明治・戦前と比べれば、10倍、100倍の豊かさだから半農半X実現の可能性がある。

「清浄にして豊富低廉な水の供給を図り、もつて公衆衛生の向上と生活環境の改善とに寄与することを目的とする。」

水道法第一条に書かれている制定目的です。

分かりやすく言うと、きれいで豊かに安い水道水を提供し、
衛生的な良い環境の中でみんなが暮らせるようにしようと言う事です。

この目的を水道以外の事でも実現しようとしてきたのが、日本の製造業です。

水道の蛇口を捻れば、きれいな水が豊富に安く出てくるように、
安い商品を豊富に社会に提供していこう

松下電器(現パナソニック)の創業者・松下幸之助さんは、
この「水道の哲学」を掲げていたそうです。

実は、これに類することは資本論の著者カール・マルクスも述べています。

「物質的富が溢流するに至った時、社会は各人は能力に応じて、各人には必要に応じてと書きつけるであろう(ゴータ綱領批判)」

「溢流」と言うのは溢れるほどの流れの事です。
物質的な豊かさが溢れんばかりになれば、人々は能力に応じて働き、必要に応じて受け取るようになるだろうと言う意味です。

え?、そんなの夢物語じゃない?

その疑問に答える前に、マルクスがこの言葉を述べてから約70年後、経済学者シュムペータが述べた言葉を
紹介しておきましょう。

「現在より所得が実質的に倍になれば、現在の社会問題の約8割は解決するだろう」。

マルクスがゴータ綱領批判を書いたのは1875年(明治8年)の事です。
シュムペータの言葉は1942年(昭和17年)、パールハーバー奇襲による日米開戦の翌年に述べられています。

そして、今はマルクスの言葉から約150年、シュムペータの言葉から約80年経っています。

この間に、「物質的富」はどのくらい豊かになったのでしょうか。

季刊経済理論に掲載された八尾信光鹿児島大学名誉教授の「長期経済統計から見た21世紀の世界経済」によると、
購買力平価換算GDPと呼ばれる指標で実質的な経済力を評価してみると、

1850年に日本は33でしたが、2015年には4,656
つまり、幕末時に比べ150倍豊かになっているとの事です。

アメリカは65→16339(約250倍)
イギリスは97→2287(約23倍)
中国は380→24667(約64倍)
インドネシアは22→2343(約106倍)

です。

一方、一人あたりで計算すると、
1950年には、
日本は、2950だったものが2018年には38687と13倍
アメリカは14686→54332(約3-4倍)
中国は688→22651(約33倍)
インドネシアは1234→10798(約8倍)

になっています。

このデータから見ると幕末明治期や第二次大戦前・戦中に比べると
豊かさは10倍、100倍の桁で増えており、

昔は植民地や途上国だった国ほど、伸び率は高い、
日本のように途上国と先進国の中間の状態だった国でも
10~100倍の豊かさになっています。

つまり、今から150年前、70年前に
マルクスやシュムペータが
「物質的富が溢れかえれば」とか「所得が倍になれば」
と言っていた状態は、今や実現されているどころか、

10倍、100倍と言う桁で膨れ上がっているのです。

現代は、『(幕末・明治・戦前・戦中レベルで考えた=今から10分の1、100分の1しか豊かでなかった貧しい時代の)「必要」に応じて』
全員に富を分配する事が出来るだけの状態になっているわけです。

幕末~第二次大戦前のレベルで言えば、
最低限生きていけるだけのものは保障できるし、
ちょっとした家電製品ぐらいなら、蛇口を捻れば水が出てくるのと
同じぐらい安く買える豊かさがあるのが、

今の日本なのです。

そう考えると、毎月10万円のベーシックインカムは
無理だとしても、

月1-2万円程度、国民全員の所得に「下駄を履かせる」ぐらいの事は
不可能ではないように思いますし、

やり方によっては、その「下駄」を3-5万円ぐらいに出来るかもしれません。

そう言う「豊かな社会」の中で一定程度の人が、半農半Xで生きると言うのは、
世の中の制度としても、個人的な努力としても、
可能性はあると思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

リモートワークが産み出す半農社会

まだ光回線はおろか、ADSLすら知られておらず、
「持ち歩ける電話」は、自動車電話と言う名称で
ごく一部の人たちの物であった1990年代、

僕は、当時は「最新技術」とされていたISDN回線を使い、
東京と秋田・静岡・高知の会場を結んで
「全国をTV会議システムで結ぶ森林旅行会議」を実施しました。

当時、地方に住んで、ITを使って働く「森林社会」モデルと言うのを
提案した人がいると聞いて、

そう言うのを作っていきたいと思ってから、既に20年以上が経過。

しかし、この間の通信情報技術の進歩は著しく
ついに5Gのスマートフォン登場。

そして、ビデオ会議アプリZOOMが普及しはじめています。

この間、野菜の配達をしながら聞いていたラジオで
ZOOM飲み会をやったと言う投稿が紹介されていました。

実は、昨年ぐらいからFACEBOOKのビデオ通話や
HUNGOUTを使って、

何回か、山梨や静岡、長野等とビデオ会議をやりましたが、
その都度、居酒屋や自宅で一杯飲みながらやっていました。

ビデオ通話は遠隔地にいる人とも気軽に話せる道具なのです。
何も堅苦しいビジネスの会議ばかりに使わなくてもよいのです。

そのビジネス用途にしても、従来の「アポイントメント」とは
違う方法で使えるようになるかもしれません。

人が移動して会うからこそ、今、集中して話しておこうと言う事になり、
ある程度、まとまった時間を使って議論する形で「アポイントメント」が
設定される必要があるのです。

