半農半XのXの部分」タグアーカイブ

リモートワークイメージ

リモートワークが産み出す半農社会

まだ光回線はおろか、ADSLすら知られておらず、
「持ち歩ける電話」は、自動車電話と言う名称で
ごく一部の人たちの物であった1990年代、

僕は、当時は「最新技術」とされていたISDN回線を使い、
東京と秋田・静岡・高知の会場を結んで
「全国をTV会議システムで結ぶ森林旅行会議」を実施しました。

当時、地方に住んで、ITを使って働く「森林社会」モデルと言うのを
提案した人がいると聞いて、

そう言うのを作っていきたいと思ってから、既に20年以上が経過。

しかし、この間の通信情報技術の進歩は著しく
ついに5Gのスマートフォン登場。

そして、ビデオ会議アプリZOOMが普及しはじめています。

この間、野菜の配達をしながら聞いていたラジオで
ZOOM飲み会をやったと言う投稿が紹介されていました。

実は、昨年ぐらいからFACEBOOKのビデオ通話や
HUNGOUTを使って、

何回か、山梨や静岡、長野等とビデオ会議をやりましたが、
その都度、居酒屋や自宅で一杯飲みながらやっていました。

ビデオ通話は遠隔地にいる人とも気軽に話せる道具なのです。
何も堅苦しいビジネスの会議ばかりに使わなくてもよいのです。

そのビジネス用途にしても、従来の「アポイントメント」とは
違う方法で使えるようになるかもしれません。

人が移動して会うからこそ、今、集中して話しておこうと言う事になり、
ある程度、まとまった時間を使って議論する形で「アポイントメント」が
設定される必要があるのです。

しかし、ビデオ会議で遠くにいる人ともいつでも気軽に話せるとなれば、
そんな「形式」に縛られなくてもよくなります。

1時間後ぐらいに、あるいは15分後とか、手が空いた時に
ちょっと話せない?

ってメッセージを送り、
ちょこちょこっとビデオ通話で話して、

また、ちょっとしたら、
あ、そこ、もう少し詳しく聞いときたいんだけど
ってまた、メッセージを送り、

そして、またビデオ通話する、

そんなスタイルが広まっていくかもしれません。

今やりたいと思っているのは、菜園で遠隔地の人の菜園起業相談を受けること。

カーラジオがあるのですから、カーWIFIがもっと進歩してもよいと思います。

そうすれば、ドコデモ会議室が実現するはずです。

今はリモートではできないと言われている「営業」のスタイルも
変化していくかもしれません。

田舎に住んで農作業して、農作業の合間に会議、
PC仕事の合間に農作業・・・。

そんな事が実現する時代は意外と早く訪れるかもしれませんね。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

田園の休日イメージ写真

「週休3日」、場合によっては週休2日でも「副業」で「農家」になれる。

2019年夏、マイクロソフトが「週休3日」の実験を始めました。

佐川急便でも一部地域で週休3日制が導入されたとの報道があり、徐々に「週休3日制」が広がりを見せているようです。

実は、「週休3日」は半農生活とも関係があります。

年間休日が増えれば、会社勤めをしながら、半農でお金を稼ぐ「菜園起業」を行いやすくなります。それだけでなく、行政から「農家」として認められる事につながる可能性もあります。

新規就農をする際、年間の農業従事日数が一定以上である事が必要とされますが、だいたい150日以上としている自治体が多いようです。

この日数は農作業だけでなく、販売や営業等、営農に必要な活動をしている日を含めています。

週休3日を全部農業の為に使っているとすれば、その点では新規就農の要件を満たしている事になるわけです。

週休3日でなく、週休2日で働いていても、可能性はあります。

年間の祝祭日は全部で15日あります。

これに年末年始や夏期休暇を加え、更に有給休暇を年5-10日程度は取得すると考えると、完全週休2日で働く人の年間休日日数は120-130日になります。

週あたり2.3-2.5日休める計算となり、実質的に「隔週週休3日」になっているわけです。

実は、自治体によっては「年間農業従事日数」にカウントするのに、一日何時間、農業に従事しなければならないと言う規定がない場合があります。

年間120-130日の休みを全部農業のために使い、会社に勤務している時も出勤前や退勤後に月2-3回、農業関係の事をしていれば、「150日以上」と言う基準はクリア出来ることになります。

就農後補助金をもらうのに年間1200時間以上と言った規定を定めている自治体もありますが、年120-130日フルに農業活動をしていれば1000時間になります。農産物販売のためのウェブサイトを作ったり、SNS発信をしたりしていて、会社から帰ったら、毎日必ず更新していれば、年200-300時間ぐらいは使うでしょう。

この計算だと、会社勤め以外の時間はびっしり農業活動で埋め尽くされ、全く「休み」がない事になります。しかし、週休2日制勤務でも副業で「新規就農」出来なくはないと言えるでしょう。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

20191202田植え休暇

働き方改革と半農生活の可能性

奈良時代、宮廷に仕える人々には、「田仮」と言って、
田植えや稲刈りのための休暇が与えられていたそうです。

日本最古の半農半X生活と言うべきでしょうか?

