「暑さ寒さも彼岸まで」は正しいか?(春の場合) ・・・2021年3月

さいたま地方の2021年3月は、最高気温積算値が469℃で1980年以来、第2位でした。最低気温積算値は169℃で、こちらは暖かい方から数えて第1位でした。

2021年3月は、過去約40年間で最も暖かいレベルの春だったと言えそうです。実際、ソメイヨシノが咲くのも散るのも早い年でした。

ところで、「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があります。「お彼岸」は春には春分前後、秋には秋分前後の約1週間の「雑節」です。

暑いとか寒いとかと言っていても、春分・秋分の頃になると極端な暑さ、寒さはなくなると言う意味です。

この言葉はどのぐらい当てはまるものなのでしょうか。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

1980年~2021年のさいたま地方3月の最低気温0℃以下の日の出現日数をみてみると、ホワイトデー(3/14)前までは、5-10日ぐらいありますが、ホワイトデーを過ぎると5日を下回るようになります。

つまり、出現率が8分の1から4分の1ぐらいだったものが、8分の1未満になると言う事です。そして、春の彼岸入りする3/18を過ぎると、出現日数1-3日程度、(出現率40分の1~14分の1程度)になります。

お彼岸以後は、0℃以下に冷え込む日がぐっと減ると見てよいでしょう。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

一方、最高気温20℃以上の日は、ホワイトデー以前には、出現日数2日(出現率20分の1)以下だったのが、以後は3日を超えるようになります。

そして、彼岸に入ると出現日数4日(出現率11分の1)以上となり、3/20は6日に達します。彼岸後半には出現日数が減りますが、彼岸明けからまた増え、5-7日(9分の1~6分の1程度)になります。

こうしてみると、彼岸前後から冷え込む日がほとんどなくなり、ポカポカ陽気の日が増えてくることが分かります。

2月まきの春野菜は、不織布等で保温して育てる事も多いでしょう。お花見の頃まで保温をしていると逆に保温内部の温度が高すぎて、葉物の葉やけや育ちすぎが起きるようになってきます。

こうした事態を避けるためには保温の撤去や調整が必要になってきます。彼岸はこうした保温調整の目安として使える雑節と言えるのではないでしょうか

節季としてのバレンタインデー ・・・2021年2月

さいたま地方の2021年2月は、最高気温積算値が374℃(2/1~2/28、以下特に断りがない限り、本記事中での2月のデータは全てうるう年でも2/29を除いて2/1-2/28までのデータに基づいて計算したものです)で1980年以来、最高でした。

最低気温積算値も多い方から数えて12位でした。2021年2月は、暖かい2月だったと言えそうです。

2021年のさいたま地方は、バレンタインデーには、最高気温18.7℃となり、雨水(2/18)後の2/21には20℃を越えました。

このバレンタインデーですが、どうやら日本でも「節季」、すなわち、季節の移り変わりの目安として使えそうです。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

1980年以後、最高気温15℃以上の日の出現日数をみてみると、1月については、各日付とも2日以下です。つまり1月のある日付の日が15℃以上になるのは、42年間で2回(20年に一度)あるかないかぐらいの事が多いと言うわけです。

2月については、立春前後の2/2.2/6に3日を記録しています。そして、バレンタインデーは9日となっています。15℃以上になる暖かい日が1月の各日では20年に一度以下だったのが、2月前半には20年に一度ぐらいは起きる事が普通になり、日によっては14年に一度ぐらいの頻度に高まる、そしてバレンタインデーには5年に一度の頻度になっていると言う事です。

バレンタインデー以後は、雨水(2/18頃)前後の2/16-2/19には、最高気温15℃以上の日の出現頻度はいったん1日程度になります。しかし、2/20日以降は4-8日となっています。

バレンタインデーは日中は暖かい日となる可能性がかなりあり、雨水を過ぎれば暖かい日が増えてくると言う事です。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

冷え込みの方はどうかというと1月の最低気温マイナス4℃以下の日は、各日付とも42年間で5日以上出現することが多いようです。日付によっては10日以上出現しています。つまり、各日とも4-8年に一度はマイナス4℃以下になる事があるわけです。1月は1週間に一度ぐらいはマイナス4℃以下になるのだと言っても間違いではないでしょう。

