秋野菜の保温を考える

2020年末から2021年初にかけての秋野菜の保温について、まとめてみたいと思います。

見沼菜園クラブでは、幾度か霜害や雪害を経験してきました。2018年、折からの大雪で見沼菜園クラブの白菜が台無しになっているのに近くの畑では出荷が続いていました。見ると寒冷紗で覆い、雪と白菜が接触しにくい状態になっていました。

以後、見沼菜園クラブでも、2019年、2020年と越冬の度に、工夫を重ねてきました。

2020年12月、白菜に枯れた雑草やマリーゴールドをかけ、全体を寒冷紗で覆いました。

年明け1月6-7日にかけて、さいたま地方はマイナス7℃の冷え込みを経験しました。しかし、白菜は無事でした。

冷たい外気に直接接する事がなかったせいか、外葉が霜でチリチリになると言うこともなく、割と青々していました。

また、不織布で二重保温されていたサニーレタスも無事でした。被覆の中でホトケノザが育ち、霜よけの役に立っていたようです。

二重保温されていたチンゲンサイも無事でした。

カブは寒冷紗と農ポリで二重被覆したところ、半分ぐらいが無事でしたが、残り半分には被害が出ました。

無事でなかったのが、大根、菜の花、しゃくし菜でした。

大根は、白菜同様、雑草やマリーゴールドで覆い、寒冷紗をかけておきましたが、葉は完全にダメになり、地上に露出していた根部もす入りしてしまうものが目立ちました。

菜の花、しゃくし菜は寒冷紗をかけただけでした。完全に壊滅してしまいました。

これらをまとめてみると、白菜やサニーレタス、チンゲンサイなどの葉物類は、枯れ草やホトケノザなどの雑草と不織布の二重保温を併用することで霜害は防げそうです。

白菜のような結球性のものは枯れ草と寒冷紗で耐え抜いたので、今年末の越冬も同じ方法でいけると思います。

菜の花やしゃくし菜のように大型化する非結球性の葉物についても二重保温や枯れ草の利用を考えてみようと思います。

カブも含めて12月に入ったら、場合によっては11月末から二重保温をした方がよいのかもしれません。

大根は地上部に露出する部分の被害が多いため、いったん、抜いて葉を切り、

地面に埋める等の対策を取った方がよいかもしれないと感じました。

「事前吸水種まき」させた大根とサニーレタスが発芽

2週間ほど前に「事前吸水種まき」した大根。

大根の事前吸水種まき

この猛寒波の中、無事に発芽してきました。

同時に事前吸水種まきしたサニーレタスも発芽しています。

大根もサニーレタスも不織布でベタガケ、トンネルした上で農ポリをかぶせる三重保温をしています。

実は、この実験の成功は2つの意味で非常に重要なのです。

一つは、事前吸水種まきは、室内ティッシュペーパーまきより大幅に手間が削減されているのです。

室内ティッシュペーパーまき×三重保温の実験

室内ティッシュペーパーまきの場合、セルトレイにティッシュペーパーをちぎっていれ、そこに種をまくと言う手間がかかります。

根が出てきた頃に畑に持っていって、ティッシュペーパーごと、土に埋めていますので、種まきの手間が二重、三重にかかっていると言えます。

一方、事前吸水まきはあまり手間がかかりません。事前に水を吸わせた種を、そのまままくだけです。

根菜類の場合、ティッシュペーパーまきだと根が曲がったり割れたりしてしまう可能性があるので、今回、大根の事前吸水まきを試してみました。

事前吸水まきの欠点は、種が濡れていると、手にくっついて、まきづらい事ですが、種まき前にある程度ティッシュペーパーで余分な水分を吸わせてしまえば、手にくっつくことがないと言う事が今回の実験で分かりました。

