秋野菜の保温を考える

2020年末から2021年初にかけての秋野菜の保温について、まとめてみたいと思います。 見沼菜園クラブでは、幾度か霜害や雪害を経験してきました。2018年、折からの大雪で見沼菜園クラブの白菜が台無しになっているのに近くの… 続きを読む 秋野菜の保温を考える

「事前吸水種まき」させた大根とサニーレタスが発芽

2週間ほど前に「事前吸水種まき」した大根。 大根の事前吸水種まき この猛寒波の中、無事に発芽してきました。 同時に事前吸水種まきしたサニーレタスも発芽しています。 大根もサニーレタスも不織布でベタガケ、トンネルした上で農… 続きを読む 「事前吸水種まき」させた大根とサニーレタスが発芽

「ホトケノザ保温」、コーヒーカス・セルトレイまき

昨年から不織布で二重保温したサニーレタスが、この間の寒波にもミゾレにもやられず、育っています。 不織布をめくってみると、ホトケノザがびっしり。 野菜の周りにホトケノザのような雑草が生えていると、放射冷却現象が起きくくなる… 続きを読む 「ホトケノザ保温」、コーヒーカス・セルトレイまき

大根の事前吸水種まき

この間、試してきた室内ティッシュペーパーまき。水で湿らせたティッシュペーパーの上に種をおいて、2-4日間、水を吸わせてから、ティッシュペーパーごと、土に埋めてしまう方法です。 室内ティッシュペーパーまき×三重保温の実験 … 続きを読む 大根の事前吸水種まき

三重保温、12月まきのコマツナ、大根、サニーレタスが発芽

前回報告した不織布二重+農ポリの「三重保温法」での野菜栽培。 三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか 種まきから二週間近く経って、発芽が観察されました。 保温をめくってみると、大根が双葉を広げています。 サニーレ… 続きを読む 三重保温、12月まきのコマツナ、大根、サニーレタスが発芽

三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

冬になると野菜の生育が遅くなるのは、光合成が進みにくくなるからです。 野菜は発芽後、双葉を出すと双葉の光合成で本葉を出します。本葉を出すと本葉の光合成で次の本葉を作ります。こうして、光合成と生長のサイクルが回る事で野菜は… 続きを読む 三重保温、12月まきの葉物、根菜類はどうなるか

夏場はサラダ大根の葉っぱ

夏場は葉物や根菜類が育ちにくい季節です。 コマツナや大根、カブなどは、アブラナ科に属しますが、 アブラナ科は非常に害虫が多く、 虫食いだらけになってしまいます。 農薬や防虫ネットをすればよいかと言うと そうでもありません… 続きを読む 夏場はサラダ大根の葉っぱ

キャベツも大根もニンジンもサニーレタスも芽が出た・・・♪

これなぁ~んだ。 敷きわらの下で出てきた赤キャベツの芽だよ。 先に芽が出ていた緑の普通のキャベツに続いて、 赤キャベツも発芽・・・♪ 見沼菜園クラブでは、このところ、ニンジン、ダイコン、カブ、サニーレタス、 2月まきした… 続きを読む キャベツも大根もニンジンもサニーレタスも芽が出た・・・♪

RossiCafeさんにお届け・・・♪

この間の台風の余波もあって、 各農家さんともなかなか出荷出来るお野菜がなくて、 地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも セットを組むのに苦労してきたけど、 だんだん、出せる野菜が増えてきたかな。 昨日は、川口駅… 続きを読む RossiCafeさんにお届け・・・♪

夏から秋へ、お野菜も替わり目♪

今年は、5月がほとんど雨が降らず、ニンジンの発芽率が とっても悪くて、 地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも、 8月にあまり供給できず・・・ それから長梅雨、そして超猛暑。 ナスやピーマンがあまり育たず・・… 続きを読む 夏から秋へ、お野菜も替わり目♪