地味に気楽に稼ぐ」タグアーカイブ

ウェブサイトイメージ写真

第一歩はコレ!・・・ウェブサイトを開設しよう。

地味に気楽に稼ぐ菜園起業のために、
ネットで最初にすべき事は、

ウェブサイトの開設です。

菜園起業は、個人の半農生活を社会的な活動にする事によって
成り立ちます。

そして、ウェブサイトは、ネット上における菜園起業の活動拠点です。

いや、そう言うけど、ウェブサイトのタイトルはどうするんだ?
まだ、半農生活そのものもしていないし、
社会的な活動なんて何もしていない・・・

そう心配していらっしゃるそこのあなた。
何にも心配は要りません。

タイトルは、「〇〇市の農業を考える会」みたいなものでかまいません。

実は、半農生活を社会的な活動にする上で有効なのが
「会」を作る事です。

「会の作り方」については、別途、解説をしようと思っていますが、
少しだけここで説明しておくと、
「会」は一人でも出来ます。

会員を集めることは不要です。
と言うか、あなたのしている事を社会的な活動として
表現したものが「会」です。

「会」の名前を冠したウェブサイトを作れば、
あなたのしている事は、それだけで社会的な活動になります。

会の名前とか、活動内容とか、あまり深く考える必要はありません。
そもそも、当初段階では、何をしていいか分からないのが実情でしょう。

活動内容=ウェブサイトに載せる内容は、
「農業についての本を読んだ」
「農業についての話を聞きにいった」

と言うような事でかまいません。

要はそれらの事一つ一つを
「個人の内面で考えている事柄」ではなく、
「社会的な活動として表現する」事が重要です。

ちなみに、ウェブサイトの開設には
そんなにお金はかかりません。
タダでやる方法もあります。

それから特殊な技術を持っていないと出来ないと言う事もありません。
ネットに写真をアップする程度の事が出来る人なら誰でも出来ます。

そのへんは、また次回以降開設をしていきたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

「稼ぐ」イメージ画像

地味に気楽に稼ぐ事が目標

世の中はインターネット時代です。

なんて改めて言う必要もないぐらい、
ネットは普及しています。

どこかお店に行くにも
買い物をするにも、
行き先までの経路を確認するにも
皆さんネットでしていると思います。

コミュニケーションもネット、
写真もネットにアップ。

逆に考えて、起業して自分が稼ぐと言う場合も
ネットに載せれば、みんなが見てくれる

と言うより載せなければ誰も見てくれない
そういう時代だと思います。

では、どういう風に載せれば稼げるのか?
このシリーズでは、それを解説していきたいと思います。

最初に確認しておきましょう。

毎週、野菜を千円づつ買ってくれるお客さんが
10人いたとします。

月4週間として、4万円の売上になります。

趣味の週末農業の延長で始めた場合、
「原価」の方はほぼ無視出来ます。

無視しなかったとしても、農業の生産費、
すなわち、肥料とか資材にかかる「原価」は
10-15%程度です。

つまりコンスタントに10人程度のお客さんをゲット出来れば、
月4-5万の副業として成立するわけです。

そんなに難しくないですよね?

10人が20人、30人と増えていけば、
菜園起業だけで暮らしていく展望も開けてくるでしょう。

では、その程度に「地味に気楽に」稼ぐために
どうしたらいいか。

ご一緒に考えていきましょう。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術