真冬の三重保温、2ヶ月でコマツナ収獲へ

昨年12月半ばから、不織布のべたがけとトンネルに農ポリを重ねた三重保温で育ててきたコマツナが収獲期を迎えつつあります。

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

その後、約2ヶ月。途中、保温シートが風で飛ばされた事もあって、大根は霜枯れしてしまいましたが、コマツナ、サニーレタスは無事に育ちました。

コマツナは大きく育ち、収穫期を迎えています。2/9の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでお届け予定です。

12/12に種をまいているので、2ヶ月かからずに育った事になります。

コマツナは夏場は20日程度、春・秋は1ヶ月程度で育ちます。真冬に2ヶ月かからなかったと言うのは、なかなか早いと評価出来ます。

サニーレタスもかなり育っていました。途中、シートが風で飛び、少し生育が遅れた事を考えると、シートが飛ばなければ、やはり2ヶ月ちょっとで収穫期を迎えられたのではないかと思われます。

こちらもかなり早いと評価できるでしょう。

このように、不織布+農ポリ三重保温で、真冬に葉物が育つ事が分かったのは、菜園起業にとって重要な成果です。

ビニールハウスを作らなくても、簡易な保温で真冬に葉物を育てられるなら、年間を通じて様々な野菜を提供する多品種少量生産の経営に活かせるからです。

Follow me!