そして、サニーレタスのような葉物でも、そのやり方でうまく種まきできる事がわかったわけです。

また、事前吸水まきやティッシュペーパーまきと三重保温を組み合わせれば、真冬でもすぐに発芽してくることが分かったのも大きな収獲です。

事前吸水と三重保温を組み合わせれば、秋野菜の植え付け期の後、春野菜の植え付け期までは、種まきができないと言う状況を打破できる可能性が出てきたからです。

12月に三重保温して種まきしたコマツナもかなり大きくなってきていることが確認できました。

サニーレタスも育っています。

菜園起業のための栽培技術が着実に発展しています。

「ホトケノザ保温」、コーヒーカス・セルトレイまき

昨年から不織布で二重保温したサニーレタスが、この間の寒波にもミゾレにもやられず、育っています。

不織布をめくってみると、ホトケノザがびっしり。

野菜の周りにホトケノザのような雑草が生えていると、放射冷却現象が起きくくなると思われます。

つまり、わざと雑草を生やして霜害を防ぐやり方もあるわけです。

11月頃から二重保温すると、割と不織布の内側でホトケノザがかなり生えるようです。

2020年は、全般に12月頃から不織布保温をしていますが、2021年秋冬はもう少し早めに不織布保温や不織布二重保温をしていくことを考えたいと思います。

大根や白菜は寒冷紗の中で元気です。中に不織布を入れたりするともっと保温効果が高まるようです。大根の場合、葉を切って不織布をかけると言うのでよいかもしれません。

これらの保温も12月に入ったらすぐにやるぐらいで良いと思われます。

なお、菜の花やシャクシナについては、10-11月頃から不織布と寒冷紗の二重ベタかけ等をしてもよいかもしれません。農家によっては、9月からしている人もいるようです。

これらの菜物は大きく育っていた方が霜にやられにくいようです。

ところで、ティッシュペーパーまきした後、畑に埋めたホウレンソウ、無事に双葉を展開させてきました。コマツナは本葉を出しています。

ティッシュペーパーまき×三重保温でホウレンソウ

割とティッシュペーパーまきがうまく行っているようです。

ところが、この間、ミゾレが降ったりして、農作業ができない日が生じたため、せっかく、ティッシュペーパーまきしたキャベツやブロッコリーの種が畑に埋められない時が出てきました。

土に埋める時機を失したら、もうダメなのか、ちょっと工夫してみました。

セルトレイに「コーヒーカス」を入れ、種の上にかけてあげます。培養土の代わりです。コーヒーを淹れた後の「粉」には適度の水分が残っているため、種は順調に発芽してきます。

この状態で、トレイごと、畑の土の上に置き、トレイの際まで土で埋めます。

トレイの底には穴が開いており、畑の土と接しています。際まで土に埋められた状態のトレイの中の土は、比較的乾きにくいと思われます。

ここで活躍するのが、おせちセットの包装です。

実はおせちセットの包装は、不織布やポリ風呂敷きなど、野菜の保温に使われているものと素材が似ています。

トレイ程度のちょっとしたものを保温するには便利。

と言うわけで、トレイの上に不織布を二枚、その上からポリ風呂敷をかけて「三重保温」状態にしました。

大根の事前吸水種まき

この間、試してきた室内ティッシュペーパーまき。水で湿らせたティッシュペーパーの上に種をおいて、2-4日間、水を吸わせてから、ティッシュペーパーごと、土に埋めてしまう方法です。

室内ティッシュペーパーまき×三重保温の実験

秋からいろいろ試してきて、これまで、コマツナ、チンゲンサイ、台湾小白菜、キャベツ、ブロッコリー、サニーレタス、ホウレンソウなどが無事に発芽することが確認できています。

