試し企画

菜園起業大学の受講生の方と
実習をしながら、

いろいろ世間話。

そのうちに、
実際問題、菜園起業でどのくらい稼げるか
みたいな話になってきて、

受講生の方から
出てきた案が、

自分がどこかに行って野菜を売るとか、
宅配とかじゃなくて、
お客さんに来てもらって
買ってもらう、

農業体験してもらう方式の方がいいんじゃないか
と言うこと。

菜園クラブとして、以前、農家さんの畑に来てもらって
ダンボール箱を置いて、

箱いっぱいまで野菜取り放題2000円と言う企画を
した事があり、

その時の話などもしてみました。

そして出てきた案が、
実際に受講生の方が、菜園にご自分のお友達を呼んで、
野菜を収穫してもらうと言う案。

やってみて、どのくらい稼げるのか
お試し企画にしてみよう

と言う事。

12月、受講生の方が育てた大根や白菜の
収穫体験企画を実施します。

ツクシとコマツナのうぐいす菜の玉子とじ

チャオ♪
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
毎週、会員の方にお野菜アンケートを実施中。

アンケートに答える時、写真も送りたいって
ご要望があったので、
アンケートフォームを改良したら、
早速、お料理の写真を送って下さいました。

会員の方の参加型企画、楽しいですね。

ウグイス菜は、コマツナや白菜など、アブラナ科野菜の菜の花の総称。
この時季、次々と花芽をつける野菜達、

毎週、採りたてを畑からお届けしています。

【土筆とうぐいす菜の玉子とじ】

土筆:120gくらい
うぐいす菜:80g

下準備
土筆は袴をとり、米のとぎ汁につけて1日おく→調理前に数回洗う
うぐいす菜はレンジで柔らかくしておく

※調味料(ほぼ目分量)
砂糖 小2
みりん 大1
醤油 大1.5
料理酒 大2
ごま油 小1/2
だしのもと 少々
水 30〜50cc(野菜の量で調整)

調理法
洗った土筆を炒め、油が回ったらうぐいす菜を加える。(少し塩コショウで味を整える)
※調味料を加え、からめる。味がなじみ、汁気が少なくなる前に火を止めて卵でとじる