2020」タグアーカイブ

猛暑イメージ画像

過去40年間最大級の超猛暑がもたらしたもの~2020年8月

暑い8月が終わりました。

連日のように、「超猛暑」、「熱中症」、「厳重警戒」などの言葉が報じられ
表に出れば灼けつく日射しで、その場にいるのもしんどくなるような日々でした。

実際、さいたま地方の8月の気象データを見ると、
2020年は、最高気温積算値は1980年以来の最大となっています。
さいたま地方、8月の気温積算値の変化

過去40年間最大級の猛暑、それが2020年8月でした。

雨の日も少なく1980-2020年の8月さいたま地方では、1mm以上雨が降った日は29%で3日に一度程度は「お湿り」が
ある形になっています。

2020年は16%で例年の半分程度と少なく、
暑いだけでなく、「乾いた」8月だった事がわかります。

実際、8/1に雨量15mmを記録した後、8/12まで10日間雨がなく、
8/12に33mmを記録した後は、8/24までまた10日雨がありませんでした。

2020年7月は、過去最大級の長梅雨でしたが、
それに続く暑く乾いた8月は、野菜の生育にも影響を与えています。

見沼菜園クラブで見ると、一番目につくのは、
ニンジンの発芽率の悪さです。

ニンジンは発芽に際して、水と酸素と光を要求します。
連日雨だと、水分は十分ですが、水が引いて、土中に酸素が入ってくる間がないため、
発芽しずらく、7月まきニンジンはあまりそだっていません。

8月になってからは、今度は土が乾き過ぎていてあまり発芽しませんでした。

2ヶ月続けての発芽不良のため、冬どりニンジンの生育が全然進んでいません。

20200825野菜のマイクロマーケット

畑には美味しいものがいっぱい

長梅雨の後、超猛暑。

畑いっぱいに広がったカボチャのツル。
しかし、このまま、実らないで枯れてしまったらどうしよう。

とハラハラドキドキの夏。

しかし、実ってきました。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
今週は、全員の方にカボチャをお届けできました。

先週はミニトマトをお届け。
そして、オクラは2週連続の好調ぶり。

どうやらキュウリも実ってきました。

畑には美味しいものがいっぱいあるのです。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

長雨イメージ写真

長梅雨時の野菜相場の比較が課題に~2020年7月

「今年(2020年)の7月」と言えば、長梅雨
とどなたも思うところでしょう。

実際、7月中に梅雨明けはせず、
8月になっての遅い梅雨明けでした。

さいたま地方の月間の日照時間は、52.8時間で、
1980-2020年の過去41年間で、5番目に少ない記録でした。

さいたま地方、7月の日照時間の変化

1mm以上の雨が降った日は23日で、ほぼ4日に3日は、雨が降っていたようです。

レタスが900円台の値をつけるなどの情報も出ており、
こうした長雨、日照不足で野菜の値段は上がっているようです。

見沼菜園クラブでもナスがほぼ壊滅しました。
連日、雨が降っていたため、水が引かず、根腐れを起こしたのが原因と思われます。

このように、今年の長梅雨は、野菜の生育を影響を与え、価格を押し上げていると見られます。

ただ、上のグラフをみて分かる通り、7月に、長雨、低日照となることは過去にもかなり頻繁に見られています。

今年は、7月の日照時間が過去41年間で5番目に少ないと言うことは、
10年に一度は、今年より7月の日照時間が少ない年があったと言う事でもあります。

最も短かった2003年については、春以来の低温・日照不足もあって、
5月中旬以降の農作物被害が、3,938億円と見積もられています。
https://www.data.jma.go.jp/obd/stats/data/bosai/report/kanman/2003/2003.html

