清明、春土用、穀雨を経て、初夏の陽気となる ・・・2021年4月

さいたま地方の2021年3月は、最高気温積算値1980年以来、第2位でした。最低気温積算値は暖かい方から数えて第1位でした。

2021年4月は、最高気温積算値は第6位、最低気温積算値は暖かい方から数えて12位でした。3月ほど例年より暖かいと言うわけではないものの、かなり暖かい状態だったようです。

4月1日と3日、20~21日は、最高気温が平年(1980-2021平均値)より5℃以上高く、清明(4月4日頃)直前、穀雨(4月20日頃)後にかなり暖かい日が出現した事が分かります。

1980年~2021年のさいたま地方では、清明後の4月6日頃から最高気温20℃を超える日が3分の1以上の頻度で出現するようになっています。春土用入り後の4月19日には半分ぐらいの頻度、穀雨入り直後に頻度がやや落ちますが、4月22日頃から半分以上の頻度になっています。

最低気温5℃以下となる日については、清明後の4月7日頃から半分以下の出現頻度となっています。春土用入り直前の4月15-16日頃は5分の1程度の頻度、穀雨後もほぼ5分の1以下の頻度が維持されています。

お花見から葉桜の時季を経て、清明、春土用入り、穀雨と節季を迎えるのにつれて、春から初夏へと季節が移り変わっていく時季だと言えます。

さいたま地方の4月は、キュウリやスイカ等のウリ類の直まきが可能になる時季です。また、モロヘイヤ、エンサイ等の夏の葉物類の種まきも保温しながら可能になる時季でもあります。

2-3月に種まきをした春野菜は徐々に収穫の時季を迎えますが、暖かい日が続くと「育ちすぎ」にも注意が必要となります。

こうした農作業や野菜の生育状況について判断する目安として、清明・春土用入り・穀雨などの節季は使えるのではないかと思われます。

校庭とどっちが広い?

ゴールデンウィーク突入♪

この4月から小学校に通い始めたボクが

初めて麦茶とお堀農園にやってきました。

あまりの広さに嬉しくなって

フカフカの土の上を思いっきり走って・・・

あんなに遠くまで行っちゃいました。

池作りたかったら、ここに掘っていいよ。

ワーイ!

休憩所作ろう、いつ作るの?

ところでキャベツの苗がいっぱいできました。

ザワークラウト食べ放題ですよ。

あ、それなら、この子がやるといいかも

どうやら、子供の手についている菌は

大人とは違い、子供が揉むと甘いザワークラウトになるのだそうです。

って言われたワタシは、パパにビッター♪

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

パパとニンジン掘ったよ・・・♪

4月になって、新しい生活。

時々、小雨が降る中、やってきたワタシに聞いてみました。

幼稚園楽しい?、

ウン!

それは良かった。

畑の中を走り回って、お花を摘んで。

パパとニンジンを掘って…

風邪を引かないでね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

「暑さ寒さも彼岸まで」は正しいか?(春の場合) ・・・2021年3月

さいたま地方の2021年3月は、最高気温積算値が469℃で1980年以来、第2位でした。最低気温積算値は169℃で、こちらは暖かい方から数えて第1位でした。

2021年3月は、過去約40年間で最も暖かいレベルの春だったと言えそうです。実際、ソメイヨシノが咲くのも散るのも早い年でした。

ところで、「暑さ寒さも彼岸まで」と言う言葉があります。「お彼岸」は春には春分前後、秋には秋分前後の約1週間の「雑節」です。

暑いとか寒いとかと言っていても、春分・秋分の頃になると極端な暑さ、寒さはなくなると言う意味です。

この言葉はどのぐらい当てはまるものなのでしょうか。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

1980年~2021年のさいたま地方3月の最低気温0℃以下の日の出現日数をみてみると、ホワイトデー(3/14)前までは、5-10日ぐらいありますが、ホワイトデーを過ぎると5日を下回るようになります。

つまり、出現率が8分の1から4分の1ぐらいだったものが、8分の1未満になると言う事です。そして、春の彼岸入りする3/18を過ぎると、出現日数1-3日程度、(出現率40分の1~14分の1程度)になります。

お彼岸以後は、0℃以下に冷え込む日がぐっと減ると見てよいでしょう。

赤棒は、ホワイトデー(3/14)、春分(3/21頃)

一方、最高気温20℃以上の日は、ホワイトデー以前には、出現日数2日(出現率20分の1)以下だったのが、以後は3日を超えるようになります。

そして、彼岸に入ると出現日数4日(出現率11分の1)以上となり、3/20は6日に達します。彼岸後半には出現日数が減りますが、彼岸明けからまた増え、5-7日(9分の1~6分の1程度)になります。

