「『生きている』著作物」を作るCMS

もう一つ、ワードプレスと
メタスライダー等が
作る世界は、

「自費出版」と言うか、
従来の文筆業の概念を
超えたビジネスを生み出すと言うこと。

つまり、複数のレイヤーが
動的に動く
例えば、画像の上を文字が流れたり、
いきなりグラフが出現したり
と言うような展開と

リンク先にじっくり読ませる解説文を
用意して、
学習してもらうというような
「電講所」のあり方が可能なのだが、

一つのサイト内で、
そうした記事やスライド、レイヤーが
量産可能であり、
サイト内に情報が拡大・蓄積して、

サイトそのものが「生きている著作物」
となり、
「有料会員」などの設定を通じて、
従来の「印税」とは違う

インカムがその「生きている著作物」 
に対して、発生する。

つまり、CMS(コミュニティ管理システム)それ自体を
「生きている著作物」を刊行し、
収益を得る道具として
位置づけると言うこと。

これまた、相当に面白いことだと思う。

Follow me!