2月になると、出現日数が5日を切る日が出てきます。バレンタインデー以後雨水直前の2/17までは1日かゼロ日。

つまり、バレンタインデーを過ぎるとマイナス4℃以下の冷え込みは40年に一度あるかないかの状態になる事が多いと言う事です。

(2/16-19は15℃以上になることが少ないと書きましたが、同時にマイナス4℃以下にもならないと言うことは、バレンタインデー直後はすごく暖かくもならないが、極端な冷え込みも起きにくいと言う事になります。)

そして、雨水(2/18)を過ぎると、マイナス4℃以下の日の出現日数はやや増えますが、多くても5日、たいていは1~3日です。1月のように10日以上になることはなくなります。

このように見てくると、バレンタインデーを節季、すなわち、季節変化の目安のひとつと考え、春取り野菜の種まきや植え付け時季の参考にするのは、日本でも役立つ事ではないでしょうか

冷え込みとはなにか ・・・2021年1月

さいたま地方の2021年1月は、1980年以来のデータで見ると、平均気温積算値で寒い方から数えて42年間中26位、最高気温積算値で28位、最低気温積算値で17位でした。

つまり、1月全体の気温の水準としては、ここ40年ぐらいの中でとても寒いわけでも、とても暖かいわけでもない、まあまあ、「普通の1月」だったのではないかと思われます。

ただ、実際には、かなり霜で野菜に被害がでました。

見沼菜園クラブで見ると、カブや大根等の一部が根の組織が破壊され、「凍みた」状態になってしまいました。

また、菜の花やシャクシナも霜でやられました。

下のグラフで1980年以来、-4℃以下の日の出現日数をみると、1月13日頃と1月27日頃に多くなっている事が分かります。(横軸は日付です)

1月13日は小寒(1月5日前後)から約1週間後、1月27日は大寒(1月20日前後)から約1週間後です。

つまり、上のグラフは小寒・大寒となってから1週間後ぐらいに厳しい冷え込みが来ることが多いことを示しています。

ところで小寒の1週間後と大寒の1週間後では、冷え込み方に差があるようです。

さいたま地方の1980-2021年までの1月13日の最低気温出現日数は、下のグラフの通りです。

ご覧のようにマイナス1℃以下マイナス2℃より高いレベルの日が最も多く出現しています。

一方、1月27日について、同様のグラフを作ると下の図のようになります。

ご覧のように、マイナス4℃以下でマイナス5℃より高いぐらいの日が最も多く出現しています。また、マイナス2℃以下でマイナス3℃より高い日も多くなっています。

つまり、小寒より1週間後あたりに比べて、大寒1週間後ぐらいの方が最低気温がマイナス2℃からマイナス5℃になる事が多いと言えます。

なお、2021年1月は、小寒から4日後の1/9に最低気温マイナス7℃、5日後の1/10に最低気温マイナス6.7℃を記録しています。

野菜の霜害防止を考える場合、零下、特にマイナス5℃を下回るような状態がいつ来るかを考える事が重要ではないかと思われます。

「待降節(冬至前)寒波」が到来した2020年12月

12月に限りませんが、毎年の同時期の「暖かさ(寒さ)」にはかなりの幅があります。

1980年から2020年まで、毎年の最高気温の積算値をみると、最大409℃(2008年)、最低271℃(2000年)と、約140℃の開きがあります。

最低気温の積算値については、最大102℃(2013年)で最小ー66℃(2003年)、約160℃の開きがあることが分かります。

最高気温・最低気温とも、年によって日平均で3℃ぐらいの幅があり、相当に「暖かい年」と「寒い年」の開きがあることが分かります。

さて、2020年12月は、最高気温積算値375℃、1980年以来では暖かい方から数えて6位、最低気温積算値17.4℃、寒い方から数えて13位でした。

つまり、最高気温も最低気温も上位ランクされる12月だったわけです。

この理由を考えてみると、12月前半は、やや暖かい日が続いていたが、月半ばから冷え込む日が増えてきたからではないかと思われます。

2020年12月は15日前後から最低気温が0℃を下回る日が続きました。

赤棒グラフは大雪と冬至

毎年12月の日毎の最高気温15℃以上の出現日数をみると、節季が大雪となる12月7日前後から10日未満になる、すなわち、その日が15℃以上になるのは4年に一回程度しか起きなくなる事が分かります。