こうしてみると、彼岸前後から冷え込む日がほとんどなくなり、ポカポカ陽気の日が増えてくることが分かります。

2月まきの春野菜は、不織布等で保温して育てる事も多いでしょう。お花見の頃まで保温をしていると逆に保温内部の温度が高すぎて、葉物の葉やけや育ちすぎが起きるようになってきます。

こうした事態を避けるためには保温の撤去や調整が必要になってきます。彼岸はこうした保温調整の目安として使える雑節と言えるのではないでしょうか

節季としてのバレンタインデー ・・・2021年2月

さいたま地方の2021年2月は、最高気温積算値が374℃(2/1~2/28、以下特に断りがない限り、本記事中での2月のデータは全てうるう年でも2/29を除いて2/1-2/28までのデータに基づいて計算したものです)で1980年以来、最高でした。

最低気温積算値も多い方から数えて12位でした。2021年2月は、暖かい2月だったと言えそうです。

2021年のさいたま地方は、バレンタインデーには、最高気温18.7℃となり、雨水(2/18)後の2/21には20℃を越えました。

このバレンタインデーですが、どうやら日本でも「節季」、すなわち、季節の移り変わりの目安として使えそうです。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

1980年以後、最高気温15℃以上の日の出現日数をみてみると、1月については、各日付とも2日以下です。つまり1月のある日付の日が15℃以上になるのは、42年間で2回(20年に一度)あるかないかぐらいの事が多いと言うわけです。

2月については、立春前後の2/2.2/6に3日を記録しています。そして、バレンタインデーは9日となっています。15℃以上になる暖かい日が1月の各日では20年に一度以下だったのが、2月前半には20年に一度ぐらいは起きる事が普通になり、日によっては14年に一度ぐらいの頻度に高まる、そしてバレンタインデーには5年に一度の頻度になっていると言う事です。

バレンタインデー以後は、雨水(2/18頃)前後の2/16-2/19には、最高気温15℃以上の日の出現頻度はいったん1日程度になります。しかし、2/20日以降は4-8日となっています。

バレンタインデーは日中は暖かい日となる可能性がかなりあり、雨水を過ぎれば暖かい日が増えてくると言う事です。

赤棒は、小寒(1/5頃)、大寒(1/20)
赤棒は、立春(2/4頃)、バレンタインデー(2/14)、雨水(2/18)

冷え込みの方はどうかというと1月の最低気温マイナス4℃以下の日は、各日付とも42年間で5日以上出現することが多いようです。日付によっては10日以上出現しています。つまり、各日とも4-8年に一度はマイナス4℃以下になる事があるわけです。1月は1週間に一度ぐらいはマイナス4℃以下になるのだと言っても間違いではないでしょう。

2月になると、出現日数が5日を切る日が出てきます。バレンタインデー以後雨水直前の2/17までは1日かゼロ日。

つまり、バレンタインデーを過ぎるとマイナス4℃以下の冷え込みは40年に一度あるかないかの状態になる事が多いと言う事です。

(2/16-19は15℃以上になることが少ないと書きましたが、同時にマイナス4℃以下にもならないと言うことは、バレンタインデー直後はすごく暖かくもならないが、極端な冷え込みも起きにくいと言う事になります。)

そして、雨水(2/18)を過ぎると、マイナス4℃以下の日の出現日数はやや増えますが、多くても5日、たいていは1~3日です。1月のように10日以上になることはなくなります。

このように見てくると、バレンタインデーを節季、すなわち、季節変化の目安のひとつと考え、春取り野菜の種まきや植え付け時季の参考にするのは、日本でも役立つ事ではないでしょうか

見るのはいいけど・・・♪

4月の陽気?

とってもポカポカの見沼菜園クラブ。

春野菜の種まきしよう♪

種まく場所の草取りしよう♪

見るとテントウムシさんが草むらの中に・・・

テントウムシさんがいるよ♪

なんで逃げるの?

草の中がテントウムシさんのおウチなんだよ。草を取ったから、おウチがなくなったって逃げていくんだよ。

なんで草取るの?

