白菜でも認められる「2020 4-9高騰」型の値動き

東京23区内のニンジン、キャベツ小売価格は、2020年3-4頃から高騰しはじめ、9-10月頃から下落する4-9(3-10)高騰現象が見られました。

一方、白ネギについては、2019年同様の値動きと見るべきなのか、それとも2020年独特の「4-9高騰」があったと見るべきなのか、今のところ、判然としないと報告しました。

2020年9月以降、価格が下落しているニンジン

2020年4月~10月、ニンジンとキャベツの値動きに共通性

2020年、白ネギに「4-9高騰」はあったのか、なかったのか

更に他の野菜についても見ていきたいと思います。

2019年の東京23区内の白菜小売価格はキログラムあたり300円を超える事はありませんでした。

2020年4月に300円を超え、5月には400円台になりました。6-7月に200円台になった後、8月は400円台、9月は下落したものの300円台、10月に200円台に戻りました。

3-4月に高騰し、6-7月に値が戻った後、8月に再高騰、9-10月に下落すると言う形は、ニンジンやキャベツと同様です。

これで、「2020 4-9(3-10)高騰」型について、ニンジン、キャベツ、白菜では、その型どおりの値動きをしているか、白ネギについては型通りだと言ってよいか今のところ判然としないとの報告する事になりました。

引き続き、他の野菜についても見ていきたいと思います。

Follow me!