では、大根やニンジン等の根菜類はどうでしょうか。

一応、ニンジンも発芽することは確認できています。ただし、ティッシュペーパーに根があたり、根が割れたり、曲がったりする心配が残ります。

そこで、根菜類については、ちょっと別の方法を試してみることにしました。

ティッシュペーパーまきの良い点は、2点です。

1)種に水を吸わせて発芽過程を始めさせることができる

2)冷暖房が効いた室内で種まきするので、季節を問わず、発芽の第一段階が始まりやすい

水を吸わせた種は、「ベタベタ」していて、手にくっつきやすいので、畑で種まきしづらいのですが、ティッシュペーパーごと、土に埋めてしまうと、この問題もおきません。

根菜類については、適温の室内で種に水を吸わせる良い点を活かしつつ、手に濡れた種がくっつかないようにすることを考えてみました。

まず、コップの中に種と水を入れます。

この時、水をコップいっぱいに入れないことが大切です。

種が水に吸えればいいのですから、種が浸かる程度にコップの底の方にだけちょっと水を入れます。

一晩水に浸けたら、翌朝、取り出して、ティッシュペーパーやザラ紙を敷いた容器の中にあけます。

ティッシュペーパーやザラ紙は2-3枚重ねて敷きます。種をあけたら、上から、2-3枚、ティッシュペーパーやザラ紙を掛けてあげます。

コップの底の方に少量だけ水を入れて種を浸すようにすると、このようにした場合、水はすべて紙に吸収されます。

種は水底ではなく、湿った紙に挟まれた状態で保たれます。こうすると水分と酸素の両方が種に届き、種は水を吸って膨潤しながら、呼吸もすることができます。

1-2日置いたら、畑に持って出ます。出かける前に、いったん、容器に乾いた紙を敷き、そこに種を出します。その上から乾いた紙をかけ、容器に蓋をして畑に持っていくようにします。

果たして、畑で種まきしてみると、種は十分湿り気を持っていましたが、濡れて手にくっつくということはなく、パラパラまくことが出来ました。

既に種は十分膨張し、1ミリかそれ以下程度ですが、根が出てきていました。

まだ、冬場なので、ばっちり、不織布ベタガケ+トンネルに、農ポリもかけて三重保温します。

果たして、これで無事に大根が育つか、成り行きを見守りたいと思います。

三重保温、12月まきのコマツナ、大根、サニーレタスが発芽

前回報告した不織布二重+農ポリの「三重保温法」での野菜栽培。

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

種まきから二週間近く経って、発芽が観察されました。

保温をめくってみると、大根が双葉を広げています。

三重保温下、サニーレタスの双葉

サニーレタスも双葉が観察されました。

三重保温下、コマツナの発芽

コマツナも発芽してきたようです。

ニンジンはまだのようですが・・・

折からの寒波の中の発芽です。

この方法で葉物や根菜が12月まきでも発芽してくる事が分かりました。

今後の生育のようスを見守りたいと思います。

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

冬になると野菜の生育が遅くなるのは、光合成が進みにくくなるからです。

野菜は発芽後、双葉を出すと双葉の光合成で本葉を出します。本葉を出すと本葉の光合成で次の本葉を作ります。こうして、光合成と生長のサイクルが回る事で野菜は育っていきます。

光合成は高温ほど活発になり、低温では抑制されます。

このため、冬、寒くなってくると、光合成速度は鈍り、野菜の生長は遅くなります。

10月になってから種まきをした場合、コマツナのように生長が早いと野菜は、年内に収穫時期を迎えられます。

しかし、チンゲンサイやサニーレタスの場合、年内には収穫できるまでには育ちませんでした。年明け後、1-2月の厳寒期を迎えて、よく育たず、結局、収穫できるようになるのは春でした。

