半農生活とネットビジネスの結合」タグアーカイブ

ワインコンシェルジェデータベース

菜園起業受講生にデータベースから「オススメ・ワイン」提案を作る方法をサポート。

菜園起業大学の受講生で、「飲食店さん向けワイン:コンシェルジュ」の仕事を始めた人がいます。

それぞれのお店で意外と苦労しているのが、「お店のお料理に合うワイン」を選んで仕入れる作業。

そこで、この受講生の方は、ワイナリーからの情報を元に、
このお料理ならこのワインがオススメですよと選んであげて、
提案する仕事を始めました。

さて、この受講生の方からのご相談は、データベースから「オススメワイン」を表示させる方法。

この方は、ご自身でワインのデータベースを作っているのですが、
データベースの情報から各飲食店さん向けにオススメの銘柄と特徴を抜き出した
「提案カード」を作りたいとのご相談でした。

一生懸命、表計算シートに関数を当てはめてみたけれども、
うまくいかないと言うのです。

僕は話を聞いて、「業務フロー」の提案をしました。
「業務フロー」と言うのは、
その仕事全体の流れを書き出したものです。

飲食店さんからメニューを聞き出す場面もありますし、
その飲食店さんに合うワインを考える局面もあります。

パソコンを使ってデータベースのデータを見ている時もあれば、
パソコンを使わない対面や電話などのやり取りもあるでしょう。

それらのやり取りの流れをいったん書き出してみる、
そして、ワインのデータベースと飲食店さんやお料理のリストを
突き合わせる作業をどの段階でやっているのか
考えてみる、

そして、ワインのデータから、そのお料理に合うワインを抜き出す段階、
各メニューごとに抜き出したワインを、飲食店さんごとにリスト化する段階、

飲食店さんに対する提案カードに変換して出力する段階

と言うように各段階に応じたスプレッドシートやデータベース側の作業を
考えてみる、

つまり、一連の流れを考えてみる事で初めて「オススメ・ワイン提案カード」が
出来ると言う事を伝え、

実際にこうしたらいいんじゃないかと言う具体案を提案してみました。

果たして、この提案は、受講生の人に伝わったようで、
「オススメ・ワイン提案カード」の企画が動き出しました。

菜園起業の受講生の方には、こんなサポートも実施しています。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

カラーチャート20191117

好きな色でウェブやチラシが作れる♪「色見本」サイト

ウェブページやチラシを作る時、「白黒」と言う人はあまりいないと思います。

たいてい、カラフルなものを作ると思いますが、
では、カラフルに仕上げるための「色」はどうしていますか?

ワープロやウェブページ作成アプリの中でも、ある程度、色は選べます。
でも、もうちょっと明るい色にしたいとか、本当はこの色とあの色の中間ぐらいにしたいとか
思ったことはありませんか?

そういう時に役立つのが、ウェブ色見本です。

リンク先を見て頂ければおわかりのように、
原色や和色、洋色、パステルカラー、ビビッドカラーなど、様々な色見本が用意されているので、
アプリの中だけで選ぶのに比べて、自分のイメージに近い色を選ぶ事が出来ます。

色には、パソコンやウェブで使うために、RGBやHEXなどのカラーコードがついています。
例えば、和色大辞典にある「茄子紺」は、
ナスの色に近い日本の伝統色の一つですが、
HEXでは、#824880
RGBでは、R:130 G:72 B:128と表現されます。

これらのカラーコードをコピーして、アプリの色指定機能の所定の欄に貼り付ければ、
自分の好きな色をウェブやチラシで使う事が出来ます。

菜園クラブで使用しているLibreOfficeやGoogle図形描画の場合、
四角形なら四角形の図形を選んでおいて、「塗りつぶし(の色)」等のメニューを選ぶと
自分が使いたい色のカラーコードを入力する欄が出てきます。

その欄にウェブ色見本からコピーしたカラーコードを貼り付けると、
その図形を自分で選んだ色で塗りつぶす事が出来ます。

ウェブ色見本を使って、自分好みの彩りの素敵なウェブやチラシをたくさん作って下さいね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