「萬葉集釋駐(伊藤博 集英社)」を読んだ時、
この田仮の話が出てきて、非常に感動した記憶があります。

資本論の著者カール・マルクスは、「ドイツ・イデオロギー」の中で、
「今日はこれをして、明日はあれをする事が出来る」、「朝は釣りを、昼には狩猟を、夕方には牧畜を、夜には評論を行う」状態を
理想像として描いています。

おそらく、マルクスの時代は、産業革命によって成立した資本主義社会以前の記憶やイメージがかなり残っており、
マルクスは分業化された社会の中で「特定の仕事」だけをする状態とは違う生き方について、かなりリアルな感覚を持っていたのではないでしょうか。

さて、では、今話題の「働き方改革」です。

ワーク・アンド・ライフバランスと言う言い方もありますが、
果たして、従来、ある種特定の職場で「労働」していたのとは別の領域、
例えば、農作業も含む生活と、
従来の「労働」をバランスさせながら生きていく事は可能なのか?

「働き方改革」と半農生活の関係について考察していきたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

パソコンイメージ画像

いよいよ投稿開始!、ところでパソコンはマストアイテム

ウェブサイトも開いた、
ブログに投稿出来るよう設定もした。
SNSアカウントも開設した。
SNSとウェブサイトの双方に自己紹介を書いた。
SNSからウェブサイト、ウェブサイトからSNSへのリンクも張った。
菜園イベントや野菜などの「売り物」があるようなら、それについての申込みフォームも
作った。

さて、そうしたら、いよいよ、行動開始。
日々の活動の様子をブログ投稿し、それをSNSで紹介していきましょう。

ところで、パソコンは絶対に必要です。
スマホで菜園の野菜の写真を撮って、ぱっと投稿する、
便利ですが、SNSはフロー、つまり流れていってしまう情報を扱っています。

ストック、長期に渡って、情報を溜め込み、溜まった情報に
価値を発揮させていく、

そういう使い方に向いていません。

ストックに向くのはブログです。

菜園活動や半農生活を始めたばかり、
いや、そうした準備を開始したばかりでのあなたが、
アルファブロガーやSNSインフルエンサのように、
投稿しただけで、何万と言う人が見てくれる状態を期待するのは無理です。

「フロー」の情報を流し続けて注目される人と言うのは、
芸能人やモデルのように、「他の」収入源を持っています。

オフィスやお店、事業所で働く事に加えて、半農生活を「副収入源」にするのが
菜園起業です。

その副収入源が生まれるよう、あなたの菜園活動に注目してくれる人を
増やすのが、ブログやSNSの目的です。

こうした「育成プロセス」のためにネットを使う場合には、
長期に渡り、情報をストックして、ある時点で、溜め込まれた情報が価値を生んでいくような形で進める事が必要なのです。

ですから、自分の活動報告になるブログ記事を書き、
それをSNSで紹介すると言うやり方、

単純にSNSにスマホで撮った写真を投稿するのに比べると、
「ひと手間」かけるやり方が求められます。

そして、この「ひと手間」をスマホで進めるのは無理です。

写真や情報の編集をするには、どうしてもパソコンが必要なのです。

ノートパソコンでも構いません。

タブレットでも、スマホでもなく、
パソコンを1台、用意しましょう。

これで、このシリーズの「第一部」を完結します。

第一部の最後に、これまでのまとめとして、投稿開始までの準備作業フローを掲げておきます。

SNSで輝くための準備作業フロー

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

20190717夢イメージ

SNSアカウントの自己紹介欄には前向きな夢を書こう

ウェブサイトを開設し、
ブログの設定が終わり、
SNSアカウントを作ったら、

いよいよ記事の投稿開始です。
投稿したら、それをSNSで配信していきます。

ですが、その前にもうひとつだけやる事があります。
それは、SNSアカウントの自己紹介欄の記載です。

Twitterの場合、プロフィール欄です。

ここはかなり重要です。

記事を投稿してツイートした時、
関心を持った人は、次にツイート主であるあなたのプロフィールを読むと思われるからです。

つまり、プロフィール欄は「記事への関心」を「あなたへの関心」に転換する道具なのです。

プロフィール欄には3つの事を書きましょう。

1つは、あなたのウェブサイトアドレス。
2つ目は、あなたがしている事、ストーリーが入ればより良いです。
3つ目は、あなたの夢です。

基本的には、これ以外の事は書いてはいけません。
(書いていいとしたら、ちょっとした冗談みたいな事です。)

