三重保温、12月まきのコマツナ、大根、サニーレタスが発芽

前回報告した不織布二重+農ポリの「三重保温法」での野菜栽培。

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

種まきから二週間近く経って、発芽が観察されました。

保温をめくってみると、大根が双葉を広げています。

三重保温下、サニーレタスの双葉

サニーレタスも双葉が観察されました。

三重保温下、コマツナの発芽

コマツナも発芽してきたようです。

ニンジンはまだのようですが・・・

折からの寒波の中の発芽です。

この方法で葉物や根菜が12月まきでも発芽してくる事が分かりました。

今後の生育のようスを見守りたいと思います。

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

冬になると野菜の生育が遅くなるのは、光合成が進みにくくなるからです。

野菜は発芽後、双葉を出すと双葉の光合成で本葉を出します。本葉を出すと本葉の光合成で次の本葉を作ります。こうして、光合成と生長のサイクルが回る事で野菜は育っていきます。

光合成は高温ほど活発になり、低温では抑制されます。

このため、冬、寒くなってくると、光合成速度は鈍り、野菜の生長は遅くなります。

10月になってから種まきをした場合、コマツナのように生長が早いと野菜は、年内に収穫時期を迎えられます。

しかし、チンゲンサイやサニーレタスの場合、年内には収穫できるまでには育ちませんでした。年明け後、1-2月の厳寒期を迎えて、よく育たず、結局、収穫できるようになるのは春でした。

場合によっては十分に育たないまま、春に花を咲かせ始め、結局、収穫できなかったこともあります。

では、暖かくしてあげたらどうでしょう。

かつて、不織布と農ポリの二重保温法を教わって、その方法で11-12月に種まきを試みた事があります。

11月については、そのまま順調に育った事もあれば、発芽した後、寒波で枯れてしまった事もありました。12月については、ほとんど芽がでませんでした。

ただ、この間、例えば、千葉県では不織布で二重保温する方式で12月にニンジンの種まきをしている例があるらしいなどの情報に接しました。

この間、サニーレタスやチンゲンサイの10月まきに不織布二重保温法を試してみましたが、チンゲンサイは年内取りが可能なサイズにまで育ってきています。

サニーレタスもかなり大きくなってきており、年明けぐらいには収穫可能かもしれません。

不織布二重保温でキャベツとブロッコリーの11月まきも試してみましたが、今のところ、順調に苗が育っています。

つまり、「育ててみた感じ」としては、不織布+農ポリの二重保温より、不織布の二重保温の方が晩秋まきがうまくいっているようです。

では、12月まきではどうか?千葉で不織布二重保温でニンジンの種まきがうまく行っているのなら、不織布二重+農ポリの三重保温でもっと暖かくしてあげたらどうだろう?

と言う事で、先週末、ダイコン、ニンジン、コマツナ、サニーレタスの種まきをしてみました。

もし、三重保温で葉物・根菜類の冬まきがうまく行くなら、いろいろな野菜の周年供給に大きく前進します。

秋まきのチャンスを逃したら、後は春まきまで待つ、つまり、秋野菜を取り尽くしてしまったら春野菜が育つまで供給ができないのではなく、その間を冬まき野菜でつないでいく事が可能になるからです。

