「未来」を拓くためにはアリかもしれない

これまで、半農半uber、

つまり、週に2-3日、UberEatsの配達員をしながら、
農業をする暮らしはどうなのか?

検討してきました。

まとめてみますと、

1)ブロガーやポスティングなど、「時間に融通がきく」とされる仕事はそう儲かるものではない
2)コンビニやスーパー等のバイトよりは時給はよい。また自分の都合に合わせて働ける
3)UberEatsのサービス自体がずっと継続すると言う保障はない
4)半農半運、半運半X、つまり、運送業やドライバーをしながら、農業も含め「他の事」もしている人はかなり多い

と言う事になります。

ここから浮かんでくるのは、
「現時点での選択肢として『使う』のはアリなんじゃないか」

と言う事です。

つまり、「時間に融通がきいて、自分の都合に合わせて働ける」アルバイトとしては、
他の仕事に比べて、条件もよく、

当面、「半農半Uber」でやっていくのは、
悪くない選択肢だと言うことです。

ただ、変動が激しく、新しいサービスが次々生まれていく中で、
将来もUberEatsのサービスが続いていく保障はなく、

ずっと「半農半Uber」をしていられるかは不透明です。

その事を理解した上でなら、
当面の間の条件の良いアルバイトとして
UberEatsの配達員をするのは、

半農半Xの選択肢としてけっこう有力かもしれないと言う事です。

そもそも、「半農半X」のような「二重生活」をすると言うことは、
「組織」とか「会社」とか頼りきりにならず、
「自分で自分の仕事を作っていく」

言ってみれば自立した部分を生活の中に取り入れていくと言う事です。

自分の生活の将来像と言うものも
「自分で」作っていく必要があります。

農業関係だけで収入を得て暮らしていく「完全菜園起業」を目指すのか、
ある程度、「安定」した現金収入が得られる先を確保した上で、
「農業関係でも」、所得が得られるような暮らし方をするのか、

そこは人それぞれでしょう。

しかし、どちらにしても、組織にぶら下がっていればよい、
会社に所属していれば、給料が入ってくる
と言うのとは、
違った生き方を選ぶ事に変わりありません。

半農半Xとは、自分の生活の将来像は自分で作り出す生き方なのです。

その将来像を作り出すまでの間、
過渡期における有利なアルバイト先として、
UberEats配達員と言うのは「アリ」かもしれない、

今回の連載の一応の結論にしたいと思います。

半農半運送業・ドライバーの事例は多い

半農半Uberはお得ななのかを考える上で
重要と思われるのが、

「半農半運送業・ドライバー」と言うパターンは
かなり事例が多いと言うことです。

【事例1】プラント配送ドライバーだったが、待機時間が多く、
その時間にガレージで野菜を育て始めたら、周りの人達に好評だったので、
だんだん、本格的に育てるようになり、気づいたら野菜専業農家になっていた。
(大手野菜宅配サービス、地元スーパー、直接宅配の消費者などに販売)

【事例2】元大型トラックドライバー。現在、半農・半郵便局配達。
将来は農業専門で食べていく事を目指している。
(地元スーパー、野菜宅配サービスなどに販売)

【事例3】現在、タクシードライバーとして勤務する一方、菜園起業大学で実習中。
居酒屋オーナーから店舗を「時間借り」して、週末のみの居酒屋も営業中。
実習で育てた野菜を「おつまみ」でお客さんに提供。月3万ビジネスを複数持つ事を考えたいとの事。

この他、「半農」と言うわけではないのですが、
運送業・ドライバー勤務をしながら、別の事をしている
半運・半Xの方も見受けられます。

【事例4】音楽バンドをやっており、大手宅配便にも勤務。本人曰く「(宅配便会社は)居心地がよい職場」
との事。

【事例5】赤帽ドライバー。障害者運動に「介助者」として関わり、肢体不自由な人の介助ローテーションに
入っている。

【事例6】学生時代より宅配便営業所でアルバイト。いったん、大企業に就職するも、なぜか「合わず」、
新人研修中にリタイヤ。現在、再度宅配便営業所でアルバイトをしながら、資格取得等をして、自分の人生方針を模索中。

このように、半農半運の方も含めて、半運半Xの人がそれなりに多く見受けられるのは、
実は、運送業・ドライバーの方は手すき時間が多かったり、仕事のシフトを比較的自由に決められたりと、