画像ソフトイメージ写真

手軽に写真加工やフローチャートを作るオンライン図形描画ソフト

文字ばかりの記事や資料と言うのは読んでもらいにくいものです。

なにかを説明するような資料なら分かりやすい図がついていると
説得力が増します。

直接、本文と関係なくても、なにかの写真やカットが入っていると、
それだけで目が休まる効果があるので、読んでもらいやすくなります。

今は、写真を無料ダウンロードできるサイトもありますし、
自分でもスマホなどで気軽に撮影できます。

そうした写真に一手間かけて、角丸や星型に切り抜いて、
遊び心を出すと、真四角な写真に比べて、
イメージが柔らかくなりますね。

こうしたちょっとした加工が出来るのが、オンラインの「グーグル図形描画」です。

菜園クラブのウェブサイトの投稿記事では、角丸四角形に切り抜かれた写真が多用されていますが、
すべて、このグーグル図形描画を用いてます。

またグーグル図形描画は、説明のための様々な図を描くにも向いています。
出来た図は、スライドショーに使う事も出来ますし、ブログ記事にも挿入出来ます。

安く、そして、ネットで使えるワープロ、表計算、プレゼンソフト。
ところで紹介したグーグルのアカウント(2019年11月現在、1アカウント月680円)があれば、図形描画ソフトは無料で使えます。

手軽な図形描画ソフトを使って、説得力ある資料や記事を作成してみましょう。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ウェブサイトイメージ写真

無料で「広告非表示」、ブログ付きウェブサイトを作る

「地味に気楽に稼いで輝く~菜園起業のためのSNS活用術」
ネット上の活動拠点として、ウェブサイトを開設する事をオススメしました。

第一歩はコレ!・・・ウェブサイトを開設しよう

しかし、そう言われてもお金がかかるんじゃとか、
ウェブサイトって難しい技術持ってないと作れないんじゃとか
不安を持つ方もいらっしゃることでしょう。

そう言う方にオススメなのが、
無料ブログサービス「Blogger」です。

リンクをクリックして見て頂ければおわかり頂けると思いますが、
無料のサービスです。

しかも、広告が表示されません。

大抵の無料サービスで、ウェブサイトやブログを開設すると、
いろいろな広告が表示されてしまいます。

無料サービスは広告料で運営されているためですが、
このBloggerは広告非表示で使えるサービスです。

Bloggerは、Youtube同様、
グーグル系のサービスです。

Youtubeも広告非表示と言うか、
表示させて広告代を稼ぐ利用者

いわゆる「Youtuber」稼業の人が存在する形になっています。

サービス提供側が無料利用の見返りに何らかの広告を表示させて
広告料を稼ぐと言うのとは違うビジネスモデルを採用していると言う点で
2つのグーグル系サービスは共通しています。

Bloggerはブログ機能付きのウェブサイトが開設できると言うより、
むしろ、その気になれば、ウェブサイトとしても使えるブログサービス
です。

「ページ」と言う機能があり、投稿記事を作成する他に
「活動概要」とか「サービス一覧」のような説明を掲載する
「固定ページ」を作る事が出来ます。

この記事を書いている段階では、ページ数に上限はないようなので、
活動概要のページに自分がやっている活動の一覧を載せ、
個々の活動の詳しい説明について、それぞれ別なページを作る事も可能です。

「ページ」の作り方は簡単で、「ガジェット」と呼ばれる「枠」を
マウスで選んで、好きな場所に移動・配置すれば、お好みのレイアウトが出来ます。

そして、個々の「ガジェット」の中に文章を書き込んだり、
画像をアップしたりすれば、ウェブページを完成させられます。

また、独自ドメイン、つまり、例えば、この記事は、
「saienclub.com」と言う菜園クラブ・半農生活サポートセンターの
ドメインサイトで運用されていますが、

