育てた野菜をクレープ&コールドプレスに

今日は、野菜栽培基礎セミナーの補講でした。

出席されたのは、先日、菜園起業入門セミナーを受講された後、
菜園コーディネーター講座を受講するようになった女性の方。

先日、講座の一部を欠席せざる得なかったとのことで、
本日、補講を行いました。

補講に先立って、食関連の事業をしたいとおっしゃられていたので、
やりたい事業の内容をお伺い致しました。

経営の基礎知識

現在、ご自宅近くに菜園を確保、
そこで育てたお野菜を直売所に持ち込むことも
認められるようになったとのこと。

そして、お友達がカフェをやっていらして、
そこでお野菜のクレープを作って下さるので、
そのクレープを移動販売で売りたい、

また、お野菜のコールドプレスも販売したいとの
ことでした。

そこで、実際に和菓子屋さんが行っている
オシャレな自転車を使った移動販売の実例などを
ご説明した後、

事業の経費には、

そうした自転車やコールドプレスの機械を買う「初期費用」と
お友達にお支払いする工賃やクレープの容器代、消耗品等の
「運転費用」があり、

どういう風に処理していけばよいか、
税務署には、どう申告するか

と言った実務面のお話をしました。

菜園クラブでは、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
を運営しており、

マルシェなどの販売イベントの経験も蓄積されています。

そうした場合に使っている
「事業計画書」や「実績管理票」、「損益計算書」などの
会計フォームを

G-Suitesの表計算アプリで作っていますが、
各フォームはクラウド上で共有可能です。

そこで、会計フォームを、今回の受講生の方に
シェアすることをご提案しました。

ご自分の事例に合わせて、事業計画書のフォームを埋めて頂いた後、
菜園クラブからアドバイスを行い、

その上で税務署にもご相談に行っていただく事を
ご提案致しました。

2017年は、菜園クラブのノウハウをクラウドを使って、
システム輸出していく企画も進みそうです。

民間版市民農園の開設に成功

2011年2月に講座を受講して頂いたのは、
埼玉県内の不動産屋さんの社員の方でした。

その不動産屋さんで地元の遊休農地を活用して
市民農園を作りたいとお考えとの事。

受講して頂いた後も、受講生の方を菜園クラブでサポート。

行政との折衝にも立ち会い、
遂に、「特定農地貸付」と言う方式で
市民農園の開設に成功しました。

同方式を用いた民間版市民農園としては、
埼玉県初の事例となりました。

菜園起業大学一期生、1万4千平米を耕作

菜園起業大学一期生からメールが来ました。

なんと、高齢化した農家が手が回らない農地

米10,000平米
米10反
野菜4,000平米
野菜4反
梨2,000平米
梨2反
を耕しているとのこと。

週末農業の会を作って、その会で耕しているのだそうです。

一期生エライ!

よく頑張った!

菜園起業大学、
こういう人を育てていきたいですね。

菜園デビューから田舎の便利屋さん?

秋風とともに、みぬま菜園クラブの見学にやっていらしたのは、
お母様とお嬢様の二人連れ。

まだお若いお嬢様の方が、菜園活動に乗り気。
じゃあ、いつから始めますか?
とお伺いしたら、

「すぐにでも始めたい」とのお返事。

いろいろお話を伺っていくうち、会社を辞め、現在は看護士として働いていらっしゃるとのこと。
どうしてお辞めになったのですか?とお伺いしたら、
「利潤を目的とするのが合わないんだと思う」との事。

僕が耕作放棄地の管理ビジネスを考えている話をしたら、
ご関心を持たれたようです。

田舎の方では、東京に出ていった持ち主の方に代わって、
空き家の草取りや補修をするビジネスもあるようですよ

とお話したら、けっこう乗り気のご様子。

まあ、田舎暮らしの場合、人間関係でつまづく場合もありますと
ご説明したら、

じゃあ、こっちから通って仕事をするぐらいがちょうどいいかなぁと
呟かれ・・・

東京近郊から、田舎に通って空き家管理の便利屋さんするのも
一種の二地域居住でしょうか。

こういう方達を集めて、農村側と結んでビデオ会議するのもいいかなぁとか
思ってしまいました。