2020年については、6月まではむしろ温暖で野菜の生育がよく、
8月は超猛暑の日が続いています。

ですから、春から低温・日照不足となった2003年と同様とは言えないと思います。

ただ、月々の気温、降水量、日照時間などが、過去のある年のものと類似している場合、
その年と比較してみる事は意味がある事ではないでしょうか。

上記リンク先の、農産物被害額は、農水省統計部資料によっています。
また、気象庁ウェブサイトには、災害をもたらした気象事例がまとめられています。

これまで、気象協会ウェブサイトから無料ダウンロード出来る過去の気象データを使って、
月々の気象データの特徴をみてきました。

今後については、農産物被害や災害をもたらした気象事例についてのレポートを
参照して、過去のデータとの比較をしていく考察を薦めていきたいと考えています。

アジサイイメージ画像

遅まきのキュウリでも収穫が始まった理由~2020年6月

見沼菜園クラブではオクラの収穫が始まりました。

キュウリやズッキーニは2-3週間前ぐらいから収穫が始まっています。

昨年の出荷記録と比較した場合、ほぼ同時期と言えます。

種まきの方は、昨年以前はだいたい4月半ば、オクラは早ければ3月に行っていますが、
今年はゴールデンウィーク前後でした。

つまり、今年は、例年より半月程度、種まき時季が遅れたにも関わらず、
ほぼ同時期に収穫が開始出来た事になります。

1980-2020年6月の毎年の最高気温積算値を見ると、
2020年6月は、第二位で非常に「暑い6月」だった事がわかります。

降水量は第10位、日照時間は第11位でした。

1mm以上の雨が降った日は、
1980-2020年毎年の6月の中では38%に対し、
2020年6月は53%とかなり頻度が高くなっています。

つまり、今年の6月は例年に比べ、
暑く、雨も(そして雨が降った日も)多かったが

日照時間も多かったと言えます。

夏野菜の生育が早まりやすい条件が揃っていたといえるでしょう。

立夏からの5℃以上有効積算温度の推移(平年値 と 2020年)

5/1を起点に5℃以上の有効気温積算値が1000℃を超えるのは、
1980-2020年の日毎の平均値で計算すると、6/21ですが、
2020年は6/17と4日早かった事がわかります。

降水量、降雨日数、日照時間が例年より多かった事を考えると、
この間の野菜の生育は1週間~10日程度、早く進んだ可能性があります。

例年より半月遅れのスタートにも関わらず、収穫開始がそれほど遅くならなかったのは、
こうした条件によるかもしれません。

何しているの

大事なイチゴ。でも、思わず、見ちゃった・・・♪

野菜も育つ、雑草も伸びる。
6月の見沼菜園クラブ。

イチゴも少しづつ実をつけています。

だんだん、足が丈夫になってきて、
前は菜園にキてもヨチヨチ歩き、

なにかにつまづいて転ぶ事も多かったワタシも
バケツを持って、走り回り、

イチゴ、ラズベリー。

美味しい実を摘んで、

大事に大事にバケツを抱えて

って時に、

突然、トウモロコシを植えるんだって
土を掘り返しはじめたボク。

うん、分かった。
だけど、トウモロコシは他家受粉、
つまり、周りの苗から飛んでくる花粉で実をつける。

ちょっと植えても、飛んでくる花粉の量が限られてしまうから、
ある程度、まとまった量を植えた方が育ちやすい

だから、こっちに場所を作ってあげるから、
ここの草を取って準備してね

って言われて、草を取って、
土を掘り返した始めたボク。

何してるんだろ?

イチゴとラズベリーが入った
バケツは大事だけど、

なんかやってるのも見てみたい。

トウモロコシ植える準備を始めたボクの
近くに行って、

バケツを抱えるのをやめて、
だけど、しっかり握りしめて、
土を掘り返す姿を見つめていました。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
サツマイモの苗、植えたよ

