【てんとうむしプロジェクト】気象データ解析2020

毎月、1980年以来のさいたま地方の気象観測データと2020年のデータを比較し、野菜の生育との関わりについて考察しています。

霜のイメージ写真

「待降節(冬至前)寒波」が到来した2020年12月

12月に限りませんが、毎年の同時期の「暖 ...
続きを読む
イチョウの黄葉イメージ画像

立冬と小雪の中間で冷え込む日が増える

ハロウィーンが過ぎると、埼玉県南部では、 ...
続きを読む
コスモスと青空

寒露と秋土用入、霜降の間に深まる秋

10月10日は1964年の東京オリンピッ ...
続きを読む
残暑イメージ画像

「二百二十日」過ぎに低下する気温~2020年9月

暑い暑いと言っていた連日の猛暑日から 長 ...
続きを読む
猛暑イメージ画像

過去40年間最大級の超猛暑がもたらしたもの~2020年8月

暑い8月が終わりました。 連日のように、 ...
続きを読む
アジサイイメージ画像

遅まきのキュウリでも収穫が始まった理由~2020年6月

見沼菜園クラブではオクラの収穫が始まりま ...
続きを読む

例年より1ヶ月早い収穫をもたらしたもの~2020年5月

お花見が早かった今年ですが、 4月のさい ...
続きを読む
桜イメージ画像

2月からの積算で春野菜の収穫期が早まる~2020年3月

2020年2月は、過去最高レベルの暖冬だ ...
続きを読む

2019年版はこちら>>