「待降節(冬至前)寒波」が到来した2020年12月

12月に限りませんが、毎年の同時期の「暖かさ(寒さ)」にはかなりの幅があります。

1980年から2020年まで、毎年の最高気温の積算値をみると、最大409℃(2008年)、最低271℃(2000年)と、約140℃の開きがあります。

最低気温の積算値については、最大102℃(2013年)で最小ー66℃(2003年)、約160℃の開きがあることが分かります。

最高気温・最低気温とも、年によって日平均で3℃ぐらいの幅があり、相当に「暖かい年」と「寒い年」の開きがあることが分かります。

さて、2020年12月は、最高気温積算値375℃、1980年以来では暖かい方から数えて6位、最低気温積算値17.4℃、寒い方から数えて13位でした。

つまり、最高気温も最低気温も上位ランクされる12月だったわけです。

この理由を考えてみると、12月前半は、やや暖かい日が続いていたが、月半ばから冷え込む日が増えてきたからではないかと思われます。

2020年12月は15日前後から最低気温が0℃を下回る日が続きました。

赤棒グラフは大雪と冬至

毎年12月の日毎の最高気温15℃以上の出現日数をみると、節季が大雪となる12月7日前後から10日未満になる、すなわち、その日が15℃以上になるのは4年に一回程度しか起きなくなる事が分かります。

赤棒グラフは、大雪と冬至

他方、最低気温0℃未満の日はやはり大雪前後から出現日数10日を超えます。4年に一度ぐらいは、その日が0℃未満に冷え込むようになってくるわけです。

そして、冬至となる12月22日前後以降は、最高気温15℃以上の日は出現日数5日以下、最低気温0℃未満の日は出現日数20日以上となります。

大雪~冬至の間に「暖かい日は半分になり、冷え込む日は倍になる」わけです。

12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日であることから、日本語では降誕祭(降誕節)と呼びます。11月末からの約1ヶ月は、クリスマスを待つ期間と言う意味で「アドベント(待降節)」と呼ばれています。

クリスマスが12月25日になったのは、ローマの冬至祭と習合したからだと言われています。

ですから、大雪~冬至の間の寒波は、「待降節寒波」、あるいは「冬至前寒波」と呼ぶ事ができるかもしれません。

2020年はこの「待降節(冬至前)寒波」が野菜を直撃しました。見沼菜園クラブでは、コマツナ、シャクシナ、菜の花などの葉物、それにカブのような根菜類にかなり霜による凍結被害が見られました。