雨の日のビニールハウス

日照時間が少なく、低温だった2019年7月

雨の日が少なく、高温傾向だった2019年6月のさいたま地方。

21世紀以降の高温傾向が維持され、降れば土砂降りだった2019年6月

「お湿りの日」が少なく、土が乾きやすい状態にありました。

7月のデータを過去と比較すると、かなり異なった傾向が見てとれます。

さいたま地方、7月の積算気温の変化

2004年以来、さいたま地方7月の平均気温積算値は、毎年750℃以上を記録してきました。
2019年は、2003年以来、16年ぶりに750℃を下回りました。

1985年以降、最高気温積算値が850℃を下回った年は、7回しかありません。
2019年は838℃と850℃を下回りました。

このように低温傾向となった理由は、日照不足です。
2019年7月、さいたま地方の総降雨量は、168mmです。

さいたま地方7月の降水量積算値の変化

1985年~2019年の過去35年間、総降雨量の最大値は279mm、最低値は16mmです。

今年の総降雨量は中程よりやや多いぐらいでした。
2019年7月は、例年に比べ、格別に総降雨量が多かったとは言えないかもしれません。

しかし、過去35年間、さいたま地方では、7月に1ミリ以上の雨が降った日は、
全体の37.3%であったのに対し、

2019年は48.5%でした。

つまり、例年は3日に1回ぐらい雨が降るような状態だったのに対し、
今年は2日に1回ぐらいのペースで雨が降っていたと言えます。

日照時間も少なく、さいたま地方7月の総日照時間は、過去35年間で少ない方から数えて、7番目でした。

過去のデータをみると、総日照時間と気温積算値の間には、相関があるようです。

さいたま地方7月の日照時間積算値 と 最高気温積算値の関係

雨の日が多く、日照が少なく、低温傾向となった2019年7月。

5月の遅霜でダメージを受けた夏野菜が、ようやく再生長を始めようとする頃、
光合成を十分にすることが出来なくなってしまいました。

これは、ナスやピーマンなどの生育に、かなりのダメージでした。