他の事をするのに都合がよい
側面があるのではないかと思われます。

(いろいろ聞いてみると、同じ曜日、例えば、月曜日なら月曜日が「シフト」の日だったとしても、
スーパー、コンビニ、飲食業などでは、シフトの日に休むと言うのがし辛いのに対し、
運送関係では、営業所なり、配送センターの所長などに、
「今度の月曜、ライブだから休ませて下さい。代わりに火曜日来ます」的な事を
言えば、融通が効く事が
多いようです。)

そもそも、いつまで続く仕事なのか

「半農半Uber」がお得か

と言う問題については、

UberEatsの配達中、事故に遭ったら
保障してもらえるのか

と言う事よりも、
いつまで続く仕事なのか

と言う事の方が、
より考えるべき点ではないでしょうか。

実はUberEatsは、新しい仕事です。

赤帽は、1970年代に登場し、
それなりに社会に定着しています。

クロネコヤマトの宅急便が始まったのも
その頃で

どちらも40年続いてきた業態なわけです。

1970年代と言うのは、
日本が高度経済成長を終えて、
「先進国」の仲間入りをし、

ファーストフードやコンビニエンスストアなども
次々登場してきた時代です。

宅配便・赤帽が40年間続いてきたと言う事は、
「大衆(消費)社会」の
マストな業態として認知されているからではないでしょうか。

一方、21世紀、それも2010年代に始まったUberEatsはどうなのでしょうか。

「飲食店の出前代行サービス」と言うのも
これからの時代、
続いていくかもしれません。

気づいたら40~50年以上継続していた
と言うこともありえるでしょう。

ただ、その出前代行サービスが「UberEats」のまま
続いていくと言う保障はないわけです。

そして、もし数年後、UBerEats事業が取りやめになった場合、
配達員は、それこそ、雇用契約ではなく、業務委託契約の形で
配達を請け負っているので、業務委託が解消されるだけで、
雇用保険も何もおりず、無収入状態になってしまうと思われます。

もちろん、いや、実際は業務委託でなく、一種の雇用だったんだと
裁判を起こせば、
認められる可能性もなくはないでしょう。
裁判に勝てば、その間の所得保障が得られるかもしれません。

しかし、「勝つ」までには何年もかかりますし、
その間、収入保障はないわけです。
(そして、必ず「勝てる」見込みもありません。)

半農半Xの「X」の部分をUberEats配達員にしてしまっても、
おそらく、今は生活していけるでしょうし、

他のバイトやパートをするより、
実入りはいいかもしれません。

ただ、「半農半Uber」生活がずっと続けられるのかと言うと
その保障はないわけです。

配達中の事故に保障はあると言えるか

半農半Xの「X」の部分を
UberEatsにする。

つまり、
週2-3日程度、畑を耕したり、
野菜を売ったり、体験農園を運営したりして過ごし、

週の残り半分程度をUberEatsの配達員として過ごす
生き方は、

「お得」なのか?

時給もコンビニなどでバイトするより良いし、
自分の都合に合わせて働ける。

悪くないかもしれない・・・

確かにそうした点は、
普通のアルバイトに比べ、「お得」なように
思えます。

半農半Xの生活で、
農作業の都合に合わせて働きたいと言う
事情にも適しています。

では、問題点はないのでしょうか?