こういう自分独自のドメインを使用する事も出来ます。

なお、1アカウントでブログは99個まで開設できます。
つまり、これも「その気になれば」ですが、99種類の全く別なウェブサイトを開設出来るわけです。

菜園起業サロン会員の方でご希望の方には、
菜園クラブのアカウントで作成したブログ1件の「管理者」となって頂く事が出来ます。

管理者は、そのブログ内に投稿記事や様々なページを作成して頂く事ができます。
「半農予備校・菜園起業大学の活動の一環」としての位置づけで
ご自身のウェブ上の活動拠点を作る事が出来るわけです。

拠点開設後、どうしても「ウェブサイトの作り方が分からない」と言う方には
サポートも致します。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ブログ更新イメージ写真

手軽に「特集コーナー」が作れる「ブログカード」プラグイン

菜園クラブ・半農生活サポートセンターでは、
菜園起業&半農生活をしたい方向けに各種講座を実施している他、
手軽に土に親しみたい方向けの菜園教室&体験農園や、
菜園起業のモデル事業として地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットを行っています。

菜園起業をしたい人、土に親しみたい人、野菜を買いたい人、と言うのは、
同じ人の場合もありますが、

違う人の事の方が多いです。

つまり、違う願望を持った違う層の人達向けに
複数の事業をしているわけです。

ある層に向けた記事が他の層の人達にも関心を持ってもらえない事も多いと思われます。

また、例えば、この記事は菜園起業したい人向けにITノウハウ特集の一つとして
書いていますが、

菜園起業の稼ぎ方」や「半農半Uberはお得か」は、
それぞれ、菜園起業そのものの収益アップ、半農半Xの「X」の部分についての特集です。

更に、IT関係と言っても、この記事が含まれる特集は
どちらかと言うとタダで使えるIT系の「道具」と言う技術的な側面に焦点を当てています。

菜園起業のためのSNS活用術」は、ITを使って集客につなげる企画をどう作るかと言う運用面を取り上げています。

このように、常にいろいろな層に向けたいろいろな特集をする事によって、
それぞれの層の人達にアピールし、

集客につなげています。

現在、10近い特集が運用されています。
かなり、忙しいにも関わらず、ほぼ毎週、ほとんどの特集を更新できています。

この頻度での更新を支えているのが、
ブログカードとか、BOX形式とかと呼ばれる「外見」で
各記事へのリンクを作成してくれるプラグインです。

この記事が含まれる特集のページを
みて頂ければご理解頂けると思いますが、
単に記事タイトルだけでなく、写真入りのカードのような形で
各記事へのリンクが作成されています。

少しだけですが、記事の中身も見れるようになっています。

こうしたカードを作成してくれるのが、
ブログカード作成のプラグインです。

プラグインをインストールしていれば、
各記事のアドレスを貼り付けるだけで、
ブログカードを作成してくれます。

記事だけ書いていれば、後はほとんど手間が
かからずに特集の更新ができるわけです。

なお、このサイトで使っているプラグインは、
Pz-linkCardと言います。

PzlinkCardの説明サイトはこちら>>(外部サイトです。)

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ウェブづくりイメージ写真

半農半ITフリーランスは可能か

前回、紹介した半農半ITのお話は、どちらかと言うと、
会社に雇われて働いているIT技術者の方の例が多かったと思います。

意外に多い「半農半IT」。

では、フリーランスのIT技術者として生きていく可能性はあるのでしょうか?

いくつかの事例を取り上げてみたいと思います。

まず、前回も紹介した40代男子:「パソコンカフェ」を運営。個人商店主などを対象に、携帯料金の見直しやお店のウェブづくり、安い中古パソコンの斡旋など、きめ細かいサービスを展開。

この方の場合、定期的に「携帯料金を安くしたいなら、今はこのプランがオススメですよ」と言うような話をお客さんにしているようです。それで経費を節減できたら、成功報酬として経費節減分の一部を頂いているとの事。また、中古パソコンを仕入れるルートも持っています。お客さんから価格や必要な性能についての要望を聞き取り、要求に見合う中古パソコンを提供しています。

