自動車教習と農業の年間実習の違いは、どこにあるか

自動車教習イメージ写真

僕が自動車の運転免許を取ったのは、20代の頃です。

環境計量士の国家資格を取った後、
実際にサンプリング(分析用に排水や廃ガスを採取すること)を行うために
現場まで車で行く必要があったので、

自動車教習所に通いました。

野菜の配達や耕作放棄地の開墾に必要があったので、
50代になってから、AT限定の小型自動二輪や小型建設用機械の
講習に行きました。

バイクやバックホーの講習を受けてみて、
20代の時に通った自動車教習の記憶も蘇り、

こうした運転講習では、「反復学習」で操作を覚えさせる機会が
受講者に提供されているなぁと感じました。

運転講習は、まさに「反復学習」で構成されています。

坂道発進とかクランクとか、各種の基本操作を繰り返し、繰り返しやって
身につけさせるわけです。

農業の年間実習でも、「種まき」なら「種まき」と言う基本操作を
年に何回かは体験できます。

しかし、これまで述べてきたように、反復学習としては不十分です。

なぜ不十分になってしまうのでしょうか。

それは、受講者に「心構え」を作らせないからです。

運転講習の場合、受講者に「今日のテーマは『坂道発進』です」と言うように
覚えるべき基本操作を予め通告しています。

この通告を受けて、受講者は、「坂道発進」を覚えようと自覚するわけです。

農業の年間実習の場合、「今日のテーマは『ニンジンの種まき』です」と言った感じで受講者に伝えています。
この「ニンジンの」が余計なのです。

「ニンジンの種まき」と言うテーマを聞いた受講者は、「ニンジン」と言う野菜の種類に反応してしまい、
「ニンジンどうやって育てるんだろう」と思いがちになります。

だから、「種まき」と言う基本操作を覚えると言うモードにならないわけです。

ニンジンでもホウレンソウでもサニーレタスでもダイコンでも、
とにかく、「種まき」と言う基本操作が持っている共通点に着目して、
その基本操作をマスターさせるためには、

テーマは、「ニンジンの種まき」ではなく、「種まき」と伝える必要があるのです。

自動車教習方式・2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学「基礎講習」
第一回株主総会討議資料「なぜ基礎講習なのか」