赤棒グラフは、大雪と冬至

他方、最低気温0℃未満の日はやはり大雪前後から出現日数10日を超えます。4年に一度ぐらいは、その日が0℃未満に冷え込むようになってくるわけです。

そして、冬至となる12月22日前後以降は、最高気温15℃以上の日は出現日数5日以下、最低気温0℃未満の日は出現日数20日以上となります。

大雪~冬至の間に「暖かい日は半分になり、冷え込む日は倍になる」わけです。

12月25日のクリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う日であることから、日本語では降誕祭(降誕節)と呼びます。11月末からの約1ヶ月は、クリスマスを待つ期間と言う意味で「アドベント(待降節)」と呼ばれています。

クリスマスが12月25日になったのは、ローマの冬至祭と習合したからだと言われています。

ですから、大雪~冬至の間の寒波は、「待降節寒波」、あるいは「冬至前寒波」と呼ぶ事ができるかもしれません。

2020年はこの「待降節(冬至前)寒波」が野菜を直撃しました。見沼菜園クラブでは、コマツナ、シャクシナ、菜の花などの葉物、それにカブのような根菜類にかなり霜による凍結被害が見られました。

立冬と小雪の中間で冷え込む日が増える

ハロウィーンが過ぎると、埼玉県南部では、あまり野菜の種まきをしなくなります。

野菜の生育期に気温が上がらず、種まきしてもあまり育たないと予想されるためです。

赤棒グラフは、立冬と小雪

さいたま地方の1980-2020年までの気象データをみると、

立冬(11/7頃)と小雪(11/22)の中間、11/11-15頃から、最高気温が20℃を超える日が少なくなっていることがわかります。

赤棒グラフは立冬と小雪

最低気温5℃以下の日は、11/15頃から増えています。

立冬と小雪の中間、11月中旬頃から日中の気温が上がらず、夜間は冷え込む日が増えてくるようです。

緑丸は、立冬と小雪

2020年11月のさいたま地方の最高気温積算値は、11月としては1980年以来最大となり、記録的に「暖かい11月」だった事が分かります。

しかし小雪の日こそ最高気温20℃を越えたものの、それ以後は20℃以下となっています。

「暖かい11月」の埼玉県にも、冬の訪れは確実に近づいてきたのでしょう。

ところで、暖かい11月、見沼菜園クラブでの野菜の生育は順調でした。

超猛暑で秋野菜の植え付けが遅れたりして、年内の野菜供給が心配されましたが、遅れを取り戻すかのように順調に育ち、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも大根や葉物類を提供できました。

イチョウの黄葉は、最低気温が10℃を下回るあたりから起きてくるそうです。

11月に入ってから種まきできる野菜には、ソラマメやエンドウマメなどのマメ類、ホウレンソウなどが挙げられます。保温をすれば、キャベツなどの育苗も不可能ではないでしょう。