場合によっては十分に育たないまま、春に花を咲かせ始め、結局、収穫できなかったこともあります。

では、暖かくしてあげたらどうでしょう。

かつて、不織布と農ポリの二重保温法を教わって、その方法で11-12月に種まきを試みた事があります。

11月については、そのまま順調に育った事もあれば、発芽した後、寒波で枯れてしまった事もありました。12月については、ほとんど芽がでませんでした。

ただ、この間、例えば、千葉県では不織布で二重保温する方式で12月にニンジンの種まきをしている例があるらしいなどの情報に接しました。

この間、サニーレタスやチンゲンサイの10月まきに不織布二重保温法を試してみましたが、チンゲンサイは年内取りが可能なサイズにまで育ってきています。

サニーレタスもかなり大きくなってきており、年明けぐらいには収穫可能かもしれません。

不織布二重保温でキャベツとブロッコリーの11月まきも試してみましたが、今のところ、順調に苗が育っています。

つまり、「育ててみた感じ」としては、不織布+農ポリの二重保温より、不織布の二重保温の方が晩秋まきがうまくいっているようです。

では、12月まきではどうか?千葉で不織布二重保温でニンジンの種まきがうまく行っているのなら、不織布二重+農ポリの三重保温でもっと暖かくしてあげたらどうだろう?

と言う事で、先週末、ダイコン、ニンジン、コマツナ、サニーレタスの種まきをしてみました。

もし、三重保温で葉物・根菜類の冬まきがうまく行くなら、いろいろな野菜の周年供給に大きく前進します。

秋まきのチャンスを逃したら、後は春まきまで待つ、つまり、秋野菜を取り尽くしてしまったら春野菜が育つまで供給ができないのではなく、その間を冬まき野菜でつないでいく事が可能になるからです。

期待は大きいのですが、取らぬタヌキの皮算用はこの辺でやめにして、経過を見守りたいと思います。

夏場はサラダ大根の葉っぱ

夏場は葉物や根菜類が育ちにくい季節です。

コマツナや大根、カブなどは、アブラナ科に属しますが、
アブラナ科は非常に害虫が多く、

虫食いだらけになってしまいます。

農薬や防虫ネットをすればよいかと言うと
そうでもありません。

農薬は雨で流れてしまう事が多く、
夏場の集中豪雨や夕立などの後、
気温があがって害虫がたくさん発生する場合には、
効果は限定的です。

また、防虫ネットも育ってきた葉を
上から押さえつける形になるので、
葉と葉が密着しやすくなります。

そこに雨水がたまると、葉が蒸れて腐ってしまいます。

このように、夏場は葉物・根菜類を育てにくい条件が多く、
夏場の供給は、高原や北海道など、
寒冷地からがほとんどです。

そんな中、こお8月、サラダ系の小型ダイコンを育ててみる事にしました。

虫に食べられやすいアブラナ科野菜ですが、
実は、イソチオシアネートと言う防御物質を持っています。

ダイコンオロシの辛味成分は実はイソチオシアネートです。

冬場に採れる煮物系のダイコンが甘いのは、
光合成でできた糖分を根に転流し、
糖の甘さで辛さをカバーしているからです。

夏場に煮物系のダイコンを育てると、
葉だけでなく、根まで害虫の標的になりやすいのですが、
おそらく、虫からみても、煮物系ダイコンの根は甘くて美味しいのでしょう。

逆に言うと、煮物系のようにあまり太く大きくならない品種のダイコンは、
防御物質である辛味成分があまり糖でカバーされていません。

ですから、サラダ系やオロシ系のダイコンの方が、
虫に食べられにくいと思われます。

そこで、8月初旬、サラダ系のダイコンを種まきして見ました。
超猛暑で土が乾いていたせいか、
発芽は通常より1-2週間ほど遅れましたが、
その後の生育は順調。

9月に入ると、葉が大きく育ってきました。
とても柔らかそうな葉です。

もしかしたら、葉もサラダに使えるかもしれない、
そんな期待が膨らみました。

先述したように、育ってきた葉がネットで圧迫されたところに
秋雨の雨が入り込むと、葉が腐ってしまう可能性があります。

そこでネットを外し、1-3週置いているうちに、
今度は根が少しづつ太ってきました。

よし、少し間引き菜を出荷してみようと思っていたら、
根が1センチほどになってから1週間、2-3センチ台に太ってきた頃、
葉は固くなり、かなり虫に食べられてしまいました。

