芋掘りに行ったって自慢してる・・・♪

ハロウィン前の秋晴れの1日。

絶好の芋掘り日和です。

しかし、芋掘りをするには、生い茂った草とツルをかき分け、イモを掘り起こさなくてはなりません。

なにしろ、どこにイモが植えてあるか分からない・・・

イモがあると思われる「畝」・・・つまり、土を盛り上げてある場所を、芋づるをかき分けて探し出し、そこで土を掘り起こして・・・

ここで登場するのが、われらが「踏みスキ」。

スコップと違い、土を掘り起こした際、刃先でイモを切ってしまわないスグレモノ。

ボクがやるんだ!

と、踏みスキに乗っかってみますが、どうやら、体重が足りません。

生まれたときよりはかなり大きくなっていますが、まだまだです。

ここで優しいオジサンが助け舟を出します。

なんと、一緒に踏みスキを踏んでくれます。

しかも、どこでスキに乗るか、どこで降りるか、タイミングのご指導付き♪

ハイ、そこで乗って、ハイ、降りて、

ハイ、後ろに倒すよ。

と上手にボクを誘導し、畝を掘り起こします。

掘り起こした後は、手で土をかき分け、イモを引っ張り出して・・・

けっこう、大きなおイモが沢山採れました。

実は、帰った後で、お友達に、「ボクは芋掘りに行ったんだぞ」と自慢しまくっているそうです。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

一日菜園体験ご予約カレンダー

[booking_package id=3]

Follow me!