春野菜」タグアーカイブ

アジサイイメージ画像

遅まきのキュウリでも収穫が始まった理由~2020年6月

見沼菜園クラブではオクラの収穫が始まりました。

キュウリやズッキーニは2-3週間前ぐらいから収穫が始まっています。

昨年の出荷記録と比較した場合、ほぼ同時期と言えます。

種まきの方は、昨年以前はだいたい4月半ば、オクラは早ければ3月に行っていますが、
今年はゴールデンウィーク前後でした。

つまり、今年は、例年より半月程度、種まき時季が遅れたにも関わらず、
ほぼ同時期に収穫が開始出来た事になります。

1980-2020年6月の毎年の最高気温積算値を見ると、
2020年6月は、第二位で非常に「暑い6月」だった事がわかります。

降水量は第10位、日照時間は第11位でした。

1mm以上の雨が降った日は、
1980-2020年毎年の6月の中では38%に対し、
2020年6月は53%とかなり頻度が高くなっています。

つまり、今年の6月は例年に比べ、
暑く、雨も(そして雨が降った日も)多かったが

日照時間も多かったと言えます。

夏野菜の生育が早まりやすい条件が揃っていたといえるでしょう。

立夏からの5℃以上有効積算温度の推移(平年値 と 2020年)

5/1を起点に5℃以上の有効気温積算値が1000℃を超えるのは、
1980-2020年の日毎の平均値で計算すると、6/21ですが、
2020年は6/17と4日早かった事がわかります。

降水量、降雨日数、日照時間が例年より多かった事を考えると、
この間の野菜の生育は1週間~10日程度、早く進んだ可能性があります。

例年より半月遅れのスタートにも関わらず、収穫開始がそれほど遅くならなかったのは、
こうした条件によるかもしれません。

桑の実を摘んで、

桑の実でお口の周りは真っ赤っか・・・♪

梅雨の走り?
でも晴れた日は、サンサンとお陽さまが輝く見沼菜園クラブ。

折から実ってきた桑の実。

つまり、マルベリーです。

採っていいですよと
言ったら、

ママの後ろから自分のバケツ持ってついて行って
コッチのバケツに入れるって聞かないワ・タ・シ。

気づいたらお口の周りが真っ赤。
桑の実の果汁だらけ。

みんなでトマトやナスの苗を植えました。
トマトとナスの植付け

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む

例年より1ヶ月早い収穫をもたらしたもの~2020年5月

お花見が早かった今年ですが、
4月のさいたま地方は7年ぶりの「涼しい春」だったようです。

7年ぶりの「涼しい春」

とは言え、冷え込む日は少なく、雨も適度な間隔で降っていたので、
あまり野菜の生育にブレーキがかかることはありませんでした。

5月は再び「暑い」状態になりました。

平均気温、最高気温の月積算値は、1980-2020年の歴代9位、
最低気温積算値は歴代5位の暖かさでした。

冷え込む日が少なく(と言うより最低気温が5℃を下回る日は皆無)
暑い日は30℃近くになる状態でした。

雨もそこそこ降っていて、4-5日おきには降雨が観測されていました。

5月は、例年、2-3月に種まきした葉物や根菜類の
収穫期です。

見沼菜園クラブでは、今年はいつになく早く、例年より1ヶ月ほど早いような気がしていました。

最高気温積算値の推移(平年と2020年)

この「実感」を裏付けるのが、最高気温積算値の推移です。
1980年~2020年までの毎年の日毎の平均値、例えば、2月1日なら2月1日について1980年から2020年までの最高気温を平均したものを
「平年値」として、それを積算したものを2020年の値と比較しています。

今年はうるう年ですが、平年値については、毎年2月分を2/28まで積算した後、3/1を2/29と読み替え、
以下、1日づつ繰り上げて計算しています。

気象データを扱う場合に、この処理方法で良いかどうかは、厳密には議論があるところです。
ただ、今年と例年を比較して、今年のだいたいの特徴をつかむと言う目的に使うなら、
この方法でも差し支えはないと思います。

さて、「この方法」で比較してみると、
5/1の今年の積算値は、1361℃ですが、
平年値でこの値に到達するのは5/22-23です。

5/5の今年の積算値は、1500℃で
平年値では5/29頃に到達する水準です。

つまり、今年は、例年5月下旬~末に到達する最高気温積算値に
ゴールデンウィークの段階で到達していたと言う事になります。

昨年は連休明けに季節外れの「霜」が降りましたが、
今年はそういう事もありませんでした。

立春以来の暖冬、暖春が継続し、
ブレーキ要因が少なかったため、

「1ヶ月早い」収穫期が実現したと思われます。

なお、見沼菜園クラブでは、カブやコマツナがかなり「育ちすぎ」で無駄になりました。
過去の気象データを活用して、
野菜の生育予測をする事が実現していけば、
こうした「ロス」の削減にもつながっていくと思います。

7年ぶりの「涼しい春」、しかし、冷え込む日は少なく雨が適度な間隔で降っていた~2020年4月

今年はソメイヨシノの開花が早かったので、
暖冬・暖春のイメージがありますが、

4月のさいたま地方についてみると
そうでもなかったようです。

さいたま地方、4月の気温積算値の変化

4月1ヶ月間の最高気温の積算値は、1980年以来、少ない方から数えて8番目で、
2012年以来7年ぶりに550℃を下回りました。

平均気温の積算値、最低気温の積算値も、ともに1980年以来、少ないから数えて第6位でした。

さいたま地方、4月の最低気温の日変化

ただ、日毎の最低気温を見ると、昨年より5℃を下回る日が昨年は9日間あったのに対し、今年は2日だけでした。
4月上旬は、昨年は0℃を下回る日が2日、1℃台、2℃台の日も各一日で2℃台以下の日が4日もありました。
一方、今年は1日もなく「冷え込む日」が少なかった事が分かります。

さいたま地方、4月の降水量の日変化
雨も適度な間隔で降っていたようです。

日毎の降水量をみると、今年はほぼ1週間に一度ぐらいは、降雨があったようです。

4月の気温の積算値だけでみると、
「例年より涼しい」ようでも、

2月以来の暖冬・暖春で2-3月植えの野菜は、4月を迎えるまでにかなり育っていました。
冷え込む日が少なく、雨も適度な間隔で降っていたため、野菜の生育には適した条件が維持されたようです。

見沼菜園クラブでも、2-3月まきの葉菜・根菜類は例年よりやや早めの収穫を迎えました。