今年、見沼菜園クラブで10月中から不織布で保温をしたホウレンソウは逆に蒸れてしまいました。

今後は、こうした種まきや保温をする時期の目安として、「イチョウの黄葉前・黄葉後」と比較していくことも検討課題のように思います。

寒露と秋土用入、霜降の間に深まる秋

10月10日は1964年の東京オリンピック開会式が行われた日で、かつては体育の日(スポーツの日)は、この日付に固定されていました。

その直前、10月8日頃、節季は寒露となります。

さいたま地方の1980-2020年までの気象データをみると、

寒露の少し前、10月5日頃から最高気温が25℃以上となる日が4分の1から3分の1以下に減っている事が分かります。

真夏日、猛暑日はもちろんの事、「夏日」が少なくなってくるのが、寒露以後の特徴と言えるでしょう。

最高気温20℃以上の日は、寒露を迎えて以後も半分から4分の3程度を維持しています。夏日は少なくなっても、まだまだ暖かい日が続いている様子が分かります。

一方、最低気温15℃以下の日は、徐々に増え、秋土用入の10月20日、節季が霜降を迎える10月22日頃には全体の8割を越えるようになってきます。

最低気温10℃以下の日も秋土用入以降、全体の15%程度を越えるようになり、霜降に入って以後の10月26日ぐらいには全体の30%を越えるようになってきます。

このように、例年の気象データを見ると、寒露の手前ぐらいから秋土用入、霜降直後ぐらいまでの間に、夏日が減り、夜は涼しく感じる日が増えてくる事が分かります。

ところで、今年の10月のさいたま地方の気象データをみると、寒露を迎えた後、10月13日を最後に最高気温が25℃を越えなくなっています。

最低気温の方も寒露と秋土用入の間、10月15日以後は、15℃以下の事が多くなっています。秋土用入と霜降の間、10月21日以後は、最低気温15℃以上の日は見かけなくなりました。

2020年は1980年以後のランキングでは最高気温積算値は22位、最低気温積算気温は12位でした。

日中はほぼ平年並み、夜間は平年よりやや暖かい状態だったようです。秋の深まり方と言う点では、例年とほぼ同様に推移したと言えます。

「二百二十日」過ぎに低下する気温~2020年9月

暑い暑いと言っていた連日の猛暑日から
長袖やジャケットがほしい日も出てきました。

9月の気候の移り変わりを振り返ってみると、
2019年、2020年とも二百二十日と言われる9月11日前後を境にして、
最高気温30℃以上の猛暑日が現れにくくなっている事がわかります。
9月の最高気温の日変化と二百二十日

1980年以来のデータを見てみると、二百二十日を過ぎると、最高気温30℃以上の日の出現は半分以下の日だけとなります。

更に、二百三十日・秋分を過ぎると1割を下回るようになり、
「暑さ・寒さも彼岸まで」(※お彼岸=春分・秋分になると暑い日や寒い日がなくなると言う意味)と
言うことわざの通りとなっている事がわかります。

二百十日、二百二十日は、立春以来の日数の事で、9月の初旬、台風がやってくる時節を表した表現です。
秋野菜の栽培と言う観点から考えてみると、種まき時季の目安として、二百十日、二百二十日、秋分等の
節季・雑節を活用してもよいのではと思われます。

気温35℃を越えると白菜やコマツナ、ニンジン等は発芽しなくなります。
30℃以上の日が多い事は秋野菜の発芽率が低くなる事を意味します。

しかし、生育期があまりに寒くなってしまうと野菜の生長が鈍ってしまいます。
徐々に寒い時季になっていく秋野菜の種まき時季が難しいのはこのためで
早すぎても遅すぎても、収穫が期待しにくくなります。

こうした秋野菜の種まき・植え付け時季を考える目安として、
「二百十日」、「二百二十日」は役立つのではないでしょうか。

なお、今回取り上げたデータは、さいたま地方のものです。

他の地域では、二百十日、二百二十日にどういう気象条件の変化があるか
考察する事によって、
地域ごとの種まき適期の目安を作っていくことができるかもしれません。

今後は、そうした考察も進めていきたいと思います。

過去40年間最大級の超猛暑がもたらしたもの~2020年8月

暑い8月が終わりました。

連日のように、「超猛暑」、「熱中症」、「厳重警戒」などの言葉が報じられ
表に出れば灼けつく日射しで、その場にいるのもしんどくなるような日々でした。

実際、さいたま地方の8月の気象データを見ると、
2020年は、最高気温積算値は1980年以来の最大となっています。
さいたま地方、8月の気温積算値の変化

過去40年間最大級の猛暑、それが2020年8月でした。

雨の日も少なく1980-2020年の8月さいたま地方では、1mm以上雨が降った日は29%で3日に一度程度は「お湿り」が
ある形になっています。

2020年は16%で例年の半分程度と少なく、
暑いだけでなく、「乾いた」8月だった事がわかります。

実際、8/1に雨量15mmを記録した後、8/12まで10日間雨がなく、
8/12に33mmを記録した後は、8/24までまた10日雨がありませんでした。

2020年7月は、過去最大級の長梅雨でしたが、
それに続く暑く乾いた8月は、野菜の生育にも影響を与えています。

見沼菜園クラブで見ると、一番目につくのは、
ニンジンの発芽率の悪さです。

ニンジンは発芽に際して、水と酸素と光を要求します。
連日雨だと、水分は十分ですが、水が引いて、土中に酸素が入ってくる間がないため、
発芽しずらく、7月まきニンジンはあまりそだっていません。

