4)ITの活用で「菜園起業&半農生活」が可能に

かつて、マルクスは「朝には狩り、午後には釣り、夕には牧畜、夜は書斎で過ごす」と田園生活と知的生活を融合した生き方を理想として唱えました。 現代において、こうした生活は、ネットサービスを利用することで案外と簡単に実現可能に… 続きを読む 4)ITの活用で「菜園起業&半農生活」が可能に

3)小資本で「自己雇用」を生み出す

もともと、農業はお金があまりかからない仕事です。 農家の経営を分析してみると、肥料や資材代などの「直接生産費」は5%程度で、お金がかかっているのは、トラクターや大規模ハウスなどの「減価償却費」、流通に乗せるための「出荷手… 続きを読む 3)小資本で「自己雇用」を生み出す

Ⅰ.菜園起業とは何か?

世界銀行が国際比較に用いている平価購買力GDPで、日本は既にインドに抜かれています。途上国<日本<欧米と言う序列は既に崩壊していると言えるでしょう。 1995年には日本は世界のGDPに17.6%、約6分の1を占めていまし… 続きを読む Ⅰ.菜園起業とは何か?

1)経済のエンジンを回す文化的価値の創出

1930年代、経済学者シュムペータは、「豊かな社会で資本主義のエンジンが停止する」と予測しました。モノやサービスが溢れて新しいビジネスが生じにくくなるため、「投資機会」が消滅し、途上国の開発が進んで「フロンティア」も消滅… 続きを読む 1)経済のエンジンを回す文化的価値の創出

2)日本文化の揺り籠「田園景観」を守る仕事

農地は森林を除く国土の3割を占める「平地の緑の核」です。森と農地、河川や湖沼等の水面を合計すると、国土の8割以上を占めます。日本は森と農地と水の国なのです。 日本の田園景観は、実に1000年以上の年月をかけて育まれてきま… 続きを読む 2)日本文化の揺り籠「田園景観」を守る仕事

リーマン・ショック、東日本大震災を経て、人口減少社会の中で~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

表は、住民登録台帳や外国人登録者数から作られた川口市役所の統計を 元に、 各地区別の世帯数伸び率を計算してみたものです。 全般的な印象として、 2008年以前には、水色の部分(伸び率3-5%)が目立ち、 赤の部分(伸び率… 続きを読む リーマン・ショック、東日本大震災を経て、人口減少社会の中で~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

空き家の増加スピードに注目~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

土地問題に関連して、野澤千絵著 老いる家、崩れる街を読みながら、 いろいろな統計をチェックする連載を続けています。 全国の世帯数の変化について調べてみた後、 川口市の世帯数がどう変化してきているか、 調べ始めた矢先に、 … 続きを読む 空き家の増加スピードに注目~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

川口市の世帯数の推移~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

ところで川口市の場合は、世帯数はどう推移しているのでしょうか? 川口市役所のウェブサイトから毎年1月1日の世帯数の統計をダウンロードして グラフ化してみました。 途中、鳩ヶ谷市と合併したため、グラフが「一段」高くなってい… 続きを読む 川口市の世帯数の推移~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

「標準世帯」が「標準」でなくなる時代~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

(数値は、「日本の世帯数の将来推計(国立社会保障・人口問題研究所)」による) では、今後、世帯の総数や種別の世帯数は、 どのように推移していくと予想されているのでしょうか? 国立社会保障・人口問題研究所の推計を元に考えて… 続きを読む 「標準世帯」が「標準」でなくなる時代~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

単独世帯、夫婦のみ世帯、ひとり親と子の世帯が増加、「ジジ・ババがいる大世帯は減少」~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

人口は減少に転じても、世帯数は増えている… そのへんを詳しく見ていきたいと思います。 (数値は、「日本の世帯数の将来推計(国立社会保障・人口問題研究所)」による) 1980年から2015年までの35年間で、 世帯総数は、… 続きを読む 単独世帯、夫婦のみ世帯、ひとり親と子の世帯が増加、「ジジ・ババがいる大世帯は減少」~「野澤千絵 『老いる家 崩れる街』を読む。」

PAGE TOP