根も表面は虫に食べられています。

しかたがないなぁと間引きではなく、
全部を抜き取り、
虫食いだらけとなった葉を落として、

根だけを洗って、お客さんにお届けしました。

やっぱり、夏場にダイコンを育てようと言う方が無理なのかなぁと
落胆したのですが、

考えているうちに、これはこれで可能性があるのではと気づきました。

まず、超猛暑で土が乾き発芽遅れがあったことを割り引くと、
実質1ヶ月以内で葉が育っています。

ほぼコマツナと遜色ありません。

同時期に種まきしたコマツナは、葉が育ってきた段階で虫食いだらけになっていましたが、
サラダ系ダイコンの葉は、その時点ではそうでもなく、
防虫ネットを外した後も1週間前後は、あまり虫に食べられていませんでした。
また、葉も柔らかそうな様子をしていました。

すると、夏場に「葉物」としてサラダ系のミニ・ミディサイズ大根を育ててみるのは
「アリ」と言う気がしてきました。

大根は、普通25~30センチ間隔、葉物は15センチぐらいの間隔で種まきします。

葉物なみに狭い間隔でサラダ系ミニ・ミディ大根の種まきをして、
葉が育ってきたら、「間引く」ような感じで、
収穫してしまい、

30センチおきに一つづつ苗を残すようにする、
この時、収穫した葉は葉として、お客さんにお届けする。

残った苗は、根を太らせる方向に持っていき、
葉に虫食いが多くなれば、
葉を落として、根の部分だけを洗って
お客さんにお届けする。

こういう風にすれば、
夏場、葉物が不足する時季にお届けできる葉菜アイテムとして、
活用できるのではないか、

そう考えるようになりました。

来年の夏は、サラダ系ミニ・ミディ大根葉の
栽培に取り組みたいと思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

キャベツも大根もニンジンもサニーレタスも芽が出た・・・♪

これなぁ~んだ。

敷きわらの下で出てきた赤キャベツの芽だよ。

先に芽が出ていた緑の普通のキャベツに続いて、
赤キャベツも発芽・・・♪

見沼菜園クラブでは、このところ、ニンジン、ダイコン、カブ、サニーレタス、
2月まきした春野菜が次々芽が出てきているよ。

育ってきたら、もちろん、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでお届けするよ。

楽しみにしていてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

RossiCafeさんにお届け・・・♪

この間の台風の余波もあって、
各農家さんともなかなか出荷出来るお野菜がなくて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも
セットを組むのに苦労してきたけど、

だんだん、出せる野菜が増えてきたかな。

昨日は、川口駅前RossiCafeさんに
佐々木農園さんのカブ、保巳農園さんの赤ミズナ、遠峯農園さんの大根、キャベツ、ブロッコリー、
見沼菜園クラブのニンジン、サニーレタスをお届けしたよ。

まだ店頭マルシェが出来るほどの
野菜の供給量が復活していないけど、

RossiCafeさんにはいつやるのって
問い合わせも来ているって。

台風の後、宅配会員のお申込みが相次いでいて、
なんか規模は違うけど、首里城が燃えた後、
ふるさと納税が増えているってのと
同じで、チャリティしようって気持ちを持った人は
多いんだなぁって思いました。

来春に向けて、お野菜の栽培計画たてているので
よろしくお願いします♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

夏から秋へ、お野菜も替わり目♪

今年は、5月がほとんど雨が降らず、ニンジンの発芽率が
とっても悪くて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも、
8月にあまり供給できず・・・

それから長梅雨、そして超猛暑。

ナスやピーマンがあまり育たず・・・

でも、いろいろな農家さんのご協力で、
なんとか、毎週、お野菜をお届けしています。

昨日の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
「ダブルセット」でお届けしたのは、

遠峯農園さんのダイコン、ブロッコリー、キャベツ。
保巳農園さんのシシトウ、葉ショウガ、フェルナンデスナス
肥留間農園さんのナス。

そして、見沼菜園クラブのキュウリ、オクラ、青シソ。

キュウリが曲がっているのはご愛嬌と言う事で。

来週は、たぶん、トウモロコシをお届けできると思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」