ダイコン」タグアーカイブ

Rossicafeさん20191112

RossiCafeさんにお届け・・・♪

この間の台風の余波もあって、
各農家さんともなかなか出荷出来るお野菜がなくて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも
セットを組むのに苦労してきたけど、

だんだん、出せる野菜が増えてきたかな。

昨日は、川口駅前RossiCafeさんに
佐々木農園さんのカブ、保巳農園さんの赤ミズナ、遠峯農園さんの大根、キャベツ、ブロッコリー、
見沼菜園クラブのニンジン、サニーレタスをお届けしたよ。

まだ店頭マルシェが出来るほどの
野菜の供給量が復活していないけど、

RossiCafeさんにはいつやるのって
問い合わせも来ているって。

台風の後、宅配会員のお申込みが相次いでいて、
なんか規模は違うけど、首里城が燃えた後、
ふるさと納税が増えているってのと
同じで、チャリティしようって気持ちを持った人は
多いんだなぁって思いました。

来春に向けて、お野菜の栽培計画たてているので
よろしくお願いします♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20190917野菜のマイクロマーケット

夏から秋へ、お野菜も替わり目♪

今年は、5月がほとんど雨が降らず、ニンジンの発芽率が
とっても悪くて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも、
8月にあまり供給できず・・・

それから長梅雨、そして超猛暑。

ナスやピーマンがあまり育たず・・・

でも、いろいろな農家さんのご協力で、
なんとか、毎週、お野菜をお届けしています。

昨日の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
「ダブルセット」でお届けしたのは、

遠峯農園さんのダイコン、ブロッコリー、キャベツ。
保巳農園さんのシシトウ、葉ショウガ、フェルナンデスナス
肥留間農園さんのナス。

そして、見沼菜園クラブのキュウリ、オクラ、青シソ。

キュウリが曲がっているのはご愛嬌と言う事で。

来週は、たぶん、トウモロコシをお届けできると思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20181208見沼農村旅行

受講2ヶ月で野菜販売、4ヶ月で農村旅行企画

受講2ヶ月で育てた野菜を販売した受講生の方、
農村旅行のお試し企画をやろうって相談
をしていましたが、

本当にやっちゃいました。

12月のある日、実習場である見沼菜園クラブに、お友達を呼んできて、自分が育てた野菜の収穫体験。

大っきな大根抜けるかな?

20181208見沼農村旅行・大根抜けるかな

えい、頑張れ!

8月の実習開始より4ヶ月。

野菜が育てば、いろんな講座内起業が出来ますね。

「農村旅行」企画づくりの為のお試し企画

菜園起業大学の受講生の方と
実習をしながら、

いろいろ世間話。

そのうちに、
実際問題、菜園起業でどのくらい稼げるか
みたいな話になってきて、

受講生の方から
出てきた案が、

自分がどこかに行って野菜を売るとか、
宅配とかじゃなくて、
お客さんに来てもらって
買ってもらう、

農業体験してもらう方式の方がいいんじゃないか
と言うこと。

菜園クラブとして、以前、農家さんの畑に来てもらって
ダンボール箱を置いて、

箱いっぱいまで野菜取り放題2000円と言う企画を
した事があり、

その時の話などもしてみました。

そして出てきた案が、
実際に受講生の方が、菜園にご自分のお友達を呼んで、
野菜を収穫してもらうと言う案。

やってみて、どのくらい稼げるのか
お試し企画にしてみよう

と言う事。

12月、受講生の方が育てた大根や白菜の
収穫体験企画を実施します。

2018年11月6日のみぬま菜園クラブ

お野菜も買える菜園教室

猛暑の後は台風、
今年の9月-10月は、秋野菜の種まき・植え付けが難しく、
野菜不足が続いてきました。

しかし、台風の後、種まきや植え付けをした野菜が
どうにか育ってきて、

宅配やマルシェに供給できるようになってきました。

そこへ、菜園教室にやってきた女性二人組。

紅菜苔やサニーレタス等を種まき、
玉ねぎの苗の植え付けなどを
した後、

畑で育っている野菜をみて、
これ買えますか?

