「有効積算温度」の可能性

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブにおけるコマツナの生育期間と
積算気温

生育期間 積算温度 5℃以上
有効積算温度
2/7-4/5 848 558 2月まき安藤早生
2/7-4/10 947 632 2月まきイナムラ、キヨスミ
3/17-4/19 646 476 3月まきイナムラ、キヨスミ
8/20-9/10 648 538 8月まき

瀰瓊際(みぬま)菜園クラブで、昨年の8月まきしたコマツナと
今年の2月、3月まきしたコマツナの種まきから収穫までの
積算気温を比較してみました。

8月まきのコマツナの品種を控えておかなったのですが、
通常タイプのもので、
今年の2-3月まきの品種のうち、
安藤早生のような「サラダコマツナ」的な品種よりも、
イナムラやキヨスミのような肉厚系のものに近いと思われます。

さて、昨8月まきのコマツナは、種まきから収穫まで最高気温の積算648℃でしたが、
今年2月まきのコマツナは、サラダコマツナ的早生タイプで848℃、
通常タイプのもので947℃でした。

3月まきのコマツナがそろそろ収穫期を迎えそうで、
おそらく4/24-5/1頃に収穫できると思われます。

現時点までの積算温度は646℃です。

トウモロコシなどでは、有効積算温度と言って、
最高気温から約10-15℃を引いた数字を積算して、
収穫まで1000℃必要、1500℃必要と言うような
計算をしている事があるようです。

今回、コマツナについても、最高気温から5℃を
差し引いた数字を積算してみました。

すると、昨8月まきのコマツナは、538℃、
今年2月まきの早生タイプ558℃、通常タイプ632℃
3月まきは現時点まで476℃

と、単純に最高気温を積算した場合よりも、
数値が接近していることがわかります。

つまり、いろいろな季節におけるコマツナならコマツナの
収穫予測をする場合、

有効積算気温を用いる事が
実用上、便利である可能性が示唆されていると思われます。

有効積算気温の「足切りライン」が5℃で良いのか、
品種によって違うのか、
今回は、2、3、8月まきを比較していますが、
他の季節ではどうなのか

など検討課題はいろいろあり、
今後も検討を進めていきたいと思います。

様々な秋の葉物について、収穫までの積算温度

コマツナ以外のいろいろな葉物野菜は、
収穫までにどのくらいの積算温度が必要なのでしょうか?

2017年、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでの栽培結果を
気象庁データベースのデータと比較してみました。

野菜の種類 種まき~収穫 日数 平均気温合計 最高気温合計 最低気温合計 栽培法
コマツナ 8/20-9/10 25 551 648 467 黒マルチ
コマツナ 9/10-10/5 25 580 695 475 黒マルチ
チンゲンサイ 9/14-10/24 40 801 959 662 黒マルチ
ミズナ 9/14-10/5 19 479 576 392 黒マルチ

コマツナは、種まき後、平均気温合計550-580℃で収穫に至っているのに
対し、チンゲンサイは800℃程度と多く、逆にミズナは約480℃と、コマツナより
100℃近く少なくなっています。

ミズナは若どり(まだ十分に生育しないで、葉が小さいうちに取ること)しても
みずみずしく、サラダなどで食べることが可能です。

逆に育ち過ぎたミズナは茎が太くなり、食べてみて「硬い」と言う印象を
受けるようになります。

一方、チンゲンサイは中国では「小白菜」と呼ばれることがあるように、
少し玉をまいた感じで収穫されます。

多少、育ち過ぎても、「玉」が少し大きくなる程度で、
食感が悪くなると言うことは少ないようです。

つまり、収穫までの生育期間同様、収穫適期も、
ミズナ < コマツナ < チンゲンサイ

の順だと言うことが言えそうです。

そう考えてみると、
ミズナはできるだけ、少量づつ、こまめにまいて、こまめに収穫した方がよく
逆にチンゲンサイは少し多めに種まきしても大丈夫だと言えるのではないでしょうか。

春作の場合にはどうなるのでしょうか。
そうした点も考えていきたいと思います。

8-9月まきコマツナ、収穫までの積算温度

2017年、かわぐち菜園クラブAファームと瀰瓊際(みぬま)菜園クラブの
8月-9月まきコマツナについて、

種まきから収穫可能になったと確認できた日まで、
さいたま地方の気象データを気象庁のデータベースからダウンロードしてみました。

そして、平均気温、最高気温、最低気温それぞれについての積算温度をまとめてみました。

種まき日-収穫可能と確認できた日 平均気温合計 最高気温合計 最低気温合計
8/20-9/10 551 648 467
9/3-9/30 640 759 532
9/10-10/5 580 695 475

以上のように、種まき日から収穫可能と確認できるまで
平均気温の合計は、550-650℃ぐらいになっています。

他の季節、他の地域でも、コマツナは平均気温合計が550-650℃ぐらいで
収穫できるのかどうか、

この点を調べていく事で、様々な季節や地域における
コマツナの生育予測をしていく事が可能になるのではないかと思われます。

かわぐち&瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでの
8月まきと9月まきのコマツナ、種まきから収穫までの日数

気象データダウンロード元
http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php

夏まきコマツナは、いつから可能?

8月、まだ暑い時季ですが、
秋野菜の種まきや植付けが始まる時季です。

9月には、まだ種まきの最中、収穫できるのは10月か11月になってから?

いえ、実は8月まきで9月どりできる秋野菜があるようです。

2017年8月20日(日)、かわぐち菜園クラブAファームで種まきした小松菜は、
9月10日(日)には、収穫できるサイズになっていました。

9515黒マルチを使い、防虫ネットを張って、育てたものです。

以前、やはり、9515黒マルチを使って、7月まきした小松菜は
8月に収穫できましたが、
葉が薄く、味も少し苦目でした。

おそらく、夏場に急成長し、
暑い中、光合成した糖分を呼吸で発散してしまったため、
葉に糖があまり蓄積しなかったためと思われます。

2017年8月20日まきの小松菜は、普通に美味しく食べられるものでした。

お盆明けには、小松菜が種まきできる。

そう感じた今回の結果でした。