フキはなかったけど、セリを摘んだよ♪

見沼菜園クラブの菜園教室は、朝から「なぜだろう」の謎解き会。

発芽しずらいニンジンやホウレンソウは良く発芽しているのに、大根や小松菜など、発芽しやすいアブラナ科の野菜がさっぱりの会員の方・・・

どういう風に種をまきましたか?

縦横にスジをつけて、その交点にまいたとのこと。

つまり、15cm間隔できちんとまきたかったらしいのですが、

どうも、それがいけなかったと思われます。

おまけにかなり目一杯雑草を埋めていて、その上にちょっとスジが付く感じになっていて、そこに種を置くと浅すぎて、雨が降った時に土から種が浮き、今度は晴れて、そのまま乾いてしまう、

すると、根が土の中に張っていないので、干からびてしまう可能性がある・・・

種の残骸らしきものを見ながら、そういう解説をしました。

では、今からまき直しをしましょう。

今度はまきスジをつけず、巻き尺で15cm、30cmのところに、エナメル塗料の空き瓶で「窪み」をつけて、そこにまくことに。

この方が適正な深さに種まきできそうです。

この後、エンドウマメの草取り。

なんと、草を取ったら、もう小さい実がついていました。

そして、水路際のフキノトウがあったら取りたいと言うお話。

取ってきたらどうですか?と言って、しばらく、水路際をごそごそ・・・

やがて戻ってきたら、フキノトウではなく、セリを手にしていました。

どうやら、もうフキノトウの季節は終わり。しかし、代わってセリが生えています。

天ぷらに、味噌汁に、セリ、美味しいですよね。

[booking_package id=3]

Follow me!