2020、キュウリの夏高騰はあったと言えるか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

ホウレンソウや玉ねぎについては、春高騰は見られず、夏高騰のみがあったと考えられそうです。

春高騰と夏高騰を分けて考えてみた方が、2020年の各種野菜の値動きの原因を考える上で有効かもしれません。

キュウリについて見てみると、夏高騰があったのかどうかさしあたりなんとも言えなさそうです。

東京23区内のキュウリ小売価格は、2020年5-6月頃はキロ当たり400円台でしたが、7月に500円台となり、その後、11月まで500円台でした。

キュウリはそれまでにもキロ当たり500円台となることはありました。ですから、2020年夏秋の価格がキュウリとしてずば抜けて高いとは言えないでしょう。

ただ、夏場、初夏の時季より高くなったのは事実です。また、2019年7月は600円台、9月は500円台でしたが、8月、10月は400円台でした。7月から10月まで500円台が続いたと言うのは、2019年にはない2020年の特色と言えます。

こうやってみてくると、何をもって「高値」、「高騰」と言うのかと言うのもなかなか難しい気がします。

2020、春高騰はなかったが夏高騰はあった玉ねぎ

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギ、レタスについては、4-9高騰型だとは言いきれないものの部分的には似たような値動きがありました。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

ホウレンソウについては、4-9高騰型の値動きはしていないと報告されました。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、玉ねぎについて見てみました。

東京23区内の玉ねぎの2020年の値動きには、3-4月に価格上昇が認められません。この点では、4-9高騰型とは言えません。

ただ、6-8月にかけて連続的に価格上昇をしています。

ですから、2020年東京23区内の玉ねぎには、春高騰はなかったが、夏高騰はあったと考える事ができます。

実は、先に4-9高騰型の値動きはしていないのではないかと報告したホウレンソウについても、2020年3-4月の価格上昇は小幅でしたが、8月はかなり上昇しています。

「4-9高騰型」については、(1)春高騰⇒(2)初夏の下落⇒(3)夏高騰⇒(4)秋の下落と言う経緯をたどっていたと言う見方も成り立つかもしれません。

そして、ある種の野菜では春高騰と夏高騰の両方があったが、他の野菜では片方がなかったと考える事もできる可能性があるわけです。

レタスは「2020 4-9高騰」型の値動きと言えるのか

東京23区内の野菜小売価格が、2020年3-4頃から上昇し9-10月頃から下落(途中、6-7月に一時下落、再上昇あり)する「4-9(3-10)高騰」型の値動きは、ニンジン、キャベツ、白菜で確認されました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

白ネギについては、その型に当てはまるのかどうかが判然としない模様です。

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

一方、ホウレンソウでは、はっきり、その型に当てはまらないと言えるようです。

ホウレンソウでは「2020 4-9高騰」型の値動きは認められない

今度は、レタスについて見てみました。

上のグラフからは、東京23区内のレタス小売価格は、一定範囲でとどまっていて、2020年8月をのぞけば、「高騰」とは言えないように見えます。

しかし、よくみると2020年2月に比べて、3-5月は価格が上昇しています。その後、6-7月に下落し、8月にあがり、9-10月以降、また下落しています。

この値動きの様子は、ニンジン、キャベツ、白菜で見られた「2020年4-9(3-10)高騰型」に似ています。

レタスについては、2020年3-4月に極端な高騰はなかったものの、価格上昇・下降の時期が4-9高騰型に近かったようです。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

サラダ野菜のパストラル

これなぁ~んだ?

って、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで2月まきしたシロナだよ~。

丈が15~20センチぐらいに育ってきたけど、
今なら、生食できるかな?

って
サニーレタスやサラダコマツナと一緒に
袋詰して、サラダ野菜として、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの
会員の方々に配達。

でまあ、毎回、お野菜アンケートを取っているんだけど、

今回は「あまり野菜を生食しない、子供が食べない」
って回答が・・・

むしろ、大根などが高い評価。

大根やネギについては、前回のが使いきっていないから、
今回はやめてほしい

みたいな声が寄せられることも多く、

また、カブや大根、コマツナなどは、
自分がリクエストするまで見合わせてほしい

と言うお声もあって、

先週は大根をセットに加えず、
また、先週はネギを入れていたので、

今週はネギをお休みさせ・・・

くだんのサラダ野菜セットに
結球レタスやトマトなど、

サラダ系を充実させて、
2週間ぶりの大根を入れて
セットを構成。

20180426野菜のマイクロマーケットミニミニセット

そしたら、お届けした先で、
ウチは味噌汁とか良く飲むから、

ネギがあった方が良かったとかって
言われ・・・

まあ、そういうわけで、
アンケートを取りはじめて、
約半年

当初は、個々の品物がいい、悪い
って感じだったのが、

最近は、
会員の方、個々人の方が、

「自分の好み」みたいなものを
仰られる事が多いような・・・

まあ、これはたぶん、
あ、これ、菜園クラブに言っても大丈夫なんだ、

言うと聞いてもらえそうだ

って「信頼感」や「安心感」がある
ってことかもしれないから、

たぶん、いいこと。

まあ、個別カスタマイズのシステム化って
難しいので、
この先、会員の方が増えていく場合に、
どうするか、

検討課題だけれども、
ちょっとチャレンジしてみたいかなぁっと。