ハサミの渡し方、覚えたよ・・・♪

梅雨の晴れ間の見沼菜園クラブ。

この間までのクワの実=マルベリーに代わって、
ラズベリーが実ってきました。

ママ、ママ、ジャム、ジャム・・・♪

赤や黒に色づいた実を摘んで、実でいっぱいになったバケツを
一生懸命、渡します。

ムラサキイモのツルが延びてきたから、切って、植え付けをしましょうって、
延びてきたツルをチョキン、チョキン、ハサミで切って、

じゃあ、この穴に差してね。

上手に一人で出来ました。

おやおや、ハサミを他の人に渡す時、刃の方を向けちゃった人がいますね。

ハイ、持ち方反対です。

こうやって、自分は刃の方を握って、
相手には柄の方を向けるんですよ。

そうやって、実際に体験してもらながら、
伝えたら、

次からちゃんとできるようになりました。

偉いねぇ。ちゃんと覚えたね。

次の時も、次の時も、ちゃんと、柄の方を向けて渡しています。

もう完璧に覚えましたね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
20200616ダブルセット

ズッキーニ豊作♪

見沼菜園クラブでズッキーニが実り始めました。

一昨年、Fファーム、昨年Cファームが稼働を始めた
見沼菜園クラブですが、

Cファームは元々田地だったところで、
水はけが悪く、昨年の梅雨時から猛烈に草が生えまくり、

ズッキーニ等の夏野菜は蒸れまくって、
収穫も大変でした。

収量も収穫期間も長くなく、供給不足の中、
お届けする野菜を確保するのに苦労していました。

昨年冬から、水はけを良くするための
排水路を拡張、

また、浦和競馬場の馬ふんや川口市内の「酵素風呂」から出る米ヌカを用いた
土作りを進めた結果、

かなり、水はけがよくなり、土の「ドロドロ感」が減ってきました。

土がサラサラしているので除草もしやすくなっています。

また、シソやセリ、フキ等、自生してきた植物を使って、
雑草が生える余地を減らしていくと言った手法も、
昨年から取り組んでいます。

今年は昨年植え替えたこうした植物達が増殖し、
草取りが必要な面積が激減しています。

こうした対策が功をそうしてきたためなのか、今年は雨が少ない猛暑の日が多いせいなのか、
とにかく、昨年のような蒸れ蒸れ感がなく、

ズッキーニが楽に収穫できます。

昨年は、土中で水に浸かったような状態で、
ほとんど腐ってしまったジャガイモも順調。

来週は新ジャガもお届けできます。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

ダブルセット20200609

ナスとピーマンの供給開始・・・♪

暑い季節が到来。

梅雨はどうなるんでしょうか?

しかし、暑いさなか、見沼菜園クラブではナス・ピーマンが実りはじめました。

昨年は、5/8に季節外れの霜が降り、ナスやピーマンが壊滅。

八十八夜の別れ霜(八十八夜(ゴールデンウィークの直前ぐらい)を過ぎれば霜が降らなくなる)
と言うのに、連休明けになぜ?

って言ったら、近所の農家の方に、
こういうのを「泣き霜」って言うんだと言われました。

季節外れの霜で泣くからでしょうね。

とにかく、今年は泣き霜も降らず、
ナス・ピーマン、順調なようです。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

桑の実を摘んで、

桑の実でお口の周りは真っ赤っか・・・♪

梅雨の走り?
でも晴れた日は、サンサンとお陽さまが輝く見沼菜園クラブ。

折から実ってきた桑の実。

つまり、マルベリーです。

採っていいですよと
言ったら、

ママの後ろから自分のバケツ持ってついて行って
コッチのバケツに入れるって聞かないワ・タ・シ。

気づいたらお口の周りが真っ赤。
桑の実の果汁だらけ。

みんなでトマトやナスの苗を植えました。
トマトとナスの植付け

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む

例年より1ヶ月早い収穫をもたらしたもの~2020年5月

お花見が早かった今年ですが、
4月のさいたま地方は7年ぶりの「涼しい春」だったようです。

7年ぶりの「涼しい春」

とは言え、冷え込む日は少なく、雨も適度な間隔で降っていたので、
あまり野菜の生育にブレーキがかかることはありませんでした。

5月は再び「暑い」状態になりました。

平均気温、最高気温の月積算値は、1980-2020年の歴代9位、
最低気温積算値は歴代5位の暖かさでした。

冷え込む日が少なく(と言うより最低気温が5℃を下回る日は皆無)
暑い日は30℃近くになる状態でした。

雨もそこそこ降っていて、4-5日おきには降雨が観測されていました。

5月は、例年、2-3月に種まきした葉物や根菜類の
収穫期です。

見沼菜園クラブでは、今年はいつになく早く、例年より1ヶ月ほど早いような気がしていました。

最高気温積算値の推移(平年と2020年)

この「実感」を裏付けるのが、最高気温積算値の推移です。
1980年~2020年までの毎年の日毎の平均値、例えば、2月1日なら2月1日について1980年から2020年までの最高気温を平均したものを
「平年値」として、それを積算したものを2020年の値と比較しています。

今年はうるう年ですが、平年値については、毎年2月分を2/28まで積算した後、3/1を2/29と読み替え、
以下、1日づつ繰り上げて計算しています。

気象データを扱う場合に、この処理方法で良いかどうかは、厳密には議論があるところです。
ただ、今年と例年を比較して、今年のだいたいの特徴をつかむと言う目的に使うなら、
この方法でも差し支えはないと思います。

さて、「この方法」で比較してみると、
5/1の今年の積算値は、1361℃ですが、
平年値でこの値に到達するのは5/22-23です。

5/5の今年の積算値は、1500℃で
平年値では5/29頃に到達する水準です。

つまり、今年は、例年5月下旬~末に到達する最高気温積算値に
ゴールデンウィークの段階で到達していたと言う事になります。

昨年は連休明けに季節外れの「霜」が降りましたが、
今年はそういう事もありませんでした。

立春以来の暖冬、暖春が継続し、
ブレーキ要因が少なかったため、

「1ヶ月早い」収穫期が実現したと思われます。

なお、見沼菜園クラブでは、カブやコマツナがかなり「育ちすぎ」で無駄になりました。
過去の気象データを活用して、
野菜の生育予測をする事が実現していけば、
こうした「ロス」の削減にもつながっていくと思います。