見沼菜園クラブ」タグアーカイブ

チンゲンサイ採れた20200125

丸々太ったチンゲンサイ・・・♪

暖冬とは言え、そこは大寒。
冷え込む日も多いこの頃、
それに、先週末は冷たい雨も降りました。

そんな中、久々に穏やかに晴れた土曜日、

みんな見沼菜園クラブにやってきました。

まだ、種まきには早すぎるかな。

それにしても、去年、植えた野菜はどうなっただろう?

保温しておいたシートをめくると、
丸々太ったチンゲンサイが出てきました。

やったぁ。今日はこれを収穫しよう!

ママが切り取ったチンゲンサイをはいどうぞ
って渡してもらって、

ニコニコしながら、歩きます。

今晩、どんなお料理になるのかな。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
サトイモ掘り20191214

大おじさん部隊メンバーとサトイモ掘り♪

年も押し詰まった見沼菜園クラブ。

でも、やっぱりみんなやってきました。

寒波がぬるみ、暖かい日射しのもと、
大オジサン部隊のメンバーとサトイモ掘りです。

オジサンがスコップを下からあてがいながら、
引っ張れ~と声をかけると、

一生懸命引っ張ります。

そして、掘り出したイモをみんなでチョキチョキ、根っこ切り。

サトイモの根っこ切20191214

それから、来年の種イモにするイモの保存です。

地面に掘った穴の中に種イモを入れると、
使い古したビニールやポリシートを被せて、
保温します。

長~いシートは、ボクの体より大きいかな?

種イモの保存20191214
一生懸命シートを被せて、
来年の春、種イモ植えようね。

来年もたくさんおイモが採れるといいですね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
20191130イモヅルリース

サツマイモのツルでリースが出来たよ♪

11月最後の見沼菜園クラブ。

寒気は強いですが、
よく晴れています。

みんなやってきました。

折から降りた霜でサツマイモの葉は全部枯れています。

もう全部掘っちゃお♪

残っているイモを見つけて、芋掘り開始。

ねぇ、ねぇ、イモヅルでリース作れないかなぁ?

ツルを適当な大きさにカットして、
絡み合わせてみると、
確かにリースが出来ます。

年長のボクは、ちょっと大きめ。

最近は、言葉をいっぱい話すようになったワタシは、ちょっと小さめ。

みんなの顔の大きさに合わせて、ツルを切ってもらって、
輪っかの中から顔をのぞかせて、ご機嫌。

来年は、畑でクリスマスリースづくりのワークショップしましょうね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む

マコモ!

畑の中に穴や溝を掘って、ため池や水路を掘り、大雨の時は遊水池(路)として機能させ、
掘った土は他の部分に盛り上げて冠水を受けにくくする。

水路では、マコモやせり、クワイを育て、他の部分では普通に野菜を育てる、
多様な幸(さち)が採れる菜園づくり

見沼菜園クラブで取り組みを始めました。
できてきた水路に植えたのが、「マコモ」。

マコモはイネ科の植物で、稲同様、湿地のような条件下で育ちます。

マコモの茎が肥大化したものが、マコモタケ。
マコモタケは、その名の通り、タケノコやキノコのように、炊き込みご飯、天ぷらで美味しい食材です。
中華の炒めものや味噌汁にもピッタリと言うから、万能ですね。

しかも、多年草で株分かれしていくので、一度植えて生長すれば、
後はあまり手間がかからず増殖し、収量もアップするはず。

って、アップするかどうかが一番問題で、
実はマコモの茎がマコモタケになるのは、黒穂菌と言う菌の一種が
「適度に」活動して起きる現象なのだそうです。

そして、黒穂菌のマコモへの感染は「ひとりで」に起きるものだそうで、
今まで、日本では人為的に感染に成功した例はないそうです。

また、夏あまりに暑い時季は黒穂菌が活動しないので、
マコモタケ化が進むのは少し暑さが落ち着いてからと言う事らしいのです。

すると、マコモタケ化は、残暑がいつまで続くかと言った事にも影響される可能性があります。

ですから、生長したから、必ずマコモタケが収穫出来るとは言い切れないのが、
難点。

とにかく、無事に育って、収穫できるようになってほしいです。

なお、マコモは、「コモ(菰)=マコモをワラのように編んで作ったムシロの事」の原料になったり、
お正月のお飾りに使われてきたとの事です。

マコモタケが採れなかった時は、ワラ細工のワークショップかなにかを呼びかけてみたいと思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

イチゴ20191121

イチゴ

市販されているイチゴのほとんどはビニールハウスで育てられています。

イチゴと言えば、クリスマスケーキを思い浮かべる方も多いと思いますが、
真冬にイチゴが出荷出来るのは、暖房の効いた施設で栽培しているからです。

では、イチゴを露地、つまり、ビニールハウスを使わず、
外の畑で育てるとどうなるでしょうか?

