ダイコン」タグアーカイブ

サラダ大根葉イメージ写真

夏場はサラダ大根の葉っぱ

夏場は葉物や根菜類が育ちにくい季節です。

コマツナや大根、カブなどは、アブラナ科に属しますが、
アブラナ科は非常に害虫が多く、

虫食いだらけになってしまいます。

農薬や防虫ネットをすればよいかと言うと
そうでもありません。

農薬は雨で流れてしまう事が多く、
夏場の集中豪雨や夕立などの後、
気温があがって害虫がたくさん発生する場合には、
効果は限定的です。

また、防虫ネットも育ってきた葉を
上から押さえつける形になるので、
葉と葉が密着しやすくなります。

そこに雨水がたまると、葉が蒸れて腐ってしまいます。

このように、夏場は葉物・根菜類を育てにくい条件が多く、
夏場の供給は、高原や北海道など、
寒冷地からがほとんどです。

そんな中、こお8月、サラダ系の小型ダイコンを育ててみる事にしました。

虫に食べられやすいアブラナ科野菜ですが、
実は、イソチオシアネートと言う防御物質を持っています。

ダイコンオロシの辛味成分は実はイソチオシアネートです。

冬場に採れる煮物系のダイコンが甘いのは、
光合成でできた糖分を根に転流し、
糖の甘さで辛さをカバーしているからです。

夏場に煮物系のダイコンを育てると、
葉だけでなく、根まで害虫の標的になりやすいのですが、
おそらく、虫からみても、煮物系ダイコンの根は甘くて美味しいのでしょう。

逆に言うと、煮物系のようにあまり太く大きくならない品種のダイコンは、
防御物質である辛味成分があまり糖でカバーされていません。

ですから、サラダ系やオロシ系のダイコンの方が、
虫に食べられにくいと思われます。

そこで、8月初旬、サラダ系のダイコンを種まきして見ました。
超猛暑で土が乾いていたせいか、
発芽は通常より1-2週間ほど遅れましたが、
その後の生育は順調。

9月に入ると、葉が大きく育ってきました。
とても柔らかそうな葉です。

もしかしたら、葉もサラダに使えるかもしれない、
そんな期待が膨らみました。

先述したように、育ってきた葉がネットで圧迫されたところに
秋雨の雨が入り込むと、葉が腐ってしまう可能性があります。

そこでネットを外し、1-3週置いているうちに、
今度は根が少しづつ太ってきました。

よし、少し間引き菜を出荷してみようと思っていたら、
根が1センチほどになってから1週間、2-3センチ台に太ってきた頃、
葉は固くなり、かなり虫に食べられてしまいました。

根も表面は虫に食べられています。

しかたがないなぁと間引きではなく、
全部を抜き取り、
虫食いだらけとなった葉を落として、

根だけを洗って、お客さんにお届けしました。

やっぱり、夏場にダイコンを育てようと言う方が無理なのかなぁと
落胆したのですが、

考えているうちに、これはこれで可能性があるのではと気づきました。

まず、超猛暑で土が乾き発芽遅れがあったことを割り引くと、
実質1ヶ月以内で葉が育っています。

ほぼコマツナと遜色ありません。

同時期に種まきしたコマツナは、葉が育ってきた段階で虫食いだらけになっていましたが、
サラダ系ダイコンの葉は、その時点ではそうでもなく、
防虫ネットを外した後も1週間前後は、あまり虫に食べられていませんでした。
また、葉も柔らかそうな様子をしていました。

すると、夏場に「葉物」としてサラダ系のミニ・ミディサイズ大根を育ててみるのは
「アリ」と言う気がしてきました。

大根は、普通25~30センチ間隔、葉物は15センチぐらいの間隔で種まきします。

葉物なみに狭い間隔でサラダ系ミニ・ミディ大根の種まきをして、
葉が育ってきたら、「間引く」ような感じで、
収穫してしまい、

30センチおきに一つづつ苗を残すようにする、
この時、収穫した葉は葉として、お客さんにお届けする。

残った苗は、根を太らせる方向に持っていき、
葉に虫食いが多くなれば、
葉を落として、根の部分だけを洗って
お客さんにお届けする。

こういう風にすれば、
夏場、葉物が不足する時季にお届けできる葉菜アイテムとして、
活用できるのではないか、

そう考えるようになりました。

来年の夏は、サラダ系ミニ・ミディ大根葉の
栽培に取り組みたいと思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット

