節季としてのバレンタインデー ・・・2021年2月

さいたま地方の2021年2月は、最高気温積算値が374℃(2/1~2/28、以下特に断りがない限り、本記事中での2月のデータは全てうるう年でも2/29を除いて2/1-2/28までのデータに基づいて計算したものです)で1980年以来、最高でした。

最低気温積算値も多い方から数えて12位でした。2021年2月は、暖かい2月だったと言えそうです。

2021年のさいたま地方は、バレンタインデーには、最高気温18.7℃となり、雨水(2/18)後の2/21には20℃を越えました。

このバレンタインデーですが、どうやら日本でも「節季」、すなわち、季節の移り変わりの目安として使えそうです。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

1980年以後、最高気温15℃以上の日の出現日数をみてみると、1月については、各日付とも2日以下です。つまり1月のある日付の日が15℃以上になるのは、42年間で2回(20年に一度)あるかないかぐらいの事が多いと言うわけです。

2月については、立春前後の2/2.2/6に3日を記録しています。そして、バレンタインデーは9日となっています。15℃以上になる暖かい日が1月の各日では20年に一度以下だったのが、2月前半には20年に一度ぐらいは起きる事が普通になり、日によっては14年に一度ぐらいの頻度に高まる、そしてバレンタインデーには5年に一度の頻度になっていると言う事です。

バレンタインデー以後は、雨水(2/18頃)前後の2/16-2/19には、最高気温15℃以上の日の出現頻度はいったん1日程度になります。しかし、2/20日以降は4-8日となっています。

バレンタインデーは日中は暖かい日となる可能性がかなりあり、雨水を過ぎれば暖かい日が増えてくると言う事です。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

冷え込みの方はどうかというと1月の最低気温マイナス4℃以下の日は、各日付とも42年間で5日以上出現することが多いようです。日付によっては10日以上出現しています。つまり、各日とも4-8年に一度はマイナス4℃以下になる事があるわけです。1月は1週間に一度ぐらいはマイナス4℃以下になるのだと言っても間違いではないでしょう。

2月になると、出現日数が5日を切る日が出てきます。バレンタインデー以後雨水直前の2/17までは1日かゼロ日。

つまり、バレンタインデーを過ぎるとマイナス4℃以下の冷え込みは40年に一度あるかないかの状態になる事が多いと言う事です。

(2/16-19は15℃以上になることが少ないと書きましたが、同時にマイナス4℃以下にもならないと言うことは、バレンタインデー直後はすごく暖かくもならないが、極端な冷え込みも起きにくいと言う事になります。)

そして、雨水(2/18)を過ぎると、マイナス4℃以下の日の出現日数はやや増えますが、多くても5日、たいていは1~3日です。1月のように10日以上になることはなくなります。

このように見てくると、バレンタインデーを節季、すなわち、季節変化の目安のひとつと考え、春取り野菜の種まきや植え付け時季の参考にするのは、日本でも役立つ事ではないでしょうか

見沼菜園クラブCファームで初収穫♪

今年から地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットのための野菜供給拠点として
稼働し始めた見沼菜園クラブCファーム。

初収穫の時を迎えました。

1月半ば、室内で発芽させた後、
移植したコマツナ。

極渦寒波を乗り越え、
大きく生長。

種まきから2ヶ月半。
大きく生長して食べごろに。

収穫されたコマツナは袋詰されて、
そのまま、川口やさいたま市、豊島区、北区、板橋区などの
ご家庭、飲食店さんへ。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

見沼菜園クラブCファーム、初収穫間近♪

写真は、ホワイトデーの見沼菜園クラブCファームのコマツナだよ。
保温の下ですくすく育って、後1-2週間で収穫!

今年から、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの野菜生産拠点として
動き出した見沼菜園クラブCファーム、初の収穫となりそう。

シュンギクも芽を出したよ~♪

さいたま市・川口市・豊島区・板橋区・文京区のご家庭や飲食店に
お届け予定です。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

2019春、リクエストに応えて、野菜を育てる

写真は、見沼菜園クラブで発芽したビーツの双葉だよ。

ビーツって、ロシア料理のボルシチに入っている赤カブの事だけど、
分類としては、カブはアブラナ科だけど、
ビーツは、ホウレンソウと同じアカザ科。

最近は、サラダとかで食べる人もいるみたい。

なんで、これ育ててるかって言うと、
女性のお客さんで毎週でもビーツほしいって人がいるから。

カフェでルバーブがほしいってマスターが言うから、
この間、種、注文して、届いたところ。

これから播くよ。

後、毎週でもキャベツほしいってお客さんがいるから、
今年は、キャベツの植え付け増やすよ。

まあ、供給は秋以降だけど。

と言うわけで、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
お客さんのリクエストを聞いて、お野菜育ててます。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

来週のセットは、春ブロッコリーとチンゲンサイにトマトだよ♪

暖かくなってきたね!

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
遠峯農園さんのブロッコリー、肥留間農園さんのトマト、
見沼菜園クラブのネギをセットに入れて届けたよ。

20190226見沼菜園クラブのネギ

それから、川口駅前のRossiCafeさんに、見沼菜園クラブのサニーレタスやオークリーフレタスを届けたよ。
今週のRossiCafeさんでお弁当買うと、美味しいブロッコリーやレタス入りのランチが味わえるよ・・・♪

来週のセットは、
肥留間農園さんのチンゲンサイ&コマツナを入れるよ。
20190226肥留間農園さんのチンゲンサイ

トマト・ブロッコリー・ネギも継続。

ホウレンソウほしい人はリクエストしてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

2019春、トマトの供給開始!

 昨日は、雪が雨に変わる「雨水」でした。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの
 野菜の配達中も雨が降る事がありましたが、
 もう真冬の氷雨ではなかったようです。

 一部の方には、特選野菜として、カキナ等の
 「菜の花」をお届けしました。

 一雨ごとに暖かくなりながら、こうした菜花類が
 採れる時季になっていくと思います。

 来週から、肥留間農園さんのトマトをお届け致します。

 写真は、バレンタインデーの見沼菜園クラブCファーム。
 着々と春野菜の植え付け準備が進んでいます。