実は、建前上、UberEatsの配達員は、
労働者ではないと言うことになっています。

つまり、雇われて賃金を貰うと言う立場ではなく、
業務を委託されて遂行している「個人事業主」のような
立場として、

Uber側と契約している事になっているとされています。

ですから、例えば、配達中に事故にあった場合、
飲食店に雇われてバイトしていると言うのなら、
労災の対象になりますが、

UberEatsの場合は、対象にならないとされています。
また、配達に使用しているバイクや自転車の維持費や
税金も個人負担です。

もっとも、「本当にそうだと言い切れるか」はわかりません。

先程から、「なっています」、「されています」と言い方をしているのは、
会社との契約が雇用契約でなく、業務委託の契約になっていても

実際に裁判になった場合、
裁判所が、実質的に労働者と変わらないと判断した場合は、
雇用契約として取り扱われる事があるからです。

UberEatsは新しいサービスであり、
今まで、実際に配達中の事故に関して、
会社側と配達員の間で訴訟になった事例はないようです。

ですから、訴訟が起きた時、裁判所がどう判断するかは
今のところ、推測する他なく、

配達中の事故に関して、
絶対に労災の対象にならないとは言い切れません。

ただ、仮に訴訟を起こせば認められる可能性があるとしても
実際問題として、
半農半Xの生活をしながら、訴訟も抱えると言うのは
なかなか大変なような気がします。

ですから、事実上、配達中の事故には保障がないと考えた方が良いのではないかと
思われます。

もっとも、半農半Xの「X」の部分をUberEats配達員にしてしまうと言うのは、
もっと別な問題の方が大きいように思われます。

では、半農半Xの「X」の部分にUberEatsの配達員は適していると言えるか?

最近はUberEatsのバッグを背負った原付きバイクや
自転車を街中で見かけることも多くなりました。

都内では飲食店の出前サービスとして定着してきたようです。

もちろん、配達の依頼が来ない時もあるようですが、
ランチタイム等の「繁忙時間帯」にはかなりお呼びがかかることがあるようで、

実際、前回の記事でヒアリング(?)した配達員の方も
「楽しみながら」仕事をしている感じでしたし、

「時給」も悪くなさそうでした。

コンビニやスーパーのレジ打ちバイトが、
都内だと時給900~1000円程度の事が多いのと
比較すれば、

バイトとしては「悪くない」ように思えます。

では、半農半Xの「X」の部分をUberEatsの配達員にしてしまう、

つまり、配達員として一定のお金を稼ぎながら、
半農生活をすると言うのはどうなのでしょうか?

趣味で週末農業をするのでなく、
ある程度、野菜の直売や体験農園の運営等をして、

現金を稼ぐとなると、週2-3日は拘束されます。

別な言い方をすると、
週2-3日、「農業」をして、
週2-3日は、「それ以外の仕事」をする

そういう二重生活が求められるのが、
半農半Xの「X」の部分でもお金を稼ぐ生活

と言うことになります。

そういう生活をする上でUberEatsの配達員をすることは
どうなのでしょうか?

配達員と言うあり方は、
半農半Xの「X」の部分に
適していると言えるのでしょうか?

この点について、次回以降、述べていきたいと思います。

実際にUberEatsの配達員に聞いてみると・・・

実は、UberEatsの配達員の方に、
聞いてみた事があります。

僕は、街でチラシを配っている人を見かけると
それやると、お客さん来ますか?

と聞く事があります。

チラシ配りをしていると、駅前にしろ、
ポスティングにしろ、

「文句」を言われる事が多いためか、

配っている方は、声をかけられると、
ドキっとするようです。

しかし、クレームを言われているのではないと
わかると安心して、

けっこう、しゃべってくれます。

UberEatsの配達員の方には、交差点で信号待ちしている
バイクに、

こちらもバイクだったので、
声をかけてみました。

すると、だいたい時給1800円~2000円ぐらいに
なると言うお返事が返ってきました。

まだ、お若い方で、
興味深かったのは、
この辺は、あまり面白くない、
☓✕方面に戻る

とおっしゃっておられた事。

このセリフを言われた後、
信号が変わり、

その方面に戻っていかれたのですが、
「面白い」、「面白くない」と言う基準が、

どうやら、
若い人が「遊べる」街の中を通るか
どうかになっているように思えました。

僕が声をかけた場所は、
繁華街から住宅街に移行する付近の交差点でした。

繁華街であるにせよ、「普通の」賑やかな街で
そこからすぐに「地味な」住宅街に出て配達と言うのでは
面白くない、

もっと別な場所で配達していた方が面白い

この方はそうおっしゃっておられるように
感じました。

赤帽がUberEatsより有利な点

前回、赤帽とUberEatsの仕組みを比較しました。

UberEatsは赤帽同様、「本部」が
各人に仕事情報を配信している点は似ており、

リアルタイムの情報は
無線でなく、ITを利用している事、

赤帽のように専用の軽トラックを用意しなくても、
自転車や原付バイクがあれば
はじめられる事

等、働く側にとっての「手軽さ」は
感じられます。

しかし、赤帽の方が働く側に有利な点と言うのもあります。

全国赤帽軽自動車運送協同組合連合会のサイトによりますと、

「開拓した得意先からの仕事は、全て自分自身の売上げになります。
手数料を支払わなければならないのは、組合から斡旋されたり仲間の組合員から依頼されたりする仕事のみです。」

