見るのはいいけど・・・♪

4月の陽気?

とってもポカポカの見沼菜園クラブ。

春野菜の種まきしよう♪

種まく場所の草取りしよう♪

見るとテントウムシさんが草むらの中に・・・

テントウムシさんがいるよ♪

なんで逃げるの?

草の中がテントウムシさんのおウチなんだよ。草を取ったから、おウチがなくなったって逃げていくんだよ。

なんで草取るの?

だって、草取らないと種まきできないでしょ。

地面を這うテントウムシさんを一生懸命見つめるボク。

だけど、テントウムシさんが袖に乗ってきたら、

コワイ、コワイ。

大丈夫よってママがテントウムシさん取ってくれたら、

またニコニコしていました。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

なんで二枚重ねるの?って・・・♪

バレンタインデーは、ローマで小鳥が番いで飛び始める日。

2/18の雨水(うすい)は雪が雨に変わる日。

東西の節季を前にして見沼菜園クラブもポカポカです。

春野菜の種まきしよう・・・♪

種の上から土をかけてあげて

シャベルで苗を掘り取れるようになった♫

ワタシはお気に入りのバケツで土を持ってきて

種の上にジャア。

土抑えてあげてねって

言われたら、ちゃんと手の平でポンポン。

「鎮圧」もできるようになりました。

さ、まだ寒い日もあるから保温しよう。

不織布をかけ、更に農ポリでトンネルをかけると

「なんで二枚かけるの?」

びっくりしました。

もうそんな質問ができるようになったんですね。

言葉をしゃべりだしたのが、ついこの間のような気がしていたら、

もう「なんで」って理由を知りたがって聞けるようになったんですね。

「まだ、寒いからだよ」ってお返事しながら、感動しちゃいました。

ところで、菜園の入り口で水道工事をしている人がいました。ビニールハウス用のパイプをジョイントでつないでいて、どうやら、お池を掘って水を引く計画だとの事です。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

シャベルで苗を掘り取れるようになった♫

春立つ今日の風や

って、立春を迎えた見沼菜園クラブ。

かなり暖かくなっています。

みれば、去年、ボクが一人で作ったトンネルの中で、小松菜が立派に育っています。

一人でトンネル作った。

わーい、なにして食べたい?

煮浸し?、おひたし?、油炒め?

油炒めがいい!

オジサンは小学校の家庭科の調理実習で小松菜の油炒め作ったんだよ。

そういう会話は置いておいて、この間進めてきた花壇づくり、

暖かくなったし、ジャーマンアイリスを植え替えますか。

菜園花壇つくりゲーム

菜園花壇の柵を作ったよ♪

すると、ワタシがシャベルで苗をヨイショ、ヨイショ。

出来るかな?

わ、出来ました。ちゃんとジャーマンアイリスの苗を掘り起こして取る事ができました。

もう畑の中歩いて転ぶこともあんまりなくなりましたね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

草むらの中にテントウムシがたくさんいたよ。

寒い朝、自転車のハンドル握る手が軍手をはめていても凍えます。

でも、見沼菜園クラブにみんなやってきました。

菜園に来る時いつも持ってくる虫かごを手にしています。

こんなに寒いのに、虫さんいるのかな?

バレンタインデー過ぎたら春野菜を植えようね。

なんて、準備のために土を掘り起こしていくと、時々、イモムシさんが出てきます。

今日、見つかるのは、せいぜい、土の中のイモムシさんぐらいじゃない?

なんて言っていたら、

テントウムシがたくさんいたぁ・・・

って虫かご得意そうに見せてくれました。

どうやら、草むらの中にいたらしいです。

雑草が生えている場所は、放射冷却現象が起きにくいので霜が降りないことがあります。

それが原因だったのかな?

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

菜園花壇の柵を作ったよ♪

2021年、見沼菜園クラブの菜園教室も始まりました。

まだ、寒いので、お野菜も草花も植えられません。

今のうちに、花壇の枠を作っていきましょう

って、年末に馬ふんをまいて、土づくりをした花壇予定地の

柵を作ることにしました。

菜園花壇づくりゲーム

年末には、長い板も短い板も区別せずに土に指して、

柵らしきものを作りましたが、

「短い板はこういう風に縦に指して、長い板は横においていこうよ」

ってお話しました。

果たして、持ってきたのは短い板。

じゃあ、これ(その板のこと)を持っていって、

同じぐらいの長さの板をたくさん持ってきてね

って言ったら、持ってきたのはちょっと長めの板ばかり。

短い板なかったの?