第二の例は、20代で起業したIT会社の社長さん。単にシステムを売ると言うより、業務改善の提案をしていらっしゃいます。この方の営業にくっついて行ったことがあるのですが、お客さんに、今まで、どんな会社の業務改善に成功したか「武勇伝」を語っていらっしゃいました。

三例目は、僕自身の例です。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの運営等を通じ、事業計画書や受発注管理をクラウドで作成してきました。
そうして出来た業務用フォームを菜園起業の受講生の方々に提供しています。
クラウドでシェアする事で、受講生の方が記入した事業計画書を見てアドバイスをすることも可能になっています。

四例目は、失敗例です。飲食店の業務を効率化するアプリを開発し、当初は良く売れていたようです。
しかし、同種のアプリが次々と市場に出回るようになり、経営は悪化。結局、撤退してIT系ではない業種で働くようになりました。

これらの例から言える事は、成功のポイントは「業務に役立つサービス提供」にあると言う事です。

ウェブサイトやシステムの制作を請け負うだけでは、フリーランスや起業家として生きていくのは難しいのです。

現代では、ウェブやアプリ作りに使える便利なサービスが豊富に出回っています。
それらのサービスを使えば、ちょっと慣れれば、初心者でもホームページやシステムを作れるようになります。

ですから、IT事業への参入ハードルは非常に低いのです。
素人がタダ同然の価格でウェブやアプリを作れるサービスも沢山あるので、
それらを使うと言う人も多いはずです。

単にウェブサイトが作れる、アプリが開発出来ると言うだけでは、ITフリーランスは務まりません。
お客さんが得した、役に立ったと思う物事の提供が必要なのです。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

プログラミングイメージ写真

意外に多い「半農半IT」。

フリーランスとはちょっと違うかも知れませんが、
IT技術者の方で半農予備校・菜園起業大学に来る方は
意外に多いです。

今までの例を挙げてみると、

◆30代男子:自動車関係のCADオペレータ。メーカーに派遣されて働く。

◆20代女子:自動運転関係のシステムエンジニア。「無趣味」だった事に気付き、母親の勧めで「週末農業」を趣味にしようと志す。

◆20代男子:経営学専攻。文学好き。「ホワイト」なIT会社のシステムエンジニアに就職

◆40代女子:ワインに関心があり、食べ物を育てる事に「目覚めて」菜園起業大学を受講。不動産関係の会社を辞めて知人が始めたカフェでアルバイト。
       その後、ワイン関係の仕事に移り、お客さんに情報を伝えるシステムを構築しようとしている。

◆50代男子:IT会社役員。比較的人件費の安い地域にコールセンターを開設。某大手IT企業の製品に特化した技術相談窓口として運営。その地域の仕事づくりで農業関係の事を手がけたいと考えた。

◆30代男子:農業系のベンチャーを起業。もっともその仕事だけで「食っていく」のは大変で、副業としてウェブづくりを実施。方々の会社のウェブサイトをデザインして収入を確保。

◆40代男子:「パソコンカフェ」を運営。個人商店主などを対象に、携帯料金の見直しやお店のウェブづくり、安い中古パソコンの斡旋など、きめ細かいサービスを展開。
       父親が「半農生活」で育てた果樹を飲食店の「サワー」等で使って貰ったりもしている。

こうして考えてみると、全くのフリーランスのIT技術者は少なく、どこかの組織に属しているケースが多いようです。
自分で起業した人の場合、「顧客づくり」に成功して、安定経営に達しています。

半農半IT系フリーランスはお得なのか?については、
次回改めて取り上げます。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