http://kanyu.akabou.jp/

つまり、自分で「お得意さん」を見つければ、
売上は、全額、自分のものになる、

ここが本部から仕事を任されて行うUberEatsより
有利と言える点だと思われます。

僕自身、仕事で赤帽を利用していた時、
赤帽業者の人は、僕の仕事先を「お得意さん」
にしていました。

その仕事先から僕に委託されている業務の中で、
何か運びたいものが出てきた時、

僕は、その赤帽業者の人に電話して、
日程を打ち合わせて
搬送をしてもらっていました。

(運送費用は、仕事先の会社が負担し、
僕には業務全体を執行している委託料が払われる仕組みでした)

業務で運ばねばならない大量の資料や機材については、
「個人情報の保護」、「業務機密」、「機材の取扱い」等に
注意が必要になります。

毎回、違う業者の人に頼んで、イチから説明するより、
決まった業者の人に依頼した方が、
効率よく進められるので
特定の赤帽業者の人の「お得意さん」になる会社は
けっこういるようです。

こういう得意先を見つける事が出来れば、
「赤帽」の方がUberEatsより
稼ぐのには有利だと言えます。

それで、半農半Uberはお得と言えるのか?

ネットやブログの活用法については、
改めて書く事にして、

そもそも、この連載のタイトルにもなっている
「半農半Uberはお得と言えるのか?」

について書いてみたいと思います。

UberEats・・・

飲食店の「出前」代行のサービスです。

配達員として登録し、
仕事をしたい時には、ある「地区」に行き、

自分がその地区にいることを知らせると、
その地区での出前の仕事情報が回ってきます。

この仕組みは、「赤帽」によく似ています。

軽トラックで荷物を運ぶ赤帽のサービスは、
仕事で利用した事があり、

目的地まで助手席に乗せてもらったこともあるのですが、
その時、無線で「情報」が飛んでくるのを
目の当たりにしました。

どこそこから、どこそこまで、〇〇と言う荷物を
運んでほしいと言う依頼が来ている

と言うような情報が「本部」から
無線で、赤帽の各車両に飛んでくるわけです。

今自分は手すきだからやると言えば、
それが、自分の仕事になります。

UberEatsも同じ仕組みで、
本部からお仕事の情報が配信されてきて、
手をあげれば、その仕事が出来るように
なっているようです。

違いは、赤帽の場合は、
加盟金などを払って登録し、
専用の軽トラックを用意する

必要がありますが、

UberEatsの場合は、
自転車か、原付きバイク(第二種含む)を持っていれば
特に登録にお金はかからないと事、

赤帽が「無線」で仕事の情報を配信しているのに対し、
UberEatsの場合は、スマホがあれば、
情報をキャッチできる、

赤帽の場合、軽トラックで運ぶ荷物、
例えば、大量の業務用の資料なり事務機なりを
ある営業所から別の営業所へ移転したいとか、

親元にあった家具を子供の家に運びたいとか、

つまり、本格的な「引っ越し」ではないが、
ある程度の重量や「カサ」のある荷物を
動かしたいと言う要望に応えるサービスなのに対して、

UberEatsは、飲食店の出前と言う
より日常的な欲求に応えている点でしょう。

飲食店側からすれば、「出前」を外注する事で、
より広範な人たちに、料理を味わってもらう事ができる、

出前要員を雇っておかなくても、ビジネスを拡大できる
事になります。

つまり、IT技術を使って、
今までにあったのと似たようなサービスを
より日常的な分野で、
より手軽に提供している

そういう特徴をUberEatsは持っていると言えます。

ブログを始める事は、マーケティングに取り組みはじめることだ

「石の上にも3年」は、ネットの世界でも成り立つ

「ネットで成功しているのは<やめない人たち>である(いしたに まさあき 技術評論社)」と言う本があります。

アルファブロガーなどと呼ばれ、
ネットで活躍しているように見える110人にアンケート取材。

そこから見えてきたものは、
儲けようなどと考えずに、
とにかく、やめないで続ける

3年ぐらい経つと、自分が進むべき方向が見えてきて、
やがて「稼げる」ようになってきた、

まあ、だいたいそういう事のようです。

つまり、「石の上にも3年」。

ネットの世界もそうだと言うことのようです。

「きっかけ」は何でもよい

僕自身のことを考えてみても、

次のステップに進むのにだいたい3年かかっています。

そもそも、僕が農業に関わりだしたのは、酸性雨の問題に取組むうち、

森林土壌調査をするようになり、

森の土を調べていたら、

農地は調べられないのか?