って聞くと・・・

「うん」

じゃあ、オジサンに「切って」って言ってきてごらん。

ってお話したら、大おじさん部隊のところに行って、ノコギリで板を短く切ってもらってきました。

切ってもらった板を土に指して、長い板を横において、土を盛り上げ、

柵の形が出来てきました。

土を盛って出来てきた溝を広げながら、お池つくりたいと言い出します。

じゃあ、今度、作ろうねってお話して、今日はおしまい。

ところで、お花摘んできた人がいますね。ご近所のバアちゃんに持っていってあげるんですって。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」

見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

菜園花壇つくりゲーム

年内最後の見沼菜園クラブの菜園教室。

来年に向けて花壇を作りましょう

って、

じゃあ、まず、馬ふんをまいて下さいって言われて、

みんなで取りにいきます。

僕はもう大きなスコップが使えるんだぞ

って、まいた馬ふんを土にすきこみます。

ヨイショ、ヨイショって板を運んできてくれて、

なんか花壇の柵もできてきました。

おやおや、昆虫採集に夢中な人もいますね。

お正月のお煮物用に金時ニンジンも掘りました。

良いお年をお迎え下さい。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
オンライン講座「気象条件と野菜の生育」
見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

凍える前に退散?

12月に入り、見沼菜園クラブも寒波が襲ってくるようになりました。

朝、菜園に来てみると、お野菜の葉っぱがパリパリ凍っている事も多くなりました。

寒冷紗をしてあるお野菜はあまり凍りません。

寒冷紗をすると、日中暖めれた空気が緩やかに網目から抜けていくため、急速に熱が奪われる「放射冷却現象」が起きにくくなるためです。

みんな、ネットを張りましょうね。

少し葉物や根菜類の収穫をした後、ネット張りが始まります。

お昼前後は日が指して、暖かい菜園も、そこは冬至近い時季。

日が陰ってくると、急激に冷えてきます。

さぁ、凍えちゃう前に帰ろう、みんなおウチに帰っていきます。

今晩は、収穫したお野菜で温かいオデンやお鍋かな?

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
オンライン講座「気象条件と野菜の生育」
見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

モテモテ菜園パパ

11月も最後、朝晩は冷え込みますね。

でも、日中はポカポカ陽気。

みんな見沼菜園クラブにやってきました。

あれぇ~。畑でパパにベタベタ。

ねぇ~、お話聞いて。バッタ捕まえたいの。

そろそろサトイモ掘りです。スコップによいしょ。

ダイコンもカブもコマツナも採れました。

お花を摘んで、ハイどうぞって持ってきてくれた人もいますね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
オンライン講座「気象条件と野菜の生育」
見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

豆をまいたら、線路の建設だ。

11月の菜園。豆類の種まきと玉ねぎの苗植えの季節です。

一生懸命、マルチの穴にエンドウやソラマメの種を入れて、

土をかけて、

でも、このままだと芽が出た後、

鳥さんに食べられてしまうから

ネットを張っておこうね。

ペタペタ、シャベルでネットの裾に土をかけて、

風で飛ばないように頑張ります。

その後は、線路建設?

枕木になりそうな木を集めてきて、

穴を掘ったり、橋を作ったり・・・

ショベルカーも出てきました。

おやおや、昆虫観察をしている人もいますね。

玉ねぎの苗も植えました。

来年もたくさんいろんなものが採れますね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
オンライン講座「気象条件と野菜の生育」
見沼菜園クラブの無料見学に申し込む
川口市内で農業体験に使わせて頂ける農地を探しています。

一人でトンネル作った。

ハロウィーンの見沼菜園クラブ。

仮装してくる人はいませんでしたが、

もうじき小学生のボクは、

大根、種まきしたいと言い出します。

大根は、今からまいて、保温して、冬を越して、

小学校に入った後に収穫だよ

とお話したら、

やっぱり、大根、やめた。アブラナ科がいい。

え?、アブラナ科?、そんな言葉よく知ってるねぇ。

感心しながら、アブラナ科なら、コマツナの種があるよ

と言うと、一人で畝作りをはじめました。

クワで土を盛り上げ、スコップでならし、マルチを張って、

コマツナの種をまき、

そして、とうとう、不織布を張って、

トンネル完成です。

え?、一人で全部作ったの?

すごいねぇ。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
オンライン講座「気象条件と野菜の生育」
見沼菜園クラブの無料見学に申し込む