1つ目は、あなたのプロフィールを見た人が
ウェブサイトも見てくれるようにするためのものです。

ツイート ⇒ プロフィール ⇒ ウェブサイト ⇒ 顧客化
と言う流れを作るためには、
ウェブサイトアドレスは必須です。

ウェブサイトを開設していれば
アドレスは存在するので、
「書く内容」に困ると言う事はないと思います。

2つ目は、既に活動を開始いるのであれば、
どういう活動をしているかを書けばよいでしょう。

活動を開始した直後とか、
将来、半農生活をしたいと言う夢だけあって、
まだ、何もしていないと言うような時は
何を書いていいか分からないかもしれません。

そういう時は、「将来、半農生活をしたいと考えていて、
模索を始めました」と言うような事を書けばよいと思います。

「模索」と言うのも立派な活動だからです。

「いずれ、半農生活をしたいから、模索を始めた」と言うのも
れっきとしたストーリーです。

読み手から見て「分かりやすい」お話です。

「始めたばかりで何も分かりません」
「初心者です」
等は、先に挙げた3項目のいずれにも該当しませんので
書く必要はありません。

そんな事を書いても読み手をウェブサイトに誘導する役に立ちません。
プロフィール欄の限られた字数は、もっと役立つ事に使いましょう。

3つ目は、将来、どうしたいかと言う前向きな夢を書けばいいと思います。
「いずれは半農生活をしたい」も前向きな「夢」です。

あなたの夢に共感してくれる人が、顧客になってくれる人です。

ですから、その夢をきちんと書きましょう。
夢を書かないで顧客づくりはあり得ません。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

ウェブカートイメージ画像

ウェブカートは必ずしも必要ではない

ウェブサイトには、自分の「売り物」を載せて
「申し込みボタン」を付ける事が大切だと
お話しました。

ウェブサイトに載せるべきなのは「自己紹介」と「参加メニュー」
ウェブサイトには「申し込みボタン」をつけよう

家庭菜園や市民農園程度の畑もないし、
半農生活もしていない

将来、やりたいと言う夢だけはあると言う状態でも、
自分がやりたいと言う気持ちをTwitterに発信していれば、
「フォロワー」と言う売り物があるともお話しました。

「フォロワー」と言う「売り物」がある

今までのお話でおわかりの方もいらっしゃると思いますが、
「売り物」を売るのに「ウェブカート」は必ずしも必要ではありません。

「ウェブカート」が「必要」と言うよりも、
「役に立つ」のは、定型的な品物をネット通販している場合です。

「フォロワーになって下さい」とか、
「今度、こんな集まりをやるので来てください」

と呼びかける場合、
ウェブカートは役立ちません。

より正確に言えば、フォロワーとか催しとかと言う売り物は、
ウェブカートに載せようがありません。

この手の「売り物」を売るには、
直接、Twitterのあなたのアカウントや
催しへの参加申し込みフォームへのリンクボタンを作っておく以外に
方法がないのです。

ウェブサイトを作って、活動を始めるのは、
あなたの事をより多くの人に知ってもらうためです。

フォローや催しへの参加を呼びかけるのは、
「知ってもらう」ための手段です。

「知ってもらう」のに、ウェブカートは不要です。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

申込みボタンイメージ画像

ウェブサイトには「申し込みボタン」をつけよう

ウェブサイトを作り、
「売り物」を載せた。

売り物は、
自分が育てている野菜でも
菜園体験でもかまいません。

畑を持っていない、半農生活もしていないなら、
Twitterアカウントのフォローをして下さいでも
かまいません。

「フォロワー」と言う「売り物」がある

売り物を並べたら、絶対に必要なことがあります。
「申込みボタン」をつける事です。

売り物が何もなく、アカウントのフォローをしてほしいと言う場合には、
フォローボタンでかまいません。

要はウェブサイトを見た人が、あなたの「売り物」を「買える」ようなボタンを
付けることが大切なのです。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

「フォロワー」と言う「売り物」がある

ウェブサイトを作り、そこに「売り物」を並べろと
言われても、

まだ畑もないし、野菜も育てていない。

まして、菜園起業や半農生活なんて先々の話。

何も売るものなんかない・・・

菜園起業&半農生活に興味があっても、
まだ踏み出していない人はこんな風に思ってしまうかもしれません。

果たしてそうでしょうか?