期待は大きいのですが、取らぬタヌキの皮算用はこの辺でやめにして、経過を見守りたいと思います。

チンゲンサイの菜の花が美味しかった・・・♪

コマツナ、チンゲンサイ、ハクサイ、ミズナ、カブ・・・

これらは全てアブラナ科の植物です。

春になると、黄色い菜の花を咲かせます。

その菜の花、正確には花が咲く前のツボミの頃・・・。

そのツボミを収穫して食べると美味しいのをご存知でしょうか?
秋から冬にかけて、植物体の中に蓄えられた養分を次世代を作るために
ツボミに転流していくので、

葉の色が徐々に淡い「ウグイス色」になっていきます。

ちょうど、ウグイスが鳴き始める頃であることから、
これらの菜の花は「ウグイス菜」と総称されることもあります。

そんなウグイス菜のひとつ「チンゲンサイの菜の花」

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
そういうものもお届けしています。

新しい会員の方のところにお野菜をお届けした時、感想を言われました。

「チンゲンサイの菜の花、先週、初めて食べたけど、美味しかった」。

そうですね。チンゲンサイやコマツナの菜の花なんて、スーパーマーケットでは
あまり売っていませんからね。

でも、とっても美味しくて、栄養豊富なんですよ。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

シュンギク、生で食べた・・・♪

2020年も、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットのお届けが
始まりました。

待っていてくださる人がいるから
励みになります。

折からの暖冬で、昨年の台風以来の生育の遅れを
取り戻しつつある葉物野菜たち。

先週はシュンギク、
今週はチンゲンサイやミズナをお届けしました。

ミズナをみて感動してくださる方、
そして、先週、シュンギクを旦那さんが「ナマ」で食べた
美味しいって言ってた

ってご報告くださる方。

2020年も、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットをよろしくお願いいたします。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

来週は、柔らかい春サニーレタスだよ。

そう言うわけで、川口駅前RossiCafeさんにタケノコ到着!

今年は、極渦寒波の影響なのか、タケノコの生長が遅いみたい。

その分、実が詰まっていて美味しいって説も・・・♪

春サニーレタスがだいぶ育ってきたよ。
葉っぱが柔らかくて美味しいよ。

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、来週のお届けセットは、
サニーレタス、チンゲンサイ、ホウレンソウ、ネギ、葉物中心に
ご提供します♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

ベトナム人が野菜をとっても沢山買ってくれた♪

月に一度、川口駅前のRossiCafeでやっているミニマルシェ。

夕方、まだ少し明るいうちから売り始めて2時間程度で終了する方式で
チョコっと野菜を売ると言う感じです。

ただ、チョコっとと言ってもそれなりの量は必要・・・

で、先月は予定日が悪天候の上、極渦寒波でほとんど野菜の収穫が見込めそうもないので
中止。

じゃあ、今月はどうするか?

ネギは採れそうだし、昨年、秋も深まってから種まきしたホウレンソウも
このところの陽気で育ってきて、食べごろ。

まあ、少しは収穫物もありそうだと言う事で、
お店のお客さんも今月はやるんですよね?

と聞いていたと言うので

とにかく、本当に少量しか品物がなくても
やるだけやろうと言う事に。

それで、見沼菜園クラブで収穫を始めたはいいのですが、
やっぱり、あんまり出せるものがないかなぁ・・・

と見ると、

なんとチンゲンサイやシャクシナ、ミズナが菜花の花芽をつけています。

これはいけるかも・・・

こうした菜花類を収穫してみると、
意外と品数は多くなりました。

かくして、販売突入♪

しかし、売れません・・・(´;ω;`)

これはシャクシナの菜の花で、オリーブ油で炒めると美味しいんですとか
説明しても、

みんな買ってくれない・・・

つまり、「普通の野菜」でないから引いてしまう・・・

なぜか、小さい子供の手を引いた若い男性客が
買ってくれたりして・・・

チラホラは売上が立つものの
菜花苦戦・・・♪

まあ、今回は、とにかく、やるだけやろうだったんだから、
しょうがないかと

諦めかけたその時、

二人の小さい子供を連れた女性が立ち止まり、
ミズナの菜花、チンゲンサイの菜花、カキナの菜花と・・・

次々、菜花を含む野菜を選んでいきます。

元々、2時間程度のミニマルシェで売り切る程度の
量の野菜、

それが苦戦とは言え、若干は売れていたと言う状態だったのが、
一気に野菜がなくなり、

残りわずかと言う量に。

日本語が少し訛っていたので、
どこの国?中国ですか?
と聞くと、

なんとベトナムと言うお返事。

もしかして、こうした菜花のような「日本では『普通でない』と思っている人が多い野菜」
について、ベトナム人の方が抵抗がない。

前に、日本人主婦の方から、この手の「普通でない」的野菜について、
料理法を考えるのが大変だと言われた事があります。

クックパッドのようなレシピサイトが流行るのも、主婦が「毎日、違うレシピを考えなければならない」
日本ならでは現象と聞いた事があります。

そうでなくても、レシピを考えるのが、ストレスになっているところに
持ってきて、これ以上、「普通じゃない」野菜に付き合って、
ストレスを増やしたくない、

それが女性のお客さんの心理じゃないか?