もちろん、育ちます。
そして、収穫は初夏。5月~6月にかけてです。
折から梅雨の走りとなるため、
土が湿り、実が土と接触すると腐ってしまったりするので、
あまり良い条件とは言えません。

また、虫もつきやすいですし、ハクビシン等の動物や鳥にも狙われやすいです。

しかし、敷きワラ等をして、実が土と接触しないように努め、
ネットで獣や鳥を防いで、運良く、色づいた実が収穫できれば・・・

そう、とっても美味しいイチゴが採れます。

果たして、そうなるか?

とにかく、見沼菜園クラブにイチゴを植えてみました。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

ピーナッツ20191102

ピーナッツ、チョキチョキ♪

ハロウィンが終わり、
見沼菜園クラブにも三連休がやってきました。

そう言えば、ピーナッツどうなったっけ?

ちょっと見てみる?

わ、実ってる♪

ちょっと掘ってみよう♫

出てきた♫、出てきた♫

じゃあ、お兄ちゃんは、
それチョキチョキして。

軍手したお手々にハサミを持って、
土の中から出てきた枝についてるピーナッツをチョキチョキ。

美味しそうですね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
さつまいも掘り20191019

わ!、大っきなおイモだぁ♪

台風が去った見沼菜園クラブ。

ここまで水が来たんだねぇ。

今はすっかり水が引いていますが、
お野菜や雑草が泥を被っているのを
見て、

どこまで冠水したか、みんなで思い起こし・・・

ところで、サツマイモ、どうなったんでしょうか?

今年は例年より苗の供給が遅れ、
植え付けられたのは、5月の末。

その後は長雨の梅雨、超猛暑。
ツルはびっしり茂っていますが、
おイモは無事に実っているんでしょうか?

興味津々、スコップで掘ってみると、
ありました。

大きなおイモ。

やったぁ!

オクラ収穫20191019

オクラもまだ実ってます。
ボクがやるって、
ハサミでチョキチョキ、
収穫もしました。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
ピーナッツ20190921

ピーナッツ!

昼間はまだまだ猛暑日、
でも、朝晩は涼しくなってきて・・・

そう言えば、春に種まきしたピーナッツ、
どうなっただろう?

って見てみると、
お花が咲いて、

アレアレ、もしかして、「マメ」が出来始めている?

地面に、ヒョウタン型の落花生の殻らしきものが見えます。

あ、実りだしているんだ・・・

って、そーっと、葉っぱをめくってみると、
ピーナッツ、実ってます。

やったぁ!

収穫、待ち遠しいですね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
馬ふんまいたぞ!

馬ふん、まいたぞ♪、スイカ、採れたぞ♪

超猛暑も一段落、いよいよ、秋野菜を植える時季。

じゃあ、まず、馬ふんをまいて土づくりをしましょう。
そう言われて、「僕がやる」って

大人用のスコップ持ち出して、
一生懸命、馬ふんを袋に・・・♪

浦和の競馬場訓練センターから持ってきて頂いている
馬ふんです。

今度、おウマさん、見に行こう。
調教師の人に、僕が馬ふんまいたって
言おう。

パパやママと大盛りあがり。

種まきが遅れて、ちゃんと実るか心配だった
スイカ。

無事に大きな実が採れました。
スイカ採れたぞ

秋野菜も無事に育つといいですね。

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む
20190817キアゲハ

ニンジンの葉っぱを食べていたキアゲハを持って帰って飼うんだったら

大切に育ててきたニンジン。
だんだん、根っこが太ってきました。

いつ、収穫できるかな?

って、葉っぱが何やら「軸」の部分だけに?!

ギザギザした葉っぱの周りの部分がなくなって、
丸坊主?

いました、いました。

例のキアゲハの幼虫くん。

ニンジン、アシタバ、パセリ、セロリ。

セリ科の葉っぱが大好きなんです。

捕まえて、殺しちゃおう!

って言う寸前、

「オニイチャンが持って帰る」
「持って帰って飼う」

かくして、キアゲハの幼虫くん、
葉っぱごと、大切にカゴの中へ。

じゃあ、エサは、パセリとかあげてね。

無事にチョウチョになるかなぁ。

ところで、スイカの実が膨らんできました。

20190817スイカ

菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」
自動車教習方式、2日間で基本技術を学ぶ。半農予備校・菜園起業大学の基礎講習

見沼菜園クラブの菜園教室

無料菜園見学に申し込む