7月まきニンジンの収穫までの積算温度

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで7月まきしたニンジンは10~11月に収穫期を迎えました。

秋どり根菜類の収穫までの積算温度は、以下の表の通りです。

野菜の種類 種まき~収穫 日数 平均気温合計 最高気温合計 最低気温合計 栽培法
聖護院大根 9/3-10/24 51 1039 1234 866 黒マルチ
三浦大根 9/3-11/19 77 1359 1685 1061 黒マルチ
聖護院大根 9/9-11/11 63 1142 1413 899 黒マルチ
三浦大根 9/9-12/5 87 1350 1740 988 黒マルチ
聖護院カブ 9/3-11/11 69 1279 1569 1019 黒マルチ
聖護院カブ 9/9-12/9 91 1370 1782 988 黒マルチ
金町小カブ 10/1-12/10 71 893 1220 590 黒マルチ(11/5よりポリ保温)
ニンジン 7/20-10/10 82 2027 2374 1730 溝底播種、マルチなし

これを2016年、ニンジンを栽培した農家の方からヒアリングした結果と比較してみると、

2月まき6月どりニンジン 黒マルチ使用 最高温度の積算 約2500℃
5月まき8-9月どりニンジン マルチ使用せず 最高温度の積算 約3000-3100℃

となっています。

栽培時季やマルチの使用の有無も違いますが、
こうした様々な時季・栽培方法でのニンジンの生育データが蓄積していく事によって、

ニンジンの周年栽培(年間を通じて、栽培・収穫する)方法が見えてくるかもしれません。

コマツナの生育と最低気温

かわぐち菜園クラブや瀰瓊際(みぬま)菜園クラブの
2017年9月まきのコマツナの種まきから収穫までの
積算気温を
2016年7月まきの場合と比較してみたのが
下の表です。

平均気温合計 最高気温合計 最低気温合計
2017/8/20-9/10 551 648 467
2017/9/3-9/30 640 759 532
2017/9/10-10/5 580 695 475
2016/7/17-8/7 581 676 505

平均気温の積算で550-580℃前後、
最高気温の積算650-690℃前後で
あることは8-9月まきの場合でも、7月まきの場合でも
同じように見えます。

しかし、最低気温でみると、8-9月まきの場合は、種まきから収穫までの
積算気温は460-470℃前後であるのに対し、
7月まきの場合は、500℃前後と30℃以上高くなっていることが分かります。

収穫まで20-25日前後とすると、
7月まきの場合の方が、8-9月まきの場合に比べて、
一日あたり1℃以上最低気温が
高かったことになります。

最低気温を記録するのは、通常、夜間だと思われますが、
植物は、夜間、光合成はしないで呼吸のみをしています。

夜温が高いと呼吸が活発になり、
日中できた光合成産物をそれだけ多く消費してしまいます。

2016年7月まきのコマツナは葉が薄く、
食べても苦めの味でした。

これは、あまり暑い時期にコマツナを育てようとすると、
葉に光合成産物が蓄積されず、
糖度も下がってしまうためにないかと思われます。