作家のイメージ写真

どうしてもライターで稼ぎたいなら。

「半農半フリーランスはお得か」シリーズで
フリーランスの一つであるライターについて、

「半農半ライターはお得か?」
を書きました。

この記事の結論は、「与えられたお題についてであっても、
記事を書く事自体が好きと言うのでない限り、止めた方がよい」です。

「稼ぐ」事を目的にするなら、
もっと稼げる仕事はあるからです。

それでも、半農半ライターになって、
ライターとして収入を得ながら、
生活していきたいと思うなら、
無料投稿サイトを活用することをオススメ致します。

現在は、自分の小説、エッセイなどを投稿出来る無料サイトがいくつかあるようです。
原稿の他、動画や静止画、音楽などを無料投稿できるものもあります。

こうしたところに無料投稿を続けていると
実力がある、読者がついて面白がられていると評価されれば、
プロデビューへの道が開ける事があるようです。

生活費は別に稼ぐ必要がありますが、
将来を夢見て挑戦する価値はあるでしょう。

半農半ライターを目指す場合は、
1)現金収入を稼ぎだす仕事
2)農作業、野菜販売などの農業の仕事
3)無料投稿サイトへの投稿

の3つをこなす必要があります。

1)、2)、3)、それぞれにどれだけの
時間を割り振るのか、
「時間の予算」を決めなくてはなりません。

もちろん、決めたとおりにやり抜く事も必要です。

ただ、やり抜いた時の快感はひとしおだと思います。
ライターに限らず、音楽やデザイン、イラスト等、
クリエイターになりたいなら、
無料投稿サイトを活用しながら
挑戦を続ける事をオススメしたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

野草のイメージ写真

半農半ユーチューバーはお得か?

「半農半フリーランスはお得か」シリーズ、
ライター稼業に続いて、

半農半SNSで稼げるかを取り上げたいと思います。

既に、「半農半Uberはお得か」シリーズの
「『ブロガー』になりたい」
で、半農半ブロガー(ユーチューバー)はあまりお得な生き方でないと述べました。

1)ブロガー、ユーチューバーは、広告収入で稼ぐ仕事であること
2)広告収入は、10万人が訪問してくれてやっと1000円程度のもの
3)沢山の訪問者がいるサイトを作る手間暇を考えると楽して稼げる仕事にはならない

以上3点がこの記事の要旨です。

今回は、別な角度から、半農半ブロガーや半農半ユーチューバーの生き方に
ついて述べてみようと思います。

ユーチューバーについて言うと、
現在、Youtubeは、チャンネル登録者数1000人、
年間総再生時間4000時間でないと

広告掲載が出来ない「足切りライン」を設けています。

僕が菜園起業活動で使っている「saienclub」チャンネルは、
2019年4月1日現在、
登録者数211人、月間総再生時間5,209分です。

登録者数はともかくとして、総再生時間は、「足切りライン」を超えています。
ですから、登録者数を増やす努力をすれば、僕も「半農半ユーチューバー」を目指せるのかも
しれません。

ただ、やろうとは思わないのです。

理由は「楽しくない」からです。

こうした足切りラインが出来る前、
たまたま、仕事も失くし、奥さんとも別れてしまった人と出会いました。

その人は、自分の野外活動の様子をYoutubeに投稿していました。

広告も掲載していましたが、広告収入は良くて10円程度だったでしょう。

野外活動の材料費を考えると赤字だと言いながら、
なんとかYoutubeで「稼ごう」としていました。

僕は野外活動自体に価値があるのだから、
考え方を変えた方がいいとアドバイスしたのですが、

彼は聞く耳を持ちませんでした。

彼は野外活動で色々な種類の野草を見つけたりしてました。
そもそも、「普通の人」は、あまり野草の種類を知りません。
そして、山野のどこにどんな野草があるかは分かっていません。

ですから、「野草の先生」として、野外ガイドのコースを作れば、
お金を払って学びに来る人がいるかもしれません。

一人一回1000円、いや、もっと安く500円とかのガイド料だったとしても、
10円になるかならないかのYoutube広告料より遥かに稼げています。

Youtubeは広告料のためでなく、
自分の野外活動をアピールするために使った方が生産的です。

「半農半SNS」をやるなら、
ブログやYoutubeは、自分自身の菜園活動を発信するために使った方が、
稼げます。

そして、その方が楽しいのです。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

ライター・イメージ画像

半農半ライターはお得か?