新商品になるかも知れない情報

熱闘見沼菜園クラブ
菜園起業の稼ぎ方

赤キャベツの発芽20200303

キャベツも大根もニンジンもサニーレタスも芽が出た・・・♪

これなぁ~んだ。

敷きわらの下で出てきた赤キャベツの芽だよ。

先に芽が出ていた緑の普通のキャベツに続いて、
赤キャベツも発芽・・・♪

見沼菜園クラブでは、このところ、ニンジン、ダイコン、カブ、サニーレタス、
2月まきした春野菜が次々芽が出てきているよ。

育ってきたら、もちろん、地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでお届けするよ。

楽しみにしていてね!

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

Rossicafeさん20191112

RossiCafeさんにお届け・・・♪

この間の台風の余波もあって、
各農家さんともなかなか出荷出来るお野菜がなくて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットも
セットを組むのに苦労してきたけど、

だんだん、出せる野菜が増えてきたかな。

昨日は、川口駅前RossiCafeさんに
佐々木農園さんのカブ、保巳農園さんの赤ミズナ、遠峯農園さんの大根、キャベツ、ブロッコリー、
見沼菜園クラブのニンジン、サニーレタスをお届けしたよ。

まだ店頭マルシェが出来るほどの
野菜の供給量が復活していないけど、

RossiCafeさんにはいつやるのって
問い合わせも来ているって。

台風の後、宅配会員のお申込みが相次いでいて、
なんか規模は違うけど、首里城が燃えた後、
ふるさと納税が増えているってのと
同じで、チャリティしようって気持ちを持った人は
多いんだなぁって思いました。

来春に向けて、お野菜の栽培計画たてているので
よろしくお願いします♪

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20190917野菜のマイクロマーケット

夏から秋へ、お野菜も替わり目♪

今年は、5月がほとんど雨が降らず、ニンジンの発芽率が
とっても悪くて、

地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケットでも、
8月にあまり供給できず・・・

それから長梅雨、そして超猛暑。

ナスやピーマンがあまり育たず・・・

でも、いろいろな農家さんのご協力で、
なんとか、毎週、お野菜をお届けしています。

昨日の地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
「ダブルセット」でお届けしたのは、

遠峯農園さんのダイコン、ブロッコリー、キャベツ。
保巳農園さんのシシトウ、葉ショウガ、フェルナンデスナス
肥留間農園さんのナス。

そして、見沼菜園クラブのキュウリ、オクラ、青シソ。

キュウリが曲がっているのはご愛嬌と言う事で。

来週は、たぶん、トウモロコシをお届けできると思います。

おうちにいたら、野菜を届けてくれた。おうちに帰ったら、野菜が届いていた。何して食べよう。地元野菜宅配サービス・野菜のマイクロマーケット
新商品になるかも知れない情報

旬のお野菜情報
菜園教室・体験農園「見沼菜園クラブ」

20181208見沼農村旅行

受講2ヶ月で野菜販売、4ヶ月で農村旅行企画

受講2ヶ月で育てた野菜を販売した受講生の方、
農村旅行のお試し企画をやろうって相談
をしていましたが、

本当にやっちゃいました。

12月のある日、実習場である見沼菜園クラブに、お友達を呼んできて、自分が育てた野菜の収穫体験。

大っきな大根抜けるかな?

20181208見沼農村旅行・大根抜けるかな

えい、頑張れ!