売り物はあります。

それはあなた自身です。

「半農生活をしたい」と考えているあなた自身が売り物になりうるのです。

半農生活をしたい、
半農半Xの「農」の部分でもお金を稼いで菜園起業できたらいいな、

そう言う願望を持っているあなた自身を売りましょう。

ウェブサイトに載せる自己紹介は、
自分の願望を書けば十分です。

「将来、半農半Xの生活をしたいと思っている○○(名前)です。」
と書けば自己紹介になります。

そして、日々、半農生活について思ったこと、した事をウェブサイトに投稿していきましょう。

例えば、半農生活について書いてある本の事だけでも、
何回も投稿が可能です。
「今日は半農生活についての本があることを知りました。」
「この間知った半農生活についての本を注文しました。(届くのが楽しみです。)」
「この間頼んだ半農生活についての本が届きました。(読むのが楽しみです。)」
「半農生活についての本を少しだけ読みました。(まだ全部読んでいませんが、とりあえず、今のところは面白いと思います。)」
「半農生活についての本を読み終わりました。全部読んでの感想は○○です。」

開設したウェブサイトにブログ機能がついていれば、こういう風に毎日投稿をする事が可能です。

無料で「広告非表示」、ブログ付きウェブサイトを作る

そして、投稿する度に、Twitterで投稿記事のURLをシェアするようにしましょう。

こうした投稿をシェアしているあなたの「Twitterアカウント」をフォローして下さいと
呼びかけましょう。

「フォローして下さい。」これが、あなたの最初の「売り物」になります。
フォロワーになると言うことは、「無料」かもしれませんが、
相手があなたに関心を持ち、自分から行動しないと出来ません。

フォローすることによって、あなたの活動について「投稿記事のシェアを観る」と言う形で
参加した、

つまり、「あなた自身」を買ってくれたわけです。

だから、「フォローして下さい」は立派な売り物です。

え?、ウェブサイト開設が先で、SNS活用は後、
ウェブサイトに売り物を載せろって言ってたみたいだけど、
「フォローして下さい」が売り物だとすると、
Twitterアカウントがないと売り物の載せようがない?

そのへんの具体的な手順は、次回、また取り上げます。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

野菜販売イメージ写真

SNSは集客の道具だから「売り物が先」が当然

前にも書いた通り、ウェブサイトの開設が先で
SNSの利用はその後です。

「ウェブサイトが先、SNSの活用は後」なわけ

ウェブサイトがネット上における菜園起業&半農生活の活動拠点であると言うことは、
ウェブサイト=お店であると言うことです。

通販をしていなくても、カートが備わっていなくても
ウェブサイト=お店です。

通販とかカートと言うのは「売り方」の問題に過ぎません。
実店舗でもキャッシュレス決済が出来る店も出来ない店も、レジがある店もない店もあります。
屋台だろうと移動販売だろうと「店」は「店」です。

ウェブサイトに「参加メニュー」を載せた時点で
あなたの店は始まったのです。

そして、SNSは集客の道具です。
チラシと同じです。

ウェブサイト開設前にSNS活用を始めると言うのはどういう事かと言うと、
店も売り物もないのに、チラシをばら撒いているようなものです。

ウェブサイト開設が先、SNS活用は後と言うのは、
お店を開き、品物を揃えてから、チラシを配りましょう

と言っているのと同じで、
商売としてはごく当たり前の事なのです。

え?、開店前に「いついつ開店するから来てくださいってチラシを配る店もある」ですって?

その場合でも、店が出来ていて、売り物が準備されていますね。
チラシ配布より販売開始のタイミングが遅れるだけです。

ウェブサイトの場合でも、
「いついつから販売します」とSNS投稿するのはアリです。

ウェブサイト開設が先、SNS活用は後に変わりはありません。

さて、次回あたりから、まだ具体的に野菜を育てているわけでも
菜園教室を開いているわけでもなく、
畑すらないのに、

「売り物」って言われても
どうしたらいいか分からないと言う方が

用意できる「売り物」について説明することに致します。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術

参加メニューイメージ画像

ウェブサイトに載せるべきなのは「自己紹介」と「参加メニュー」

半農生活&菜園起業のネット上の活動拠点である
ウェブサイト。

開設したら何を掲載すべきかと言うと、
自己紹介と参加メニューです。

つまり、ウェブサイトを観ている人に
1)自分は何者であるか?
2)何をしているか?
3)活動に参加したいと思ったら、どうすればいいか?

の3点が伝わるようにする事が大切です。

3)の「参加メニュー」は意外と無視されがちですが、
必須項目です。

なぜならば、これこそが、菜園起業をするあなた自身の「売り物(=商品)」だからです。

仮にまだ半農生活の「準備中」であったとしても、
何らかの形であなたの活動を応援してもらう具体的な行動に
参加してもらう方法を用意して
提案することは可能です。

そして、そうやって、参加方法を提案する経験が、
将来、お金を稼ぐ上でも役に立ちます。

その意味で、ウェブサイト開設段階から
「菜園起業は既に始まっている」
と言えます。

そう言われても、野菜を育てているわけでも
菜園教室をやっているわけでもない、

どうしていいか分からないと言う方のために
次回以降、また説明をしたいと思います。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業の稼ぎ方

全部タダじゃないけど、出来るだけゼロ円に近い菜園起業のためのIT活用術