二百二十日以後も真夏日が繰り返される・・・2022年9月

例年、立春から220日目の二百二十日(9月11日頃)をすぎると、最高気温25℃以上の日の頻度が減っていきます。

二百二十日は秋の葉物類の種まきの目安です。秋分を過ぎると最高気温25℃以上の日の出現頻度が半分以下程度となります。

菜園クラブでは、この頃までを秋の葉物植付け第一波としています。

最高気温の日別平年値(1980-2022平均値)を見ると、二百十日(9月1日頃)過ぎから30℃を下回るようになります。

二百二十日直前にいったん30℃に近づきますが、その後は低下を続け、秋分前後に25℃程度になります。

しかし、2022年は二百二十日以後も30℃以上の真夏日が何度も出現しました。

秋分以降も真夏日に近い最高気温が記録され、ほぼ25℃以上で推移しました。

このように比較的高めの気温が続いたため、9月に種まきした葉物や大根・ニンジンの生育は順調です。

10月初め、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでは、小松菜の出荷が予定されています。

菜園クラブでは、二百二十日や秋分のような「節目」を目安に農作業を行うことを続けてきましたが、今後は、例年とその年の天候の違いを把握して、農作業の予定を検討していくことを進めたいと思います。

そのために中期予報を活用することを考えてみたいと思います。

オンライン講座「気象条件と野菜の生育」受講ご希望の方は下記カレンダーより初回受講日をご予約下さい。

[booking_package id=1]

Follow me!