と言われたのがきっかけでした。

 

実は酸性雨の問題に関わりだしてから、森林土壌調査に取り組もうと

考えるまでに3年かかっています。

 

もっとも、酸性雨調査に取り組もうと言うのは、

僕自身で考えついたことではありませんでした。

 

誰かが、「酸性雨、面白いかも」みたいに

話を持ってきて、

 

じゃあ、やってみるかみたいな感じで始まった。

そういう事だったわけです。

自分ではない「誰か」からの声を考え続ける時間

ですから、物事に取り組む「きっかけ」と言うのは何でもよいのだと思います。

非常に真剣に考えて、絶対こうしようと重大決意して始めなくても、

他人から勧められたとか、それこそ、その事をやったらご褒美あげると言われたとか

やらないとまずい事態に追い込まれて、仕方がないので始めたとか、

そういう事でよいのだと思います。

 

そうやって、とにかく、「始めてしまった」後、

その事と向き合う事になります。

 

例えば、僕の場合だと、

「酸性雨を調べて、いったい何になるのか?」

(つまり、問題があると言うことは分かるが、ではどうすれば解決するのか)

とか、

「問題があるとして、『自分ができることは何?』って聞かれた時にどう答えたらよいか?」

(前に障害者の運動に関わっていた事があり、この手の質問をぶつけられる度、

「環境問題」ってここが違うんだなぁと

思うようになりました。

つまり、例えば、障害者に対する活動、手話通訳とか、車椅子を押すとか

そういう活動は、参加する側も何らかの喜びを感じられるし、

だから、参加するのだと思いますが、

環境問題の場合、電気をこまめに消すとかと言うのは、

「相手の顔」が見えないし、「仲間」と一緒に出来ることでないため、

「その手の」喜びを感じにくい

どうも、そういう違いがあるんじゃないかとおもうようになったわけです。)

 

とか、とにかく、そういう疑問を考え続ける3年間となったわけです。

 

つまり、始めてしまった後の3年間と言うのは、

自分ではない「誰か」から、様々な声をぶつけられ、

それに答えようとして考える時間なのです。

 

そして、ブログを始めると言うことは、そういう時間を始める事なんじゃないかと

言うこと、その事について、次回以降、また取り上げていきます。

生活三分の計?半農半X+週末居酒屋

実は週末居酒屋を始めることになりました。

半農半Xを目指して、新しく「かわぐち菜園クラブ」の会員になった方。

今までのお勤めについても、
勤務を減らして、「農」の生活を増やしていきたい、

菜園起業大学の受講にも関心。

って言っていたら、
いきなりの「週末居酒屋」宣言。

え?、今までのお仕事は?

とりあえず続けますが、
今後、月3万ぐらいの仕事をたくさん増やしていきたいんです。

まあ、週末起業でも月3万の壁、月10万の壁
って言い方があるようですが、

週イチ・ビジネスで月3万稼ぐのは、
そう難しくありません。

週イチ3万円ビジネスを毎日やれば、
月収20万円。

個々の週イチビジネスの収益が伸びていけば、
だんだん、それで暮らせるようになります。

そして、様々な週イチビジネスの一つとして、
「農」の世界もある、

もうこうなってくると、
半農半Xと呼ぶべきか、
パッチワークライフと言うべきか。

とにかく、都内の居酒屋さんで
週末、好きに使ってよいと言うところが
現れたので、

その場所を借りて、7月から週末居酒屋を始めることに
したとのこと。

今までのお仕事、菜園ライフ、そして居酒屋さん
と生活三分の計。

菜園で育てた野菜を運び込んで、
肴として提供したいなんて夢も語ってくれました。

もしかすると、菜園起業サロンでも、
週末居酒屋で交流会開くかもしれません。

その時はまたお知らせ致します。