儲かった時は財布の口を締めよう

当たり前の事ですが、

収入から支出を引いたものが利益です。

収入(売上) ー 支出(経費) = 利益

です。

利益を出すのに、売上をあげるのと、
経費を減らすのでは、経費を減らす方が簡単だと
よく言われています。

実際、売上がなかなかあがらず、
利益が出にくい状態の時は、

なんとか少しでもと
節約に務める人も多い事でしょう。

もっとも、売上が上がっていない時には、
入ってくるお金もあまりありません。

使いたくても使うお金が入ってこないとなれば、
自然と、無駄を避けようと言う気持ちが生じてきます。

ところが、儲かってくると、そういう気持ちが生じにくくなります。

むしろ、無駄遣いしたくなる衝動が沸いてきます。

この衝動は、今まで我慢してきた反動から生じます。

あれもしたかった、これも欲しかった、
あれこれ抑え込んできたものが
表に出てくるわけです。

実はこれが危険なのです。

このリバウンド的な衝動を我慢できないと
無駄遣いをしていく事になります。

様々な努力が実を結んで
売上があがり、利益が出るようになった
その努力をフイにしてしまう危ない行動、
それが「リバウンド無駄遣い」です。

儲かった時ほど、自分がお金をかけようとしているものが
本当に必要なものか考えてみる癖をつけましょう。

それが一層の飛躍に必要な事です。

自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習
菜園起業入門セミナー

菜園起業の稼ぎ方

Follow me!