梅とメジロ、春の訪れイメージ画像

過去40年間で最高水準の暖冬。中下旬は数日おきのお湿りで野菜は育ちやすかった~2020年2月

2020年2月は、過去最高レベルの暖冬だったようです。
1980年以来の2月のさいたま地方のデータと比較してみると、

最高気温積算値は、トップ。
最低気温積算値も第二位となっています。

日中のポカポカ陽気も最高レベル、
夜間・明け方の冷え込みもこの時季としては非常に少なかった

それが2020年2月のさいたま地方だったようです。

さいたま地方、2月の最低気温の日変化
上のグラフが示しているように、今年は2月12日を最後に最低気温が0℃を下回る日がなくなっています。
昨年は20日過ぎでも0℃未満になる日がありました。

バレンタインデーは、ローマで小鳥が最初にツガイで飛ぶ日と言われています。
日本流に言うなら、梅にウグイス(メジロ)と言うような春の訪れの風景が見られる時季と言う事でしょうか。

実際、今年はバレンタインデー頃から冷え込みも少なくなり、暖かい日が続いたと言えます。

また、雨も頻繁に降ったようです。
さいたま地方、2月の降水量の日変化
2020年2月のさいたま地方の月間降水量は8.5ミリで、これは同時期のものとしては1980年以来下から数えて第三位です。
降水量から見ると、「乾いた2月」だったと言えます。

しかし、例えば、昨年2月は35.5ミリと今年の4倍の降水量でしたが、中旬は1ミリ以上の降水があった日はありませんでした。
これに対し、今年はバレンタインデー以降、中1~3日で1ミリ以上の降水が記録されています。

つまり、2020年2月のさいたま地方は「ドカ降り」はなかったが、けっこう頻繁に「お湿り」があったと言えます。

冷え込みがなく、晴れた日はポカポカ陽気、頻繁なお湿り、

こうした気象条件を背景にして、野菜の生育は極めて順調でした。
立春~バレンタインデー過ぎ頃から春野菜の植え付け・種まきは本格化します。
種まきされた春野菜はいずれも順調に発芽し、生育しています。