とご質問。

いいですよと
お返事して、

買っていただいたのは、
カブ、ネギ、大根など。

野菜高いから困っていたのよ。
こんなに沢山、お安いわねぇ~♪。

みぬま菜園クラブの菜園教室では、
お野菜もお買い求めいただけます。

大根の密植はやめましょう

野菜の植え付け間隔を守りましょう。

菜園教室でよく起きる事・・・

大根の種をまいて、
発芽してきたのをみたら、

左端の図のように、
隙間なく、種まき・・・

実は大根は葉も根も大きくなるので、
だいたい30センチぐらいの間隔で植えた方がよいと言われています。

幅60センチ程度の畝(野菜を植えるために土を盛り上げた場所)には、
左右両端に近いところに2列に植えるのが普通で、

3~5列植えるのは、「過密」で、
根や葉がぶつかりあってしまいます。

同じ根菜類でもニンジンは育った状態が比較的小さいため、
10~15センチ程度の間隔で育てても大丈夫で、

幅60センチの畝に3~5列種まきしてもかまいません。

このように、育ってきた後の「サイズ」によって
野菜の種類ごとの「植え付け間隔」は決まっています。

そのお野菜のサイズに合った植え付け間隔を守るようにしましょう。

大根を植えよう

突如、言いまわしが増えた♪

菜園にずっと通っている子供は
突如、変わる時があります。

それまで、お野菜踏んづけて歩いていたのが、
追いかけっこ始めても、

ちゃんとお野菜を除けて走るようになったり、

言葉を喋らなかったのが、
しゃべるようになったと思ったら、

チョウチョでもトンボでも
見るものすべて指さして、

何か言い出し、

こちらにも相手になるよう
要求してきて、

くたびれさせられたり・・・

夏休みの間、しばらく、菜園にこなかったボクは、
今回、久々の登場。

いきなり増えた言い回し・・・

これはこういう風にしておこうよう。

え?・・・

自分から喋ることがほとんどない、
おとなしい子だったのが、

「自己主張」をするようになった。

その後は、どうやらパパと一緒に大根の種まき準備です。

わ、カマキリだ。ウェ~ン

わ、カマキリだ。ウェ~ン♪

台風がくる直前のかわぐち菜園クラブ。

比較的涼しいし、晴れているし、
みんなやってきました。

背丈以上に伸びたモロヘイヤを抜いて、
大根やチンゲンサイ、コマツナ、
秋野菜の植え付け準備。

そこでカマキリ発見。

けっこうお腹が大きいです。
卵を産む時が間近?

早速、お手手に乗せて
遊んでみようっと。

って、
ウェ~ン。

泣き出しちゃった人もいるかな?

カマキリ、怖かったみたいですね。

RossiCafeさんへのお届け野菜20180612

「長続きするお店」のお役に立つような地元野菜宅配サービス

チャオ♪

雨降ってるねぇ~♪
昨日は晴れていたのにねぇ~♫

明日は曇っているけど、雨降らないみたい~♪

写真は、川口駅前のRossiCafeさんにお届けしたお野菜。

毎週、ニンジンや大根みたいな根菜類と、
サニーレタスのような葉物をお届けしています。

ブロッコリーやズッキーニもね。

行く度にマスターからいろんな話を聞かせてもらっているんだけど、
だんだん、どういう野菜がほしいかってことが分かってきたような気が・・・♪

つまり、なんとなく、カフェなんだから、

オシャレな野菜がいいんだろうとか、
イタリアンな野菜はどうだろうとか、

そういう風に漠然と思っていたんだけど、
よく考えてみると、

菜園クラブでお野菜お届けした時に、
漠然とそういう事を要求していたカフェやレストランさんって
ことごとく店じまいしているのね~♪

RossiCafeさんの場合、お店は長く続いているし、
それにはそれなりの努力がある。

例えば、

店でお食事していただく他に、
お惣菜やお弁当も販売していらっしゃるけど、
例えば、ディナータイムで使いたいお野菜と
お弁当に使いたいお野菜、

微妙に違う。
そこのところ、一生懸命考えていらっしゃる。

それに、例えば、大量のお野菜を加工する場合の
手間とか、

商売として成り立つように、
実にいろんな事を考えていらっしゃるわけ。

こちらもマスターのお話聞いていて、
あ、例えば、ちょっと洋風っぽい野菜を
リーズナブルなお値段で提供するとかって
言うのとは違うんだなぁっと。

それから、けっこう規格外のお野菜でも
活用方法があるんだなぁとか・・・

で、どういうお野菜がRossiCafeさんなら、
RossiCafeさんのお役に立つかって
目線で段々考えるようになってきているんだけど、

考えてみれば、そういう風にお店の側の
お話お伺いしながら、

お野菜お届けするって、
もしかすると、
「長続きするお店のお役に立てる仕事」
なのかもしれないなって。

もしも、ウチのお店のこんな話聞いてほしい
ってご要望ございましたら、

菜園クラブまでご一報下さい。

初めてサラダ菜を食べるウサギさん

ウサギさんのオヤツに無農薬のお野菜♪

さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんで、
瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜、

ウサギさんのオヤツで使っていただくことになりました。

もう花が咲きだしたりして、「人間」用には出荷できないようなお野菜も
ウサギさんのオヤツには使えるかもと言うことで、

とりあえず、ウサギさんは、どんなお野菜を食べるのか持っていってみると・・・

初めてみるサラダ菜に、ウサギさんは目を白黒?
じゃなかった、お目々は赤いですが、
とにかく、ビックリ。

だけど、食べてみると意外と美味しいかな?

見てくれは悪いものもありますが、
無農薬で育てている瀰瓊際(みぬま)菜園クラブのお野菜。

人が食べても十分美味しいものばかり。

ウサギさんも気に入ってくれたようですね。

さいたま市北浦和のうさぎ・フェレットのお店「フェレット・リンク&ラビット・リンク」さんのウェブサイトはこちら。
https://www.ferret-link.com/