ブログのSNS的運用が可能になる「速報」プラグイン

情報を蓄積する事で価値を発揮させる、
そのために、いきなりSNSに投稿するのではなく、
いったん、ブログに情報をあげてから、SNSで紹介するようにする、

いわば、「ひと手間かける」方法のネット版を

地味に気楽に稼いで輝く~菜園起業のためのSNS活用術

で紹介してきました。

そのブログですが、
長文のレポートを投稿するだけでなく、

TwitterやLINEにちょっと一言書き込むような感覚で使い、
自分のウェブサイトに最近の一言投稿だけを表示する
速報欄が作れれば、
ブログの「SNS的運用」が可能になります。

この速報欄を作るのが、
Wordpressのプラグイン「Content Views」です。

現在、このCotent Viewsを使って運用しているのが、
地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの「旬のお野菜情報コーナー」です。

従来から、このコーナーには、その時々のオススメ野菜やお客さんの反応等を紹介するレポートをあげてきました。
この間、今、菜園で咲いている花とか、お届けしたお野菜等をパッと紹介する速報欄を併設しました。

レポート欄と速報欄、両方がある事で、コーナー全体が情報量が増えたように見えて、
充実したと思います。

この速報コーナーをフォローしてもらう事で、
「地元野菜ファンクラブ」みたいなものも作っていければと思います。

今後は、半農予備校・菜園起業大学の最新情報などを紹介する速報コーナー等も作っていきたいと
思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

ストーカーから身を守るEXIF情報削除アプリ

SNS全盛、美味しいお野菜のお料理をパチリ、
インスタ映えを狙って投稿。

そんな人も多いかもしれないですね。

ただ、スマホなどで撮影した写真には、
位置情報や撮影日付等の「EXIF情報」と呼ばれる
データが着いています。

SNSやブログにそのまま投稿すると、
そのEXIF情報からプライベートな足取り、

場合によっては住所や職場まで特定されてしまうことがあります。

こうして相手の居場所等を特定してつきまとうのが「デジタルストーカー」と
言われる人たちで、

最近では被害に会う人も増えてきているようです。

こうした被害を防ぐ工夫の一つがEXIF情報の削除です。

実は削除用のアプリは、ウェブから簡単にダウンロード出来ます。
パソコンのデスクトップに出来たアプリのアイコンにマウスで写真を選び、
ドラッグすれば、EXIF情報の削除完了。

投稿に際しては、こうしてEXIF情報を削除した写真を使うようにしていれば、
悪用被害を防ぐ事につながります。

EXIF情報削除アプリ「EXIFEraser」はこちら>>

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術

菜園起業受講生にデータベースから「オススメ・ワイン」提案を作る方法をサポート。

菜園起業大学の受講生で、「飲食店さん向けワイン:コンシェルジュ」の仕事を始めた人がいます。

それぞれのお店で意外と苦労しているのが、「お店のお料理に合うワイン」を選んで仕入れる作業。

そこで、この受講生の方は、ワイナリーからの情報を元に、
このお料理ならこのワインがオススメですよと選んであげて、
提案する仕事を始めました。

さて、この受講生の方からのご相談は、データベースから「オススメワイン」を表示させる方法。

この方は、ご自身でワインのデータベースを作っているのですが、
データベースの情報から各飲食店さん向けにオススメの銘柄と特徴を抜き出した
「提案カード」を作りたいとのご相談でした。

一生懸命、表計算シートに関数を当てはめてみたけれども、
うまくいかないと言うのです。

僕は話を聞いて、「業務フロー」の提案をしました。
「業務フロー」と言うのは、
その仕事全体の流れを書き出したものです。

飲食店さんからメニューを聞き出す場面もありますし、
その飲食店さんに合うワインを考える局面もあります。

パソコンを使ってデータベースのデータを見ている時もあれば、
パソコンを使わない対面や電話などのやり取りもあるでしょう。

それらのやり取りの流れをいったん書き出してみる、
そして、ワインのデータベースと飲食店さんやお料理のリストを
突き合わせる作業をどの段階でやっているのか
考えてみる、

そして、ワインのデータから、そのお料理に合うワインを抜き出す段階、
各メニューごとに抜き出したワインを、飲食店さんごとにリスト化する段階、

飲食店さんに対する提案カードに変換して出力する段階

と言うように各段階に応じたスプレッドシートやデータベース側の作業を
考えてみる、

つまり、一連の流れを考えてみる事で初めて「オススメ・ワイン提案カード」が
出来ると言う事を伝え、

実際にこうしたらいいんじゃないかと言う具体案を提案してみました。

果たして、この提案は、受講生の人に伝わったようで、
「オススメ・ワイン提案カード」の企画が動き出しました。

菜園起業の受講生の方には、こんなサポートも実施しています。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

菜園起業の稼ぎ方
菜園起業のためのSNS活用術