猛暑イメージ画像

過去40年間最大級の超猛暑がもたらしたもの~2020年8月

暑い8月が終わりました。

連日のように、「超猛暑」、「熱中症」、「厳重警戒」などの言葉が報じられ
表に出れば灼けつく日射しで、その場にいるのもしんどくなるような日々でした。

実際、さいたま地方の8月の気象データを見ると、
2020年は、最高気温積算値は1980年以来の最大となっています。
さいたま地方、8月の気温積算値の変化

過去40年間最大級の猛暑、それが2020年8月でした。

雨の日も少なく1980-2020年の8月さいたま地方では、1mm以上雨が降った日は29%で3日に一度程度は「お湿り」が
ある形になっています。

2020年は16%で例年の半分程度と少なく、
暑いだけでなく、「乾いた」8月だった事がわかります。

実際、8/1に雨量15mmを記録した後、8/12まで10日間雨がなく、
8/12に33mmを記録した後は、8/24までまた10日雨がありませんでした。

2020年7月は、過去最大級の長梅雨でしたが、
それに続く暑く乾いた8月は、野菜の生育にも影響を与えています。

見沼菜園クラブで見ると、一番目につくのは、
ニンジンの発芽率の悪さです。

ニンジンは発芽に際して、水と酸素と光を要求します。
連日雨だと、水分は十分ですが、水が引いて、土中に酸素が入ってくる間がないため、
発芽しずらく、7月まきニンジンはあまりそだっていません。

8月になってからは、今度は土が乾き過ぎていてあまり発芽しませんでした。

2ヶ月続けての発芽不良のため、冬どりニンジンの生育が全然進んでいません。