だから、そういうストレスをあまり感じていない
お料理好きの子連れ男性客とかベトナム人の方が

「普通じゃない」野菜を買ってくれた

それが今回の結果なんじゃないか

そう思いました。

いずれにしても、日本にいる東アジア系、東南アジア系の人達、
これから野菜を買ってくれる優良顧客として
意識していくことが重要かもしれません。

とりあえず、見沼菜園クラブで育てようと
台湾レタスと呼ばれるA菜など、台湾の野菜の種、
何種類か買ってきたところです。

後、イメージ写真は、
ベトナム野菜図鑑にも載っていたシュンギクです。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

2019春、リクエストに応えて、野菜を育てる

写真は、見沼菜園クラブで発芽したビーツの双葉だよ。

ビーツって、ロシア料理のボルシチに入っている赤カブの事だけど、
分類としては、カブはアブラナ科だけど、
ビーツは、ホウレンソウと同じアカザ科。

最近は、サラダとかで食べる人もいるみたい。

なんで、これ育ててるかって言うと、
女性のお客さんで毎週でもビーツほしいって人がいるから。

カフェでルバーブがほしいってマスターが言うから、
この間、種、注文して、届いたところ。

これから播くよ。

後、毎週でもキャベツほしいってお客さんがいるから、
今年は、キャベツの植え付け増やすよ。

まあ、供給は秋以降だけど。

と言うわけで、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット、
お客さんのリクエストを聞いて、お野菜育ててます。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

来週のセットは、春ブロッコリーとチンゲンサイにトマトだよ♪

暖かくなってきたね!

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、
遠峯農園さんのブロッコリー、肥留間農園さんのトマト、
見沼菜園クラブのネギをセットに入れて届けたよ。

20190226見沼菜園クラブのネギ

それから、川口駅前のRossiCafeさんに、見沼菜園クラブのサニーレタスやオークリーフレタスを届けたよ。
今週のRossiCafeさんでお弁当買うと、美味しいブロッコリーやレタス入りのランチが味わえるよ・・・♪

来週のセットは、
肥留間農園さんのチンゲンサイ&コマツナを入れるよ。
20190226肥留間農園さんのチンゲンサイ

トマト・ブロッコリー・ネギも継続。

ホウレンソウほしい人はリクエストしてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

菜園あけおめ♪で追っかけっこ

寒波とともに、かわぐち&見沼菜園クラブにもお正月がやってきました。

そして、みんなもやってきました。

お正月明け、最初の菜園教室。

さっそく始まる追っかけっこ。

やぁ~い、これ取ってごらん。
でも、走り回っても、お野菜は踏んづけません。

エライですね。

だけど、そのうち、パパが何かしているのをみて、
僕もやるんだと言い出して。

じゃあって、一緒にチンゲンサイ収穫。

ちっちゃな子供が抱っこされてやってきたら、
あけおめ~。ことよろ~。

わ、カマキリだ。ウェ~ン♪

台風がくる直前のかわぐち菜園クラブ。

比較的涼しいし、晴れているし、
みんなやってきました。

背丈以上に伸びたモロヘイヤを抜いて、
大根やチンゲンサイ、コマツナ、
秋野菜の植え付け準備。

そこでカマキリ発見。

けっこうお腹が大きいです。
卵を産む時が間近?

早速、お手手に乗せて
遊んでみようっと。

って、
ウェ~ン。

泣き出しちゃった人もいるかな?

カマキリ、怖かったみたいですね。