かわぐち菜園クラブ会員、ハヤテ食堂をオープン♪

梅雨明け一番、かわぐち菜園クラブでは、
枝豆の収獲が始まりました。

ボクもハサミを片手にお手伝いしようかなぁ・・・♪
お手伝いしようかなぁ

スイカの実も膨らみはじめました。
スイカ実ってきた♪

大オジサン部隊は、カラスさんに食べられないようにと、
鳥よけネットを張ってくれました。

大オジサン部隊、鳥よけネット中

新ジャガイモも採れました。
ジャガイモ収獲中♪

ジャガイモ収獲
新じゃがいもと新枝豆の一部は、
ハヤテ食堂へ。

かわぐち菜園クラブ会員の方が、川口駅西口にオープンした居酒屋さんです。
昼はランチもあるそうです。

ハヤテ食堂店主
ハヤテ食堂看板

他の会員の方も早速ご来店されたとかで・・・

お酒と枝豆があんまり美味しいので
朝帰りになった方も出たとか・・・♪

見沼で無農薬や無化学肥料で果物を育てるKMフルーツさんの
ツユアカネ。
ツユアカネ

実が赤く、ワインのような梅酒が出来る梅の新品種です。

ハヤテ食堂さんで梅酒にされるとか。
飲み頃になったら、また、みんなで押しかけていきたいですね。

ウサギさんのオヤツに無農薬のお野菜♪

さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんで、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜、

ウサギさんのオヤツで使っていただくことになりました。

もう花が咲きだしたりして、「人間」用には出荷できないようなお野菜も
ウサギさんのオヤツには使えるかもと言うことで、

とりあえず、ウサギさんは、どんなお野菜を食べるのか持っていってみると・・・

初めてみるサラダ菜に、ウサギさんは目を白黒?
じゃなかった、お目々は赤いですが、
とにかく、ビックリ。

だけど、食べてみると意外と美味しいかな?

見てくれは悪いものもありますが、
無農薬で育てている瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜。

人が食べても十分美味しいものばかり。

ウサギさんも気に入ってくれたようですね。

さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんのウェブサイトはこちら。
https://www.ferret-link.com/

菜園の昆虫学者♪

晴れる日もあれば、
雨が降る日も…

ゴールデンウィークが終わり、
徐々に梅雨の走りモードのかわぐち菜園クラブ。

やってきたボクは、どうやら昆虫学者。

お父さんとお母さんがミズナの間引きや
ニンジンの草取りをしているのを

ムシして、

ムシしてます♫

土をほじったり、地面を眺めたりして、

オケラやダンゴムシ、テントウムシを
見つけては、

採集ボックスに入れて、
何やら観察中♪

一方、大おじさん部隊は、
トマトの植え付け予定地の草むしり。

その後は、スナップエンドウを収穫♪

どちらもムシン?

大おじさん部隊の草取りとエンドウの収穫
無心に草むしりをした後、無心にスナップエンドウを収穫する大おじさん部隊。

初夏の春まき野菜サラダ♪

チャオ♪

みんなオーロラソースって知ってる?

ベシャメルソースにトマトとバターを加えたもの
って、

マヨネーズとケチャップとウスターソースで
簡単に作る方法とかあるみたい。

でまあ、
地元野菜野菜の宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
春まきお野菜が全開。

トマト、ホウレンソウ、サニーレタス、グリーンリーフレタス、
サラダ菜、オークリーフレタス、大根・・・

レタス類は、詰め合わせてサラダ野菜セットとしてお届けしているよ~♪

ホウレンソウ茹でて、マヨネーズとケチャップとヨーグルト混ぜた
ソースかけてみたら美味しかったので、

いろんなレタスとトマトも入れて、マゼマゼしてみたら
けっこういける味。

写真は、会員の方が送ってくださった
大根と豚肉の黒酢炒めとサラダ。

【作り方】
・だいこん(1/2本、乱切り)はレンジで火を通しておく
・豚肉(350g)は塩コショウして焼く
・調味料と合わせて炒める

●調味料 砂糖、みりん、料理酒 各大2、醤油大2と1/2 黒酢大1、ごま油大1/2

サラダ野菜のパストラル

これなぁ~んだ?