だって、草取らないと種まきできないでしょ。

地面を這うテントウムシさんを一生懸命見つめるボク。

だけど、テントウムシさんが袖に乗ってきたら、

コワイ、コワイ。

大丈夫よってママがテントウムシさん取ってくれたら、

またニコニコしていました。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

なんで二枚重ねるの?って・・・♪

バレンタインデーは、ローマで小鳥が番いで飛び始める日。

2/18の雨水(うすい)は雪が雨に変わる日。

東西の節季を前にして見沼菜園クラブもポカポカです。

春野菜の種まきしよう・・・♪

種の上から土をかけてあげて

シャベルで苗を掘り取れるようになった♫

ワタシはお気に入りのバケツで土を持ってきて

種の上にジャア。

土抑えてあげてねって

言われたら、ちゃんと手の平でポンポン。

「鎮圧」もできるようになりました。

さ、まだ寒い日もあるから保温しよう。

不織布をかけ、更に農ポリでトンネルをかけると

「なんで二枚かけるの?」

びっくりしました。

もうそんな質問ができるようになったんですね。

言葉をしゃべりだしたのが、ついこの間のような気がしていたら、

もう「なんで」って理由を知りたがって聞けるようになったんですね。

「まだ、寒いからだよ」ってお返事しながら、感動しちゃいました。

ところで、菜園の入り口で水道工事をしている人がいました。ビニールハウス用のパイプをジョイントでつないでいて、どうやら、お池を掘って水を引く計画だとの事です。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

シャベルで苗を掘り取れるようになった♫

春立つ今日の風や

って、立春を迎えた見沼菜園クラブ。

かなり暖かくなっています。

みれば、去年、ボクが一人で作ったトンネルの中で、小松菜が立派に育っています。

一人でトンネル作った。

わーい、なにして食べたい?

煮浸し?、おひたし?、油炒め?

油炒めがいい!

オジサンは小学校の家庭科の調理実習で小松菜の油炒め作ったんだよ。

そういう会話は置いておいて、この間進めてきた花壇づくり、

暖かくなったし、ジャーマンアイリスを植え替えますか。

菜園花壇つくりゲーム

菜園花壇の柵を作ったよ♪

すると、ワタシがシャベルで苗をヨイショ、ヨイショ。

出来るかな?

わ、出来ました。ちゃんとジャーマンアイリスの苗を掘り起こして取る事ができました。

もう畑の中歩いて転ぶこともあんまりなくなりましたね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

冷え込みとはなにか ・・・2021年1月

さいたま地方の2021年1月は、1980年以来のデータで見ると、平均気温積算値で寒い方から数えて42年間中26位、最高気温積算値で28位、最低気温積算値で17位でした。

つまり、1月全体の気温の水準としては、ここ40年ぐらいの中でとても寒いわけでも、とても暖かいわけでもない、まあまあ、「普通の1月」だったのではないかと思われます。

ただ、実際には、かなり霜で野菜に被害がでました。

見沼菜園クラブで見ると、カブや大根等の一部が根の組織が破壊され、「凍みた」状態になってしまいました。

また、菜の花やシャクシナも霜でやられました。

下のグラフで1980年以来、-4℃以下の日の出現日数をみると、1月13日頃と1月27日頃に多くなっている事が分かります。(横軸は日付です)

1月13日は小寒(1月5日前後)から約1週間後、1月27日は大寒(1月20日前後)から約1週間後です。

つまり、上のグラフは小寒・大寒となってから1週間後ぐらいに厳しい冷え込みが来ることが多いことを示しています。

ところで小寒の1週間後と大寒の1週間後では、冷え込み方に差があるようです。

さいたま地方の1980-2021年までの1月13日の最低気温出現日数は、下のグラフの通りです。

ご覧のようにマイナス1℃以下マイナス2℃より高いレベルの日が最も多く出現しています。

一方、1月27日について、同様のグラフを作ると下の図のようになります。

ご覧のように、マイナス4℃以下でマイナス5℃より高いぐらいの日が最も多く出現しています。また、マイナス2℃以下でマイナス3℃より高い日も多くなっています。

つまり、小寒より1週間後あたりに比べて、大寒1週間後ぐらいの方が最低気温がマイナス2℃からマイナス5℃になる事が多いと言えます。

なお、2021年1月は、小寒から4日後の1/9に最低気温マイナス7℃、5日後の1/10に最低気温マイナス6.7℃を記録しています。

野菜の霜害防止を考える場合、零下、特にマイナス5℃を下回るような状態がいつ来るかを考える事が重要ではないかと思われます。

草むらの中にテントウムシがたくさんいたよ。

寒い朝、自転車のハンドル握る手が軍手をはめていても凍えます。

でも、見沼菜園クラブにみんなやってきました。

菜園に来る時いつも持ってくる虫かごを手にしています。

こんなに寒いのに、虫さんいるのかな?

バレンタインデー過ぎたら春野菜を植えようね。

なんて、準備のために土を掘り起こしていくと、時々、イモムシさんが出てきます。

今日、見つかるのは、せいぜい、土の中のイモムシさんぐらいじゃない?

なんて言っていたら、

テントウムシがたくさんいたぁ・・・

って虫かご得意そうに見せてくれました。

どうやら、草むらの中にいたらしいです。

雑草が生えている場所は、放射冷却現象が起きにくいので霜が降りないことがあります。

それが原因だったのかな?

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。