有料ブログイメージ写真

有料ブログは儲かるか

今回は、少し自分自身の体験を書いてみます。

今から数年前に「有料ブログ」のサービスを試してみたことがあります。

自分で書いた記事に「値段」をつけて、
有料で読んでもらうやり方です。

まあ、儲かるとは思っていなかったのですが、
前から、ブログをどう活用していくか考えていて、

試行錯誤をしてみようと思ってやってみたわけです。

結果から言うと、
儲かる以前に、

あまり読まれていない…

実を言うと、今の時代、
「テキスト」以外にも、
「画像」(動画、静止画)
「音声」

等を「販売」出来るサービスは
かなりあります。

そういうところで「儲けている」のは、
一握りの人たちで、

大多数は、あまり儲かっていません。

と言う以前に、
大多数は、「読まれていない」、「観られていない」
と思われます。

有料か、無料かと言う以前に、
文章や画像・音声を投稿できるサービスは、
たくさんありますが、

全ての投稿が読まれているかと言うと、
そういうわけではない

つまり、ネットの世界では無数の投稿者の中で、
まず「存在を知られる」事が、最初の課題で

ましてや、投稿が「売れる」のは先の先の事

仮に存在を知られ、ある程度、「売れた」としても、

500~2000字ぐらいの文章一つが
100円か200円ぐらいの値段なので、

毎日、誰かが買ってくれたとしても、
月に数千円にしかなりません。

それで「生活出来る」レベルには
ほど遠いわけです。

とにかく、この時の実験では、
「儲かる」以前に「投稿しただけ」では、
「存在を知られる」ようにはならない

と言う当たり前の事実を
改めて実感させられました。

そして、実は、半農半Xの「X」部分で稼ぐ道具と言うようりは、
「農」の部分に役立つ道具として、

「ネット」を考えてみた場合、

この手の「試行錯誤」、「実感」が重要なのだ、
そういう事も再認識させられました。