前に僕自身の経験を元に、
有料ブログ、つまり、自分の投稿をお金を払って読んでもらう
と言うやり方は、あまりビジネスにならない

と言う記事を書きました。
「有料ブログは儲かるか?」

有料ブログをやるには、そのためのプラットフォームに投稿する必要があります。

そういうサイトには、多数の作者が投稿しており、
自分が投稿してもその中に埋没してしまって、

お金を払うどころか、無料でも読んですらもらえない
事が多いと言うのが、

その時の僕の経験でした。

では、ライターとして登録して、
ウェブ記事を書く方式はどうでしょうか?

有料ブログへの投稿と違うのは、
クライアントがいて、
お金を払ってもらえる点です。

つまり、「30代になったらこんな基礎化粧品がオススメ」のような
お題を出す発注者がいて、

そのお題の記事を書くと、
お金をもらえる

こういう仕事をしている人達がウェブライターです。

実際、半農半ライターの生活をしている人もいるようです。

もらえるお金は、1字1円程度、中には0.5円と言う低レベルのもあるようで、
安かろう、悪かろうと質の悪い記事が量産され炎上につながった例もあるようです。

まるで「道具扱い」、買い叩かれるクラウドワーカー【フリーランスの光と影・2】

ウェブライターとして仕事をするには、どこかのクラウドソーシングのサイトに登録するのが、
てっとり早いようです。

僕も試しに登録してみた事があります。
僕が登録したサイトでは、1文字0.5円と言う低価格のものはあまりなく、
1文字1円、場合によってはもう少し単価が良いものもあったようです。

1記事はだいたい1500字~5000字前後。
あまり短いと、読む側が物足りなさを感じてしまいますし、
1万字ぐらいになると、「本」と同等の長さになってしまい、
ウェブ記事としては長すぎると思われてしまうようです。

(余談になりますが、僕が「半農生活をはじめよう(かんき出版)」は
1万5千字程度です。

当初、出版社に持ち込んだ原稿は5万字前後ありました。

持ち込み原稿を書く前に、どのくらいの字数があったら、本になるんだろうと思って
調べたら、新聞の将棋欄が◯◯回分で将棋の本が一冊出来る的な情報に
接しました。

それで、将棋欄の文字数と回数をかけ合わせたら3万6千字と言う計算結果になりました。
よし、自分は3万6千字以上、書く内容を持ち合わせているだろうかと
思って、書いてみたら5万字以上になったわけです。

しかし、出版社の編集部の人は、こんなに長いと誰も読まない、
3万6千字でも長すぎると仰られました。

こうして拙著はだいたい1万字台になったのです。)

平均して毎日2000-3000字の記事を書ければ、
月10万円ぐらい稼げるかもしれません。

一見、え?、家でパソコンに向かっているだけで
月10万、スゴイ!、それならと思う人もいるかもしれません。

しかし、よくよく考えてみると、必ずしも効率が良い稼ぎ方ではないようです。

「お題」に合わせて記事を書くとすると、
そのお題について調べなくてはなりません。

ウェブに載っている情報をコピペするだけでは、
パクリ記事とみなされるので、

調べた後、いろいろな情報を総合して、
自分なりにまとめて書く必要があります。

書くと言う作業自体にもそれなりの時間がかかります。

2000-3000字程度の記事を作成するには、
やはり2-3時間は必要で、
単価が良い案件でも時給1000円前後と思われます。

それでも、ずっとウェブライターを続けていれば、
実績が認められて、もっとお金になる仕事が回ってくるかもしれません。

また、出版のチャンスも出てくる事もあるでしょう。

ただ、ウェブライターを続けていくとしたら、
書く自体が好きでないと務まらないと思います。

つまり、自分が書きたい事を書くのではなく、
人から与えられたお題に沿ってであっても、
とにかく、原稿を書くと言う事自体が好き

と言うのでないと長続きしないと思うのです。

ですから、半農半フリーランスの一種である
半農半ライター稼業については、

好きならばおやりなさい、
お金の事を考えるなら、もっと稼げるアルバイトは
他にもあるでしょう

と言う結論になります。

ちなみに、僕自身は、試しに登録はしてみたものの、
実際の案件や事例を見てみて、

「僕向きではない」と感じたので
踏み込む事はやめました。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術