立冬と小雪の中間で冷え込む日が増える

ハロウィーンが過ぎると、埼玉県南部では、あまり野菜の種まきをしなくなります。

野菜の生育期に気温が上がらず、種まきしてもあまり育たないと予想されるためです。

赤棒グラフは、立冬と小雪

さいたま地方の1980-2020年までの気象データをみると、

立冬(11/7頃)と小雪(11/22)の中間、11/11-15頃から、最高気温が20℃を超える日が少なくなっていることがわかります。

赤棒グラフは立冬と小雪

最低気温5℃以下の日は、11/15頃から増えています。

立冬と小雪の中間、11月中旬頃から日中の気温が上がらず、夜間は冷え込む日が増えてくるようです。

緑丸は、立冬と小雪

2020年11月のさいたま地方の最高気温積算値は、11月としては1980年以来最大となり、記録的に「暖かい11月」だった事が分かります。

しかし小雪の日こそ最高気温20℃を越えたものの、それ以後は20℃以下となっています。

「暖かい11月」の埼玉県にも、冬の訪れは確実に近づいてきたのでしょう。

ところで、暖かい11月、見沼菜園クラブでの野菜の生育は順調でした。

超猛暑で秋野菜の植え付けが遅れたりして、年内の野菜供給が心配されましたが、遅れを取り戻すかのように順調に育ち、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも大根や葉物類を提供できました。

イチョウの黄葉は、最低気温が10℃を下回るあたりから起きてくるそうです。

11月に入ってから種まきできる野菜には、ソラマメやエンドウマメなどのマメ類、ホウレンソウなどが挙げられます。保温をすれば、キャベツなどの育苗も不可能ではないでしょう。

今年、見沼菜園クラブで10月中から不織布で保温をしたホウレンソウは逆に蒸れてしまいました。

今後は、こうした種まきや保温をする時期の目安として、「イチョウの黄葉前・黄葉後」と比較していくことも検討課題のように思います。

菜園デートでザリガニ発見・・・♪

暖冬とは言え、立冬から小雪に移り変わる時季。

「地始めて凍る」と七十二候に記された通り、
地面が凍るような事はまだないとは言え、
風も冷たくなってきた「かわぐち&みぬま菜園クラブ」。

小さい彼氏と彼女は、今日も楽しく菜園デート。

すると、見つけました。
小さな水路で動くもの。

なんだろう?
すくい上げてみてると、
小さなザリガニ。

わぁーお♪

ところで菜園までバイクで来た人に
地主さんちのクロネコちゃんがご挨拶。

ニャーゴ♪、ニャーゴ♪

アレアレ、遊んで欲しいのかな?
って

どっかに言ってしまいました。

ご挨拶のワケは、後ほど判明。

帰る時になったら、バイクの上に
しっかりニャンコの肉球の形に泥が・・・♪

どうやら、乗ってきた直後は
サドルの上が温かいので
そこで日なたぼっこしたかったんですね。

ネコの肉球跡

1歳と24歳の菜園デビュー

立冬前のかわぐち菜園クラブ。

やってきたのは24歳のピッカピカ。

実は田舎でお父さんが農業をしているとか。

趣味がないので、どうしたらいいかなぁと
お母さんに相談したら、

週末農業が流行っているからやってみたら
と言われての菜園デビュー。

最初はクワの使い方の練習、
それから溝を掘って、
土を盛り上げ、野菜を植える「畝」を
作ります。

「これが標準的な『畝』の作り方です」
と説明すると、

「『畝』ってなんですか?」
って聞いてきました。

「野菜を植えるために土をこういう風に盛り上げた場所の事です。
もっとも、農業の用語は方言も多いから、田舎では違う言い方をしているかもしれませんね」
とお返事すると、

「ばあちゃんが何言ってるか、私分かんない事が多い」

まあ、これからはお父さんやおばあちゃんと、
野菜談義ができるかな?

ところで、パパに抱っこされてやってきたのは、
やっと歩けるようになった1歳2ヶ月のボク。

冬に向かう菜園で、
ママが不織布を張って、
お野菜を温めようとしている横で
パパと一緒に、
お他所のお姉さんにご挨拶。

これからもよろしくね。

菜園シュンギク天ぷらパーティ

この秋からかわぐち菜園クラブに参加してきた50代の方。

初めて育てた秋野菜が育ってきました。

そろそろ、シュンギクの葉を摘んでもいいですよ
って言われて、

嬉しそうに収穫を始めたのが先週の事。
シュンギクは葉を摘んだ後、
カブを残しておくと、また新しい葉が生えてくるので
何度も収穫を楽しめます。

1週間経って、また育ってきた葉が摘めそうに。

実は朝来て、シュンギクの葉を摘み、
おうちに持ってかえって、天ぷら制作。

朝ごはんはシュンギクの天ぷらでお蕎麦。

そして、その天ぷらをおすそ分けに
日中、再び菜園に登場。

菜園教室に来た人たちに振る舞い始めました。

衣に塩味をつけた朝取りシュンギクの天ぷら、
とってもおいしかったです。

菜園初しぐれの後は、お野菜のお布団をかけましょう

10月下旬は七十二候では、初時雨から立冬に向かう時季。

段々、冷え込んできて、お野菜の生長速度も鈍ります。

保温するようにしましょう。
そう言われて、みんな、ポリシートや不織布など、
「お布団」をお野菜の上に掛け始めました。
保温中


長~いシートを切って下さいって言われてチョキチョキ。


きれいなお姉さんのところには、僕がシート持っていくんだ。


あ、でも、せっかくお姉さんが土を耕して柔らかくしたところ、踏んづけないでね。

お花、見せたかったのかな?