8月になってからは、今度は土が乾き過ぎていてあまり発芽しませんでした。

2ヶ月続けての発芽不良のため、冬どりニンジンの生育が全然進んでいません。

長梅雨時の野菜相場の比較が課題に~2020年7月

「今年(2020年)の7月」と言えば、長梅雨
とどなたも思うところでしょう。

実際、7月中に梅雨明けはせず、
8月になっての遅い梅雨明けでした。

さいたま地方の月間の日照時間は、52.8時間で、
1980-2020年の過去41年間で、5番目に少ない記録でした。

さいたま地方、7月の日照時間の変化

1mm以上の雨が降った日は23日で、ほぼ4日に3日は、雨が降っていたようです。

レタスが900円台の値をつけるなどの情報も出ており、
こうした長雨、日照不足で野菜の値段は上がっているようです。

見沼菜園クラブでもナスがほぼ壊滅しました。
連日、雨が降っていたため、水が引かず、根腐れを起こしたのが原因と思われます。

このように、今年の長梅雨は、野菜の生育を影響を与え、価格を押し上げていると見られます。

ただ、上のグラフをみて分かる通り、7月に、長雨、低日照となることは過去にもかなり頻繁に見られています。

今年は、7月の日照時間が過去41年間で5番目に少ないと言うことは、
10年に一度は、今年より7月の日照時間が少ない年があったと言う事でもあります。

最も短かった2003年については、春以来の低温・日照不足もあって、
5月中旬以降の農作物被害が、3,938億円と見積もられています。
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/kanman/2003/2003.html

2020年については、6月まではむしろ温暖で野菜の生育がよく、
8月は超猛暑の日が続いています。

ですから、春から低温・日照不足となった2003年と同様とは言えないと思います。

ただ、月々の気温、降水量、日照時間などが、過去のある年のものと類似している場合、
その年と比較してみる事は意味がある事ではないでしょうか。

上記リンク先の、農産物被害額は、農水省統計部資料によっています。
また、気象庁ウェブサイトには、災害をもたらした気象事例がまとめられています。

これまで、気象協会ウェブサイトから無料ダウンロード出来る過去の気象データを使って、
月々の気象データの特徴をみてきました。

今後については、農産物被害や災害をもたらした気象事例についてのレポートを
参照して、過去のデータとの比較をしていく考察を薦めていきたいと考えています。

遅まきのキュウリでも収穫が始まった理由~2020年6月

見沼菜園クラブではオクラの収穫が始まりました。

キュウリやズッキーニは2-3週間前ぐらいから収穫が始まっています。

昨年の出荷記録と比較した場合、ほぼ同時期と言えます。

種まきの方は、昨年以前はだいたい4月半ば、オクラは早ければ3月に行っていますが、
今年はゴールデンウィーク前後でした。

つまり、今年は、例年より半月程度、種まき時季が遅れたにも関わらず、
ほぼ同時期に収穫が開始出来た事になります。

1980-2020年6月の毎年の最高気温積算値を見ると、
2020年6月は、第二位で非常に「暑い6月」だった事がわかります。

降水量は第10位、日照時間は第11位でした。

1mm以上の雨が降った日は、
1980-2020年毎年の6月の中では38%に対し、
2020年6月は53%とかなり頻度が高くなっています。

つまり、今年の6月は例年に比べ、
暑く、雨も(そして雨が降った日も)多かったが

日照時間も多かったと言えます。

夏野菜の生育が早まりやすい条件が揃っていたといえるでしょう。

立夏からの5℃以上有効積算温度の推移(平年値 と 2020年)

5/1を起点に5℃以上の有効気温積算値が1000℃を超えるのは、
1980-2020年の日毎の平均値で計算すると、6/21ですが、
2020年は6/17と4日早かった事がわかります。

降水量、降雨日数、日照時間が例年より多かった事を考えると、
この間の野菜の生育は1週間~10日程度、早く進んだ可能性があります。

例年より半月遅れのスタートにも関わらず、収穫開始がそれほど遅くならなかったのは、
こうした条件によるかもしれません。