しかし、ビデオ会議で遠くにいる人ともいつでも気軽に話せるとなれば、
そんな「形式」に縛られなくてもよくなります。

1時間後ぐらいに、あるいは15分後とか、手が空いた時に
ちょっと話せない?

ってメッセージを送り、
ちょこちょこっとビデオ通話で話して、

また、ちょっとしたら、
あ、そこ、もう少し詳しく聞いときたいんだけど
ってまた、メッセージを送り、

そして、またビデオ通話する、

そんなスタイルが広まっていくかもしれません。

今やりたいと思っているのは、菜園で遠隔地の人の菜園起業相談を受けること。

カーラジオがあるのですから、カーWIFIがもっと進歩してもよいと思います。

そうすれば、ドコデモ会議室が実現するはずです。

今はリモートではできないと言われている「営業」のスタイルも
変化していくかもしれません。

田舎に住んで農作業して、農作業の合間に会議、
PC仕事の合間に農作業・・・。

そんな事が実現する時代は意外と早く訪れるかもしれませんね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

「週休3日」、場合によっては週休2日でも「副業」で「農家」になれる。

2019年夏、マイクロソフトが「週休3日」の実験を始めました。

佐川急便でも一部地域で週休3日制が導入されたとの報道があり、徐々に「週休3日制」が広がりを見せているようです。

実は、「週休3日」は半農生活とも関係があります。

年間休日が増えれば、会社勤めをしながら、半農でお金を稼ぐ「菜園起業」を行いやすくなります。それだけでなく、行政から「農家」として認められる事につながる可能性もあります。

新規就農をする際、年間の農業従事日数が一定以上である事が必要とされますが、だいたい150日以上としている自治体が多いようです。

この日数は農作業だけでなく、販売や営業等、営農に必要な活動をしている日を含めています。

週休3日を全部農業の為に使っているとすれば、その点では新規就農の要件を満たしている事になるわけです。

週休3日でなく、週休2日で働いていても、可能性はあります。

年間の祝祭日は全部で15日あります。

これに年末年始や夏期休暇を加え、更に有給休暇を年5-10日程度は取得すると考えると、完全週休2日で働く人の年間休日日数は120-130日になります。

週あたり2.3-2.5日休める計算となり、実質的に「隔週週休3日」になっているわけです。

実は、自治体によっては「年間農業従事日数」にカウントするのに、一日何時間、農業に従事しなければならないと言う規定がない場合があります。

年間120-130日の休みを全部農業のために使い、会社に勤務している時も出勤前や退勤後に月2-3回、農業関係の事をしていれば、「150日以上」と言う基準はクリア出来ることになります。

就農後補助金をもらうのに年間1200時間以上と言った規定を定めている自治体もありますが、年120-130日フルに農業活動をしていれば1000時間になります。農産物販売のためのウェブサイトを作ったり、SNS発信をしたりしていて、会社から帰ったら、毎日必ず更新していれば、年200-300時間ぐらいは使うでしょう。

この計算だと、会社勤め以外の時間はびっしり農業活動で埋め尽くされ、全く「休み」がない事になります。しかし、週休2日制勤務でも副業で「新規就農」出来なくはないと言えるでしょう。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

働き方改革と半農生活の可能性

奈良時代、宮廷に仕える人々には、「田仮」と言って、
田植えや稲刈りのための休暇が与えられていたそうです。

日本最古の半農半X生活と言うべきでしょうか?

「萬葉集釋駐(伊藤博 集英社)」を読んだ時、
この田仮の話が出てきて、非常に感動した記憶があります。

資本論の著者カール・マルクスは、「ドイツ・イデオロギー」の中で、
「今日はこれをして、明日はあれをする事が出来る」、「朝は釣りを、昼には狩猟を、夕方には牧畜を、夜には評論を行う」状態を
理想像として描いています。

おそらく、マルクスの時代は、産業革命によって成立した資本主義社会以前の記憶やイメージがかなり残っており、
マルクスは分業化された社会の中で「特定の仕事」だけをする状態とは違う生き方について、かなりリアルな感覚を持っていたのではないでしょうか。

さて、では、今話題の「働き方改革」です。

ワーク・アンド・ライフバランスと言う言い方もありますが、
果たして、従来、ある種特定の職場で「労働」していたのとは別の領域、
例えば、農作業も含む生活と、
従来の「労働」をバランスさせながら生きていく事は可能なのか?

「働き方改革」と半農生活の関係について考察していきたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術