って、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで2月まきしたシロナだよ~。

丈が15~20センチぐらいに育ってきたけど、
今なら、生食できるかな?

って
サニーレタスやサラダコマツナと一緒に
袋詰して、サラダ野菜として、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットの
会員の方々に配達。

でまあ、毎回、お野菜アンケートを取っているんだけど、

今回は「あまり野菜を生食しない、子供が食べない」
って回答が・・・

むしろ、大根などが高い評価。

大根やネギについては、前回のが使いきっていないから、
今回はやめてほしい

みたいな声が寄せられることも多く、

また、カブや大根、コマツナなどは、
自分がリクエストするまで見合わせてほしい

と言うお声もあって、

先週は大根をセットに加えず、
また、先週はネギを入れていたので、

今週はネギをお休みさせ・・・

くだんのサラダ野菜セットに
結球レタスやトマトなど、

サラダ系を充実させて、
2週間ぶりの大根を入れて
セットを構成。

20180426野菜のマイクロマーケットミニミニセット

そしたら、お届けした先で、
ウチは味噌汁とか良く飲むから、

ネギがあった方が良かったとかって
言われ・・・

まあ、そういうわけで、
アンケートを取りはじめて、
約半年

当初は、個々の品物がいい、悪い
って感じだったのが、

最近は、
会員の方、個々人の方が、

「自分の好み」みたいなものを
仰られる事が多いような・・・

まあ、これはたぶん、
あ、これ、菜園クラブに言っても大丈夫なんだ、

言うと聞いてもらえそうだ

って「信頼感」や「安心感」がある
ってことかもしれないから、

たぶん、いいこと。

まあ、個別カスタマイズのシステム化って
難しいので、
この先、会員の方が増えていく場合に、
どうするか、

検討課題だけれども、
ちょっとチャレンジしてみたいかなぁっと。

「有効積算温度」の可能性

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブにおけるコマツナの生育期間と
積算気温

生育期間 積算温度 5℃以上
有効積算温度
2/7-4/5 848 558 2月まき安藤早生
2/7-4/10 947 632 2月まきイナムラ、キヨスミ
3/17-4/19 646 476 3月まきイナムラ、キヨスミ
8/20-9/10 648 538 8月まき

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで、昨年の8月まきしたコマツナと
今年の2月、3月まきしたコマツナの種まきから収穫までの
積算気温を比較してみました。

8月まきのコマツナの品種を控えておかなったのですが、
通常タイプのもので、
今年の2-3月まきの品種のうち、
安藤早生のような「サラダコマツナ」的な品種よりも、
イナムラやキヨスミのような肉厚系のものに近いと思われます。

さて、昨8月まきのコマツナは、種まきから収穫まで最高気温の積算648℃でしたが、
今年2月まきのコマツナは、サラダコマツナ的早生タイプで848℃、
通常タイプのもので947℃でした。

3月まきのコマツナがそろそろ収穫期を迎えそうで、
おそらく4/24-5/1頃に収穫できると思われます。

現時点までの積算温度は646℃です。

トウモロコシなどでは、有効積算温度と言って、
最高気温から約10-15℃を引いた数字を積算して、
収穫まで1000℃必要、1500℃必要と言うような
計算をしている事があるようです。

今回、コマツナについても、最高気温から5℃を
差し引いた数字を積算してみました。

すると、昨8月まきのコマツナは、538℃、
今年2月まきの早生タイプ558℃、通常タイプ632℃
3月まきは現時点まで476℃

と、単純に最高気温を積算した場合よりも、
数値が接近していることがわかります。

つまり、いろいろな季節におけるコマツナならコマツナの
収穫予測をする場合、

有効積算気温を用いる事が
実用上、便利である可能性が示唆されていると思われます。

有効積算気温の「足切りライン」が5℃で良いのか、
品種によって違うのか、
今回は、2、3、8月まきを比較していますが、
他の季節ではどうなのか

など検討課題はいろいろあり、
今後も検討を進めていきたいと思います。