虹の約束 菜園クラブのミッション

While the earth lasts,
Seading and Harvest,
Summer and Winter,
Heat and Cool,
Day and Night,
Shall never desease.
地の続く限り
種まきも刈り入れも
寒さも暑さも
夏も冬も
昼も夜も
止むことはない。
(創世記第8章22節)
赤、オレンジ、黄色、緑、青、紫、白・・・。
どうして、野菜の色は七色なのか、知っていますか?
 
それは、箱船から出来てきた地上の全ての生き物に
虹を見せながら、神様がこう約束したからです。
 
「地球が続く限り、農業と季節の循環はずっと続く」と・・・
僕らは野菜を育てるごとに、また食べるごとに、その約束を想い出すのです。
 
1960年当時600万ヘクタールを越えた日本の農地も、
現在、有効に使われているのは300万ヘクタール程度。
 
今後、さらに、耕作放棄地は増えると予想されています。
 
しかし、箱舟の時代と同じように、希望は常にあります。
 
農村部や市街地の遊休地を使い、
菜園起業する人、菜園デビューする人を増やして、
半農ライフを普及すること、
 
そうして、農地を保全し、田園景観を守っていくことです。
 
今から50年経った時、
日本の農地を守ることに、菜園起業家たちも役立っている
 
そう言ってもらえるように、
菜園クラブは歩んでいきたいと思います。
株式会社菜園クラブ
ホームページ定礎
2009.4.12 Easter