聖護院大根と三浦大根の収穫までの積算温度

今年9月、瀰瓊際(みぬま)菜園クラブでは、
二回に分けて、

大根の種まきをしました。

9/3と9/9。

品種は、両日とも、聖護院大根と三浦大根でした。

種まきから収穫までの日数及び積算温度を調べてみると、
以下の通りでした。

野菜の種類 種まき~収穫 日数 平均気温合計 最高気温合計 最低気温合計 栽培法
聖護院大根 9/3-10/24 51 1039 1234 866 黒マルチ
三浦大根 9/3-11/19 77 1359 1685 1061 黒マルチ
聖護院大根 9/9-11/11 63 1142 1413 899 黒マルチ
三浦大根 9/9-12/5 87 1350 1740 988 黒マルチ

 

 なお、10月後半に台風が毎週のように来ていたため、10月末は菜園の点検ができない日が続きました。
9/9まきの聖護院大根については、もっと早く収穫期を迎えていた可能性があります。

すなわち、聖護院大根はだいたい平均気温積算1000-1100℃程度、最高気温積算1200-1400℃ぐらいで
収穫期を迎えるのに対し、

三浦大根は、平均気温積算1300℃、最高気温積算1700℃ぐらいと、
聖護院大根より収穫に時間がかかっています。

また、聖護院大根、三浦大根とも、
9/9まきのものの方が9/3まきのものよりも、
種まき~収穫までの日数が10日程度多くなっています。

すなわち、9月初まきの場合、1週間、種まきが遅れると、
それだけ低温期に生長するため、
収穫も10日程度遅れたと考えることができます。

Follow me!