8月の実習開始より4ヶ月。

野菜が育てば、いろんな講座内起業が出来ますね。

「農村旅行」企画づくりの為のお試し企画

菜園起業大学の受講生の方と
実習をしながら、

いろいろ世間話。

そのうちに、
実際問題、菜園起業でどのくらい稼げるか
みたいな話になってきて、

受講生の方から
出てきた案が、

自分がどこかに行って野菜を売るとか、
宅配とかじゃなくて、
お客さんに来てもらって
買ってもらう、

農業体験してもらう方式の方がいいんじゃないか
と言うこと。

菜園クラブとして、以前、農家さんの畑に来てもらって
ダンボール箱を置いて、

箱いっぱいまで野菜取り放題2000円と言う企画を
した事があり、

その時の話などもしてみました。

そして出てきた案が、
実際に受講生の方が、菜園にご自分のお友達を呼んで、
野菜を収穫してもらうと言う案。

やってみて、どのくらい稼げるのか
お試し企画にしてみよう

と言う事。

12月、受講生の方が育てた大根や白菜の
収穫体験企画を実施します。

2018年11月6日のみぬま菜園クラブ

お野菜も買える菜園教室

猛暑の後は台風、
今年の9月-10月は、秋野菜の種まき・植え付けが難しく、
野菜不足が続いてきました。

しかし、台風の後、種まきや植え付けをした野菜が
どうにか育ってきて、

宅配やマルシェに供給できるようになってきました。

そこへ、菜園教室にやってきた女性二人組。

紅菜苔やサニーレタス等を種まき、
玉ねぎの苗の植え付けなどを
した後、

畑で育っている野菜をみて、
これ買えますか?

とご質問。

いいですよと
お返事して、

買っていただいたのは、
カブ、ネギ、大根など。

野菜高いから困っていたのよ。
こんなに沢山、お安いわねぇ~♪。

みぬま菜園クラブの菜園教室では、
お野菜もお買い求めいただけます。

大根の密植はやめましょう

野菜の植え付け間隔を守りましょう。

菜園教室でよく起きる事・・・

大根の種をまいて、
発芽してきたのをみたら、

左端の図のように、
隙間なく、種まき・・・

実は大根は葉も根も大きくなるので、
だいたい30センチぐらいの間隔で植えた方がよいと言われています。

幅60センチ程度の畝(野菜を植えるために土を盛り上げた場所)には、
左右両端に近いところに2列に植えるのが普通で、

3~5列植えるのは、「過密」で、
根や葉がぶつかりあってしまいます。

同じ根菜類でもニンジンは育った状態が比較的小さいため、
10~15センチ程度の間隔で育てても大丈夫で、

幅60センチの畝に3~5列種まきしてもかまいません。

このように、育ってきた後の「サイズ」によって
野菜の種類ごとの「植え付け間隔」は決まっています。

そのお野菜のサイズに合った植え付け間隔を守るようにしましょう。

大根を植えよう

突如、言いまわしが増えた♪

菜園にずっと通っている子供は
突如、変わる時があります。

それまで、お野菜踏んづけて歩いていたのが、
追いかけっこ始めても、

ちゃんとお野菜を除けて走るようになったり、

言葉を喋らなかったのが、
しゃべるようになったと思ったら、

チョウチョでもトンボでも
見るものすべて指さして、

何か言い出し、

こちらにも相手になるよう
要求してきて、

くたびれさせられたり・・・

夏休みの間、しばらく、菜園にこなかったボクは、
今回、久々の登場。

いきなり増えた言い回し・・・

これはこういう風にしておこうよう。

え?・・・

自分から喋ることがほとんどない、
おとなしい子だったのが、

「自己主張」をするようになった。

その後は、どうやらパパと一緒に大根の種まき準備です。

わ、カマキリだ。ウェ~ン

わ、カマキリだ。ウェ~ン♪

台風がくる直前のかわぐち菜園クラブ。

比較的涼しいし、晴れているし、
みんなやってきました。

背丈以上に伸びたモロヘイヤを抜いて、
大根やチンゲンサイ、コマツナ、
秋野菜の植え付け準備。

そこでカマキリ発見。

けっこうお腹が大きいです。
卵を産む時が間近?

早速、お手手に乗せて
遊んでみようっと。

って、
ウェ~ン。

泣き出しちゃった人もいるかな?

カマキリ、怖かったみたいですね。